ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

EURLフレデリック・コサールシャサーニュ・モンラッシェ1erCru アヴェイ・ド・モルジョ 2006 低価,セール

●かつて2001年と2002年に作られたピュリニの1級と同じ畑の物となります。シャサーニュでもサントネに近いエリアのなだらかな斜面。ここに約4haの畑を持つマダム・マジェンタの畑のブドウを使っています。 ●幾分緑がかっても入るような淡い黄色。透明感もあると同時にフレッシュな若さ=堅さを感じさせます。グレープ・フルーツの様な柑橘系に加え、幾分ウエイトの乗った黄桃のシロップ漬けのような香り。微かに遠くスモーキーなニュアンスも含んでいます。味わいは・・・修道院の礼拝堂のような静けさ、堅さ。青梅のようなあるいはまだ熟さないネクタリンのような・・・揺るぎない堅緻な味わい。この構成の確かさが多分な将来性を感じさせてくれるます。(セミナーにて試飲) ●2008年4月23日より出荷となります。お届け指定日がある際にはご注意下さい。また、お取り置きは暫くの間対応できません。御注文後10日以内にお引き取りをお願いいたします。

EURLフレデリック・コサールシャサーニュ・モンラッシェ1erCru アヴェイ・ド・モルジョ 2006 低価,セール —— 14,400円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

EURLフレデリック・コサールピュニリ・モンラッシェ ブラン レ・ルショー 2006 低価

●フレデリック・コサールとパートナーのロール・ドゥ・パオリンフォーフによるネゴシアンのワインです。状態の良く尚かつ確実なコンディションの果実を確保するために、樹齢50年以上、グラン・ファンと呼ばれるとりわけ果実の小さい区画の物を選んでいます。特にこの畑はプルミエ・クリュ『ペリエール』のすぐしたの区画、1983年からビオディナミで育てられた樹齢70~75年のブドウを使用しています。 ●非常に優しいペール・イエロー。美しい酸味を伴ったピーチやグレープ・フルーツの香りが豊かです。味わいの中にはナッティでフレッシュなバターの感触が豊か。しっかりとしたそしてハーブを思わせるようなミネラル感に富んでいます。(セミナーにての試飲) ●2008年4月23日より出荷となります。お届け指定日がある際にはご注意下さい。また、お取り置きは暫くの間対応できません。御注文後10日以内にお引き取りをお願いいたします。

EURLフレデリック・コサールピュニリ・モンラッシェ ブラン レ・ルショー 2006 低価 —— 13,500円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

アンリ・フレデリック・ロックオーコートドニュイ ブラン 1999 正規品,定番

●インポータさんの資料より・・・  「非常に繊細で、余韻の中にすうーっと伸びるきれいな酸が特徴です。香りといい、味わいといい、シャルドネの常識をくつがえしてくれてます。」 ●こちらのワインは他のブドウ生産者から購入したブドウを、当時プリューレ・ロックの醸造責任者であったフィリップ・パカレの元で作られたワインです。やはり規定ではドメーヌ(ブドウ生産者元詰め)のワインにならないため、アンリ・フレデリック・ロックの名前での発売です。 ●こちらのワイン、メルマガでご紹介させて頂いた際にはまだ試飲していなかったのですが、それではいけない!と飲んでみました。なるほどかなり「シャルドネの常識」をこぼしてしまいそうです・・・・。タイプ的にはロワール系?多少熟成感も乗っているので、シュナン・ブランに近い感じかな?確かにシャルドネっぽさが無いですね。ただ、時間を少しおくと良い具合のスモーキーさや蜜蝋のような甘みが出てくると、やはりこれはシャルドネ!と落ち着きます。 ●ま、それにしても未だにフレッシュさを残す酸と柔らかいミネラル感は良いバランスです。アフターの木質からと感じられる苦みが気になりますが、それを補って尚続く「旨味」の余韻はパカレ節。ゴビィの「レ・ジャス」を軽くした様なニュアンスも途中に感じられます。軽くスモークした白身魚などに合うのかな?身近なところではエボダイやトビウオなどの少しクセのある干物などはいかがでしょうか?(2004.11.05 いのまた) アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。

アンリ・フレデリック・ロックオーコートドニュイ ブラン 1999 正規品,定番 —— 2,800円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

アンリ・フレデリック・ロックサンロマン ブラン 2000 人気定番,新品

●インポータさんの資料より・・・  「ふくよかな果実味と、ミネラルたっぷりで心地よく美しい酸味。ドーヴネ(LEROY)を思わせるような、気品ただよう逸品です。ロックのサン ロマンは、最初で最後の入荷です。今後つくられることはないと思いますので、激レア品となるのは必至です。」 ●こちらのワインは、具体的な生産者名を明かすことができませんが、そのワイン作りの哲学・方法論すべてに於いて、ロック氏と共通した考えをつ作り手がブドウ栽培、醸造、瓶詰めまでを行っています。 ●気持ちナッティーな香りと品の良い果実味のバランス。やや湿り気を帯びた感のあるソフトなミネラル。なるほど堂々とした自然派の味わいです。優しい昆布系お出汁の味わい。緩やかな酸味に複雑に絡み合ったヘーゼルナッツの香ばしさ。鳥・栗・ぎんなん・シメジに舞茸・・・・ホイル焼きが良さそうです。(2004.10.28 いのまた) アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。

アンリ・フレデリック・ロックサンロマン ブラン 2000 人気定番,新品 —— 4,300円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

シャソルネ ネゴシアン ブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2008 豊富な,新作

シャソルネ ネゴシアン ブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2008 豊富な,新作 —— 3,100円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

シャソルネ ネゴシアン ブルゴーニュピノ=ノワール Budeau ブド 2008 HOT,人気

シャソルネ ネゴシアン ブルゴーニュピノ=ノワール Budeau ブド 2008 HOT,人気 —— 3,100円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネオクセイデュレス ブラン Les Crais レクラ 2008 超激得,2017

ドメーヌシャソルネオクセイデュレス ブラン Les Crais レクラ 2008 超激得,2017 —— 4,500円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネオクセイデュレス ブラン レクラ 2004 限定セール,新作登場

●・・・あ~、これもまだ飲んでないな・・・

ドメーヌシャソルネオクセイデュレス ブラン レクラ 2004 限定セール,新作登場 —— 5,000円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネオクセイデュレス ルージュ Les Crais レクラ 2008 爆買い,人気セール

ドメーヌシャソルネオクセイデュレス ルージュ Les Crais レクラ 2008 爆買い,人気セール —— 5,300円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネサンロマン ブラン Combe Bazin コンバザン 2008 SALE

ドメーヌシャソルネサンロマン ブラン Combe Bazin コンバザン 2008 SALE —— 3,900円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネサンロマン ルージュ Sour Roche スーロッシュ 2008 限定セール,豊富な

ドメーヌシャソルネサンロマン ルージュ Sour Roche スーロッシュ 2008 限定セール,豊富な —— 4,000円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネサン・ロマン ブラン Combe Bazin コンバザン 2005 赤字超特価,限定SALE

●初期の段階では、こちらのサン・ロマンよりもACブルの「ビゴ」の方がパワフルに感じる、と常々思っておりましたが・・・サン・ロマン-ブラン-2005!パワー全開!・・・・う~、ムルソーかと思った!何となく果実味の濃さが、「過熟気味」を感じましたが、その香りの下にはしっかりと、このワインらしい綺麗な「アシディテ」としっかりとした輪郭の「ミネラリテ」・・・・少なくともこのサン・ロマンに関しては過去を確実にしのぎそうな予感がしています。 ●で、このサン・ロマン。2年、3年と時間を経た段階で「酸化しているのかね?」とのコメントをいただきますが、その辺りの安定感もこれまでになくしっかりとしている感じがします。 ●で、その辺りを探ろうと飲んでみました。・・・これは未知の味わいだ・・・ものすごく、味が濃い。たとえて言うなら「のし梅」。果実味と酸味と旨味が凝縮しまくっています。で、おそらく2,3年経つと何となく酸化したかな?と言う印象が強まると思いますが・・・さらに5年、6年。そこからが本番なんじゃあないかな、このワインは。 ●本来はもう少し時間を掛けてグラス内の変化を見たいのですが、予想としては一旦、味わいが重たくなって、ある程度リミット迎えたところで次の美味しさが始まる、と言った感じでしょうか。何となく、マクマオンやラフォンのムルソー、トップクラスのシャンパーニュ、にも通じる味の変化が楽しめそうです。ある意味飲み頃は、ちょっと落ち着かせて3,4ヶ月から1年先。そして本格的に楽しむならば3~4年寝かせて、と言った感じですね。(あたるかな?)(2007.04.03 いのまた) お取り置きは承れません。1週間以内のお引き取りをお願いいたします。

ドメーヌシャソルネサン・ロマン ブラン Combe Bazin コンバザン 2005 赤字超特価,限定SALE —— 4,200円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネサン・ロマン ブラン Combe Bazin コンバザン 2006 高品質,SALE

●お取り置きは暫くの間対応できません。御注文後10日以内にお引き取りをお願いいたします。 ●桃のネクター、フレッシュなマンダリンオレンジ、パッションフルーツにもにた甘酸っぱさ。幾分レモンバターのようなニュアンス。クローバーのハチミツ・・・かなりしっかりとした酸を感じながらも、その上を行く整った果実味。桃の乳白色からマンダリンまでゆっくりと長く繊細に連なるグラデーション。そのベールの向こう側には凛々しく爽やかなミネラル感。 ●味わいはさらにまとまりつつも滑らかな舌触りの中に溶け込んでいく。弾力は在りながらも滑らかなボディ。バランス良さに加え安定感がある。切り込んだときの反応性に優れつつも足回りはしっかりと・・・こりゃかつての愛車RX-7ダネ・・。慣らしが終わっていないけれど、ポテンシャルはとても高いの。かつてのコン・バザンの較べると数段厚みがある。と同時に素直なバランス。個人的にはこれまでで一番伸びの期待できるコン・バザンですね・・・。(2008.04.15 いのまた) ●なんだけど、2日目で前言撤回。やっぱり2005年の方がワインとしての出来は上かな?でも好みは2006年です。白い花の蜜のような甘っぽさ。意外に繊細でリズム感のある酸味。しっかりと溶け込んだミネラル感。丁度今頃、何気に2004年のこのワインが美味しかったけど、2005年が仕上がるまでのもう暫くは、この2006年がおすすめ。抜栓したての新鮮さも良いけれど、このややしんみりとした味わい、がまた捨てがたい。ポークソテー辺りですか、お相手は・・・。(2008.04.16 いのまた)

ドメーヌシャソルネサン・ロマン ブラン Combe Bazin コンバザン 2006 高品質,SALE —— 4,500円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネサン・ロマン ルージュ Sour Roche スー・ロッシュ 2005 大人気,大得価

●・・そう言えば、ブド飲んで思ったんですが、このサン・ロマン-ルージュ-もいつになく、色調が濃いのかな?幾分黒果実系も入って・・・やっぱり濃いな・・・この辺りが味わいにどう影響してくるんでしょうか? ●香りは・・やはり果実味が強い!これはおそらくこの年の傾向なんでしょうね。そしてその中から出てくるハーブやミネラル感・・・何となくですが、例年のオクセイ-ルージュ-クラスのスケール感を感じます。・・・・で飲んでみるわけですが・・・根底に流れるミネラル感や酸の繊細さ、旨味の持続力・・・シャソルネのサン・ロマン-ルージュ-だ~! ●傾向としては2003年に似ているのでしょうか?と、過去の記録をひもとくと、2004年でも同じこと書いていますね・・・やはり2002年を境にシャソルネの方向性が変わってきたのかな?と言うよりも・・2005年はヴィンテージそのものが反映されている・・・例年に無く長熟型のサン・ロマンとみましたが、どうでしょうか?抜栓して丸一日、経たないと真の姿は現れては来ない・・意外とミステリアス、そしておくの深い2005年物、です(2007.04.03 いのまた) お取り置きは承れません。1週間以内のお引き取りをお願いいたします。

ドメーヌシャソルネサン・ロマン ルージュ Sour Roche スー・ロッシュ 2005 大人気,大得価 —— 4,200円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネサン・ロマン ルージュ Sour Roche スー・ロッシュ 2006 2017,豊富な

●お取り置きは暫くの間対応できません。御注文後10日以内にお引き取りをお願いいたします。 ●ここ数年に較べると、やはり色は薄い・・・何となく力がないな?と思いつつも「無い」のではなくあってもそんなそぶりを見せない自然体。香りもすでに赤い果実味の間から紅茶キノコ的且つ梅しそ鰹的香りがムンムン・・・・あ~この墨絵っぽさが懐かしい!2002年のサン・ロマン「スー・ロッシュ」だ~!この香り、かつてのコサール節、ですね~。 ●飲んでみると・・苦味は無いけど、ちょっと渋さが強いかな?ま、この辺りは「着きたて」と言うことで・・・しかし、美味いし旨い!ブルゴーニュの赤で、このバランスこの味わい、やはり他には無いですね。ワインの「出来」ではやはり05とかにはかないませんが、タイプだね・・・・。ここで、無理にグラスをグルグルやると香りが飛んでちょっと、ツンツンした味わいになります。果報は寝て待て、ですね。1日落ち着かせて、明日はしんみり飲みたい物です。(しんみり出来るかな・・・2008.04.15 いのまた) ●2日目です。しんみりどころか・・・静まりかえっています。月下獨酌。またこれがいいんだな・・。あまりチビチビとやってもよくありません。程よい量を一口にして・・何もないような静かなトーンの中に、ぽっ、ぽっと赤い花が・・・う~ん、味わいはとてもビジュアル的な展開を見せますが、それを表現する言語的プロセスがまとまらないな・・・。もう少し酸の張りがしっかりていると、かなりウレシイのですが、その辺りが常になくソフトというか、何となく緩くもありその分親しみももてる味わい。初日タンニンのオーバードライブなところを感じたけれども、このソフトな甘さ感覚は・・樽由来の物でしょうかね?などなど考えているとあらあら残りは4分の1ほどに。ここからは微妙な耐久レースが始まります。(2006.04.16 いのまた) ●ほんとはみんな飲んじゃいたいんだけど・・・ちょこっとだけ、3日目です。・・・・・う~ん、シブイ!シブ過ぎル。もう旨味たっぷり、鰹節、になっちゃっていますね。ごくごく一般的な解釈のワインとしてはどうよ?ですがしんみり通り越して、・・思い出し笑いというかニタニタ状態。これは久しぶりにどこかでなまり節でも調達しようかな?薬味は茗荷でね、と。(2008.04.17 いのまた)

ドメーヌシャソルネサン・ロマン ルージュ Sour Roche スー・ロッシュ 2006 2017,豊富な —— 4,800円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネサヴィニレボーヌ ルージュ Les Gollardes 2008 新作,大得価

ドメーヌシャソルネサヴィニレボーヌ ルージュ Les Gollardes 2008 新作,大得価 —— 5,500円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネニュイサン=ジョルジュ 1er Cru Clos Des Argilleres 2008 新作登場,送料無料

ドメーヌシャソルネニュイサン=ジョルジュ 1er Cru Clos Des Argilleres 2008 新作登場,送料無料 —— 11,200円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネニュイサン=ジョルジュ 1erCru クロデザルジリエール 2004 定番人気,本物保証

●幾分例年よりも甘苦い感じかな?のヌイ・サン=ジョルジュ、です。やはり2004年の傾向は「しっかりとタンニンというか、全体的なウエイトが乗った本格的に熟成型のワイン」に移ってきた感じです。2003年ほどのシルエットの濃さはありませんが、果実味もシブイ乗り方をしていてかなり魅力的、ミディアムボディの足回りというか、ミッドシップのクイックなレスポンスというか、安定感と限界の高い味わい、です。抜栓直後ですと幾分中盤の膨らみに物足りなさ(このワインとしてね)を感じますが、物足りなさの合間に垣間見れる旨味のボリューム、に痺れます。 ●干したプラムを煮込んだソースに、少し厚切りのポークソテー。まずはこんな感じなのですが、もっと赤い、鹿とかにも良いのでは?鹿なんぞは数年に1回食べられるかどうかなので、あまりいい加減な事は言えませんが(もう言ってる)そんな感じがひしひしと伝わってきます。厚いポークソテーが食べたい!(薄いのはよく食べるけど・・)。と、思いつつ感じるのはハーブやスパイスの微妙なニュアンス。やはり2002年までは「旨味」中心の展開でしたが、今後もこうした傾向に落ち着くのでしょうか? ●何となく、勢いで開けちゃって試飲していますが、まずは半年は落ち着かせてお楽しみください。細かなニュアンスがそれぞれ深みを増すのは2~3年先かな?細~く、長~く味わいたい一本です。(2006.03.22 いのまた) ●で、二日目ですが、やはり果実味由来の甘さを感じます。でもどことなくしんみりとした味わいはシャソルネだな。6日ほど前に開けた2003年物と比較するとパワーの絶対値は低い分、まずは飲み頃は一足早い2010年!と思いますがひとたびグラスに注ぎ、5~6分もすると出てくる旨味の強さはやはりこのワインならではの味わい。これはオックステールのシチューかな。ワインと共に手間暇かけて仕込んだお料理に合いそうです。(2006.03.23 いのまた) ●ほぼ一ヶ月経ってまた一本開けてしまいました・・・入荷直後よりも多少落ち着いたかな?と言う感じで、前回よりもしっかりとした果実味を感じます。でも中間の膨らみはまだまだ、と言ったレベル。2003年がゆっくりと上昇傾向にあるのに対して、こちらはある時点でかなり急カーブで盛り上がりそう。で2008年には完全に2003年を追い越して、と言う感じですが、それから先となると結果的には2003年の方が息が長いのかな?などと考えていると、グラスの中では沸々と美味しさがこみ上げてきて、前言をあっという間に翻すかのような中盤の充実感・・・・まずはどうにでもなれという心地よい脱力感にかこつけて、一応「改めて」と、じっくり飲むとヌイ・サン=ジョルジュの果実味に、ヴォーヌ・ロマネ辺りのエキゾティシズム。シャンボールの艶やかさはないけれど、モレのしなやかさ・・・〆の言葉が見つからず・・・「ただ悪戯に グラスぐりぐり 春の宵」でした。(2006.04.21 いのまた)

ドメーヌシャソルネニュイサン=ジョルジュ 1erCru クロデザルジリエール 2004 定番人気,本物保証 —— 12,100円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2005 大得価,定番人気

●・・・そう言えば、シャソルネのビゴ、ブドって、ここしばらく入荷したてで試飲していないな、と思いつつ飲んでみました・・・。 ●・・・う~ん、この香りは・・シャソルナードだ!と言うくらいに果実味を強く感じます。リンゴ系から桃、洋梨、香り自体はかなり白っぽいかな?で、おそらく時間を置くと柑橘系の香りや、トロピカルなイメージが広がってくるんだろうな~、と思っている間に広がってきちゃいました。ごく僅かに還元的なところがあり、幾分閉じた印象もありますが、香りの「容量」は極めて大きい。珍しくグラスグルグルやって香りを起こしていますが、そのたびごとに異なった印象の「果実味」。香りだけでもかなりワクワクできそうです。 ●で幾分甘栗系の要素も感じられるようになってきたので、ここらで一口。香りから感じる以上にグリップのしっかりとしたボディ。インパクトあるミネラル感。ハチミツ系の香りもスタンバイ完了です。・・・でも、酸が幾分とんがっているところがちょっと気がかり。繊細な故にこれが目立ちます。・・・とは言ってもこれはあくまでこの2007年4月3日に飲んでのこと。推測で・・・早くて2ヶ月~3ヶ月ぐらいでぐっと落ち着き、バランス良くなるんじゃないかな? ●このワイン、例年ですとクラスを越えたボディの厚み、と言うのがウリなんですが、この2005年さらに果実味と酸とのバランスが整い、なるほど2005年という感じです。その為意外に飲み頃も続くかな?3~4年は行けるのではと思います。でもやはり早く飲んでみたい!と言う時は・・・一日だけ我慢して!抜栓翌日でかなり美味しくなっていると思います。是非お試しを。(2007.04.03 いのまた) ●・・・まだ残っていましたビゴ。今日は4月12日です。いくら何でも、と思いつつ飲んじゃいましたが・・・しっかりとビゴ、しています。確かに酸の立ち具合や酸化が進んではおりますが、取り残された旨味の凝縮感、只者ではありません。ただただ残りの本数が気になって仕方のない今日この頃、です。

ドメーヌシャソルネブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2005 大得価,定番人気 —— 3,400円

ブルゴーニュ-A(自然派と呼ばれる Vin Vivant

ドメーヌシャソルネブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2006 人気,送料無料

●ビゴ、久しぶりです。相変わらず?掴みの確かなところはさすが。05のちょっと飛んでもナイ味わいはありませんが、相も変わらず「クラスを越えた」感じは伝わります。05と較べると『息の長さ』に差が付きそうですが、その他の展ではいつものビゴ。ナチュラルなシャルドネ本来の味わいを堪能できますね。(2008.04.18 いのまた) ●お取り置きは暫くの間対応できません。御注文後10日以内にお引き取りをお願いいたします。

ドメーヌシャソルネブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2006 人気,送料無料 —— 3,500円