ドメーヌドモントリューVdTフランセーズ ルージュラヴェールデポエット 2012 最新作,お得

●なんだか試飲会で名だたるワインの谷間にひっそりとありました・・・このワイン。始めはヤケにイカした『グルナッシュ』とホクホクしながら入荷待ちしてたンですが、入荷して改めて『ピノ・ドニス100%』らしいと言う事でまたまたビックリ・・・・ ●以前のインポータさんの資料では「区画はドメーヌの他の畑とは離れた小島のような場所にありAOC(取れるとするとコトー・デュ・ヴァンドモワ?)のゾーン外なのでVin de Tableとなります」とのことですが、決してラングドックの方まで離れている、というわかではありませんが・・・この色、ピノ・ドニスじゃないな・・・フェノールに幾分スパイシーさ、ガリーグって感じが乗ったところは・・グルナッシュだよな・・・幾分酢エチが上がっている感じだけど、たっぷりのボディに釣り合って妙な親近感は・・・南のワインだよな・・・と、その正体がわかっても尚、イケてるグルナッシュ!と思う今日この頃です。 ●ピノ・ドニスと言えば思い出すのは2004年ぐらいのティエリー・ピュズラのテニエール・・・最初のうちはウンともスンともの素っ気なさ・・・3年ぐらい放置しておいてようやくぽつっと花開いた手強さが印象に残ってるんですが、こちらのワインはかなり全開で飛ばしているような・・・実は寝かせても面白そうな。ロワールの赤としてはどう?と言うくらいタンニン系がしっかりとしています。(と、間違えた理由をいろいろと模索)ヴィヴィッドな酸とじっくりとしたタンニンをどのタイミングで弄ぶのが良いのかな?後は温度ですね。抜栓した翌日、ボトルに3分の2ぐらい残しておいて・・・温度は15度ぐらいかな?所謂ハヤシライスにはぴったりな感じ。ストロガノフだとちょっと酸が浮いちゃうかな?・・・・やっぱりこれ今時のグルナッシュだよな・・・ミュールの味わいとか、酢エチ飛んだところでのじんわりとした酸味とか・・・5日ぐらい置いとくと何となく、グルナッシュじゃなくなるのかな?コメントにならん・・・ ●おそらくこの???な果実味なんでしょうね?ピノ・ドニスならもっと乾いた漢字のパウダリーなタンニンと思うのですが、そこが意外にウエットかつ暖かい・・・どうでも良いようなことコメントしてると、その辺りが次第に乾いた涼しい感じになって「このピノ・ドニス、イイね!」となる前に・・・・空いてしまいました・・(抜栓3日目の2011.11.24 いのまた) ●と、よっぱらないながらコメントしてましたが・・・インポーターさんから資料きましたよ!  「耕作技術:馬による耕作。ピノ・ドニス100% 樹齢130年 フィロキセラ前の古木。醸造:収穫後、ステンレスタンクにて1ヶ月間の発酵とマセレーションの後、7ヴィンテージ目の樽で乳酸発酵をおこないます(春まで)。SO2:不使用 ●・・・意外にさらっとした内容ですが・・・フィロキセラ前というとまだ台木の技術は広まっていないので自ずと『自根』のピエ・フランコ!造り手のエミール・エレディア:Emile HEREDIAさんはピノ・ドニスのスペシャリストとして有名なのだそうですが・・・土壌はシレックス(火打ち石)の砂質に、粘土質、深層部は石灰質と・・・マニア好みながら少しばかり普遍的な、テンネンの美味しさですね。(2011.11.25. いのまた) ドメーヌドモントリューVdTフランセーズ ルージュラヴェールデポエット 2012 最新作,お得

ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 人気セール,大人気

●かなりきわどいカラーの「ロゼ・ワイン」です。ブドウはピノ・ドニス。SO2も添加してません。白ワインと同じく収穫直後にプレスして皮から色素を抽出するオーソドックスな作り方です。とりあえずは南仏のロゼのようにしっかりとしたタイプに仕上がった、とのことですので「南仏NICE(ニース)を意識してRoseのスペインなまりのJoseとしネーミングした」とのことですが、今ひとつよくわかりません。色もどうにも・・・・ ●瓶に入っているとかなり「きわどいワイン」と言う感じですが、グラスに注ぐと・・・何となくプロヴァンス、パレとかバンドール系の少しオレンジ色の入った色調です。ま、それにしても色は薄いです。で、香りには何となく蜜の甘さや赤い花の甘さが・・・もう少し冷やしておいた方が良かったかな?・・・いえいえこのくらい(おそらく12~13度)が丁度いい。酸がくっきりとしているので、あまり冷やしすぎると香りが楽しめません。オレンジやライムの柑橘系の爽やかさ、軽くミンティーなハーブのアクセントもあり、これはなかなかいけます。確かにしっかりとしてはいますが、あまりボディは強くないし、タンニンもほとんど地味だし、と言うことで、目つぶっていると思わず受けを狙って「ムニュ・ピノ!」とか言ってしまいそうです。 ●相変わらずブラインド泣かせの自然派もの、ですがワインとしては非常に良し!色合いの調子からも、先日食べ損ねた「冨山の鱒寿司」あたりをつまみで行きたいともいます。(2005.07.03 いのまた) ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 人気セール,大人気

テュエリーピュズラAOCトゥーレーヌ ピノノワール 2007マグナムボトル1500ml 人気定番,限定セール

●左の写真では分かりにくいのですが、手前なんとなく大きそうなボトルが、2007年物ノーマル・ピノ・ノワールのマグナムです。おうちで寝かせておくのが大変ですが、飲み頃は2010~2012年。果報は寝て待てです。 クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュエリーピュズラAOCトゥーレーヌ ピノノワール 2007マグナムボトル1500ml 人気定番,限定セール

Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 品質保証,限定セール

●ワインの正体は2004年のルメール・フルニエ!とは言ってもニコラ・ルナールがやめた後のモノ。最初の内はどうにもこうにもなワインだったようだが、最近ナタリーが飲んだところこれがとんでもなく美味しくなっている!その場にいたパスカル・ポテルも「これは良い熟成を経たシャンパーニュのよう」と言う事で、即全量買い取り決定!・・・・そんなラッキーな話を交え「ユー・アー・ソー・ラッキー」として登場!ワインは残糖量0gのエクストラブリュット。ナッツの風味に絡み合う旨味とミネラル感。繊細な泡と相まって複雑な味わいを作っている。 ●一口飲んだ感じではル・カノンのスール・ラット的な熟成感が感じられるが、もっとタイトでキリリと引き締まった表情。無駄な甘味やぶれていた雑味がスッキリと落ちてまとまるべきところにまとまった味わい。 Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 品質保証,限定セール

レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 超激得,新品

●「2003年の『ラシーヌ』はかなりイイ感じだ!」と書いていましたが、2005年の『ラシーヌ』には惚れ惚れしました・・・・。このラシーヌ、今まではどちらかというと良くも悪くも『ワイルド』な印象でしたがこの05は『エレガント』。05と言うと結構暑かった年でもっと強い感じかなと思っていたのですが綺麗に纏まっている。現行のヴィンテージがおそらく07とか08とかで、この05はインポーターさんの倉庫でねていた事を加味しても・・・すばらしい。元々ガメイ100%の『ナカラ』などはきれい系なワインでしたが、その綺麗さと全体的な味わいのバランスが取れている。ともするとアルコール度数が上がりがちな近年で12.5度に押さえているところが、このワインの味わいの基礎になっているのかもしれません。 まずは2002年までのコメントなど・・・・ ●最近どうもこのラシーヌが良い感じになってきました。噂では、ワイナリーに屋根がついて、囲いもついて、最近では空調もついたらしい、とか。半ば冗談とも思えるこんな情報が、結構まじめな話、と評判になるクルトワさんのワイン。2002年で再びトライしてみる気になっています。 ●ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン、コー(マルベック)、ガメイ、カベルネ・フランのブレンドです。クロード・クルトワ自身がSO2にアレルギーを持っているので、ワインも完全にSO2ゼロ。本来はトゥレーヌのAOCを名乗れる要件がありますが、あまりにもコンセントレーションが強く認可がおりません。また本人もAOCを名乗ることに全く興味はないようで・・・相変わらずのヴァン・ド゛・ターブルです。そのためヴィンテージの確認のしようがないのですが、裏の正式なラベルにはロット・ナンバーが記載され「t-2002-3」となっていて、これが2002年ヴィテージのワインであることを示しています。(キャップシール外せばコルクの頭にも2002となっていますね。) ●さて、その味わいですが・・・相変わらずワイルドです。元祖ヴァン・ドゥ・ソヴァージュ!還元香もしっかりしている?し、やはり赤ワイン的フェノレ系の香りも出ています。でも、以前から較べると全体の印象はずっと綺麗な味わい・・・。桑の実やブラックカラント系のやや苦味を伴った果実味にしっかりと緻密な酸も乗っていて、良い感じですね。 ●アフターに残る味わいや、鼻に抜けた香りにどうしても動物的なある種の「臭み」があるので、やはり「どなたにでもオススメできるワイン」ではないのですが、何となくジビエ、赤い肉の鳥系には合うんじゃないのかな?それとも八丁みそ辺りで煮込んだモツ煮かな?数年前、alarのある平塚市にナイジェリアのサッカーチームがワールドカップ日韓大会でキャンプを貼ったのですが、その際にナイジェリアの名物料理として登場したのが「ハチノス」と言うか「トリッパ」というか牛の胃袋の煮込み料理。そんな物にも合いそうな気がします。 ●今日はこのままにしようか、それとも一度、デカンターに移し替えようか?ちょっと迷っておりましたが、まずはデカンターに移し替え、かなり激しく泡立てて?みました。かなり還元的な味わいや、フェノレ傾向は飛んでいきますね。ここで、暫く置いた方が良いのかな?一度、余計な物をさらりと捨てて、幾分輪郭もはっきりしてきました。でも、かなり刺激した分、落ち着きが・・・。明日のコメント、少し期待しておいてください。(2006.02.23 いのまた) ●二日目ですが、少し置きすぎてしまったかな?瓶の中に半分ほど残した方を試してみました。還元臭はほとんどなくなりましたが、幾分フェノレ系の香りと味わいが残っています。酸も幾分とんがり始め、少し気になります。とんがってきた分だけ綺麗に感じるところもありますが、前日のデカンターでグルグルとやったときの方がふくよかさもあり良かったな・・・。寝かせてどうなるか?この辺りは微妙ですね。じっくりと酸化してくれるとウレシイのですが、この手のワイン往々にして一層還元的香りが、と言うことが良くあります。コルクのコンディション(あまりお金をかけていない)もいつも気になりますので・・・やはり早めに開けてしまった方が良いのかな?ふと思い出すと、伊豆の温泉でいただいた「猪鍋」が思い出されます。クルトワさんは何と一緒に飲んでいるのだろう?(2006.02.24 いのまた) ↓以下は少し前の1998年物のコメント、です。 ●alarは基本的に「ビオ系」とか「自然派」と呼ばれるワイン好きなんですが、どうもその中でも「苦手」なものが幾つかあります。その中でも最右翼の一つがこちらの「ラシーヌ」。日本に紹介されておそらく6年ぐらい経つのでしょうか?もう何度も試飲会等でいただいていますが、苦手と言うか、どうにも「力の及ばぬワイン」という印象で・・・・そのくらい始めは濃くてちょっと臭くて・・・つらかった。 ●元々ポテンシャルは高いワインです。果実味~タンニン~ミネラルと酸度。ただ最初の内はあまりにもそれぞれが主調を保っているので、どこから手をつけていけば良いのか?おそらくこのワインも凝縮を越えた果実味の濃さ、ドロドロとしたボディの感触にざらつくほどに逞しいタンニン、そしてワイルドなミネラル、と行った趣のワインだったはずです。でも、その時点でこれを組み伏せようといのはやはり無謀だったんですね。それを解決するには「時にゆだねるしかない」と。 ●現在のこのワインの味わいにある程度の方向性が見えてきました。ある意味エッセンスの集積。果実味も、タンニンも余分なところを絞り込んで純化しているかな?と言うところです。絞り込まれた分感じる重さはだいぶ軽くなりました。その変わり味わいの密度がましている、と言ったところです。実際お飲みいただくとおそらく「まだ早い」と感じられると思います(早いというか、瓶によっては独特の還元香に支配されがちなものも。瓶によってかなりの差がでています)。でもここで手を加えるとおそらくバランスが崩れるでしょう。こうなったら3~4日はそのまま我慢です。このワインに関してはあせりは禁物です。 ●まだまだ「UNDER CONSTRACTION」ドライフルーツ的な凝縮感とミネラルを伴ったライブな酸味。ボディの核となるタンニンとそれに付随するミックスハーブ、乾燥しきらない生皮、鉄や鉛の金属的香り、オリエンタルな牡蠣油や醤油、アミノ酸的旨味の凝縮度。中枢を直撃された初期の印象と違い、やや熟成して、じわりじわりと刺激される「快感」に近い味わいです。・・・図らずも「ハツ2本!カシラ2本!レバ2本!しおデネ」とたのみたくなります!(2004.05.06 いのまた) レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 超激得,新品

ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 新作入荷,品質保証

●インポーター出水商事さんの資料より・・ 「シャルドネの若木から造られるクラシック・キュヴェ。小樽30%、ステンレスタンク70%で11ヶ月熟成。フルーティーさが見事に表現されたワイン。」 ●「決してブルゴーニュのワインではありません!レモンや白い花のフレーバーに満ちた繊細で軽やかなワインです。ニュートラルなシャルドネの力を存分に引き出し、ほんの僅か樽の化粧がのっている。しなやかでしかもミネラルが豊か。一見モダンでありながら実は自然のままの伸びやかさがあります。(2003.06.04 いのまた)」というのが2001年ヴィンテージの印象。2003年はやはり気温も上がってさらに一段としっかりしたワインになっているかな?と期待されます。 ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 新作入荷,品質保証

ピュズラ=ボノームVdFブラン テュフォ 2013シュナンブラン 100%新品,定番

●2013年ヴィンテージまではピュズラ=ボノームのネゴシアン名義でリリースされているため、こちらのキュヴェはそのままピュズラ=ボノームで。 ●まずはインポータさんのコメント。「シュナンブラン100%。葡萄の畑はヴーヴレにあり、本来ならば「ヴーヴレ」 で出したいところだが規定上そうは行かない。そこで、ヴーヴレの代表的な土壌トゥフォ:Tuffauに、Tu (es) faute 「あなたは間違っている」の意味を掛けてワイン名を命名。レモン、グレープフルーツ、西洋菩提 樹の花、フュメ香、杉の木の香り。ワインはピュアかつ上品でフィネスがある、透明感のある繊細なミネラルの旨味とシャープな酸が余韻につれて徐々に口を満たす!」 ●とい言う事で、ヴーヴレじゃないんですけど、良いヴーヴレだと思います。しっかりとしたボディにレモンからオレンジ、花梨にいたる香りが綺麗に並びまさしくしっかりと厚みのあるボディにチョークのようなミネラル香、クリーンな酸味がピッタリと寄り添いバランスをとっています。ちょっと酸に傾いているかな?と思いますが時間かけるとより熟した感じがでてくるんじゃ無いかな?2013年と言う事でリリースも遅いのですが、飲み頃は2020年より先、かな?それまで我慢、できますか?(2016.03.09 いのまた) ピュズラ=ボノームVdFブラン テュフォ 2013シュナンブラン 100%新品,定番

ティエリー・ピュズラ by ニコラ・ルナールACヴーヴレ ヴァン・ヴリ・ド・ヴーヴレ 1999 ルナール・ドゥ・デセール No.4 お買い得,新作

●「ルナール・ドゥ・デセール」・・・狐のデザートと直訳できますが、ルナールは勿論ニコラ・ルナールの事、美味しい甘口のデザートワインです。試飲際にちょっと冷やしすぎました・・・・感じとしてはジンジャー・エールかな?甘さよりも幾分スパイシーではつらつとしたハーブの香りがとても良いです。甘さもさんと釣り合っているのでべたべたしません。ゆっくりと広がるピーチ、洋なし、花梨の甘さ・・・そして再びジンジャーや白檀の様なスパイシーなフィニッシュ。おそらく温度は7~8度。最初は少し冷やしすぎかな?と思いましたがこのくらいが丁度良い。 ●丁度今が飲み頃かな?幾分酸化した様なシェリー香も出ています。フレッシュさを残しつつも旬の魅力。半分ほど残して冷蔵庫に入れておいた翌日はかなり色合いに褐色が加わっています。これも又すこし大人な味わいで良いのですが・・・金曜の夜と土曜日の夜・・二日にわたってお楽しみいただければ、と。(2006.05.14 いのまた) ティエリー・ピュズラ by ニコラ・ルナールACヴーヴレ ヴァン・ヴリ・ド・ヴーヴレ 1999 ルナール・ドゥ・デセール No.4 お買い得,新作

クロデュテュ=ブッフピノノワール レカイエール VdT ルージュ 2007 格安,2017

●2007年はグラヴォットが極端に少ないので・・・こちらのカイエールを多くいただきました・・・・・・2009年2月4日よりの発送となります        勝手に呼んでしまいます「下町のラ・ターシュ!」カイエール、です。       2005年のコメントです。 ●2005年は・・・グラヴォットがないんだよな・・・と思いつつ試し飲み・・・・。やられちゃいました! ●抜栓直後、グラスに入れたところでもう全開!ドロップのような、シロップのような果実の香り!幾分ストロベリーからダークチェリーの香りが満開です。で、しずしずと出てくるのは梅カツオ、の旨味系。香りにもしっかりとした輪郭があり、こりゃスゴイねと思いつつ、すでに飲んじゃっています。(ちなみに色合いはかなり鮮やかなルビー色、いつもの少し煉瓦色が入った感じがありません。香り同様にくっきりとした印象です)。 ●いつもより、若干派手目なカイエール。でもやはりこのワイン独特の旨味は充分!。おそらく、グラヴォットほどの深みとミネラルの張りはないのですが、ここ数年で最もピノっぽさがでているのでは・・・、とほんの僅かな時間でついついグラスもすすみ・・・気がついてみるとこのワイン、アルコール度数は13.5度。2002年、2003年並みの熟し方なんですね。なぜか酔いの回りが早いです・・・。(2006.09.28 いのまた) ●改めて、2004年以前のカイエールのコメントなど読みながら・・・・・やっぱりいつものカイエールと違うかな?・・・幾分美味しさのピークの落ちが早い感じが。確かに2日目の方が、締まった感じでいつものカイエールらしいのですが、ちょっと寂しいと言うか、ハーブのような感触が「浮いて」いる?味わいです。梅かつを系の沈み込み路線があまり残っていません。まあ、シンプルに落ち着いています。これでも十分に美味しいんですが・・・。やはり2005年に関しては、開けたての方がぐっとイイ感じ!抜栓後早めに飲みましょう。ボトルの中では後2~3年は十分に寝てくれます。・・・やっぱりグラヴォット飲んでみたかったな~。お兄さんのジャン=マリーにあってみたいな・・・・(2006.09.29 いのまた)  2004年ヴィンテージのコメントです↓ ●数年前に雑誌、料理王国のなかで、ラシーヌの合田さんと祥瑞の勝山さんの対談記事がありまして、その中で勝山さんがテュ=ブッフの「グラヴォット」を『下町のロマネ・コンティ』と呼んでしまいましたが、こちらの「カイエール」は?・・・・勝手に『下町のラ・ターシュ』と呼んでみました(あくまでもシャレ、ですよシャレ)。で、2004年の『下町のラ・ターシュ』どんな物でしょう・・・。 ●うっすらとしたダークチェリーの良い香り。摘み立てハーブの心地よさ・・2002年に近い感じかな?カイエールらしい整ったバランスです。どうしてもまだ堅さが残っていますが、うっすら焦げた感じに旨味の乗ったアフターの充実感。カイエールの豊かさを例年になくとらえています。ふっと『新樽つかっているのかな?』と思わせるようなほどよい樽の余韻。これもまたいつものカイエールです。幾分酸が朧気ですが、もう少しまとまってくると出てくるのでしょう。しっかりとしたポテンシャルを感じます。 ●たまさかに、贅沢にもグラボットと平行して飲んでいますが、こちらのカイエールの方が幾分早く物事が進みそうです。それでも後3ヶ月はじっとさせて置きたいな・・。実際抜栓して1時間半。もう十分とも言える味わいが出ています、あたらしいワインとしてはね。でもこれだけ楽しんで終わってしまうのは勿体ない!いつになく明日への期待を胸に秘め、空いちゃう前に締めましょう・・・。(2005.10.27 いのまた) ●中一日と飛ばしての3日目です。グラボットより良い感じ!テュ=ブッフらしい優しさが着いてきました。飲み頃は後1年たってかな?ごゆっくりお試し下さい。(2005.10.29 いのまた)    2003年のコメントです。 ●こちらのカイエール。グラヴォットと同じくピノ・ノワール100%。でももう少し若い木を中心に作られています。その為グラヴォットよりもよりみずみずしく活動的。熟した赤い果実の香りや味の間にミントやハーブのニュアンスが見え隠れしています。非常に繊細な味わいはピンクのオーガンジーのよう。非常にプリミティブなワインです。 ●そのカイエール、2003年ヴィンテージです。2003年はとても暑かった年、そして生産量も非常に少ない年でした。その分しっかりとした味わいが楽しめそう。まだ試飲していないので2002年のコメントでその雰囲気などを・・・(おそらく2002年のバランスの良さに幾分の厚み、タンニンや果実味の濃さが感じられると思っています。・・・・・(その通り、でした。)   2002年のコメントです。 ● こちらの2002年もその感動の味わいを維持していてくれると良いのですが・・・。やっぱりすごいです。ある意味今までの(1998ヴィンテージ以来)の最高の出来では?でも惜しむらくはあと2年は寝かせたいです、本当に! ●13.5%と言うこのエリアとしてはかなり強いアルコール度数。果実味をぐっと押さえながら、ハーブ&スパイス、なめし革や軽い薫製、ややしめりがちな木の香りなど・・・いきなりの「ブーケ」にとまどいます。ちょっと一日ではこのワインの全貌、語れませんね。5年ほど前のびっくりを、少し形を変えて再現してくれました。(2003.11.27 いのまた) ●ビオ系の酵母の香り云々、と言うレベルでは無いんです。こらまでカイエールにあった果実味+ミネラル感ではなくいきなりのミネラル感+ハーブ感なんですね。果実味の成長が意外なほどに遅いのかな?後半から盛り上がってくる酸の度合いとしっかりとしたアルコール度数を考えると、あと半年はじっくりと対峙して行かなくてはいけないワインかなと思います。また一つ、あまり想像もしていなかったピノ・ノワールの可能性をたたきつけられた感じですね。1~2本は2~3年キープする価値あり、です。    2001年のコメントです。 ●2002年12月ごろの入荷時から1年間経って、2002年の入荷にあわせて改めて試飲をしてみました。予想通り見事に開いてくれましたね!レッドチェリーや赤スグリの香りはより深さを増し、一層ふくよかに開いています。最初は堅かったミネラル感も、張りを保ったまましっかりと成長し、ハーブや柔らかいスパイシーさが複雑に絡んできています。タンニンはそのまま控えめながらも、この地方のピノ・ノワールとして理想的なバランスですね。やはり樽の使い方がおとなしいのでピノ・ノワール本来のネイティブな味わいがたのしめます。(2003.11.26 いのまた) ●こちらのワインをご紹介していただいているラシーヌの合田さんも「テュ=ブッフのワインは1.2本とっておいて2~3年後に再び味わいって欲しい」と言っています。まだ1年しか経っていないけど、その証拠となる一本です。 クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロデュテュ=ブッフピノノワール レカイエール VdT ルージュ 2007 格安,2017

クレ・ド・セランクロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン 2004 新作入荷,限定SALE

●「ロワールにグラン・クリュがあるとすれば間違いなくサヴァニエールがそれに値する」と言われますが、その中でもロワール河に面してひときわ張り出した山の急斜面に広がるのが、クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン。ロワール川に直角に交わる狭い谷(クレ)が格好の南斜面を形作り、もともと火山性の母岩に広がる薄い表土をさらに薄く削り取り、ブドウにとっては非常に厳しい=良いワインのできる特殊な環境を作り出しています。7haの畑全体が固有のアペラシオンを有し、その全てをクレ・ド・セランが有しています。植えられたシュナン・ブランの平均樹齢は40年。一部貴腐果を含み18~25hal/haの収量で収穫され、厚みのあるそして逞しいミネラル感を有した辛口のワインが生まれます。 ●たまたま先日手元に届いたワイナート誌で、このワインが表紙を飾っていました。特集記事では、以前の物はやはりalarと同じ印象であり、21世紀になってから確実にコンディションが良くなったと評されています。また同時に現時点では2004年は最高の出来だと・・・・。その要因については様々な推測がなされていますが、いずれにしろ、一時期は名声を博したトップクラスの味わいのワインであることは確かな事実。その復活は心より歓迎したいと考えています。 ●少し堅めの夏みかん、そしてパイナップル。特徴的な香りは蜜蝋(Bees Wax)。少し砕けたところで干し杏子や桃。花梨がでるまではもう暫く時間がかかりそうです。幾分蜜の甘さと堅いミネラルを感じますが、個々のバランスがとれている・・・、各要素が同じリズムで開いてきます。 ●サンソニエールのブランドリーと共に目の前に並べておいて、共に口を付けずにただただ香りを取るのはかなり苦痛な作業。でも以前感じていたモワモワとした香りが全くなく、静かな明るい朝を迎えようとしている感じがします・・・。 ●さて、10分は立ったかな?香りには幾分締まった甘さがわき出ています。果実味もバラバラなところからやや落ち着いて方向性が見えてきました。では一口・・・・なるほど力強い、しかも芳醇。厚みを感じさせながらも野暮にならないのは芯にある堅いミネラルと贅肉のないボディの張り。いつもはこのあたりでもわっと来る酸のゆるさも感じられず、何処までも緊張感を保ったままに、フィニッシュを迎えます。 ●サンソニエールのワインは何となく「葡萄の力を解放する様な感性的な味わい」とすると、こちらのワインは「葡萄の力を蓄積する為の知恵の凝縮された味わい」。アプローチは異なっても、それがそれぞれの個性となっているところはとても面白いと思います。 ●時間が経てば経つほどその凝縮感・密度が高まって来ると同時に、絞りたての桃や花梨ジュースの上澄みの様なクリーンな果実味、伽羅の様なオリエンタルな、あるいは森の若芽の芳しさ、・・・・様々な要素が表れてきます。この傾向がピークに達したとき、そこからがこのワインの「開放」の時期かな?まさに「復活」と言う感じなんでしょうね。(今度ニコラ・ジョリーが来たら講演聴きに行こう!2006.04.07 いのまた) ●ほぼ一日経ちました。理詰めの厳しい会話から、ようやくうち解けてきた、そんな感じの味わいです。なるほど類い希なる資質を感じます。まっすぐ前を見据えた迷いのないスタイル。 ●で、3日目です。少し冷やし目で飲んでいます。力強さはそのままですが、回りの堅さがとれて、綺麗な芯というか核の部分が見えてきました。本来はこのくらいが飲み頃なのかな?瓶に入れたままですと5~6年後、と言う感じでしょうか?早朝のクロ・ド・ラ・クレ・ド・セランの畑から眺めるロワールは爽やかな朝日を浴びて朝靄の中に煌めいていました(行ったこと無いけど)。気がつくとアルコール度数は14.5度でした。 ●抜栓して6日ほどたっていますが、ここでますます凝縮感!唯一難点は、何に合わせて飲んだらいいか?と言うことでしたが本日結論が出ました。フカヒレの姿煮、干し鮑、干し海鼠、干し貝柱・・・・極上の中華料理が良さそうです。   「ビオディナミの伝道師N・ジョリーの作る名品 2004年は目の冴えるような出色のバランス 白 辛口」 クレ・ド・セランクロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン 2004 新作入荷,限定SALE

テュエリーピュズラVdTロモランタン 2006 驚きの破格値,限定セール

●ロモランタンの2006年物です。インポーターさんによると   「パイナップルのコンポート、ハチミツの香り。アタックにふくよかさとボリューム感があり、後からジワっと伸びる酸がワインを引き締める。余韻に香ばしい風味が長く残る。ブドウはティエリの所有の畑から。40%がフラン・ピエ(自根)。ロモランタンはもともとブルゴーニュ品種だったものがロワールに移植され、現在はロワールにだけ唯一存在する貴重な土着品種。」   2005年物のコメントです。  ●そ~言えば、VdPジャルダン・デ・ラ・フランスって呼称が替わったとか言っていたな・・・などと言うことを思い出しながら・・・VdTで登場しているロモランタンです。インポーターさんによるとこのロモランタン、ティエリーの自信作というか最もお気に入り、との情報。樹齢が33年から101年ぐらいのブドウを使っていると言うことで、期待できますね。尤も、味が乗ってくるのは2010年頃かな?と。   (ティエリーに↑の件聞いてもらったのですが、VdPヴァル・ド・ロワールとなったとのことです。ついでに彼は申請が面倒なので・・・テーブルワインにした、と) ●ティエリーのワインで、結構苦労するのがピノ・ドニスとこのロモランタン。共に野性味たっぷりで、時間をしっかりとかけてあげないと、なついてくれません。で、こちらの2005年物、やはり時間が掛かるな・・・ ●抜栓して、すぐにグラスに注ぐと・・・あれ?と言う感じで酸が強い。かなり「お酢っぽい」香りがします(と言っても、酢酸敗ではないんです)。この辺り、かつてのロモランタンのキュヴェと同じなんですが・・・で、この香りがふらっとなくなると・・・飴の甘さとか、金木犀の香りとか、マンゴーのトロリ香とか・・・出てきちゃうんですね。この辺りが「自信作」の所以かな。で、恐る恐る口にしてみると・・・幾分ストイックな苦味が走り、その後玄人好みのじんわり旨味。最初の香りから想像する酸味はそれほど強く感じません。そして旨味というか、鮎食べて「腸が美味しい」という絶妙な味わい。でも年中鮎ばっかりは食べていられないので、年間通してだと、これがロモランタンの難解さ。やっぱりもう一日ぐらい置いてみないと鱧になるか鮎となるか・・・わからないな・・・。感覚的に、気の抜けたヴィンテージ・シャンパーニュ、などを思い起こしていただけると・・・但しクリュッグ、ボランジェクラス(余韻は若干粗いけど)です。(2007.07.21 いのまた) ●こちらも2日目なんですが、お~、しっかりと落ち着いて、完璧に「蕎麦の友」です。alarお気に入りの某蕎麦屋では取り敢えず、と出羽桜の冷やをいつもたのみますが・・・これに替えても良いかな?・・・と、思うと「我が儘の言える蕎麦屋」を近所で開拓しなくては・・・・。う~ん、蕎麦のこと考えていたらむちゃくちゃ木挽町に行きたくなってきた・・。  ちょっと古いヴィンテージのコメントです。 ●2002年の試飲会で紹介していただいたワインですが梅干のようなぎゅっとした酸味とたっぷりとしたこくの不思議なバランスに驚かされました。シンプルながらも暫くおくと凄く美味しくなりそう!と言うことで、こちらも暫くインポータさんの倉庫で寝かした物を出させていただきます。 ●ロモランタンはフランスの古典的ブドウ品種です。以前はフランス北部ではよく見かけられた物ですが現在ではこのロワールのごく一部でしか栽培はされていません。もともとはブルゴーニュのブドウでしたが1519年にフランソワ1世のよって此の地に持ちこまれました。 ●こちらは2003年秋の入荷分ですね。こざっぱりとロモランタンを楽しむのならこちらでしょうか?でもやはり2日目当たりからぐ~んと厚みは増してきます。でも重さが加わらないから不思議ですね。夏場に飲むと鱧の梅肉添え、と言う感じですが冬場飲むには鳥の水炊きなんかが合いそうです。紅葉おろしで牡蠣酢なんかはどうでしょう? ●2日目くらいから香りやボディの厚みがでてきます。果実味からの甘さはさほど感じませんが、凝縮感はありますね。まだミネラルの鉱物的な感覚が前面にでています。やはり本来の落ち着きを出させるには1年ぐらいおいておいた方がいいかな、と言うところです。 クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュエリーピュズラVdTロモランタン 2006 驚きの破格値,限定セール

テュイリーピュズラモンルイ 2003 最新作,安い

●モンルイはヴーヴレの対岸になります。ここで2002年に4haのドメーヌを始めたのがフランツ・ソーモン。ジャッキー・ブロのところで2年ほど働き、その後1年経って無農薬での葡萄作りとワイン造りを始めました。元々新井さん本人が目を付けて、彼のワインを世に出そうとしたようですが、それより一足先にテュイリーも目を付けて、彼のワインを樽買いしていました。と言うことで、テュイリーのセレクションからのワインをalarではご紹介する事といたしました。 クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュイリーピュズラモンルイ 2003 最新作,安い

カトリーヌetピエールブレトンブルグイユ ニュイディヴレス 2009 低価,限定SALE

●今年(2011年)春のロワールのサロンにて久し振りに奥さんのカトリーヌさんにお会いして、ちょこっとワイン飲ませていただいたんですが・・・その後入荷して落ち着いたところでまた飲んでみました・・。 ●う~ん、改めて飲んだけどやっぱり美味しい・・・ニュイ・ディブレス!久し振りに付け入る隙の無いワインです・・・。某誌の番外編では文字制限があって書ききれなかったのですが・・・「僅かに紫色のエッジの混じる濃いめのルビー色。控え目ながら色を重ね合う赤い果実と少し乾燥したヨモギの様なハーブの香り。幾分金属的なニュアンスを感じさせつつもしっかりとしたミネラルの存在の予感。軽やかな口当たりと余韻に広がるタンニンとのバランス。こなれた酸は旨味を引き出し、旨味はほろ苦く果実味を引き立てる。まだまだ還元的であり充分に開いていないが準備は整っている。作り込まれたデセールには絶対表現できない「生」だけが持つシンプルな味わいが魅力。」とさせていただきました(それでもかなり字余り)・・。冬のキリリと寒い夜、瞬く星々、白い吐息・・・・これは「酔って」いられない!(2011.11.09 いのまた)    ↓こちらはかなり昔のコメントですが・・・。 ●ペリエールも良かった!ディレッタントも良かった!と言うことでブレトンの期待の新作がようやく入荷しました。その名も「ニュイ・ディヴレ」。ニュイ(Nuit)は「夜」、ディヴレ(d'Ivresse)は「酔う」と言う意味のようですので・・・何となくalar向きのワインのような気がします・・・。 ●・・・少し前のワインの試飲が長引いてしまったので、グラスに入れて20分、からスタートです。色合いは、普通のブルグイユ、やや濃いめかな?香りは・・うっ!なんと艶めかしいんでしょう!ボルドーちっくな「ミンクのコート」のようなフランの香りです。まだまだ早そうだな~。 ●こういう香りを嗅いでしまうと条件反射的に飲んでしまいます!・・・・・・・・え~、なんと表現すれば良いのか悩んでいます。困ったことに、イイ感じのピノみたいな旨味もでてきちゃっているし・・・・・じわ~と、果実味でてきますね。多少タンニンの落ち着きがないのですが、酸とミネラルの輪郭がはっきりしてくると同時に深みがでてきます。 ●現時点では抜栓後30~40分がベストの状態です。グラスに入れて暫く引っ張るれるだけの力は残念ながら持ち合わせていませんが、フランのタイトさと程良い膨らみ加減、良いバランスです。瓶で寝かせるならあと半年から1年、この辺りが、あのブルグイユの深みに届かないところです。でもかなり中枢を刺激されますね。IvresseにはExtase=陶酔と言う意味も在るようですので・・・的を得ています!(2004.04.27 いのまた) ●3日ほど経って瓶の底3分の一ぐらい残っているのを飲んでみました。やっぱりまだ美味しいです。やっぱり少し寝かせてお楽しみ下さい。今の1.3倍ぐらい楽しめそうです。 カトリーヌetピエールブレトンブルグイユ ニュイディヴレス 2009 低価,限定SALE

テュイリー・ピュズラテゼ ファン・ド・ミゼ AOCトゥレーヌ 2005 限定セール,定番

●「Fin de mise」とは「瓶詰めの最後」という意味。ティエリーのソーヴィニヨンブラン100%のワイン「テゼ」の最後の部分だけを使った、プライベートなワイン。この辺りになると、オリなどの沈殿物が多く混入し、トロミも強く、本来は製品化されないが、それ故に色、香り、味、全てにおいて明らかに濃縮感が強くなる。通常のテゼと区別するため、ラベルにはティエリの直筆でFin de miseと記されている。(120本分書くのはタイヘンだ。) ●ブドウは、ビオディナミ生産者ブルノー・アリオンとジョエル・コクトーからの買いブドウで作られた。共に土壌はアルジロ・カリケール、樹齢は20年で収量は40hl。白い花やミネラルの香りがあり、味わいはシュヴェルニー白に比べてワインに骨格がありミネラルにあふれている。余韻にミネラル感が残る。ティエリ曰く、テロワールが上手く反映された辛口白ワイン、とのこと。 クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュイリー・ピュズラテゼ ファン・ド・ミゼ AOCトゥレーヌ 2005 限定セール,定番

ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールVdT ブラン ラ・リュンヌ 2006 限定セール,定番人気

●リュンヌ2006入荷しました・・・。2005年までは「アンジュ」のAOC取っていたのですがこの2006年、ヴァン・ド・ターブルで登場です。 ●久々に一口・・・かなり、ドライな仕上がりですね。いきなりですが鱈の白子のバターソテーですね。鱈の切り身のムニエルなんかも良いんじゃないでしょうか?でも家じゃ上手にムニエルできないんだよな・・・と思いつつ。久々のしっかりとしたシュナン・ブランに満足です。白子のソテーって小麦粉ちょこっと付けてやるじゃないですか~、そんでもってその小麦粉の焦げた感じに全体の雰囲気が合うと思うんです。それでいて白子の甘さに、僅かな残糖が・・・勿論ソースは柑橘系のそれなりの物を合わせたい。時期的には甘鯛なんかもよろしいかなと思いますが、さてどう調理するかと言うと・・・カブラ蒸し?でもあまり和風なところがないので、そこに何か一工夫を差し入れたい。鶏肉でもバター系+柑橘ソースというのは良いのではないだろうか? ●ま、食事といろいろと合わせることを考えるのも楽しいですが、ワインだけでも楽しめちゃうところがまたリュンヌ。ホワ~っとしたところの甘さが心地よい美味しさ、です。(2008.02.08 いのまた)●まずは参考までに、と2003年のコメントです。   「・・・・・1.3haの三日月(Lune)型の小さな畑の、樹齢20~30年のシュナンブランを辛口に仕立てたワインです・・・。」と2002年物までは説明しておりましたが、2003年は案の定「やや甘口」に仕上がっています。が、実にサンソニエールらしい静かな甘さ、ミディ旨です。 ●貴腐のニュアンスがないのでさすがに「コトー・デュ・レイヨン」とはいえませんが、ほどよい甘さに乗ってくる柑橘系、マンダリンやネーブルの香り。白や黄色い花からの蜂蜜のニュアンス。しっかりとした酸を感じる中盤から、アフターに懸けては摺り下ろしたリンゴや洋なしの味わいに、ミネラル感を伴った優しい苦味が余韻を引いて味わえます。 ●幾分味のしっかりとした、たとえば・・・うなぎや穴子のジュレ。口の中でゆっくりととろけるゼラチンの美味しさと、旨味たっぷりのワインの味わいがマッチしそうです。味付けによっては「フカヒレの~」などにも合いますでしょうか?幾分斜めな視点から、色々と想像力をかきたててくれる、素晴らしくいい感じのワインです。(2005.06.22 いのまた) さらに、参考までにと、2002年のコメントを付けておきます。 ●レヴー・ド・ヴァン・ド・フランス2005年版で8点がついていました。そしてリアルワインガイド10号では「今飲んで89点ポテンシャル89点」です。 ●1.3haの三日月(Lune)型の小さな畑の、樹齢20~30年のシュナンブランを辛口に仕立てたワインです。しっかりとした骨格の上にプラムや熟したモモのような香りが掛かり、その下側には落ち着いたアロマが漂っています。少し熟成した落ち着きが前に出ていますが、これももとのブドウがしっかりとしているからこそ、出来る物。並のワインではこうはいきません。深みのある味わいの中にオリエンタルなスパイスのニュアンスや、もっと南のハーブの香りもあります。ほとんど残糖分を感じさせないので、丁度日本酒の古酒を味わうような楽しみのあるワインです。たとえば、鯛の炊き込みご飯や、スズキの奉書焼きなどの和食に合わせてみたい気がします。 サンソニエールは1990年がファーストヴィンテージ。オーナーのマルク・アンジェリは、80年代に甘口のワインづくりの魅力に陥り、ボルドーで学んだあとフランス各地のワイナリーで経験を積みました。しかし彼は「ボルドーではラ・トゥール・ブランシュ、スデュイローでスタジエをしたが、ボルドーの人工的なワインづくりでは何一つ学ぶことはなかった」と回想しています。  現在畑は約10haを所有。すべて「ビオディナミ」が実践されSO2の使用もできるだけ控えられています。現在ボンヌゾーでは最高の生産者の一人として目され、他の白ワインや、赤ワインのガメ、そしてロゼいずれもすばらしい評価を受けています。現在生産されているワインは10種類。プレスは大小4つの垂直型木製プレスを使い分け、赤ワインは木製の大樽、フードルでの発酵後バリックにて熟成、白ワインは樽発酵、樽熟成され、いずれも補糖はいっさいしていません。 ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールVdT ブラン ラ・リュンヌ 2006 限定セール,定番人気

Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 赤字超特価,定番人気

●ワインの正体は2004年のルメール・フルニエ!とは言ってもニコラ・ルナールがやめた後のモノ。最初の内はどうにもこうにもなワインだったようだが、最近ナタリーが飲んだところこれがとんでもなく美味しくなっている!その場にいたパスカル・ポテルも「これは良い熟成を経たシャンパーニュのよう」と言う事で、即全量買い取り決定!・・・・そんなラッキーな話を交え「ユー・アー・ソー・ラッキー」として登場!ワインは残糖量0gのエクストラブリュット。ナッツの風味に絡み合う旨味とミネラル感。繊細な泡と相まって複雑な味わいを作っている。 ●一口飲んだ感じではル・カノンのスール・ラット的な熟成感が感じられるが、もっとタイトでキリリと引き締まった表情。無駄な甘味やぶれていた雑味がスッキリと落ちてまとまるべきところにまとまった味わい。 Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 赤字超特価,定番人気

カトリーヌetピエールブレトンブルグイユ ニュイディヴレス 2009 SALE,低価

●今年(2011年)春のロワールのサロンにて久し振りに奥さんのカトリーヌさんにお会いして、ちょこっとワイン飲ませていただいたんですが・・・その後入荷して落ち着いたところでまた飲んでみました・・。 ●う~ん、改めて飲んだけどやっぱり美味しい・・・ニュイ・ディブレス!久し振りに付け入る隙の無いワインです・・・。某誌の番外編では文字制限があって書ききれなかったのですが・・・「僅かに紫色のエッジの混じる濃いめのルビー色。控え目ながら色を重ね合う赤い果実と少し乾燥したヨモギの様なハーブの香り。幾分金属的なニュアンスを感じさせつつもしっかりとしたミネラルの存在の予感。軽やかな口当たりと余韻に広がるタンニンとのバランス。こなれた酸は旨味を引き出し、旨味はほろ苦く果実味を引き立てる。まだまだ還元的であり充分に開いていないが準備は整っている。作り込まれたデセールには絶対表現できない「生」だけが持つシンプルな味わいが魅力。」とさせていただきました(それでもかなり字余り)・・。冬のキリリと寒い夜、瞬く星々、白い吐息・・・・これは「酔って」いられない!(2011.11.09 いのまた)    ↓こちらはかなり昔のコメントですが・・・。 ●ペリエールも良かった!ディレッタントも良かった!と言うことでブレトンの期待の新作がようやく入荷しました。その名も「ニュイ・ディヴレ」。ニュイ(Nuit)は「夜」、ディヴレ(d'Ivresse)は「酔う」と言う意味のようですので・・・何となくalar向きのワインのような気がします・・・。 ●・・・少し前のワインの試飲が長引いてしまったので、グラスに入れて20分、からスタートです。色合いは、普通のブルグイユ、やや濃いめかな?香りは・・うっ!なんと艶めかしいんでしょう!ボルドーちっくな「ミンクのコート」のようなフランの香りです。まだまだ早そうだな~。 ●こういう香りを嗅いでしまうと条件反射的に飲んでしまいます!・・・・・・・・え~、なんと表現すれば良いのか悩んでいます。困ったことに、イイ感じのピノみたいな旨味もでてきちゃっているし・・・・・じわ~と、果実味でてきますね。多少タンニンの落ち着きがないのですが、酸とミネラルの輪郭がはっきりしてくると同時に深みがでてきます。 ●現時点では抜栓後30~40分がベストの状態です。グラスに入れて暫く引っ張るれるだけの力は残念ながら持ち合わせていませんが、フランのタイトさと程良い膨らみ加減、良いバランスです。瓶で寝かせるならあと半年から1年、この辺りが、あのブルグイユの深みに届かないところです。でもかなり中枢を刺激されますね。IvresseにはExtase=陶酔と言う意味も在るようですので・・・的を得ています!(2004.04.27 いのまた) ●3日ほど経って瓶の底3分の一ぐらい残っているのを飲んでみました。やっぱりまだ美味しいです。やっぱり少し寝かせてお楽しみ下さい。今の1.3倍ぐらい楽しめそうです。 カトリーヌetピエールブレトンブルグイユ ニュイディヴレス 2009 SALE,低価

ドメーヌ・デ・ボワルカVdTペティアン・ナチュール ロゼタマネギの皮色の薄い色 Junko Arai Selectionシールつき 2002 大人気,格安

●2002年は新井順子さんのボワ・ルカに取ってはデビュー・ヴィテージ。畑の一部のガメイが糖度が上がらず、どうしようかと悩んだ末に・・・・ロゼの・ペティアンになりました。      シャンパーニュも寒い地方なので、ブドウの糖度がなかなか上がらず、酸も強いので・・・とドン・ペリニョンさんが工夫して泡のあるワインを作り出したというのは有名な話。この話に似て新井さんも糖度が思うように上がらないことを逆手にペティアンを作ってしまいました。ただ、作り方もユニークです。一旦、絞ってジュースにしたワインを、通常はタンクで発酵させますが、ここでは樽を使って。そして発酵途中のワインをそのまま瓶詰め。自然なままのガスをそのまま閉じこめました。      仕込みはパスカル、仕上げはノエラ。そしてこの間、最初のThesseと言う村の小さなカーヴで仕込まれ、同じ村の水害にあった大きなシェに移され、最後に現在の拠点Pouilleから、旅立ち。実にこれまでのボワルカ3年間の歴史が詰まっているかも、のワインです。 ●色調の違い、こちらはブドウ(ガメイ100%)を圧搾して搾り取ったジュースをすぐに樽に移して発酵させました。そしてその途中で瓶詰め。少しオレンジ色がかった、綺麗なタマネギ色です。(写真奥) 「ついにやっちゃったの・・・・?#*!」某インポータのコンサルティングをしているAさんが、どうやら『ロワールに畑を買っちゃた』言う話を聞いたのは、丁度2001年の秋のこと。それまでやっていたレストランも売り払い、真摯に向き合っていた自然派農法:ビオディナミが「本当に正しいのかどうか実際に自分の手で実践してみたかった」と言う挑戦はどうやら思っていたよりも早くに実のりを得たようです。・・・・・・「Aさん」というのは勿論あの、新井順子さんのこと。ビオ系のワインを色々と発掘しつつ、とうとう自分でもワイン造りを始めてしまったんですね。彼女の略歴や既に伝わっている評価は、あえてここではご紹介しません。彼女も自分のワインを素直に評価してもらうのが一番うれしいのでは?ロワール初めての日本人醸造家の記念すべき第一作をお試しあれ!      ↑詳しくは2005年11月04日 集英社より発売予定の新井順子さんの奮闘記『ブドウ畑で長靴はいて -私のロワール・ワイン造り奮闘記-』をご覧下さい。  2年目となる2003年は、好天続きのお陰でブドウの収穫量もほとんど品質を落とすことなく前年の約倍となる20000本分(それでも25hl/haは少なすぎ!)のワインを仕込むことができました。しかし、2003年の仕込みもほぼ完了し2002年のワインも最後の瓶詰めが終わった2003年11月29日、収穫からようやく忙しさも一段落、ほっと一息のそのときです。   この日の大雨で近くの川が氾濫。比較的低いところに位置するボワ・ルカの醸造施設はこの出水がなだれ込み、保存しておいたワインの樽がほとんど水に流されてしまいました。新井さん自身も現実を目の当たりにして「このままドメーヌを閉めようか」と思ったほどの惨劇です。幸いにも、何とか残った健全なワインを再度大きなタンクに移し替えると、まだ活きていた野生の酵母の力で発酵再開。再度樽に移し替えると以後は驚くほど順調にワインは育ちました・・・。ドメーヌのスタートから2年目。予定していた20000本は6000本へと大きく減ってしまいましたが、その分新井さんやパスカル、そしてこのワインに関わった人たちの思いがいつもの年の3倍ぐらい詰まっているのでは・・・?期待してイイ2003年のボワ・ルカです。そして3年目となる2004年。まずは赤ワイン、3ッつのキュヴェが入荷です。新井さんの報告では生産量も15000本とグッと増えて、まずは安心。それでも平均収量を考えると「ロマネ・コンチィ以上」と、相変わらずです。パリのカーヴ・オジェとの本格的な取引も始まり、各地のサロンにも招待されて人気はますます上昇。日本への出荷量が減らないようにと、願うばかりです。 2002年のデビュー当時から本当に「美味しい」ワインをリリースしていますが2004年は全体に磨きがかかってきた、というのがalarの感想。とことんまでのめり込んでいく作り手の性格、がよく表れています。ある意味2003年とは別の苦労があったんじゃないかな?あまり作り手に感情移入しないように、心がけてるalarですが・・・美味しさに味わいを越えた共感を覚えます。そして4年目となる2005年ヴィンテージ。こちらもソロソロと入荷し始めました。2005年はロワールもかなりいい年。新井さんもあの手この手の新しいワインで楽しませてくれそうです。 ドメーヌ・デ・ボワルカVdTペティアン・ナチュール ロゼタマネギの皮色の薄い色 Junko Arai Selectionシールつき 2002 大人気,格安

ドメーヌ・デ・ボワルカVdTペティアン・ナチュール ロゼラヴィアンローズな濃い色 Junko Arai Selectionシール無し 2002 新品,得価

●こちらは摘み取ったブドウをすぐにプレスしないで、暫く「醸し」状態に置いておいた後に、プレスしています。ですから幾分色素も多く抽出され濃いめのバラ色。これだけの違いなのですが・・・(写真手前) ●一応、ペティアン・ナチュールですので、最後まで蔗糖の添加や酵母の添加はありません。全て自然なままのブドウと酵母からガス圧を得ています。デゴルジュマン(栓を抜いて澱を取り除く作業)は、ルミアージュ(瓶の口を下に向け、ボトルを回しながら澱を集めていく作業)しながらどんどん澱がたまって、これは手に負えないと判断したために、専門のプロにお願いしたそうです。それで予想外にお金がかかり・・・「ちょっと高めなお値段ですが、お許しを」と新井さんも言っています。 「ついにやっちゃったの・・・・?#*!」某インポータのコンサルティングをしているAさんが、どうやら『ロワールに畑を買っちゃた』言う話を聞いたのは、丁度2001年の秋のこと。それまでやっていたレストランも売り払い、真摯に向き合っていた自然派農法:ビオディナミが「本当に正しいのかどうか実際に自分の手で実践してみたかった」と言う挑戦はどうやら思っていたよりも早くに実のりを得たようです。・・・・・・「Aさん」というのは勿論あの、新井順子さんのこと。ビオ系のワインを色々と発掘しつつ、とうとう自分でもワイン造りを始めてしまったんですね。彼女の略歴や既に伝わっている評価は、あえてここではご紹介しません。彼女も自分のワインを素直に評価してもらうのが一番うれしいのでは?ロワール初めての日本人醸造家の記念すべき第一作をお試しあれ!      ↑詳しくは2005年11月04日 集英社より発売予定の新井順子さんの奮闘記『ブドウ畑で長靴はいて -私のロワール・ワイン造り奮闘記-』をご覧下さい。  2年目となる2003年は、好天続きのお陰でブドウの収穫量もほとんど品質を落とすことなく前年の約倍となる20000本分(それでも25hl/haは少なすぎ!)のワインを仕込むことができました。しかし、2003年の仕込みもほぼ完了し2002年のワインも最後の瓶詰めが終わった2003年11月29日、収穫からようやく忙しさも一段落、ほっと一息のそのときです。   この日の大雨で近くの川が氾濫。比較的低いところに位置するボワ・ルカの醸造施設はこの出水がなだれ込み、保存しておいたワインの樽がほとんど水に流されてしまいました。新井さん自身も現実を目の当たりにして「このままドメーヌを閉めようか」と思ったほどの惨劇です。幸いにも、何とか残った健全なワインを再度大きなタンクに移し替えると、まだ活きていた野生の酵母の力で発酵再開。再度樽に移し替えると以後は驚くほど順調にワインは育ちました・・・。ドメーヌのスタートから2年目。予定していた20000本は6000本へと大きく減ってしまいましたが、その分新井さんやパスカル、そしてこのワインに関わった人たちの思いがいつもの年の3倍ぐらい詰まっているのでは・・・?期待してイイ2003年のボワ・ルカです。そして3年目となる2004年。まずは赤ワイン、3ッつのキュヴェが入荷です。新井さんの報告では生産量も15000本とグッと増えて、まずは安心。それでも平均収量を考えると「ロマネ・コンチィ以上」と、相変わらずです。パリのカーヴ・オジェとの本格的な取引も始まり、各地のサロンにも招待されて人気はますます上昇。日本への出荷量が減らないようにと、願うばかりです。 2002年のデビュー当時から本当に「美味しい」ワインをリリースしていますが2004年は全体に磨きがかかってきた、というのがalarの感想。とことんまでのめり込んでいく作り手の性格、がよく表れています。ある意味2003年とは別の苦労があったんじゃないかな?あまり作り手に感情移入しないように、心がけてるalarですが・・・美味しさに味わいを越えた共感を覚えます。そして4年目となる2005年ヴィンテージ。こちらもソロソロと入荷し始めました。2005年はロワールもかなりいい年。新井さんもあの手この手の新しいワインで楽しませてくれそうです。 ドメーヌ・デ・ボワルカVdTペティアン・ナチュール ロゼラヴィアンローズな濃い色 Junko Arai Selectionシール無し 2002 新品,得価

ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 高品質,本物保証

●アンフィボリット~の2006年物入荷しました。ところでアンフィボリットってなんなのと言うことですが、辞書で調べると両生類(カエルやサンショウウオ)とか、曖昧なと言う意味があるようなのですが・・・・よくよく古い資料を引っ張り出してくると「角閃石:かくせんせき」を意味する言葉のようです。なるほど英語読みするとアンフィボライト、なんですね。 ●ナントの南に広がるミュスカデの生産地。高いところで50mあるかないかというような緩やかな丘がいくつも連なっています。丘と丘の間には水路が発達して・・・主に葡萄は水はけの良い丘の斜面からいただきに広がっていますが、どうやら長い間の地殻変動と浸食作用でそれぞれの丘の土壌が異なっているようです。ムスカデとひとくくりにしてしまうと同じような感じのワインですが、それぞれの土壌の個性を活かしたワイン造り、と言うのが最近のこの地方の傾向。そんなことでこのワインも『アンフィボリット』と名付けられているのでしょうか?  2005年物のコメントです ●2005年ですが幾分前より色が濃いめかな?果実の香りもいつになく熟した感じで僅かに重さを感じる・・・。以前は湘南地方で「駆けつけ三杯用」として重宝されていたアンフォボですが、この2005年は2杯までかな・・・? で実際に飲んでみると、意外に中盤が薄い感じで・・・香りほどの強果実の味わいを感じません。むしろミネラル感が強いかな?なるほどちょいと黒い石っぽい感じがありますね。・・・・今回はかなり冷やし目で飲んでいるのですが、少し温度高めの方がこのワインの美味しさ、味わいえるのかな。8~9度って処でしょうか?温度計るのも面倒なので、冷蔵庫で一晩冷やして、グラスに入れてユルユルと、と言う感じです。と言うことで、駆けつけ用などと言わずに、前菜などでゆっくりと楽しんでみましょう。・・・何となく夏が待ち遠しく感じるワインです。(2007.05.06 いのまた)●「つらつらとalarのHPを眺めていたんですが、きちんとAOC取っているミュスカデの扱いってこれが初めてなんですね。記念すべきミュスカデ第一弾です。」と言いつつすでに3年。その間もほとんどミュスカデ、増えていません・・・これさえあれば、と言うところです・・・・。 ●と言いつつ、なんとコメントしたらいいのかな?軽くてドライで・・・良くある白ワインの「重い・軽い」「甘口・辛口」などと分類されている図表の中で「一番軽くて一番辛口」の代表がミュスカデ、そのまんまです。でもこのミネラル感に潜んだミネラル感は、そんじょそこらのミュスカデとは訳が違う。うっすらと潮騒の香りを感じながら、極上の塩ラーメンが食べたくなる・・・贅沢にゲルラン塩なんかで塩もみしちゃったキュウリやキャベツ(勿論、露地物、有機系なら尚良し)。お友達はこれで充分です!・・・贅沢言えば公魚か小鰺のマリネなんですが・・・(2005.08.19 いのまた) ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 高品質,本物保証

ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン 豊富な,人気

砂混じりの結晶片岩から生まれたシュナン・ブラン種。辛口白では最高級のクラス。100%新樽で12ヶ月熟成、バニラの香が前面に出ながら、構成要因にしっかりした酸味が有るので全体的に嫌みがなくバランスの取れている長期熟成型。葡萄樹齢20年、年間生産量4000本、ルネの個性が光る白ワインです。  「こちらも個性的なワインです。何かはわかりませんが薬草のような甘さと苦さの同居した香りがあります。印象としては「柔らかな石」大変ミネラルが豊富で香りには硬い印象がありますが、口に含むととろりとした柔らかさがあります。新樽の香りがまだハッキリとしてるので香りと舌で感じる部分とが微妙に異なり、少し不安定なところもありますが、熟成後が楽しみ。あと2~3年はそっと置いておく方が良さそうです。」 ・・・・と書いていたのが約2年前、現在(2003.06)では非常に落ち着きがでてきています。ワインの色もなかなか濃くなってきました。気持ブラウンの入った濃いめの黄色。しかも表面の輝きは非常にはっきりしていて、縁から流れ落ちる「足」はお見事。樽からのニュアンスも「木の香りとバニラの香り」が混沌となり蜂蜜のような深い香りに変化して来ました。熟したカリン、アップルパイ、オレンジマーマレード、さらに奥行きが広まっています。たっぷりとあった酸も非常に丸味を帯び、全体にしっくりとしてきました。まさに「極み」ですね。相変わらずシェリーのような厚い香りが先行しますが、少し我慢をしていると、もう引き返せない扉が開きます(2003.06.25~26 いのまた)  私の家内の弁です・・・「最初、『行っちゃっている』ワインかと思ったけど、変に美味しい・・」 ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン 豊富な,人気

ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ セール,得価

●インポーター出水商事さんの資料より・・ 「シャルドネの若木から造られるクラシック・キュヴェ。小樽30%、ステンレスタンク70%で11ヶ月熟成。フルーティーさが見事に表現されたワイン。」 ●「決してブルゴーニュのワインではありません!レモンや白い花のフレーバーに満ちた繊細で軽やかなワインです。ニュートラルなシャルドネの力を存分に引き出し、ほんの僅か樽の化粧がのっている。しなやかでしかもミネラルが豊か。一見モダンでありながら実は自然のままの伸びやかさがあります。(2003.06.04 いのまた)」というのが2001年ヴィンテージの印象。2003年はやはり気温も上がってさらに一段としっかりしたワインになっているかな?と期待されます。 ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ セール,得価

テュエリーピュズラAOCトゥーレーヌ ピノ・ノワール Mise Particuliere 2007 セール,HOT

●ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティのお古の3年樽で仕込まれた07ピノ・ノワールのスペシャル・ヴァージョンです。キュヴェの名前は「Mise Particuliere」特別に瓶詰め、と言うような意味合いでしょうか。一樽分しか作られなかったので送瓶詰め量は300本ぐらい。その内半分をティエリー自身が持って行っちゃったので日本への入荷は120本ぐらいと聞いています・・・。と言うことでalarへの入荷も極少量。お一人様一本限りにてお願いいたします。合わせてノーマル・ヴァージョンもよろしく!です。 ●入荷本数が少ないのでインポーターさんでの試飲会でちょこっと飲んだだけですが、ノーマルに較べると「上品」。なんとなく滑らかな感じが素敵に仕上がっています。これがお古とは言ってもD.R.Cの樽の力か・・・・というか樽の使い方一つで見事に別のワインに仕上がる・・・納得の一本です。 クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュエリーピュズラAOCトゥーレーヌ ピノ・ノワール Mise Particuliere 2007 セール,HOT

クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 送料無料,品質保証

●ソーヴィニヨン・ブランをマセラシオン・カルボニックで短時間(約一日)醸し、その後果実を圧搾して自然酵母で仕込み、タンクで熟成させています。 ●いきなり抜栓2日目のコメントとなります。通常クロ・ロッシュ・ブランシュのこのキュベは、当初香りが華やか且つ酸とミネラルが「鋭い」と表現されるほど強いので、あえてそれが落ち着いて、と言うことでここからが本格的なスタート(と思っています)。香りにまだ幾分の青さを感じますが、レモンやライム、グレープ・フルーツの柑橘系の香りに乗ってより爽やか感じを印象づけます。口に含むと一瞬甘く、一瞬ほろ苦く、そして一つに絡んだ心地よい余韻。幾分スパイスやハーブをきかせたカルパッチョが良さそうです。中華風の海鮮刺身?白身魚に松の実やコーンフレーク、キュウリの千切り、香菜などを合わせても良いのかな(タレみたいなのは香醋なんだろな?)。基本は繊細な白身魚の「生系」となりそうです。(2006.04.05 いのまた)   「肌理の細かいミネラル感とレモンピールの爽やかな果実味。すっきり冷やして楽しみたい 白 辛口」 クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 送料無料,品質保証

ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 人気SALE,2017

●アンフィボリット~の2006年物入荷しました。ところでアンフィボリットってなんなのと言うことですが、辞書で調べると両生類(カエルやサンショウウオ)とか、曖昧なと言う意味があるようなのですが・・・・よくよく古い資料を引っ張り出してくると「角閃石:かくせんせき」を意味する言葉のようです。なるほど英語読みするとアンフィボライト、なんですね。 ●ナントの南に広がるミュスカデの生産地。高いところで50mあるかないかというような緩やかな丘がいくつも連なっています。丘と丘の間には水路が発達して・・・主に葡萄は水はけの良い丘の斜面からいただきに広がっていますが、どうやら長い間の地殻変動と浸食作用でそれぞれの丘の土壌が異なっているようです。ムスカデとひとくくりにしてしまうと同じような感じのワインですが、それぞれの土壌の個性を活かしたワイン造り、と言うのが最近のこの地方の傾向。そんなことでこのワインも『アンフィボリット』と名付けられているのでしょうか?  2005年物のコメントです ●2005年ですが幾分前より色が濃いめかな?果実の香りもいつになく熟した感じで僅かに重さを感じる・・・。以前は湘南地方で「駆けつけ三杯用」として重宝されていたアンフォボですが、この2005年は2杯までかな・・・? で実際に飲んでみると、意外に中盤が薄い感じで・・・香りほどの強果実の味わいを感じません。むしろミネラル感が強いかな?なるほどちょいと黒い石っぽい感じがありますね。・・・・今回はかなり冷やし目で飲んでいるのですが、少し温度高めの方がこのワインの美味しさ、味わいえるのかな。8~9度って処でしょうか?温度計るのも面倒なので、冷蔵庫で一晩冷やして、グラスに入れてユルユルと、と言う感じです。と言うことで、駆けつけ用などと言わずに、前菜などでゆっくりと楽しんでみましょう。・・・何となく夏が待ち遠しく感じるワインです。(2007.05.06 いのまた)●「つらつらとalarのHPを眺めていたんですが、きちんとAOC取っているミュスカデの扱いってこれが初めてなんですね。記念すべきミュスカデ第一弾です。」と言いつつすでに3年。その間もほとんどミュスカデ、増えていません・・・これさえあれば、と言うところです・・・・。 ●と言いつつ、なんとコメントしたらいいのかな?軽くてドライで・・・良くある白ワインの「重い・軽い」「甘口・辛口」などと分類されている図表の中で「一番軽くて一番辛口」の代表がミュスカデ、そのまんまです。でもこのミネラル感に潜んだミネラル感は、そんじょそこらのミュスカデとは訳が違う。うっすらと潮騒の香りを感じながら、極上の塩ラーメンが食べたくなる・・・贅沢にゲルラン塩なんかで塩もみしちゃったキュウリやキャベツ(勿論、露地物、有機系なら尚良し)。お友達はこれで充分です!・・・贅沢言えば公魚か小鰺のマリネなんですが・・・(2005.08.19 いのまた) ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 人気SALE,2017

ディディエダギュノーブランフュメドプイィ シレックス 2009 人気セール,新作

●言わずと知れたダギュノーの最高傑作『シレックス』です。その名の通り複数のシレックス土壌の区画生まれるこのワインは、美しいミネラルと力強い果実味に溢れ、その熟成のポテンシャルはブルゴーニュのグランクリュクラスにも匹敵すると言われています。・・・と、言う事で新着の2009年物飲んでみました↓ ●シレッックス2009ダギュノーが亡くなって3年目となるワイン。現在は長男のルイ・ベンジャマンが中心となってワインづくりをおこなっている。・・・・例年のシレックスに共通した感覚は「呆れるほどの硬さ」であるが、この2010年は意外と解りやすい。常に名前の由来のシレックス(火打石:石英:SiO2:酸化ケイ素)の様に鋭利な切片を見せながら時間と共にその緻密な構造を基本としてひたすら深みをまして行くタイプのワインであるにもかかわらず・・・・、である。 ●作りそのものは変わっていないと思われるが、2009年と言うヴィンテージに由来する味わいなのだろうか?香りにはソーヴィニヨン・ブランらしい柘植の様な芳しさを基調に若いライムの実、硬い白桃。そしてリースリングにも似た鉱物的な香り。味わいにおいてもその傾向は変わらず、豊かに詰まった酸とまさしくマッチを擦ったようなフリントの感触に近いミネラル感。ま、これがそれぞれの要素ごとに強く主張を繰り返すのが若いしレックスの印象だが・・・この2009年物はどうも最初から調和を奏でている為スンナリとワインの中に入っていけるのだ・・・。(2012.04.29 いのまた) ディディエダギュノーブランフュメドプイィ シレックス 2009 人気セール,新作

アルフォンス・メロサンセール アン・グラン・シャン 2005 人気定番,新品

●サン・ドゥルシャールと呼ばれるオルレアン、トゥール、ブルジュなどを含むロワール中心部に広がる泥灰土(砂利)の表土が広がる、キンメリジャン(白亜紀の石灰質層)の上に畑はあります。畑の名前はラ・ムシエール。丁寧に摘み取られたソーヴィニヨン・ブランは25kg入りの小さな箱に入れて摘み取られた後、ターブル・ヴィブラン(振動する板)の上で選別が行われ、その後さらにターブル・ド・トリでよりわけをされ、プレスに回ります。圧搾された果汁は10度以下の温度で48時間静かに寝かせられ、半分はタンクで、残り半分は新樽で発酵が行われます。温度は18度以上で23度以下。熟成はシュール・リーによるエルヴァージュでおよそ7‐8ヶ月間。 ●密かに抜栓し、5,6日経ったワインを飲んでますが、実に綺麗なソーヴィニヨン・ブラン。これならalarもブラインドでソーヴィニヨン・ブラン!と胸を張って言えます。で、最初はどんな感じかと言うと・・・幾分メリハリ効かせた樽の香りが印象的。 ●今日はとなりの町の花火大会なので、一本開けてみました。・・やはり、抜栓直後は樽のニュアンスがはっきりと・・・木目の香りと共に幾分ヴァニラ系の甘さ、を香りに感じます。味わい的には、「甘味」はありませんが『甘さ』はありますね。その分サンセールとしてはしっかりとしたウエィトをもったミドル級と言ったところかな?腰のある柑橘系のしっかりとした味わいと、乾燥ハーブのほどよい薫香、効いています。 ●夏場に冷やして・・・と言うのがピッタリですが、棒棒鳥系のゴマだれ冷やし中華とか、豚しゃぶの甘酢系ドレッシング・・・燻した〆鯖、梭子魚の汐焼き、プリプリとした夏の白身魚・・・などなどが合いそうな気がします。・・・意外に一年中、美味しい物と合うかもしれない!軽いスモーク&新鮮ハーブ、あるいはハーブとワインで蒸して冷やして・・・・こんなところを基本にアレンジしてみてはと・・・。(2006.07.29 いのまた) アルフォンス・メロサンセール アン・グラン・シャン 2005 人気定番,新品

ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko Araiガメイ ロゼ VdT 2005 豊富な,送料無料

ボワルカの最も新しいキュヴェ「ロゼ」2005!2007年3月8日入荷予定。 夕暮れのボワ・ルカの畑(2007.02撮影) 「ついにやっちゃったの・・・・?#*!」某インポータのコンサルティングをしているAさんが、どうやら『ロワールに畑を買っちゃた』言う話を聞いたのは、丁度2001年の秋のこと。それまでやっていたレストランも売り払い、真摯に向き合っていた自然派農法:ビオディナミが「本当に正しいのかどうか実際に自分の手で実践してみたかった」と言う挑戦はどうやら思っていたよりも早くに実のりを得たようです。・・・・・・「Aさん」というのは勿論あの、新井順子さんのこと。ビオ系のワインを色々と発掘しつつ、とうとう自分でもワイン造りを始めてしまったんですね。彼女の略歴や既に伝わっている評価は、あえてここではご紹介しません。彼女も自分のワインを素直に評価してもらうのが一番うれしいのでは?ロワール初めての日本人醸造家の記念すべき第一作をお試しあれ!      ↑詳しくは2005年11月04日 集英社より発売予定の新井順子さんの奮闘記『ブドウ畑で長靴はいて -私のロワール・ワイン造り奮闘記-』をご覧下さい。  2年目となる2003年は、好天続きのお陰でブドウの収穫量もほとんど品質を落とすことなく前年の約倍となる20000本分(それでも25hl/haは少なすぎ!)のワインを仕込むことができました。しかし、2003年の仕込みもほぼ完了し2002年のワインも最後の瓶詰めが終わった2003年11月29日、収穫からようやく忙しさも一段落、ほっと一息のそのときです。   この日の大雨で近くの川が氾濫。比較的低いところに位置するボワ・ルカの醸造施設はこの出水がなだれ込み、保存しておいたワインの樽がほとんど水に流されてしまいました。新井さん自身も現実を目の当たりにして「このままドメーヌを閉めようか」と思ったほどの惨劇です。幸いにも、何とか残った健全なワインを再度大きなタンクに移し替えると、まだ活きていた野生の酵母の力で発酵再開。再度樽に移し替えると以後は驚くほど順調にワインは育ちました・・・。ドメーヌのスタートから2年目。予定していた20000本は6000本へと大きく減ってしまいましたが、その分新井さんやパスカル、そしてこのワインに関わった人たちの思いがいつもの年の3倍ぐらい詰まっているのでは・・・?期待してイイ2003年のボワ・ルカです。そして3年目となる2004年。まずは赤ワイン、3ッつのキュヴェが入荷です。新井さんの報告では生産量も15000本とグッと増えて、まずは安心。それでも平均収量を考えると「ロマネ・コンチィ以上」と、相変わらずです。パリのカーヴ・オジェとの本格的な取引も始まり、各地のサロンにも招待されて人気はますます上昇。日本への出荷量が減らないようにと、願うばかりです。 2002年のデビュー当時から本当に「美味しい」ワインをリリースしていますが2004年は全体に磨きがかかってきた、というのがalarの感想。とことんまでのめり込んでいく作り手の性格、がよく表れています。ある意味2003年とは別の苦労があったんじゃないかな?あまり作り手に感情移入しないように、心がけてるalarですが・・・美味しさに味わいを越えた共感を覚えます。そして4年目となる2005年ヴィンテージ。こちらもソロソロと入荷し始めました。2005年はロワールもかなりいい年。新井さんもあの手この手の新しいワインで楽しませてくれそうです。 ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko Araiガメイ ロゼ VdT 2005 豊富な,送料無料

ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 大人気,安い

●かなりきわどいカラーの「ロゼ・ワイン」です。ブドウはピノ・ドニス。SO2も添加してません。白ワインと同じく収穫直後にプレスして皮から色素を抽出するオーソドックスな作り方です。とりあえずは南仏のロゼのようにしっかりとしたタイプに仕上がった、とのことですので「南仏NICE(ニース)を意識してRoseのスペインなまりのJoseとしネーミングした」とのことですが、今ひとつよくわかりません。色もどうにも・・・・ ●瓶に入っているとかなり「きわどいワイン」と言う感じですが、グラスに注ぐと・・・何となくプロヴァンス、パレとかバンドール系の少しオレンジ色の入った色調です。ま、それにしても色は薄いです。で、香りには何となく蜜の甘さや赤い花の甘さが・・・もう少し冷やしておいた方が良かったかな?・・・いえいえこのくらい(おそらく12~13度)が丁度いい。酸がくっきりとしているので、あまり冷やしすぎると香りが楽しめません。オレンジやライムの柑橘系の爽やかさ、軽くミンティーなハーブのアクセントもあり、これはなかなかいけます。確かにしっかりとしてはいますが、あまりボディは強くないし、タンニンもほとんど地味だし、と言うことで、目つぶっていると思わず受けを狙って「ムニュ・ピノ!」とか言ってしまいそうです。 ●相変わらずブラインド泣かせの自然派もの、ですがワインとしては非常に良し!色合いの調子からも、先日食べ損ねた「冨山の鱒寿司」あたりをつまみで行きたいともいます。(2005.07.03 いのまた) ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 大人気,安い

シリル・ル・モワンアンジュ・ブラン レ・ガン・ド・マリネ 2004 L.33HL H 定番,人気セール

●インポータさんの資料より・・・   「アンジュといえば!やはりシュナンブラン!サンソニエールのお弟子さんということですが、サンソニエールのような残糖感のある甘めの味わいではなく、辛口でしっかりミネラル、しっかり果実味な味わいです。畑は穏やかな南向きの斜面に位置する区画で平均樹齢が45年と非常に高いのが特徴。収穫は全て手摘みで行われ、ブドウの熟度に応じて2度にわけて収穫することもあります。収穫量は僅か27hl/haで、潜在アルコール度13.8%を誇るまさに完熟したブドウから造られます。   「圧搾後、澱下げを行わず木樽で発酵させるため非常に旨みの強い味わいに仕上がります。その後400Lの3年樽にて熟成をさせ12ヶ月ほどでボトリングされます。 味わいは、白桃や柑橘系の熟した果実の旨みがぐっと詰まっており、アンジュのシュナンブランらしい、爽快感もあります。ボリュームはしっかりとしていますが、残糖感もなく、むしろ爽快さを感じさせてくれるクリーンな味わいとふくよかな果実味が楽しめます。」 南向きの斜面に広がるシリル・ル・モワンの畑。ポプラの向こうはあのレイヨン川です。 ●現地で味わったこのワインを思い出しながら飲んでみました・・・。蝋キャップなので抜栓時には少し養生が必要です・・・香りにはほんのりと遠くからの蜂蜜フレーバー、その中にしっかりとした白い果実味。色の濃いめの柑橘系に加えて桃や黄色いリンゴ、沈丁花の様な白い花の香りが・・。シュナン特有の花梨の香りが出るまではもう少し時間がかかるかな?まずはきっぱりとした酸が支配的です。 ●で、味わいは幾分シャルドネっぽい。ミネラル感がミシッと付いてきますね。・・・仮にサンソニエール辺りがムルソー系とするならば、こちらはピュリニ系。今回の入荷でこれだけ2004年なんですが、まだまだ熟成させないと本来の姿を見せない「未完の大器」です。サンソニエールの複雑さは「今はない」のですが寝かせるとぐっと厚みを増してくるような気がします。それだけ詰まった味わいなんだよね。 ●グラスに入れて幾分落ち着きをますと、しっかりとクリーンな輪郭が現れてきます。それでいて本体のしっかりとした厚みと高い緊張感。この辺り、ボディの厚みと輪郭の磨かれた薄さのバランス。モダンですね。・・・全体としてはまだ荒削りなところもありますが、素質としては充分な物を持っています。むしろ、このストレートなシュナンの味わい、と言うのが魅力かな? ●別に、行ってきたから、と言うわけじゃないけれど点数付けるなら今飲んで87点、でも3年おくとぐっときまっせ!の90点。まだまだ計り知れない伸び白を持ったワインです。明日に残しとこ。(2007.03.06 いのまた) シリル・ル・モワンアンジュ・ブラン レ・ガン・ド・マリネ 2004 L.33HL H 定番,人気セール

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ セック ラ・クードゥレ 2002 最新作,人気セール

●・・・・大変申し訳ございません。入荷時はこちらを「ドゥミ=セック」とご案内しておりましたが、実は「セック」でした!(どうりであまり甘くないと思っていた)。こちらは樽発酵、樽熟成。元々はドゥミ=セックのポテンシャルを持っていると考えられ、リーリース直前までドゥミ=セックとして紹介されていましたが、最終的にはセックとして仕上がりました。その片鱗は抜栓して4~5日経つと香りの中に感じられます。本来の調子を出し始めるのはこの6月くらいからかな?と思っています。 ●で、入荷当時はこんなコメント書いていました。 ・・・以下ドゥミ=セックと思いつつもあまり甘くないので、頭を悩ましつつのコメントです   「こちらは「やや辛口」のドゥミ=セック。印象的には「梨(洋ナシではありません)」ですね。一月以上寝かせて置いたセックと較べてしまうと、通関切れて入荷したてのこちらのワインの方が少し分が悪いかな・・・・?   「香りがまだ細く、酸味がセック同様にしっかりとしているため、あまり甘さは感じません。較べてみると、ワインが飲み込まれたあとに舌の周りで感じる苦さの中に多少甘い感触が残るかな?と言うところ。もう少し時間をおいてみないといけませんね。今日のところはこの辺で。(2004.02.03 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ セック ラ・クードゥレ 2002 最新作,人気セール

ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 数量限定,豊富な

●インポーター出水商事さんの資料より・・ 「シャルドネの若木から造られるクラシック・キュヴェ。小樽30%、ステンレスタンク70%で11ヶ月熟成。フルーティーさが見事に表現されたワイン。」 ●「決してブルゴーニュのワインではありません!レモンや白い花のフレーバーに満ちた繊細で軽やかなワインです。ニュートラルなシャルドネの力を存分に引き出し、ほんの僅か樽の化粧がのっている。しなやかでしかもミネラルが豊か。一見モダンでありながら実は自然のままの伸びやかさがあります。(2003.06.04 いのまた)」というのが2001年ヴィンテージの印象。2003年はやはり気温も上がってさらに一段としっかりしたワインになっているかな?と期待されます。 ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 数量限定,豊富な