ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 高品質,本物保証

●アンフィボリット~の2006年物入荷しました。ところでアンフィボリットってなんなのと言うことですが、辞書で調べると両生類(カエルやサンショウウオ)とか、曖昧なと言う意味があるようなのですが・・・・よくよく古い資料を引っ張り出してくると「角閃石:かくせんせき」を意味する言葉のようです。なるほど英語読みするとアンフィボライト、なんですね。 ●ナントの南に広がるミュスカデの生産地。高いところで50mあるかないかというような緩やかな丘がいくつも連なっています。丘と丘の間には水路が発達して・・・主に葡萄は水はけの良い丘の斜面からいただきに広がっていますが、どうやら長い間の地殻変動と浸食作用でそれぞれの丘の土壌が異なっているようです。ムスカデとひとくくりにしてしまうと同じような感じのワインですが、それぞれの土壌の個性を活かしたワイン造り、と言うのが最近のこの地方の傾向。そんなことでこのワインも『アンフィボリット』と名付けられているのでしょうか?  2005年物のコメントです ●2005年ですが幾分前より色が濃いめかな?果実の香りもいつになく熟した感じで僅かに重さを感じる・・・。以前は湘南地方で「駆けつけ三杯用」として重宝されていたアンフォボですが、この2005年は2杯までかな・・・? で実際に飲んでみると、意外に中盤が薄い感じで・・・香りほどの強果実の味わいを感じません。むしろミネラル感が強いかな?なるほどちょいと黒い石っぽい感じがありますね。・・・・今回はかなり冷やし目で飲んでいるのですが、少し温度高めの方がこのワインの美味しさ、味わいえるのかな。8~9度って処でしょうか?温度計るのも面倒なので、冷蔵庫で一晩冷やして、グラスに入れてユルユルと、と言う感じです。と言うことで、駆けつけ用などと言わずに、前菜などでゆっくりと楽しんでみましょう。・・・何となく夏が待ち遠しく感じるワインです。(2007.05.06 いのまた)●「つらつらとalarのHPを眺めていたんですが、きちんとAOC取っているミュスカデの扱いってこれが初めてなんですね。記念すべきミュスカデ第一弾です。」と言いつつすでに3年。その間もほとんどミュスカデ、増えていません・・・これさえあれば、と言うところです・・・・。 ●と言いつつ、なんとコメントしたらいいのかな?軽くてドライで・・・良くある白ワインの「重い・軽い」「甘口・辛口」などと分類されている図表の中で「一番軽くて一番辛口」の代表がミュスカデ、そのまんまです。でもこのミネラル感に潜んだミネラル感は、そんじょそこらのミュスカデとは訳が違う。うっすらと潮騒の香りを感じながら、極上の塩ラーメンが食べたくなる・・・贅沢にゲルラン塩なんかで塩もみしちゃったキュウリやキャベツ(勿論、露地物、有機系なら尚良し)。お友達はこれで充分です!・・・贅沢言えば公魚か小鰺のマリネなんですが・・・(2005.08.19 いのまた) ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 高品質,本物保証

テュイリーピュズラシェヴェルニールージュ 2006 全国無料,お買い得

●テュイリーの定番シェヴェルニー・ルージュです。ブドウ品種・・・ピノ・ノワール60%、ガメイ40%、あとはひたすら飲むだけ。以上! ●「プティ・タニック~」に較べるとピノ・ノワールが入っている分だけ、味わい的には幾分お姉さんです。果実味のあとにふわっと広がるハーブの香り、ワンテンポ遅れてやってくるミネラル感とジンワリとした旨味。つくづくとテュイリー節を感じさせてくれる一本です。夏場の定番メニューとして最近のご家庭でも定着している「冷製トンしゃぶ」などに合うんじゃないかな?あんまりピリ辛いタレは難しいのですが、豚肉をキャベツで巻いて・・・。いい感じがします。(2007.06.30 いのまた) クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュイリーピュズラシェヴェルニールージュ 2006 全国無料,お買い得

クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 お得,新品

●ソーヴィニヨン・ブランをマセラシオン・カルボニックで短時間(約一日)醸し、その後果実を圧搾して自然酵母で仕込み、タンクで熟成させています。 ●いきなり抜栓2日目のコメントとなります。通常クロ・ロッシュ・ブランシュのこのキュベは、当初香りが華やか且つ酸とミネラルが「鋭い」と表現されるほど強いので、あえてそれが落ち着いて、と言うことでここからが本格的なスタート(と思っています)。香りにまだ幾分の青さを感じますが、レモンやライム、グレープ・フルーツの柑橘系の香りに乗ってより爽やか感じを印象づけます。口に含むと一瞬甘く、一瞬ほろ苦く、そして一つに絡んだ心地よい余韻。幾分スパイスやハーブをきかせたカルパッチョが良さそうです。中華風の海鮮刺身?白身魚に松の実やコーンフレーク、キュウリの千切り、香菜などを合わせても良いのかな(タレみたいなのは香醋なんだろな?)。基本は繊細な白身魚の「生系」となりそうです。(2006.04.05 いのまた)   「肌理の細かいミネラル感とレモンピールの爽やかな果実味。すっきり冷やして楽しみたい 白 辛口」 クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 お得,新品

ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 豊富な,品質保証

●アンフィボリット~の2006年物入荷しました。ところでアンフィボリットってなんなのと言うことですが、辞書で調べると両生類(カエルやサンショウウオ)とか、曖昧なと言う意味があるようなのですが・・・・よくよく古い資料を引っ張り出してくると「角閃石:かくせんせき」を意味する言葉のようです。なるほど英語読みするとアンフィボライト、なんですね。 ●ナントの南に広がるミュスカデの生産地。高いところで50mあるかないかというような緩やかな丘がいくつも連なっています。丘と丘の間には水路が発達して・・・主に葡萄は水はけの良い丘の斜面からいただきに広がっていますが、どうやら長い間の地殻変動と浸食作用でそれぞれの丘の土壌が異なっているようです。ムスカデとひとくくりにしてしまうと同じような感じのワインですが、それぞれの土壌の個性を活かしたワイン造り、と言うのが最近のこの地方の傾向。そんなことでこのワインも『アンフィボリット』と名付けられているのでしょうか?  2005年物のコメントです ●2005年ですが幾分前より色が濃いめかな?果実の香りもいつになく熟した感じで僅かに重さを感じる・・・。以前は湘南地方で「駆けつけ三杯用」として重宝されていたアンフォボですが、この2005年は2杯までかな・・・? で実際に飲んでみると、意外に中盤が薄い感じで・・・香りほどの強果実の味わいを感じません。むしろミネラル感が強いかな?なるほどちょいと黒い石っぽい感じがありますね。・・・・今回はかなり冷やし目で飲んでいるのですが、少し温度高めの方がこのワインの美味しさ、味わいえるのかな。8~9度って処でしょうか?温度計るのも面倒なので、冷蔵庫で一晩冷やして、グラスに入れてユルユルと、と言う感じです。と言うことで、駆けつけ用などと言わずに、前菜などでゆっくりと楽しんでみましょう。・・・何となく夏が待ち遠しく感じるワインです。(2007.05.06 いのまた)●「つらつらとalarのHPを眺めていたんですが、きちんとAOC取っているミュスカデの扱いってこれが初めてなんですね。記念すべきミュスカデ第一弾です。」と言いつつすでに3年。その間もほとんどミュスカデ、増えていません・・・これさえあれば、と言うところです・・・・。 ●と言いつつ、なんとコメントしたらいいのかな?軽くてドライで・・・良くある白ワインの「重い・軽い」「甘口・辛口」などと分類されている図表の中で「一番軽くて一番辛口」の代表がミュスカデ、そのまんまです。でもこのミネラル感に潜んだミネラル感は、そんじょそこらのミュスカデとは訳が違う。うっすらと潮騒の香りを感じながら、極上の塩ラーメンが食べたくなる・・・贅沢にゲルラン塩なんかで塩もみしちゃったキュウリやキャベツ(勿論、露地物、有機系なら尚良し)。お友達はこれで充分です!・・・贅沢言えば公魚か小鰺のマリネなんですが・・・(2005.08.19 いのまた) ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 豊富な,品質保証

クロデュテュ=ブッフクヴェヴリ ラカイエール 2013 お買い得,2017

●「ティエリーはこのキュヴェが作りたかったからネゴスから引退しドメーヌに専念することとなった」と言われているクヴェヴリ(アンフォラ)仕立ての『カイエール』です。 ●インポータさんのコメントでは  「ティエリがアンフォラで仕込む初の赤ワイン!2013年はとても厳しいミレジムで、赤ワインのブドウの中で唯一病気の被害が少なく状態の良かったラ・カイエールのピノ・ノワールを使用!まず最初に、800Lのアンフォラの 2/3 に全房のブドウを足で踏み込みながらすし詰め状態になるまで押し込み、残りの1/3は除梗したブドウで満たす。そのまま手を加えず5ヶ月間マセラシオンを施し、その後約1ヶ月の発酵と10ヶ月の熟成。ワインの味わいは、とてもエレガントでフィネスがあり、最後の余韻に残る優しく細かいタンニンと、質の高いマールのようなブドウの搾りかすの何とも言えない風味が後を引く! 」と。 ●どうも現時点では試飲できそうもないのでインポータさんのコメント・・・「クランベリー、グロゼイユ、シャクヤク、青竹の香り。ワインは上品でフィネスがあり、清涼感のある果実味とチャーミングな酸とのバランスが良く、アフターに残るミクロのタンニンが余韻を優しく引き締める!」ですって・・。 クロデュテュ=ブッフクヴェヴリ ラカイエール 2013 お買い得,2017

ドメーヌ・ル・ブリソー クロ・ド・ロング・ヴィーニュ Clos des Longues Vignes AOCジャニエール ブラン 2004 爆買い,限定セール

●ややこしいのですが、こちらはピノ・ドニスのロング・ヴィーニュの赤とは異なり、シュナン・ブランの白です。AOCとなる「ジャニエール」は全部で80haほどしかない、小さなアペラシオン。ヴーヴレ以上に最高のシュナン・ブランができる土地、と言われています。そこにクリスチャン・ショサールは2004年、1haほどの畑をえることができました。畑の樹齢は60~70年と好条件が揃っています。 ドメーヌ・ル・ブリソーは、かの地では有名な醸造家クリスチャン・ショサールがワインを作っています。どのように有名かというと・・・。 クリスチャンは1954年のパリ生まれ。25歳の時に白ワインが好きでヴーヴレにやって来ました。当時からビオの実践者で、また非常に珍しかったころのことです。そして彼がワイン学校で先生をしていたころの生徒がテュイリー・ピュズラやジャン・フランソワ・ニック。ところがある事件でワインを統制しているINAOとぶつかり、その他の事情も関与し、突然にワイン造りをやめてしまいました。そしてつい先頃までは天才醸造家として名前だけが語り継がれる、と言った具合です。 しかし彼には大勢のファンがおり、そのうちの1人、スイス人の愛好家がクリスチャンに再びワインを作り出す環境を整えてくれました。それがドメーヌ・ル・ブリソー。当局から身を隠す?ためコトー・デュ・ロワールというマイナーなアペラシオンでの再起ですが、ちょっと注目、ですね。・・(上の写真は先日ショサールと奥さんのナタリーさんが来日されたとき、新井順子さんと共に当店に遊びに来られた時の写真です。・・・その後近くの和食屋さんに、そこでナタリーさんが「パタポン」由来のシャンソンを歌ってくれました。歌詞の中に「ネロン」という節があり、彼らの住んでいる村がNeronsと言うとてもにた村なので、その歌に出てくる「パタポン」をまずはワインの名前にしたそうです) ドメーヌ・ル・ブリソー クロ・ド・ロング・ヴィーニュ Clos des Longues Vignes AOCジャニエール ブラン 2004 爆買い,限定セール

クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 全国無料,品質保証

●ソーヴィニヨン・ブランをマセラシオン・カルボニックで短時間(約一日)醸し、その後果実を圧搾して自然酵母で仕込み、タンクで熟成させています。 ●いきなり抜栓2日目のコメントとなります。通常クロ・ロッシュ・ブランシュのこのキュベは、当初香りが華やか且つ酸とミネラルが「鋭い」と表現されるほど強いので、あえてそれが落ち着いて、と言うことでここからが本格的なスタート(と思っています)。香りにまだ幾分の青さを感じますが、レモンやライム、グレープ・フルーツの柑橘系の香りに乗ってより爽やか感じを印象づけます。口に含むと一瞬甘く、一瞬ほろ苦く、そして一つに絡んだ心地よい余韻。幾分スパイスやハーブをきかせたカルパッチョが良さそうです。中華風の海鮮刺身?白身魚に松の実やコーンフレーク、キュウリの千切り、香菜などを合わせても良いのかな(タレみたいなのは香醋なんだろな?)。基本は繊細な白身魚の「生系」となりそうです。(2006.04.05 いのまた)   「肌理の細かいミネラル感とレモンピールの爽やかな果実味。すっきり冷やして楽しみたい 白 辛口」 クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 全国無料,品質保証

レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 セール,高品質

●2002年に「ジャニエール・ブラン」だったのはこれかな?先ずはインポータさんの資料から、です。   「南に向って扇状にくぼんだため日照に優れたジャニエール地区のぶどう畑。その中にある小集落の名前を付けたキュヴェで、優れた立地条件を作ったロワール川に敬意を表して「ロワールの魅力(=シャルム)」と呼びます。    収穫量は少なかったのですが、貴腐菌が着いたためシュナン特有の強さの中に、ほんのり蜂蜜の甘い香りが混ざった濃厚なタイプ。複雑な味わいときれいな酸味は、素晴らしいバランスで余韻がとても長いが特徴。」  一応、2002年のジャニエール・ブランのコメント残しておきます。 ●ジャニエールのAOCはロワール川(Loire)本流に平行して北を流れる支流の一つロワール川(Loir:最後のeがつきません)に添ったコート・デュ・ロワールのAOCにひっそりと寄り添ったところにあります。ワインはシュナン・ブラン100%。平均樹齢60年前後で収穫量25~30Hl/Haあまりを手摘みします。樽発酵・樽熟成。3.5g/Lと僅かに残糖の残る仕上がりになっています。 ●最初の印象で、何でこのワインをシャルドネ?と思ったのかな?ちょっとワックスの様なニュアンス、ピエール・ボージェのシャンピニヨン・マジックのような甘さかな?大きめのグラスで飲んでみるとやはりそんな感じですが、やや小振りのロワール・グラスで試してみると・・・・きっぱりと熟し気味のシュナン・ブランです。 ●微妙に残ったCO2。パイン・アップルの酸味、メロンの様な品のある甘さ。ワインにエッセンスが詰まっています。果実味が微妙に酸をさえている感じ。口に含むたびに、さびの出てきたリンゴの切り口や、シロップ漬けの黄桃、まだ若い洋なし、などなど白から黄色系の果物のいろいろな場面を想像させる微妙ながらも変化に富んだ豊かさが感じられます。押さえられたと言っても一本筋のピシリと通った酸は繊細なミネラル感を伴って決してかすむことのない伸びがあります。些か過熟?なそして樽っぽい印象も受けますが暫く落ち着くと、アンジューの深さともヴーヴレの繊細さとも異なる、少し太めなバランスの妙を見せてくれます。 ●時間とともに酸化が進み「アンジュー・ブラン」入ってきます。でも酸も高めですのでまた少しニュアンスが異なるかな?ちょと値段も気になりますが、数日間にに分けてゆっくりとおつきあい頂ければ幸いか、と。その価値があるワインです。(2005.04.16 いのまた) 本当は平気なんですが・・・・こちらのワインかなり「変な澱」がたまっています。お飲みになる際には十二分に澱を沈めて、お楽しみ下さい。お願いですから・・・ ●訂正です。思ったよりも酸化のスピードが速いようです(気温にもよるのですが)。丸2日から3日目で酸がしぼみ初めまろやかな味わいとなりますが、同時にフラットなイメージが進行します。冬場ならもう少しいけそうですが春先から秋の半ばまでは、抜栓して早めに飲んだ方が良さそうです。(2005.04.17追記) ●補足、です。こちらのランジュ・ヴァン。ノーマルではなくて張ってあるシールの如くスペシャル・キュベだそうです。斜面上部のより良いところからのブドウを使っています。但し!シールの貼ってあるのと無いのとまぜこぜに入荷しました。インポータさんからの説明ですと「張り忘れ」とのことです。こちらからの出荷分もシールの貼ってあるのと無いのとおそらくまぜこぜになります。あらかじめご了承下さい。 レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 セール,高品質

カトリーヌetピエールブレトンブルグイユ ニュイディヴレス 2009 SALE,低価

●今年(2011年)春のロワールのサロンにて久し振りに奥さんのカトリーヌさんにお会いして、ちょこっとワイン飲ませていただいたんですが・・・その後入荷して落ち着いたところでまた飲んでみました・・。 ●う~ん、改めて飲んだけどやっぱり美味しい・・・ニュイ・ディブレス!久し振りに付け入る隙の無いワインです・・・。某誌の番外編では文字制限があって書ききれなかったのですが・・・「僅かに紫色のエッジの混じる濃いめのルビー色。控え目ながら色を重ね合う赤い果実と少し乾燥したヨモギの様なハーブの香り。幾分金属的なニュアンスを感じさせつつもしっかりとしたミネラルの存在の予感。軽やかな口当たりと余韻に広がるタンニンとのバランス。こなれた酸は旨味を引き出し、旨味はほろ苦く果実味を引き立てる。まだまだ還元的であり充分に開いていないが準備は整っている。作り込まれたデセールには絶対表現できない「生」だけが持つシンプルな味わいが魅力。」とさせていただきました(それでもかなり字余り)・・。冬のキリリと寒い夜、瞬く星々、白い吐息・・・・これは「酔って」いられない!(2011.11.09 いのまた)    ↓こちらはかなり昔のコメントですが・・・。 ●ペリエールも良かった!ディレッタントも良かった!と言うことでブレトンの期待の新作がようやく入荷しました。その名も「ニュイ・ディヴレ」。ニュイ(Nuit)は「夜」、ディヴレ(d'Ivresse)は「酔う」と言う意味のようですので・・・何となくalar向きのワインのような気がします・・・。 ●・・・少し前のワインの試飲が長引いてしまったので、グラスに入れて20分、からスタートです。色合いは、普通のブルグイユ、やや濃いめかな?香りは・・うっ!なんと艶めかしいんでしょう!ボルドーちっくな「ミンクのコート」のようなフランの香りです。まだまだ早そうだな~。 ●こういう香りを嗅いでしまうと条件反射的に飲んでしまいます!・・・・・・・・え~、なんと表現すれば良いのか悩んでいます。困ったことに、イイ感じのピノみたいな旨味もでてきちゃっているし・・・・・じわ~と、果実味でてきますね。多少タンニンの落ち着きがないのですが、酸とミネラルの輪郭がはっきりしてくると同時に深みがでてきます。 ●現時点では抜栓後30~40分がベストの状態です。グラスに入れて暫く引っ張るれるだけの力は残念ながら持ち合わせていませんが、フランのタイトさと程良い膨らみ加減、良いバランスです。瓶で寝かせるならあと半年から1年、この辺りが、あのブルグイユの深みに届かないところです。でもかなり中枢を刺激されますね。IvresseにはExtase=陶酔と言う意味も在るようですので・・・的を得ています!(2004.04.27 いのまた) ●3日ほど経って瓶の底3分の一ぐらい残っているのを飲んでみました。やっぱりまだ美味しいです。やっぱり少し寝かせてお楽しみ下さい。今の1.3倍ぐらい楽しめそうです。 カトリーヌetピエールブレトンブルグイユ ニュイディヴレス 2009 SALE,低価

Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 品質保証,限定セール

●ワインの正体は2004年のルメール・フルニエ!とは言ってもニコラ・ルナールがやめた後のモノ。最初の内はどうにもこうにもなワインだったようだが、最近ナタリーが飲んだところこれがとんでもなく美味しくなっている!その場にいたパスカル・ポテルも「これは良い熟成を経たシャンパーニュのよう」と言う事で、即全量買い取り決定!・・・・そんなラッキーな話を交え「ユー・アー・ソー・ラッキー」として登場!ワインは残糖量0gのエクストラブリュット。ナッツの風味に絡み合う旨味とミネラル感。繊細な泡と相まって複雑な味わいを作っている。 ●一口飲んだ感じではル・カノンのスール・ラット的な熟成感が感じられるが、もっとタイトでキリリと引き締まった表情。無駄な甘味やぶれていた雑味がスッキリと落ちてまとまるべきところにまとまった味わい。 Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 品質保証,限定セール

クロデュテュ=ブッフソーヴィニヨン・ブラン ビュイッソン・プュイユー AOCトゥレーヌブラン2004 人気セール

    穴子の天ぷらなどにいかがでしょうか? ぴしっとしたミネラルが小粋です。    ●2004年のビュイッソン・ピュイユーです。試飲完了まで今暫くおまちください。それまではこちらの2003年のコメントを・・・・って2001年からすすんでいません。申し訳ありません。まずは写真だけで・・・必ず2004年は新しいコメント入れます。 ●と言うことで、善は急げ?2004年試飲してみました。ところで前々から気になっていたんですが、普通のソーヴィニヨン・ブランとソーヴィニヨン・ブラン『ビュイッソン・プイユー』のとの違いは何処にあるんでしょうかね?このあたりに注意して飲んでみようかな?と思います。さて本番! ●まずは香りですが、洋なしっぽいと言うか、白い花っぽいと言うか、おそらく飲んでは甘くなんだろうけど、そう感じさせるような果実味の強さが違いますね。で飲んでみると・・・実は、そう違いが感じられないんです(例年のことなんですが)。酸のバランスとか、ミネラル感とか僅かにスケールの違いが感じられますが、バランスはほとんど同じなんですね・・・・。 ●で、結論言っちゃうと、400円の差というのは、ワインの持ちにあるんですね、これが。最初のうちはあまり差がないんですが、暫くグラスに入れておいておくと、がぜんビュイッソン・ピュイユーの力が安定してきます。一旦開き始めたら俄然ビュイッソン・プイユー有利。変なたとえなんですが「ざるそば」と「天ざる」ぐらいの差かな?ここは神田猿楽町「松翁」の穴子天ざるが良いと思います。(2005.08.29 いのまた)●こちらはソーヴィニヨン・ブランで作られた辛口の白ワイン。樹齢45~60年というふるい樹のブドウが使われています。このワインだけは今回(2005.03)が始めて入荷ですのでまだ試飲していません。以下古いコメントですが、ご容赦下さい。 ●大変綺麗で透明度の高い湖、と言う感じのワインです。ソーヴィニヨン・ブランらしい、爽やかな香り、レモンピールやオレンジピールとジャスミン?、気持ちの良い青草の香りがありますが、フィニッシュには全く「苦み」が無く、優しい余韻を残してくれます。口の中でも、「目に見えない密度の濃さ」がしっかりとありはつらつとしたワインです。でもこういうワインが空けてから2日目、3日目で、とんでもない芳醇なワインに変身することもたびたびあるんですよね~。 ●↑これは前回入荷した2001年のコメントですが全くそのまま(2002年も)使わせていただいております。変わらないですねテュ=ブッフのソーヴィニヨン・ブランは。アルコール度数14度とんでもないパワフルなワインですが、それに釣り合うだけの酸をしっかりと保持しているのは、見事という他はありません。まだ解き放たれていないミネラルの塊、スパイシーさも残しながら柑橘系の香りや味わいの間にまだほんのりとした甘さを感じさせる、と言うところも見事ですね。これもまた長くお付き合いできるともっといい目に合いそうです。 ●さすがに長期インプレッション(と言ってもたかだか一週間)で最初に落ちていくのはこの辺り。ピークはやはり3日目~4日目ぐらいですね(バキュバン無し、そのままalarのセラーに放置)。5日目辺りから酸も落ちてフラットな感じになりますが、その直前のレモンや青リンゴの果実味の華やかさはやはり見事です。このワインもあと半年は寝かせて置きたいですね。澱を沈めるのがちょっと大変そうですが。 クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロデュテュ=ブッフソーヴィニヨン・ブラン ビュイッソン・プュイユー AOCトゥレーヌブラン2004 人気セール

レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 赤字超特価,セール

●2002年に「ジャニエール・ブラン」だったのはこれかな?先ずはインポータさんの資料から、です。   「南に向って扇状にくぼんだため日照に優れたジャニエール地区のぶどう畑。その中にある小集落の名前を付けたキュヴェで、優れた立地条件を作ったロワール川に敬意を表して「ロワールの魅力(=シャルム)」と呼びます。    収穫量は少なかったのですが、貴腐菌が着いたためシュナン特有の強さの中に、ほんのり蜂蜜の甘い香りが混ざった濃厚なタイプ。複雑な味わいときれいな酸味は、素晴らしいバランスで余韻がとても長いが特徴。」  一応、2002年のジャニエール・ブランのコメント残しておきます。 ●ジャニエールのAOCはロワール川(Loire)本流に平行して北を流れる支流の一つロワール川(Loir:最後のeがつきません)に添ったコート・デュ・ロワールのAOCにひっそりと寄り添ったところにあります。ワインはシュナン・ブラン100%。平均樹齢60年前後で収穫量25~30Hl/Haあまりを手摘みします。樽発酵・樽熟成。3.5g/Lと僅かに残糖の残る仕上がりになっています。 ●最初の印象で、何でこのワインをシャルドネ?と思ったのかな?ちょっとワックスの様なニュアンス、ピエール・ボージェのシャンピニヨン・マジックのような甘さかな?大きめのグラスで飲んでみるとやはりそんな感じですが、やや小振りのロワール・グラスで試してみると・・・・きっぱりと熟し気味のシュナン・ブランです。 ●微妙に残ったCO2。パイン・アップルの酸味、メロンの様な品のある甘さ。ワインにエッセンスが詰まっています。果実味が微妙に酸をさえている感じ。口に含むたびに、さびの出てきたリンゴの切り口や、シロップ漬けの黄桃、まだ若い洋なし、などなど白から黄色系の果物のいろいろな場面を想像させる微妙ながらも変化に富んだ豊かさが感じられます。押さえられたと言っても一本筋のピシリと通った酸は繊細なミネラル感を伴って決してかすむことのない伸びがあります。些か過熟?なそして樽っぽい印象も受けますが暫く落ち着くと、アンジューの深さともヴーヴレの繊細さとも異なる、少し太めなバランスの妙を見せてくれます。 ●時間とともに酸化が進み「アンジュー・ブラン」入ってきます。でも酸も高めですのでまた少しニュアンスが異なるかな?ちょと値段も気になりますが、数日間にに分けてゆっくりとおつきあい頂ければ幸いか、と。その価値があるワインです。(2005.04.16 いのまた) 本当は平気なんですが・・・・こちらのワインかなり「変な澱」がたまっています。お飲みになる際には十二分に澱を沈めて、お楽しみ下さい。お願いですから・・・ ●訂正です。思ったよりも酸化のスピードが速いようです(気温にもよるのですが)。丸2日から3日目で酸がしぼみ初めまろやかな味わいとなりますが、同時にフラットなイメージが進行します。冬場ならもう少しいけそうですが春先から秋の半ばまでは、抜栓して早めに飲んだ方が良さそうです。(2005.04.17追記) ●補足、です。こちらのランジュ・ヴァン。ノーマルではなくて張ってあるシールの如くスペシャル・キュベだそうです。斜面上部のより良いところからのブドウを使っています。但し!シールの貼ってあるのと無いのとまぜこぜに入荷しました。インポータさんからの説明ですと「張り忘れ」とのことです。こちらからの出荷分もシールの貼ってあるのと無いのとおそらくまぜこぜになります。あらかじめご了承下さい。 レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 赤字超特価,セール

ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko Araiカベルネフラン キュヴェ116 VDTフランセーズ 2002 大人気,安い

●通常のカベルネ・フランを作った際に最もパワフルな1樽分、じっくり熟成させてからリリースされました。それがこちらの「キュヴェ116」。2004年1月16日。この日は満月がかけ始め新月に向かう10日目。ワインの澱が静かに沈んで行きます。そして午前7時から午後8時までは花の日、とヴィオディナミの暦に従って最高の条件の日を選んでビン詰めされました。 ●おそらく「噂」のペティアン用のラベルの上に「cuvee116」と張ってあります。それで「Non dose」?いえいえこのワイン、補糖をしていないよ、と言う意味もあります。一度は13度まで上がった糖度が一雨で12度に下がってしまいました。それでも補糖をせずに葡萄の力を信じて待ちました。レギュラーのキュヴェに比較し長い熟成をへただけに一際しなやかにたくましい、と聞きます。楽しみなカベルネ・フランです。 「ついにやっちゃったの・・・・?#*!」某インポータのコンサルティングをしているAさんが、どうやら『ロワールに畑を買っちゃた』言う話を聞いたのは、丁度2001年の秋のこと。それまでやっていたレストランも売り払い、真摯に向き合っていた自然派農法:ビオディナミが「本当に正しいのかどうか実際に自分の手で実践してみたかった」と言う挑戦はどうやら思っていたよりも早くに実のりを得たようです。・・・・・・「Aさん」というのは勿論あの、新井順子さんのこと。ビオ系のワインを色々と発掘しつつ、とうとう自分でもワイン造りを始めてしまったんですね。彼女の略歴や既に伝わっている評価は、あえてここではご紹介しません。彼女も自分のワインを素直に評価してもらうのが一番うれしいのでは?ロワール初めての日本人醸造家の記念すべき第一作をお試しあれ!      ↑詳しくは2005年11月04日 集英社より発売予定の新井順子さんの奮闘記『ブドウ畑で長靴はいて -私のロワール・ワイン造り奮闘記-』をご覧下さい。  2年目となる2003年は、好天続きのお陰でブドウの収穫量もほとんど品質を落とすことなく前年の約倍となる20000本分(それでも25hl/haは少なすぎ!)のワインを仕込むことができました。しかし、2003年の仕込みもほぼ完了し2002年のワインも最後の瓶詰めが終わった2003年11月29日、収穫からようやく忙しさも一段落、ほっと一息のそのときです。   この日の大雨で近くの川が氾濫。比較的低いところに位置するボワ・ルカの醸造施設はこの出水がなだれ込み、保存しておいたワインの樽がほとんど水に流されてしまいました。新井さん自身も現実を目の当たりにして「このままドメーヌを閉めようか」と思ったほどの惨劇です。幸いにも、何とか残った健全なワインを再度大きなタンクに移し替えると、まだ活きていた野生の酵母の力で発酵再開。再度樽に移し替えると以後は驚くほど順調にワインは育ちました・・・。ドメーヌのスタートから2年目。予定していた20000本は6000本へと大きく減ってしまいましたが、その分新井さんやパスカル、そしてこのワインに関わった人たちの思いがいつもの年の3倍ぐらい詰まっているのでは・・・?期待してイイ2003年のボワ・ルカです。そして3年目となる2004年。まずは赤ワイン、3ッつのキュヴェが入荷です。新井さんの報告では生産量も15000本とグッと増えて、まずは安心。それでも平均収量を考えると「ロマネ・コンチィ以上」と、相変わらずです。パリのカーヴ・オジェとの本格的な取引も始まり、各地のサロンにも招待されて人気はますます上昇。日本への出荷量が減らないようにと、願うばかりです。 2002年のデビュー当時から本当に「美味しい」ワインをリリースしていますが2004年は全体に磨きがかかってきた、というのがalarの感想。とことんまでのめり込んでいく作り手の性格、がよく表れています。ある意味2003年とは別の苦労があったんじゃないかな?あまり作り手に感情移入しないように、心がけてるalarですが・・・美味しさに味わいを越えた共感を覚えます。そして4年目となる2005年ヴィンテージ。こちらもソロソロと入荷し始めました。2005年はロワールもかなりいい年。新井さんもあの手この手の新しいワインで楽しませてくれそうです。 ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko Araiカベルネフラン キュヴェ116 VDTフランセーズ 2002 大人気,安い

ティエリー・ピュズラAOCトゥレーヌ テゼ 2005 人気SALE,100%新品

●ティエリーのテゼ2005!引っ張って、引っ張って・・・最後の2ケース入荷しました。 ●ソーヴィニヨン・ブラン100%。ビオディナミ栽培を進める、ブルノー・アリオンとジョエル・コクトーの樹齢20年ほどのブドウを使っています。土壌はアルジロ・カリケール。収量は40hl/haほどになります。 ●何度も飲んでいる割には・・・コメントな~んも残していないですね。これではイカン、と飲んでみました。う~ん、これは良いゾ!。香りは確かにソーヴィニヨン・ブランですが、やや濃いめの色合い同様に、少し干した草の様な香りが特徴的。そこに黄桃、ライム、レモンと言った雰囲気の果実味が乗っかって、ソフトな印象。早速一口、ですが・・・しっかりとした厚みと拮抗するような酸とミネラルのキレの良さ。なんと言っても「ガス」の残し方がティエリー節!。ほ~っ!と言っているうちに旨味がくっきりとしてきます。と言うことで、まだまだ中盤の組み立てが完成していませんが、その完成の暁には・・・。 ●抜栓直後もそれなり、と言うかさすがという感じで美味しいのですが・・・2日目とか2日半辺りでもっと味も乗ってくるんだろうな・・・。たとえば、クロ・デュ・テュ=ブッフのSBなどはもっとミネラルの張りがあり、新井さんのSBは体育会系のしっかりとした筋肉質(本当はもそっと果実味が強いんですが)、クロ・ロッシュ・ブランシュはきりきりとした酸味・・・などなどおなじSBでもいろいろな味わいがあります。で、このテゼ、そう言った感じのバランスをうま~くとっている。やっぱりそこで思うのは「ティエリー・ピュズラ、恐るべし」ですね・・・。このまま空けてしまうのは絶対に勿体ないと思うので、「明日に続く・・・」です。(2007.07.21 いのまた) ●で、予想通りに2日目、ほぼ全開といっていいのかな?ヨモギや水菜、針生姜や茗荷の香り・・・お豆腐ですかね?・・・やはりいつもながらに、上方寿司、穴子や芝エビ、椎茸たっぷりの箱寿司なんかを食べたくなります・・・。そばだったら田舎風に太く打って少し甘めのつゆでたべたいな・・・。でもその前にちょっと煮こごりなどをアテにしながら一杯・・・・くう~っ!とか言っちゃいたいですね。でも、蕎麦なら・・・ロモランタンかな?九段下「一茶庵」にはワインの持ち込みできるだろうか・・・・ クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) ティエリー・ピュズラAOCトゥレーヌ テゼ 2005 人気SALE,100%新品

ステファン・コサVdTフランセーズ ロゼ 2004 プティ・ヴァンダンジュ・アントレ・アミ 本物保証,お得

●コー(cot:マルベック)とガメィのブレンドできたロゼ・ワインです。樹齢16年のコーの畑。面積も一番小さく、赤ワインは他にもカベルネ・フランやガメィがあるので「気まぐれで」ロゼにしました。ブレンド比率は新井さんも立ち会ってコー80%、ガメイ20%に決定。「非常にナチュラルですがしっかりと旨味を感じる」味わいに落ち着いた模様です。 ●キュヴェの名前「プティ・ヴァンダンジュ・アントル・アミ」は「仲間内で摘み取って仕込んだちょっとした量のワイン」ってところでしょうか?キュヴェの名前の下にはヴァンダンジュ=摘み取りに参加したステファンの友達?と思われる人たちの名前がひとりずつ刻まれています。 ●でコメントですが、リアルワインガイド13号「テイスティング・レヴュー番外編」用の物をそのまま載せておきます。  「「みんなで収穫したんだ~」と言うことで、名前がゾロゾロ。このラベルだけでビジュアル的には91点。ワインの色もラヴィアンローズ!って気合いが入った濃さで、香りにガメイのイチゴ、味わいが少し苦めのマルベック、としかコメントできない様なシンプルさ。なんだけど、こう言う味を都会では「すたいりっしゅ」と言うのです、たぶん。これで「紫色のしば漬け」など抓むのは『粋』と言います。小鰭の握りとガリ合わせると『通』。87点/88点・・・2007~2010年 2006.02.10」 ●文字数が限られているからと言い訳しつつ、なんだか訳のわからないコメントになっていますが、要は『小洒落た味』何となくですが、お寿司とか系の和食に合いそうな気がするんです。コーが全体の味わいを引き締めているのかな?もう少し楽しく(今も充分楽しいのですが、さらに)飲むにはあと1年は寝かせたい。でもそうすると、果実味がもっと楽しく出てきそうなので、お寿司系は合わないかな?と楽しく悩める一本です。(2005.03.14追記 いのまた) ステファン・コサVdTフランセーズ ロゼ 2004 プティ・ヴァンダンジュ・アントレ・アミ 本物保証,お得

ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールボンヌゾー コトー・デュ・ウー 2004 安い,高品質

●コトー・デュ・レイヨンのAOCの中にあり固有のAOCを有するボンヌゾー。サンソニエールのボンヌゾーの入荷は久しぶり。シュナン・ブランを使った甘口白ワインですので、今飲んでもそれなりですが、じっくりと3~4年、それ以上に寝かせて楽しむのも一興です。 ●・・・・と思っていたら、こちらもワイナート誌32号で高評価。無くならないうちに一本確保しておこう・・・。 ●しっかりと甘口ですので、一人で一本開けるのには相当日にちがかかります。実際抜栓して1週間ぐらいは十分に保つのですが、他のワインの試飲もあるので、なかなか開ける機会がありません。ボンヌゾーはコトー・デュ・レイヨンのもう一つの区画、カール・ド・ショームに較べると幾分たっぷりとした力強さを感じます。カール・ド・ショームのような花の香りを含んだ華やかさとは対照的ですが、サンソニエールの物は常にさんをしっかり保っていて、力強さの中にすっと際だった透明感のある余韻を残します。 ●alarがストックしておいた1990年のボンヌゾー(当時は透明瓶)もまだクリーンな柔らかみある色調を保ったままです。お子様のヴィンテージ・ワインと言うとボルドーのグラン・ヴァンが一般的ですが、こんな甘口の一本も素敵な味わいになりますよ。 サンソニエールは1990年がファーストヴィンテージ。オーナーのマルク・アンジェリは、80年代に甘口のワインづくりの魅力に陥り、ボルドーで学んだあとフランス各地のワイナリーで経験を積みました。しかし彼は「ボルドーではラ・トゥール・ブランシュ、スデュイローでスタジエをしたが、ボルドーの人工的なワインづくりでは何一つ学ぶことはなかった」と回想しています。  現在畑は約10haを所有。すべて「ビオディナミ」が実践されSO2の使用もできるだけ控えられています。現在ボンヌゾーでは最高の生産者の一人として目され、他の白ワインや、赤ワインのガメ、そしてロゼいずれもすばらしい評価を受けています。現在生産されているワインは10種類。プレスは大小4つの垂直型木製プレスを使い分け、赤ワインは木製の大樽、フードルでの発酵後バリックにて熟成、白ワインは樽発酵、樽熟成され、いずれも補糖はいっさいしていません。 ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールボンヌゾー コトー・デュ・ウー 2004 安い,高品質

クロデュテュ=ブッフソーヴィニヨンブランAOCトゥレーヌ 2007 お得,HOT

2009年2月4日よりの発送となります       小粒ながらも無駄のないきりっとした味わい。ゆずの香りに誘われます    ●ちょっと違った雰囲気の写真にしてみました。ソーヴィニヨン・ブランの2004年です。お客様から「2004年のロワール物はどうなの?」というご質問を頂きました。2003年と飲み比べながら、コメントなどしてみたいと思います。 ●まずは色調ですが、やはり2003年の方が圧倒的に濃いですね。一年経ってと言うこともありますが、2003年は幾分ゴールド系。2004年は少しグリーンを感じる薄黄色です。香りも2003年の甘さを感じるところから、2004年ははっきりとしたミネラル感へ。爽やかな印象です。 ●味わいは酸が立っているかの?と思いましたが意外に落ち着いています。控え目な印象ですがボディもほどよくしっかりしていて、変にミネラル感が強調されていないので優しい味わいです。2003年と較べるとやはり酸が繊細ですね。きめ細やかな、と言ったところです。多少時間をおいて落ち着かせた方が良いのかな? ●何となく、この2004年の味わい記憶が在るんですが・・・なんだろね~、と思い出すと・・・・東京九段下の蕎麦屋『一茶庵』変わりそば「ゆず」ですね。更科のしっかりとした歯ごたえと噛めばでてくるゆずの香り・・・下の方で紹介しているムニュ・ピノがそばそのものの味わいと幾分甘めのつゆと合いそうですが、こちらはそばそのものとのハーモニー・・・・が楽しめます。てことはワインながらも日本酒系、味わいに無駄がないいですね、良い酒、です。(2005.08.29 いのまた)   ほんのりの、この甘さが捨てがたい。暑い2003年のコメントです↓ ●こちらもキュベの名前のないソーヴィニヨン・ブランです。ブュイッソン・プイユーとの違いは・・・・樹齢のそれほど高くないブドウからのソーヴィニヨン・ブランなのでしょうか?なぞは深まります・・・・と言いつつ、ラシーヌさんから資料をいただきましたが「1.4ha 樹齢20年―25年、タンク発酵、タンク熟成。火打ち石まじりの砂利質の畑。フレッシュで、ミネラルがたっぷりあり、果実味ととけあって、飲み心地がいいワインです。」とのことで、肝心なところがわかりません。 ●ただ、ただいえるのは東海道本線(新幹線でもOK)の小田原駅の駅弁「鯛めし」に微妙に合いそうな予感が・・・でんぶの甘さ、茶飯の旨味・・添え物のアサリの佃煮・・・ひたすら唾液が出てきます。 ●以下、以前に入荷した際の前のコメントです・・・・・・・・ うわっ、おいしいわ!グラスに注ぐと香りがよくって、取りあえず飲んでしまいました!最初に花の蜜のような甘さの誘惑、ソービニヨン・ブランとしてはしっかりとした果実香、アプリコットやトロピカルな果物の雰囲気もあります。ブルーグラス系のハーブのニュアンスは・・・?香りではあまり感じせんが、口に含むとしっかりとしたまとまりが・・・・でも例年に較べると繊細な酸味がやや感じられません、果実味に現れた熟度にカヴァーされているのかな?やはり2003年のヴィンテージを背負っている感じです。 ●ワインそのものは非常に良い出来です。果実味の中に軽い甘さを感じつつ、アフターに掛けてはハーブやミネラルのニュアンスにドライブが掛かり、心地よく突き抜けていく爽快さ。さすがテュ=ブッフ、全体にクリアーな味わいの流れの中に詰める物はきちんと詰め込んでいます。少し長目に口の中で転がすと本来の繊細なディティールも感じられますが、まずはストレートに熟したブドウの良さを味わってみましょう!2003年ロワールの白はソーヴィニヨン・ブランが良いかも知れない!(2004.07.17 いのまた) ●取りあえず、一日おいての再試飲です。香りからして「出来上がっちゃって」います。前日よりも甘さが強く感じられ密度が上がっていますね。やや遊離していたハーブのニュアンスも果実味に溶け込んでいます。いわゆる落ち着いた香り。やはり酸の落ち着き具合は例年とは異なるようですが、噛み締めるような旨味が詰まっています。これでもう一歩酸の乗りがあるとかなり長く寝かすことが可能な印象ですが、惜しむらくはあと2年がリミット。この秋の「旨い物シーズン」に向けての一本です。(2004.07.18 いのまた) クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロデュテュ=ブッフソーヴィニヨンブランAOCトゥレーヌ 2007 お得,HOT

レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 超激得,新品

●「2003年の『ラシーヌ』はかなりイイ感じだ!」と書いていましたが、2005年の『ラシーヌ』には惚れ惚れしました・・・・。このラシーヌ、今まではどちらかというと良くも悪くも『ワイルド』な印象でしたがこの05は『エレガント』。05と言うと結構暑かった年でもっと強い感じかなと思っていたのですが綺麗に纏まっている。現行のヴィンテージがおそらく07とか08とかで、この05はインポーターさんの倉庫でねていた事を加味しても・・・すばらしい。元々ガメイ100%の『ナカラ』などはきれい系なワインでしたが、その綺麗さと全体的な味わいのバランスが取れている。ともするとアルコール度数が上がりがちな近年で12.5度に押さえているところが、このワインの味わいの基礎になっているのかもしれません。 まずは2002年までのコメントなど・・・・ ●最近どうもこのラシーヌが良い感じになってきました。噂では、ワイナリーに屋根がついて、囲いもついて、最近では空調もついたらしい、とか。半ば冗談とも思えるこんな情報が、結構まじめな話、と評判になるクルトワさんのワイン。2002年で再びトライしてみる気になっています。 ●ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン、コー(マルベック)、ガメイ、カベルネ・フランのブレンドです。クロード・クルトワ自身がSO2にアレルギーを持っているので、ワインも完全にSO2ゼロ。本来はトゥレーヌのAOCを名乗れる要件がありますが、あまりにもコンセントレーションが強く認可がおりません。また本人もAOCを名乗ることに全く興味はないようで・・・相変わらずのヴァン・ド゛・ターブルです。そのためヴィンテージの確認のしようがないのですが、裏の正式なラベルにはロット・ナンバーが記載され「t-2002-3」となっていて、これが2002年ヴィテージのワインであることを示しています。(キャップシール外せばコルクの頭にも2002となっていますね。) ●さて、その味わいですが・・・相変わらずワイルドです。元祖ヴァン・ドゥ・ソヴァージュ!還元香もしっかりしている?し、やはり赤ワイン的フェノレ系の香りも出ています。でも、以前から較べると全体の印象はずっと綺麗な味わい・・・。桑の実やブラックカラント系のやや苦味を伴った果実味にしっかりと緻密な酸も乗っていて、良い感じですね。 ●アフターに残る味わいや、鼻に抜けた香りにどうしても動物的なある種の「臭み」があるので、やはり「どなたにでもオススメできるワイン」ではないのですが、何となくジビエ、赤い肉の鳥系には合うんじゃないのかな?それとも八丁みそ辺りで煮込んだモツ煮かな?数年前、alarのある平塚市にナイジェリアのサッカーチームがワールドカップ日韓大会でキャンプを貼ったのですが、その際にナイジェリアの名物料理として登場したのが「ハチノス」と言うか「トリッパ」というか牛の胃袋の煮込み料理。そんな物にも合いそうな気がします。 ●今日はこのままにしようか、それとも一度、デカンターに移し替えようか?ちょっと迷っておりましたが、まずはデカンターに移し替え、かなり激しく泡立てて?みました。かなり還元的な味わいや、フェノレ傾向は飛んでいきますね。ここで、暫く置いた方が良いのかな?一度、余計な物をさらりと捨てて、幾分輪郭もはっきりしてきました。でも、かなり刺激した分、落ち着きが・・・。明日のコメント、少し期待しておいてください。(2006.02.23 いのまた) ●二日目ですが、少し置きすぎてしまったかな?瓶の中に半分ほど残した方を試してみました。還元臭はほとんどなくなりましたが、幾分フェノレ系の香りと味わいが残っています。酸も幾分とんがり始め、少し気になります。とんがってきた分だけ綺麗に感じるところもありますが、前日のデカンターでグルグルとやったときの方がふくよかさもあり良かったな・・・。寝かせてどうなるか?この辺りは微妙ですね。じっくりと酸化してくれるとウレシイのですが、この手のワイン往々にして一層還元的香りが、と言うことが良くあります。コルクのコンディション(あまりお金をかけていない)もいつも気になりますので・・・やはり早めに開けてしまった方が良いのかな?ふと思い出すと、伊豆の温泉でいただいた「猪鍋」が思い出されます。クルトワさんは何と一緒に飲んでいるのだろう?(2006.02.24 いのまた) ↓以下は少し前の1998年物のコメント、です。 ●alarは基本的に「ビオ系」とか「自然派」と呼ばれるワイン好きなんですが、どうもその中でも「苦手」なものが幾つかあります。その中でも最右翼の一つがこちらの「ラシーヌ」。日本に紹介されておそらく6年ぐらい経つのでしょうか?もう何度も試飲会等でいただいていますが、苦手と言うか、どうにも「力の及ばぬワイン」という印象で・・・・そのくらい始めは濃くてちょっと臭くて・・・つらかった。 ●元々ポテンシャルは高いワインです。果実味~タンニン~ミネラルと酸度。ただ最初の内はあまりにもそれぞれが主調を保っているので、どこから手をつけていけば良いのか?おそらくこのワインも凝縮を越えた果実味の濃さ、ドロドロとしたボディの感触にざらつくほどに逞しいタンニン、そしてワイルドなミネラル、と行った趣のワインだったはずです。でも、その時点でこれを組み伏せようといのはやはり無謀だったんですね。それを解決するには「時にゆだねるしかない」と。 ●現在のこのワインの味わいにある程度の方向性が見えてきました。ある意味エッセンスの集積。果実味も、タンニンも余分なところを絞り込んで純化しているかな?と言うところです。絞り込まれた分感じる重さはだいぶ軽くなりました。その変わり味わいの密度がましている、と言ったところです。実際お飲みいただくとおそらく「まだ早い」と感じられると思います(早いというか、瓶によっては独特の還元香に支配されがちなものも。瓶によってかなりの差がでています)。でもここで手を加えるとおそらくバランスが崩れるでしょう。こうなったら3~4日はそのまま我慢です。このワインに関してはあせりは禁物です。 ●まだまだ「UNDER CONSTRACTION」ドライフルーツ的な凝縮感とミネラルを伴ったライブな酸味。ボディの核となるタンニンとそれに付随するミックスハーブ、乾燥しきらない生皮、鉄や鉛の金属的香り、オリエンタルな牡蠣油や醤油、アミノ酸的旨味の凝縮度。中枢を直撃された初期の印象と違い、やや熟成して、じわりじわりと刺激される「快感」に近い味わいです。・・・図らずも「ハツ2本!カシラ2本!レバ2本!しおデネ」とたのみたくなります!(2004.05.06 いのまた) レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 超激得,新品

ステファン・コサVdTフランセーズ ロゼ 2004 プティ・ヴァンダンジュ・アントレ・アミ 数量限定,新作

●コー(cot:マルベック)とガメィのブレンドできたロゼ・ワインです。樹齢16年のコーの畑。面積も一番小さく、赤ワインは他にもカベルネ・フランやガメィがあるので「気まぐれで」ロゼにしました。ブレンド比率は新井さんも立ち会ってコー80%、ガメイ20%に決定。「非常にナチュラルですがしっかりと旨味を感じる」味わいに落ち着いた模様です。 ●キュヴェの名前「プティ・ヴァンダンジュ・アントル・アミ」は「仲間内で摘み取って仕込んだちょっとした量のワイン」ってところでしょうか?キュヴェの名前の下にはヴァンダンジュ=摘み取りに参加したステファンの友達?と思われる人たちの名前がひとりずつ刻まれています。 ●でコメントですが、リアルワインガイド13号「テイスティング・レヴュー番外編」用の物をそのまま載せておきます。  「「みんなで収穫したんだ~」と言うことで、名前がゾロゾロ。このラベルだけでビジュアル的には91点。ワインの色もラヴィアンローズ!って気合いが入った濃さで、香りにガメイのイチゴ、味わいが少し苦めのマルベック、としかコメントできない様なシンプルさ。なんだけど、こう言う味を都会では「すたいりっしゅ」と言うのです、たぶん。これで「紫色のしば漬け」など抓むのは『粋』と言います。小鰭の握りとガリ合わせると『通』。87点/88点・・・2007~2010年 2006.02.10」 ●文字数が限られているからと言い訳しつつ、なんだか訳のわからないコメントになっていますが、要は『小洒落た味』何となくですが、お寿司とか系の和食に合いそうな気がするんです。コーが全体の味わいを引き締めているのかな?もう少し楽しく(今も充分楽しいのですが、さらに)飲むにはあと1年は寝かせたい。でもそうすると、果実味がもっと楽しく出てきそうなので、お寿司系は合わないかな?と楽しく悩める一本です。(2005.03.14追記 いのまた) ステファン・コサVdTフランセーズ ロゼ 2004 プティ・ヴァンダンジュ・アントレ・アミ 数量限定,新作

クレ・ド・セランクロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン 2004 驚きの破格値,SALE

●「ロワールにグラン・クリュがあるとすれば間違いなくサヴァニエールがそれに値する」と言われますが、その中でもロワール河に面してひときわ張り出した山の急斜面に広がるのが、クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン。ロワール川に直角に交わる狭い谷(クレ)が格好の南斜面を形作り、もともと火山性の母岩に広がる薄い表土をさらに薄く削り取り、ブドウにとっては非常に厳しい=良いワインのできる特殊な環境を作り出しています。7haの畑全体が固有のアペラシオンを有し、その全てをクレ・ド・セランが有しています。植えられたシュナン・ブランの平均樹齢は40年。一部貴腐果を含み18~25hal/haの収量で収穫され、厚みのあるそして逞しいミネラル感を有した辛口のワインが生まれます。 ●たまたま先日手元に届いたワイナート誌で、このワインが表紙を飾っていました。特集記事では、以前の物はやはりalarと同じ印象であり、21世紀になってから確実にコンディションが良くなったと評されています。また同時に現時点では2004年は最高の出来だと・・・・。その要因については様々な推測がなされていますが、いずれにしろ、一時期は名声を博したトップクラスの味わいのワインであることは確かな事実。その復活は心より歓迎したいと考えています。 ●少し堅めの夏みかん、そしてパイナップル。特徴的な香りは蜜蝋(Bees Wax)。少し砕けたところで干し杏子や桃。花梨がでるまではもう暫く時間がかかりそうです。幾分蜜の甘さと堅いミネラルを感じますが、個々のバランスがとれている・・・、各要素が同じリズムで開いてきます。 ●サンソニエールのブランドリーと共に目の前に並べておいて、共に口を付けずにただただ香りを取るのはかなり苦痛な作業。でも以前感じていたモワモワとした香りが全くなく、静かな明るい朝を迎えようとしている感じがします・・・。 ●さて、10分は立ったかな?香りには幾分締まった甘さがわき出ています。果実味もバラバラなところからやや落ち着いて方向性が見えてきました。では一口・・・・なるほど力強い、しかも芳醇。厚みを感じさせながらも野暮にならないのは芯にある堅いミネラルと贅肉のないボディの張り。いつもはこのあたりでもわっと来る酸のゆるさも感じられず、何処までも緊張感を保ったままに、フィニッシュを迎えます。 ●サンソニエールのワインは何となく「葡萄の力を解放する様な感性的な味わい」とすると、こちらのワインは「葡萄の力を蓄積する為の知恵の凝縮された味わい」。アプローチは異なっても、それがそれぞれの個性となっているところはとても面白いと思います。 ●時間が経てば経つほどその凝縮感・密度が高まって来ると同時に、絞りたての桃や花梨ジュースの上澄みの様なクリーンな果実味、伽羅の様なオリエンタルな、あるいは森の若芽の芳しさ、・・・・様々な要素が表れてきます。この傾向がピークに達したとき、そこからがこのワインの「開放」の時期かな?まさに「復活」と言う感じなんでしょうね。(今度ニコラ・ジョリーが来たら講演聴きに行こう!2006.04.07 いのまた) ●ほぼ一日経ちました。理詰めの厳しい会話から、ようやくうち解けてきた、そんな感じの味わいです。なるほど類い希なる資質を感じます。まっすぐ前を見据えた迷いのないスタイル。 ●で、3日目です。少し冷やし目で飲んでいます。力強さはそのままですが、回りの堅さがとれて、綺麗な芯というか核の部分が見えてきました。本来はこのくらいが飲み頃なのかな?瓶に入れたままですと5~6年後、と言う感じでしょうか?早朝のクロ・ド・ラ・クレ・ド・セランの畑から眺めるロワールは爽やかな朝日を浴びて朝靄の中に煌めいていました(行ったこと無いけど)。気がつくとアルコール度数は14.5度でした。 ●抜栓して6日ほどたっていますが、ここでますます凝縮感!唯一難点は、何に合わせて飲んだらいいか?と言うことでしたが本日結論が出ました。フカヒレの姿煮、干し鮑、干し海鼠、干し貝柱・・・・極上の中華料理が良さそうです。   「ビオディナミの伝道師N・ジョリーの作る名品 2004年は目の冴えるような出色のバランス 白 辛口」 クレ・ド・セランクロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン 2004 驚きの破格値,SALE

クロデュテュ=ブッフピノ・ノワール&ガメイ ルージュ AOCシェヴェルニー ルージュ2006 送料無料,大得価

●また、また一年おいて・・・シュヴェルニー・ルージュ2006年もの入荷しました。alar的には2006年って概ね2004年と同じ感じと言う認識で、実際どうなの?と先般ティエリー・ピュズラが来日した時にこの辺りを聴いてみたんですが、本人曰く、ハンギングタイムも長くてイイ感じの2005年よりは好みに仕上がっている、みたいな事を言っていて、本人ははかなり満足できているようで、そりゃ楽しみだ!みたいなことを言っておいたのですが・・・・どうでしょうか?早速飲んでみます。 ●確かに2004年っぽくて、下のコメントの通りガメイっぽい感じが強いのですが、酸が綺麗に乗っていて、さらにそこに乗った旨味がまた薄味系ながらも長いんです。へらっとした印象ながらも実はしっかり君。これは最初から天高く馬肥ゆる秋空の元、って感じだな・・・。高気圧感じますね。なるほどアルコール度数は13度と04よりはちょいとばかり高め。この辺りがしっかりとしたアフターの持続を支えているのでしょうか?多少グリグリとグラスを廻すと、何となくなガメイっぽさもしっかり落ち着きがでて来ます。2年とか3年とかのスパンで飲んでみたいな、と思わせるものがありますね。で、実際のブドウ品種構成はどうなの?と言うことですが良く解りません。幾分ガメイが多いはずですけど、少しはピノも入っているはず。美味しいんだから、まあいっか、と。(機会があったら確認しておきます 2007.10.05 いのまた) ●で、例によっての2日目ですが・・・甘い果実味、ちょっとキャンデーっぽくなってまとまっています。どことなくミントの香りもほんのりと。ミネラル感もしっかりとしてきて、芯がはっきりとしてきました。口に含むとしっかりとガメイなんですが、実にチャーミングな美味しさ。ローストポークを薄~くそいで、タマネギのチップスと一緒に、全粒粉×自然酵母のパンなどにはさんで食べたいですね。ちょっとライ麦とか入っているとか、フェンネルシード入っているかもと言ったところが狙い目です。なるほど、過去数回このワイン飲んでいますがこの2006年。出来が良い。なんと言っても無駄がなくバランスが整っている。ティエイリーの言葉に納得です。(2007.10.06 いのまた)       少し冷やし目でもいけます。明るい果実味が魅力    ●キュベ名無しのシュベルニー・ルージュ。一年ぶりで2004年物です。2004年のテュ=ブッフのワイン、共通しているのは香りの割には味わいが静かです。このシュヴェルニー・ルージュも香りはガメイ系の華やかな果実味、イチゴやラズベリーの香りにうっすらと光の差すようなハーブのニュアンス。シロップ的な甘さも感じられるのですが・・・・ ●味わいは非常に穏やか。雨上がりの原っぱという感じで、すがすがしさとクリーンな透明感が漂っています。酸も比較的穏やか、そして肌理の細かいうっすらとしたタンニンの広がりが印象的。まだコンディションが整わず果実味が開いていなんでしょうかね?なるほどアルコール度数は12度。インパクトはないんですが、なぜかするすると身体ににじみ混んでいきます。昆布だし・・・おでん、です。(2005.08.30 いのまた)こちらは2003年のコメント↓です・・・『カルテリ』という名ででていましたVDTです。 ●「本来は2002年同様『シュベルニー・ルージュ』となるワインですが・・・。」とインポーターさんからコメントをいただいています。理由がよくわからないけれどヴァン・ド・ターブルとなりました。ルイヨンとの違いはどこなんだろう?ラベルが違う? ●ルイヨンと比較の予定でしたが、こちらだけ一日早い抜栓となりました。(ただこちらの方が先に入荷したので我慢できずに飲んでしまったというのが、真相)ピノ的繊細さとガメイのフレンドリーな性格が上手く調和し・・・と言うところです。 ●時間と共に果実味もかなりでてきます。甘味もほんのり感じます。ただ幾分酸味が少ない、テュ=ブッフ的な繊細さが弱まり、輪郭のハッキリとした力のあるワインと言う印象を受けました。これはやっぱり2003年ヴィンテージの特徴なのかな?グラスに放っておくと少しタンニンの印象が強まります。飲みながらつぎ足しつぎ足しが良いのでしょう。 ●ま~、なんだかんだいってもテュ=ブッフのワイン。相変わらすコストパフォーマンスは抜群。やっぱりこれはロワールに咲いた「花」ですね。(2004.07.16 いのまた)こちらは2002年のコメント↓です・・・。 ●こちらはガメイとピノ・ノワールのブレンドした物となります。味わいの中では気持ちガメイの方が強くでているかな?ガメイ系の活発な果実味とピノ系でしょうか?ややミネラル感を伴った苦みにもにたハーブの香りが完全にはまとまっていないですね。まだ少しフライング気味かな。アルコール度数は12.3度とまあ標準的な位置に着けていますが、それ以上にワインに厚みを感じます。もう少しきちんと寝かせてあげないと、寝起きの悪いこのワイン実力の70%ぐらいの力しか出していないです。 ●ガメイとピノ・ノワールと言えばブルゴーニュのパス・テュ・グランを思い出しますが、あのどっちつかずの鷹揚な感じはありません。やはり二日目あたりが勝負所でしょうかね?ピノに転ぶか、ガメイになびくか?(2003.11.27 いのまた) ●実はalarはガメイが苦手ですので、最初に飲んでから4日ほど頬って置いたのですが・・・。これも、やっぱりオイシイです!。ちょっとバナナっぽさが完全に飛んでとても落ち着きのある味わいですね。ピノとも言えず、ガメイとも言えず。少しの間でいつの間にか大人になっちゃった!と言う変化ぶりです。あまり難しく考えずに「飲んだくれ」るには丁度良い一本ですね! クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロデュテュ=ブッフピノ・ノワール&ガメイ ルージュ AOCシェヴェルニー ルージュ2006 送料無料,大得価

ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 新作入荷,品質保証

●インポーター出水商事さんの資料より・・ 「シャルドネの若木から造られるクラシック・キュヴェ。小樽30%、ステンレスタンク70%で11ヶ月熟成。フルーティーさが見事に表現されたワイン。」 ●「決してブルゴーニュのワインではありません!レモンや白い花のフレーバーに満ちた繊細で軽やかなワインです。ニュートラルなシャルドネの力を存分に引き出し、ほんの僅か樽の化粧がのっている。しなやかでしかもミネラルが豊か。一見モダンでありながら実は自然のままの伸びやかさがあります。(2003.06.04 いのまた)」というのが2001年ヴィンテージの印象。2003年はやはり気温も上がってさらに一段としっかりしたワインになっているかな?と期待されます。 ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 新作入荷,品質保証

ルフルニエ by ニコラ・ルナールVDTフランセーズ セック ロートル l'Autre いちおう2002年物 限定SALE,低価

●ニコラ・ルナールって、本当に天才なのかも知れない!このヴァン・ド・ターブルは何?このおいしさは何?のビックリ・ワインです!!!ブドウは勿論シュナン・ブラン100%。本来ならAOCトゥレーヌで出せるエリアですが、収穫時トゥレーヌのアルコール上限を越えたので、ヴァン・ド・ターブルとして規定されています。(ロートル、というのはもう一つの、と言う意味がありますが、AOCを付けてだす事の出来なかった、もう一つのワイン、と言うような意味合いのようです。それでラベルの黒いガチョウ、白いガチョウの仲間に入れてもらえない、少し寂しげなまなざしです。) ●まずは色がいいですね。綺麗なペール・イエロー。香りは・・少しガスが残っているかな?軽く酵母系の香りもあります。ヴーヴレ・セックに較べると、僅かに青いハーブのニュアンスがありやや堅さや若さを感じますが・・・リンゴや洋ナシ、グレープフルーツのミックスジュース?5月の新緑がイメージされます。 ●味の方は・・・最初やや苦みを感じながらも果実味の凝縮感、抜群です。ミネラリーな酸、中盤から乗ってくる旨味、そして再びアフターに残る爽やかな柑橘系のエッセンス。予想以上の出来ですね。最終のアルコール度数は12.5度、ヴーヴレ・セックよりも僅かに軽め。磨き込まれた感触こそヴーヴレ・セックに一歩譲りますが、きっちりとでている酸度とそれに伴ってよりドライな印象があります。もうこれはこれで素晴らしく出来の良いワインです。 ●・・・・入荷して2本目・・・また、開けてしまいました。やっぱりオイシイです。とてもこの値段のワインだとは思えません。これは間違いなく、豚ですね。厚切りのポークソテーにマスタード系のソース、フルーツ系のソースもしっかりとした酸味と合いそうです。地鶏のソテーにハーブ系のドレッシングをかけたサラダとかにも良いかな?飲み頃温度もあまり冷やしすぎなければ、かなりレンジが広いので、いろいろな季節で楽しめそうです。かなり重宝なワイン、お薦めです(2004.04.10 いのまた) ●・・・・なるほど、これがヴァン・ド・ターブルとAOCヴーヴレの価格の違いか・・・・同時に較べることができないのですが、ヴーヴレは印象的に尻上がりに良くなっていく感じ、こちらのVDTは最初のインパクト、なんでしょうかね。味わいの洗練度合いと共に、この辺りの違いがありそうです。ここ暫くは抜栓後1~2時間が勝負。でも十分元の取れる1~2時間です。    お詫び・・・・リアルワインガイドをごらんになられたお客様に・・・  こちらが、リアルワインガイド第6号の表紙を飾りつつ、「特集:2000円以下の本当においしい白ワイン」で当店よりもオススメさせていただき、いまどき88点、将来90点をいただきましたワインです。わざわざお越しいただきありがとうございます。  ただ、現在当店の在庫分、また新たに入荷しました(6月15日付)分に関して、改めて開栓し何本か確認しましたところ、ボトル差はありますが、おそらくリアルワインガイドさんのテイスティング時よりも過度の発泡性を有していると思われる状態であることが確認されました。この発泡性を有したことにより、当初入荷時にオススメさせていただいた根拠としての味わいとは、ニュアンスが異なるものと判断させていただき、当店としてはコンディション確認後まで暫く販売を差し控えさせていただきます。  なにぶん自然派のデリケートなワイン故のことです、ご事情お察しいただきたくお願い申し上げます。    と言うことで、暫くご不便をお掛けいたしました。ワインの状態の確認ができましたので販売再開です。  上記の通りワインの「発泡性」についてalar的な不安がありましたが、先日6月24日インポーターのラシーヌさんの事務所にて、バイヤーの合田泰子さんと共に、再度ワインの確認をさせていただきました。alarに直近で入荷したワイン並びにインポータさんの倉庫にて保管して置いた分を合わせて試飲しました。  結果から申し上げると、ワインの品質には問題ないと、判断させていただきます。 実際に微発砲の様相はどの瓶も確認できますが、瓶内で再度発酵が始まったという安定性の欠陥に関するモノではなく、ワイナリーでの発酵課程において発生する炭酸ガスが、そのままビン詰め時にも残っていたための現象である、と判断させていただきました。こちらでの確認時、液温が高かったことをもふまえ、通常の飲み頃温度とされる10~12度の範疇では、バランスの取れた味わいでお楽しみいただくことができます。以上販売再開に置いてのご報告とさせていただきます。  ・こちらのワインは全てクール便で発送させていただきます。クール便の指定を宜しくお願いいたします。  ・到着後は早めに冷蔵庫で保管してください。抜栓後暫くおいていただけるとさらに味わいが安定し   よりおいしく召し上がることができます。  ・改めて、繊細な味わいのワインです。早めにお飲みになることをオススメいたします。と、さんざ世間をお騒がせしたワインです。泣いても笑っても?これが最後の販売分、です。 ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールVDTフランセーズ セック ロートル l'Autre いちおう2002年物 限定SALE,低価

ティエリー・ピュズラAOCトゥレーヌ・ルージュ プュイユー ガメイ 2004 最安値

    ボワ・ルカ×テュエリー=史上最強の"ガメイ"かな?    ●こちらのワインはテュイリーがとあるワイン生産者から買ってきたブドウを使っています。このワイン生産者、2002年からドメーヌとしてスタートしました。ワインの醸造管理はかなりの腕利き、しかし彼の専門はシュナンブラン。そこでここの赤ワインは最初の1年テュィリーのコンサルタントを受けます。白共々素晴らしいワインとなりますが、2002年、2003年と作るにつれテュイリーが自分で作っているガメイと較べるとどこか違う?特に気になるのはその畑の個性が何処にあるのかと言う点。その謎を解くためにドメーヌのオーナーはこの畑のガメイを経験ある醸造家に任せようと決心します。そして考えに考えた末、今やある意味ライバルでもあるテュイリーにこの2004年を全てを任せることにします。そのドメーヌの名は「ボワ・ルカ」オーナーは荒井順子さんです。 ●と言うことで、こちらのテュイリーのワイン、特に表記はありませんがボワ・ルカのガメイで作っています。ボワ・ルカもボワ・ルカでガメイを作っています(まだリリースされていません)ので単純に比較できちゃうんですね。これは実際ワインを作る側としては非常にリスキー。まかり間違えばワイン造りに関しての評価が決まってしまう・・・そんなリスクを冒してまで、探求心の強い新井さんはワイン造りに真剣に取り組んでいます。(と言うことでこちらのワインというかキュベはこの2004年限りとなります) ●で、肝心の味はどうよと言うことになります。 ボワ・ルカの「CuveeKUNIKO 2002」のコメント読みながら飲んでいるんですが・・・たっぷりとしたタンニンとミネラル感は共通しています。一番の違いはこちらのテュイリーの方がプチプチした感じが良く出ています。実際にシュワシュワしたガスも残り幾分甘さを感じる果実味とうまく均衡を保っています。この均衡の支えがたっぷりとしたミネラルとタンニンなんだな・・・。プティ・タニックやテルクエルの軽快さはありませんが、非常に構成が骨太でしっかりとしています。これかなり保ちますね・・・・半年ぐらい経ってからの方がアロマ感も増えてハーブや優しい土っぽさ、出てくるんじゃないでしょうか? ●これは早いところ『ボワ・ルカ対決』味わってみたいです。おそらくボワ・ルカの方がもう少しタンニンが強く安定感のある仕上がりになるのでは?と勝手に想像しています。ま、それはさておきこのワイン数あるガメイのワインでもクオリティはトップクラス。お店にふらりと立ち寄ったお客様を実験台にしてみましたが「ブルゴーニュ・パステュグランみたい」という方が多かったですね。ロワールのガメイの実力、畑からも作り手からも見せつけてくれる逸品です。(2005.09.13 いのまた) ●ちなみに「プュイユー」の名はボワ・ルカの畑の有る村の名前から付けられています。 クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) ティエリー・ピュズラAOCトゥレーヌ・ルージュ プュイユー ガメイ 2004 最安値

マルク・ペノVdTミュスカデ クロ・ラ・デジレ 2006 新作登場,格安

●きりっと、さっぱり・・・余韻の旨味。和食にもピッタリな白ワイン。 ●先ずはインポーターさんの解説で。   「マルク・ペノの本領発揮となるミュスカデ、今年はVDTとしてのリリースです。若干のガスと綺麗な酸味があり旨みがしっかりという従来のスタイル。澱が非常に多く見られますが、味わいには透明感すら感じます。健全なブドウがしっかりと熟したあの味わいはそのままに、全体的に非常にバランスが良く、飲み口もクリアで多くの人に受け入れられる味わいです。」 マルク・ペノVdTミュスカデ クロ・ラ・デジレ 2006 新作登場,格安

ティエリー・ピュズラ by ニコラ・ルナールACヴーヴレ ヴァン・ヴリ・ド・ヴーヴレ 1999 ルナール・ドゥ・デセール No.4 最安値,100%新品

●「ルナール・ドゥ・デセール」・・・狐のデザートと直訳できますが、ルナールは勿論ニコラ・ルナールの事、美味しい甘口のデザートワインです。試飲際にちょっと冷やしすぎました・・・・感じとしてはジンジャー・エールかな?甘さよりも幾分スパイシーではつらつとしたハーブの香りがとても良いです。甘さもさんと釣り合っているのでべたべたしません。ゆっくりと広がるピーチ、洋なし、花梨の甘さ・・・そして再びジンジャーや白檀の様なスパイシーなフィニッシュ。おそらく温度は7~8度。最初は少し冷やしすぎかな?と思いましたがこのくらいが丁度良い。 ●丁度今が飲み頃かな?幾分酸化した様なシェリー香も出ています。フレッシュさを残しつつも旬の魅力。半分ほど残して冷蔵庫に入れておいた翌日はかなり色合いに褐色が加わっています。これも又すこし大人な味わいで良いのですが・・・金曜の夜と土曜日の夜・・二日にわたってお楽しみいただければ、と。(2006.05.14 いのまた) ティエリー・ピュズラ by ニコラ・ルナールACヴーヴレ ヴァン・ヴリ・ド・ヴーヴレ 1999 ルナール・ドゥ・デセール No.4 最安値,100%新品

ティエリー・ピュズラ さよなら Sayonara pas pour tout l'mond AOCトゥレーヌ ブラン Doux 2005 500ml 新作,定番人気

●2005年の「サヨナラ」は500ml瓶となります。2006年物が登場したので隠しておいた分を出してみました。この2005年はかなり高い比率で貴腐果を使っています。それだからこのサイズでこの値段になってしまうんですよね~。(doux:そこそこ甘口の表示はalar的に、こんな処かな?です。オフィシャルな表示ではありませんので、よろしく) クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) ティエリー・ピュズラ さよなら Sayonara pas pour tout l'mond AOCトゥレーヌ ブラン Doux 2005 500ml 新作,定番人気

ドメーヌ・ル・ブリソー レ・ピ…ティト・ブュル Les Pies…Tites Bulles AOCコトー・デュ・ロワール ペティアン ロゼ 2006 新作,セール

●2006年ヴィンテージとなって再び登場。ブドウ品種もピノ・ドニス&ガメイとなりました・・・しかも今度は「ロゼ」です。使われているブドウは共に樹齢60年から70年と言われています。自然酵母だけで発酵させゆっくりと発泡性を持たせました。  取り敢えず2003年物(この時は白でしたが)のコメントです↓ ●ル・ブリソーの作るペティアンです。葡萄はピノ・ドニス100%。新井さん曰く「こういうワインはだらだらと飲んであっという間に一本空いてしまうのでとても危険です。・・もうこのクリスチャンのワインに餌付けされたら貴方も病気・・・」病気への第一歩、踏み出す覚悟はありますか? ●2004年の夏場に入荷しましたが、暫くほっぽっておきました。きっと美味しくなるから・・・・。  入荷当時の資料が無くなってしまったのでインポータさんの営業担当に「資料ある?」と電話したんですが・・・  担当「せんむ~、何本もっているんですか?」  alar「う、●●本」  担当「じゃ、1ケース売ってくださいよ~」  alar「ダメ、ダメ」  担当「わかった!全部自分で飲んじゃうんでしょう・・・」  alar「・・・(それも有りだな~)」 と言う会話の成り立つこのワイン、です。 ●いちおう最初からペティアン目指して作っているようです。ガス圧もそれなりにあるので、通常のコルクの上から王冠をかぶせて「暴発」をガードしています。通常のワインと同様コルク抜きで抜栓しますが、吹きこぼれにはご注意ください。あわだちはクレマンほどではないにしろしっかりとして、クリーミーな味わいの予感。香りはワインと言うよりも、しっかりと「シードル」です。また色合いはパタポン系のうす桃色の混じった摺り下ろしリンゴジュース色???。何となくペットボトルに入った清涼飲料水的色調が・・・そそられます。 ●味わいは桃とリンゴのミックスジュースの炭酸入り。優しい苦味が「リアルなワイン」である唯一の証。思わず顔がゆるみます。確かにはまっちゃうな・・。(巷のお子様様たちにも美味しくお飲み頂けますが、決して飲ませてはいけません。)(2005.01.05 いのまた) ドメーヌ・ル・ブリソーは、かの地では有名な醸造家クリスチャン・ショサールがワインを作っています。どのように有名かというと・・・。 クリスチャンは1954年のパリ生まれ。25歳の時に白ワインが好きでヴーヴレにやって来ました。当時からビオの実践者で、また非常に珍しかったころのことです。そして彼がワイン学校で先生をしていたころの生徒がテュイリー・ピュズラやジャン・フランソワ・ニック。ところがある事件でワインを統制しているINAOとぶつかり、その他の事情も関与し、突然にワイン造りをやめてしまいました。そしてつい先頃までは天才醸造家として名前だけが語り継がれる、と言った具合です。 しかし彼には大勢のファンがおり、そのうちの1人、スイス人の愛好家がクリスチャンに再びワインを作り出す環境を整えてくれました。それがドメーヌ・ル・ブリソー。当局から身を隠す?ためコトー・デュ・ロワールというマイナーなアペラシオンでの再起ですが、ちょっと注目、ですね。・・(上の写真は先日ショサールと奥さんのナタリーさんが来日されたとき、新井順子さんと共に当店に遊びに来られた時の写真です。・・・その後近くの和食屋さんに、そこでナタリーさんが「パタポン」由来のシャンソンを歌ってくれました。歌詞の中に「ネロン」という節があり、彼らの住んでいる村がNeronsと言うとてもにた村なので、その歌に出てくる「パタポン」をまずはワインの名前にしたそうです) ドメーヌ・ル・ブリソー レ・ピ…ティト・ブュル Les Pies…Tites Bulles AOCコトー・デュ・ロワール ペティアン ロゼ 2006 新作,セール

テュイリー・ピュズラガメイ ラ・ヴァレ・ド・ロワン AOCトゥレーヌ ルージュ 2004 お買い得,新作登場

    お気軽に『遙かな旅』を・・・・    ●ガメイのキュヴェです。『遙かなる谷』というような意味なんでしょうか?・・・・段々わからなくなってきたぞ・・・早速試飲してみなくては・・。 ●感じとしては、テュイリーの中では最もガメイらしい、ガメイ。果実味中心の広がりです。幾分還元香も残っていますが、軽く飛びますね。幾分濃いめのイチゴ風味、ブラックベリーやフランボワーズの風味も感じられます。それでも幾分ミネラル感を引っ張るところはテュイリーかな・・・?ゲルリーを幾分軽くしたところかな?プティ・タニック~よりは濃さもあります。 ●これだけ、ガメイ&ガメイ・ブレンドがあるとホントわからなくなってきますが、やはりそれぞれ個性があります。色々集めて飲み比べ、と言うのも面白いかもしれません。少し冷やし目14-15度ぐらいで行くと簡単に『遙かな』ところまで行けそうです。お気軽にお試し下さい。(2005.10.27 いのまた) クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュイリー・ピュズラガメイ ラ・ヴァレ・ド・ロワン AOCトゥレーヌ ルージュ 2004 お買い得,新作登場

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ モワルー ペティアン 2002 HOT,限定セール

    シットリとしたほの甘さが魅力的。さすがの2002年です。    ●ウ~ん?ややこしくて申し訳ないのですが、ラベルには「モワルー(甘口)」となっていますが実際にはセックに近いドゥミ=セック、で針金は付いていないけれどペティアン仕上がり、なワインです。 ●幾分濃いめですが明るい金色、これまで通りのルメール・フルニエ・カラーです。ペティアンとの事ですが、あまり泡立ちはありません。ロートルの方が在ったかな?。かおりにはしっかりとリンゴの芯の甘さと幾分過熟気味のグレープフルーツ的酸味が感じられます。泡があるのでセックですが、泡が無くなるとデミ=セックと言ってもおかしく無いですね。確かにモワローとまでは行きませんがトップと余韻に感じられる甘さ、そしてこの甘さのあとから来る旨味、幾分水酸化したカルボニル系の香ばしさを伴って非常に落ち着きのある味わいです。 ●確かに「泡」を幾分含んでいるので横に寝かせて保存、はあまりオススメしませんが、それでもちょっと寝かせた方がさらに味わい深くなるんじゃないかな?ふっと花梨の香りが感じられるころ、半年ぐらい落ち着かせてから、が飲み頃です。(2005.10.07 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ モワルー ペティアン 2002 HOT,限定セール

シリル・ル・モワンアンジュ・ブラン レ・ガン・ド・マリネ 2004 L.33HL H 赤字超特価,送料無料

●インポータさんの資料より・・・   「アンジュといえば!やはりシュナンブラン!サンソニエールのお弟子さんということですが、サンソニエールのような残糖感のある甘めの味わいではなく、辛口でしっかりミネラル、しっかり果実味な味わいです。畑は穏やかな南向きの斜面に位置する区画で平均樹齢が45年と非常に高いのが特徴。収穫は全て手摘みで行われ、ブドウの熟度に応じて2度にわけて収穫することもあります。収穫量は僅か27hl/haで、潜在アルコール度13.8%を誇るまさに完熟したブドウから造られます。   「圧搾後、澱下げを行わず木樽で発酵させるため非常に旨みの強い味わいに仕上がります。その後400Lの3年樽にて熟成をさせ12ヶ月ほどでボトリングされます。 味わいは、白桃や柑橘系の熟した果実の旨みがぐっと詰まっており、アンジュのシュナンブランらしい、爽快感もあります。ボリュームはしっかりとしていますが、残糖感もなく、むしろ爽快さを感じさせてくれるクリーンな味わいとふくよかな果実味が楽しめます。」 南向きの斜面に広がるシリル・ル・モワンの畑。ポプラの向こうはあのレイヨン川です。 ●現地で味わったこのワインを思い出しながら飲んでみました・・・。蝋キャップなので抜栓時には少し養生が必要です・・・香りにはほんのりと遠くからの蜂蜜フレーバー、その中にしっかりとした白い果実味。色の濃いめの柑橘系に加えて桃や黄色いリンゴ、沈丁花の様な白い花の香りが・・。シュナン特有の花梨の香りが出るまではもう少し時間がかかるかな?まずはきっぱりとした酸が支配的です。 ●で、味わいは幾分シャルドネっぽい。ミネラル感がミシッと付いてきますね。・・・仮にサンソニエール辺りがムルソー系とするならば、こちらはピュリニ系。今回の入荷でこれだけ2004年なんですが、まだまだ熟成させないと本来の姿を見せない「未完の大器」です。サンソニエールの複雑さは「今はない」のですが寝かせるとぐっと厚みを増してくるような気がします。それだけ詰まった味わいなんだよね。 ●グラスに入れて幾分落ち着きをますと、しっかりとクリーンな輪郭が現れてきます。それでいて本体のしっかりとした厚みと高い緊張感。この辺り、ボディの厚みと輪郭の磨かれた薄さのバランス。モダンですね。・・・全体としてはまだ荒削りなところもありますが、素質としては充分な物を持っています。むしろ、このストレートなシュナンの味わい、と言うのが魅力かな? ●別に、行ってきたから、と言うわけじゃないけれど点数付けるなら今飲んで87点、でも3年おくとぐっときまっせ!の90点。まだまだ計り知れない伸び白を持ったワインです。明日に残しとこ。(2007.03.06 いのまた) シリル・ル・モワンアンジュ・ブラン レ・ガン・ド・マリネ 2004 L.33HL H 赤字超特価,送料無料

レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 大人気,豊富な

●「2003年の『ラシーヌ』はかなりイイ感じだ!」と書いていましたが、2005年の『ラシーヌ』には惚れ惚れしました・・・・。このラシーヌ、今まではどちらかというと良くも悪くも『ワイルド』な印象でしたがこの05は『エレガント』。05と言うと結構暑かった年でもっと強い感じかなと思っていたのですが綺麗に纏まっている。現行のヴィンテージがおそらく07とか08とかで、この05はインポーターさんの倉庫でねていた事を加味しても・・・すばらしい。元々ガメイ100%の『ナカラ』などはきれい系なワインでしたが、その綺麗さと全体的な味わいのバランスが取れている。ともするとアルコール度数が上がりがちな近年で12.5度に押さえているところが、このワインの味わいの基礎になっているのかもしれません。 まずは2002年までのコメントなど・・・・ ●最近どうもこのラシーヌが良い感じになってきました。噂では、ワイナリーに屋根がついて、囲いもついて、最近では空調もついたらしい、とか。半ば冗談とも思えるこんな情報が、結構まじめな話、と評判になるクルトワさんのワイン。2002年で再びトライしてみる気になっています。 ●ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン、コー(マルベック)、ガメイ、カベルネ・フランのブレンドです。クロード・クルトワ自身がSO2にアレルギーを持っているので、ワインも完全にSO2ゼロ。本来はトゥレーヌのAOCを名乗れる要件がありますが、あまりにもコンセントレーションが強く認可がおりません。また本人もAOCを名乗ることに全く興味はないようで・・・相変わらずのヴァン・ド゛・ターブルです。そのためヴィンテージの確認のしようがないのですが、裏の正式なラベルにはロット・ナンバーが記載され「t-2002-3」となっていて、これが2002年ヴィテージのワインであることを示しています。(キャップシール外せばコルクの頭にも2002となっていますね。) ●さて、その味わいですが・・・相変わらずワイルドです。元祖ヴァン・ドゥ・ソヴァージュ!還元香もしっかりしている?し、やはり赤ワイン的フェノレ系の香りも出ています。でも、以前から較べると全体の印象はずっと綺麗な味わい・・・。桑の実やブラックカラント系のやや苦味を伴った果実味にしっかりと緻密な酸も乗っていて、良い感じですね。 ●アフターに残る味わいや、鼻に抜けた香りにどうしても動物的なある種の「臭み」があるので、やはり「どなたにでもオススメできるワイン」ではないのですが、何となくジビエ、赤い肉の鳥系には合うんじゃないのかな?それとも八丁みそ辺りで煮込んだモツ煮かな?数年前、alarのある平塚市にナイジェリアのサッカーチームがワールドカップ日韓大会でキャンプを貼ったのですが、その際にナイジェリアの名物料理として登場したのが「ハチノス」と言うか「トリッパ」というか牛の胃袋の煮込み料理。そんな物にも合いそうな気がします。 ●今日はこのままにしようか、それとも一度、デカンターに移し替えようか?ちょっと迷っておりましたが、まずはデカンターに移し替え、かなり激しく泡立てて?みました。かなり還元的な味わいや、フェノレ傾向は飛んでいきますね。ここで、暫く置いた方が良いのかな?一度、余計な物をさらりと捨てて、幾分輪郭もはっきりしてきました。でも、かなり刺激した分、落ち着きが・・・。明日のコメント、少し期待しておいてください。(2006.02.23 いのまた) ●二日目ですが、少し置きすぎてしまったかな?瓶の中に半分ほど残した方を試してみました。還元臭はほとんどなくなりましたが、幾分フェノレ系の香りと味わいが残っています。酸も幾分とんがり始め、少し気になります。とんがってきた分だけ綺麗に感じるところもありますが、前日のデカンターでグルグルとやったときの方がふくよかさもあり良かったな・・・。寝かせてどうなるか?この辺りは微妙ですね。じっくりと酸化してくれるとウレシイのですが、この手のワイン往々にして一層還元的香りが、と言うことが良くあります。コルクのコンディション(あまりお金をかけていない)もいつも気になりますので・・・やはり早めに開けてしまった方が良いのかな?ふと思い出すと、伊豆の温泉でいただいた「猪鍋」が思い出されます。クルトワさんは何と一緒に飲んでいるのだろう?(2006.02.24 いのまた) ↓以下は少し前の1998年物のコメント、です。 ●alarは基本的に「ビオ系」とか「自然派」と呼ばれるワイン好きなんですが、どうもその中でも「苦手」なものが幾つかあります。その中でも最右翼の一つがこちらの「ラシーヌ」。日本に紹介されておそらく6年ぐらい経つのでしょうか?もう何度も試飲会等でいただいていますが、苦手と言うか、どうにも「力の及ばぬワイン」という印象で・・・・そのくらい始めは濃くてちょっと臭くて・・・つらかった。 ●元々ポテンシャルは高いワインです。果実味~タンニン~ミネラルと酸度。ただ最初の内はあまりにもそれぞれが主調を保っているので、どこから手をつけていけば良いのか?おそらくこのワインも凝縮を越えた果実味の濃さ、ドロドロとしたボディの感触にざらつくほどに逞しいタンニン、そしてワイルドなミネラル、と行った趣のワインだったはずです。でも、その時点でこれを組み伏せようといのはやはり無謀だったんですね。それを解決するには「時にゆだねるしかない」と。 ●現在のこのワインの味わいにある程度の方向性が見えてきました。ある意味エッセンスの集積。果実味も、タンニンも余分なところを絞り込んで純化しているかな?と言うところです。絞り込まれた分感じる重さはだいぶ軽くなりました。その変わり味わいの密度がましている、と言ったところです。実際お飲みいただくとおそらく「まだ早い」と感じられると思います(早いというか、瓶によっては独特の還元香に支配されがちなものも。瓶によってかなりの差がでています)。でもここで手を加えるとおそらくバランスが崩れるでしょう。こうなったら3~4日はそのまま我慢です。このワインに関してはあせりは禁物です。 ●まだまだ「UNDER CONSTRACTION」ドライフルーツ的な凝縮感とミネラルを伴ったライブな酸味。ボディの核となるタンニンとそれに付随するミックスハーブ、乾燥しきらない生皮、鉄や鉛の金属的香り、オリエンタルな牡蠣油や醤油、アミノ酸的旨味の凝縮度。中枢を直撃された初期の印象と違い、やや熟成して、じわりじわりと刺激される「快感」に近い味わいです。・・・図らずも「ハツ2本!カシラ2本!レバ2本!しおデネ」とたのみたくなります!(2004.05.06 いのまた) レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 大人気,豊富な