ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 高品質,2017

●バーガウンド.com Issue23のコメントです。   「 This was mildly reduced and while the funk did not obliterate the honeysuckle and acacia blossom notes, it did shove them to the rear. Happily, the purity and elegance of the sweet, rich and beautifully complex flavors were not compromised and this possesses brilliant length. A terrific effort that has the hallmark softness of Pucelles while retaining a firm, indeed almost linear finish.Tasted: Jul 01, 2006Score: 91-93Drink: 2012+」 ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 高品質,2017

ドメーヌシュブロ パブロ カオリ ACブルゴーニュロゼ さくら Sakura 2015 爆買い,本物保証

●昨年、何年振りかでシュブロの「SAKURA」入れてみましたが、やっぱり良かったんで今年2015年も入荷です・・・。飲んでみて、ちょっとビックリ。これまでの「SAKURA」は毎年あでやかな振り袖、と言う感じでしたが、この2015は落ち着きのある訪問着、的なエレガント。良質なブルゴーニュ・ルージュを思わせるハッキリとした輪郭に、鮮やかな芍薬や白い山梔子の香りが入り交じり、レモンピールの酸味とフレッシュアーモンドや柘植のようなアクセントは少しシャルドネ的でもある・・。これまで通り、この季節に合わせて飲み頃の状態での入荷ですが、この2015はちょっと寝かしてみたい、と言う衝動に駆られます。 ●シュブロの[sakura」2014年物のコメントです。  「今年も日本での桜のシーズンに向けて、SAKURA2014が出来上がりました!このピノ・ノワール100パーセントのワインは、短期間の浸漬の後、 古い樫の樽で発酵、熟成されました。定期的なバトナージュにより、果肉と素材の良さが、マロラクティック発酵によってより一層、味にまろやかさが醸し出されて、春一番の新鮮さも兼ね備えたワインとなりました。  淡い、生き生きとした光沢の色合いは、さくらの花そのものを思い浮かべていただけると思います。それに加えいちごやすぐりのアロマが強く、グラスを回してみると、ピンク色のワインの中からグレープフルーツやキャラメルの 香りまでもが続きます。味わいは、赤果実が口いっぱいに滑らかに広がっていき、さわやかなレモンの香りが最後にやってきます。 鳥の胸肉の燻製サラダや魚貝類のブイヤベースにも合いますし、また和食の会席膳にとても合うワインといえるでしょう。●シュブロの[sakura」3年目の2007年物のコメントです。   「Sakuraは通常のロゼと違い春に楽しめるように特別な造りとなります。ブルゴーニュでは、赤ワインを造った後の残りのブドウでロゼワインを造りことがあります。しかし、シュヴロのロゼは『ロゼのためのロゼ』という観点から、適した土地を選び、ブドウを育てる段階からロゼに適した造りを行っております。造りは3種類ある造りのうち白ワインの醸造と共通した造りを行います。特に“Sakura”を生み出すにあたって工夫した点は1)通常より頻繁にバトナージュを行う 2)スティラージュ(澱引き)後の15日間の低温保存による安定化 3)コラージュのベントナイト(粘土の一種)の量を30g/Lから50gに増やす 4)樽熟成が3ヶ月・・・・・・   「特にロゼワインにとって、樽熟成の一番の利点はワインに含まれる沈殿物(微生物・酒石など)を取り除き、ワインの成分を安定化させることだそうです。熟成期間を3ヶ月と短縮することで、酵母活動後に香りがワインに残り、早飲みで果実香が大切なワインにはメリットとなります。“Sakura”は酵母の香りをあまり望んでいないので3ヶ月という熟成期間が大変好ましいとのことです。」   ・・・・・・なるほど~!です。  2005年入荷時のコメントです。↓ ●ピノ・ノワール100%のロゼ・ワインです。このワインを作るきっかけをドメーヌの『かおりさん』はこんな風に説明してくれました・・・   『偶然パブロと見た、日本の美しい桜の季節のルポルタージュ。私は、日本のこの可憐な季節に、同じ様に美しい桜色をしたロゼ・ワインを飲むことが出来れば、どんなに素敵なことだろう!と長年思いを温めていました。そこで、この考えをパブロに打ち明けたところ、日本の文化に大変な敬意を抱いているパブロは、すぐに“この思いを日本の皆様にお届けしよう!!”と言ってくれました。   『それからは、シュヴロ家一同団結。醸造はパブロが担当。ラベルのデザイン、コルクや瓶の選定等、大量の仕事が裏で待っていました。特に、ラベルの“桜”の絵柄は、義両親の大親友である、ドイツ人画家レナット・ジョシュマンが手がけてくれました。                   -左ラベル画像と共に、インポータさんの資料より ●今年はさくらの開花が少し遅れるようですが、一足早く、春の訪れを感じます。(alarへの入荷3月7日頃となります) ●・・・・と、言っていたら入ってきました「さくら」です。色的にはもう少し濃いめの「薔薇」のイメージですが。とても艶のある明るい色合いです。香りには少し甘めの果実味、ちょっとガメイっぽい軽い甘さがあります。基本的にはチェリーかな?甘酸っぱい酸もあって味わいはまさしくロゼ。後味がとてもさっぱりしているので、スイスイと楽しめます。ほんのり残るタンニンもきめ細やか。 ●・・・・何となく、朝から飲みたいワインですね。春眠暁を覚えず、と言うことで寝坊したお休みの日などに、しっかりとした朝食(おそらくパンだろうな)とって、ついつい一杯。ほろ酔い気分で近くの公園などにお花見に出かけてみたい、そんな感じのワインです。・・・・意外に「冨山の鱒寿司」なんかが合うのでは?「さくら」と言えば「サクラマス」。鮭とは言えない、鱒とは言えない、あの微妙な味わいに通じます。 ●ラベルの通りにピノ・ノワール100%ですが、チェリー系の香りに、少しガメイのような甘いイチゴ系も感じられます。樽はおそらく使ってないので、マルサネ・ロゼのようなつんとした感じのないところがまた良いところ。抜栓して1日置いて、と言ってもあまり伸びない性格ですので、するする、サクサクっと楽しんでください。(2006.03.07 いのまた) ●・・・失礼しました。3日目、4日目・・・なんですけど、思った以上に踏ん張っています。ちょっと落ち着きも出ておいしくなっちゃった!来店する他のインポータの営業さんに飲ませると・・・やけに好評です!(2006.03.10 いのまた) ドメーヌシュブロ パブロ カオリ ACブルゴーニュロゼ さくら Sakura 2015 爆買い,本物保証

ドメーヌ・ド・ラ・クルーズマコン ルージュ 2006 超激得,大得価

●インポータさんによると「現地でテイスティングした瞬間に「!!!?」このなめらかな口当たりとナチュラルでフレッシュな果実味はどこかで・・・。これは正にガメイの名手イヴォン・メトラみたいだ!という印象を受けた、驚きの味わいでした。すると、「僕はガメイの事はあまり詳しくないから、分からない時は友達のイヴォン メトラに聞きに行くんだ。」とピエール。納得の一言でした(当然、ワインその物のポテンシャルや深みのある味わいは、メトラに及ぶものではありませんが・・・)。収穫量30hl/haで、年産わずか1,200本。ポリエステルのキューブで発酵させ、8~10日のマセラシオン。1日に数回ルモンタージュ(タンクの下から果汁を抜き出し、上部から流し入れワインを循環させる)を行います。クルーズのワインはどれも、抜栓直後は爽やかですっきりした印象を受けますが、約30分から1時間くらいで旨味とともに粘性が出てきて、少しトロッとしたワインに変わります。口当りがまろやかになってきたら、飲み頃です。あと、冷やし過ぎに注意!」だそうです。 ●マコンにして収量30hl/ha。う~ん低いです。おそらくどこかの試飲会で飲んでいるかも知れないと思いつつ何となく流してきたかものクルーズですが、さすがに「×××みたい」と言われると気になる・・・・上の注意書き、よく読まずに結構ひえひえで試飲のスタートです。・・・・・ひえひえでも結構美味しいぞ~。ちょっと最初はビオ香入りますが、一口飲んで果実味が綺麗です。ま、チャーミングなオイシサ、あるいはキャンディーチックな味わいというのかな?なるほど液温が上がるとこのあたりが増幅されて30hl/ha的なトロトロになってくるんでしょうね。・・・ならばと、レンジでチン!・・・と言うわけにはとりあえず行きませんので、グラスをもう一つ持ってきて移し替え、移し替え、移し替え、と弄くると・・・・ガメイの甘さが綺麗に出て来ます。しかもミネラルもしっかりと残っている。このあたりが安いマコンとの決定的な違いだな・・・。 ●気がつくと久しぶりのマコン・ルージュかな?マコンの赤というと何となく大きな意味でのブルゴーニュで、この価格ですとその端っこで「一応ブルゴーニュ」と言ったジャリタレみたいなモンが多いのですが、さすがにクルーズしっかりとした味わいの物を出してきます。ポジション的にはデイリーな美味しさを追求した同価格帯の日本ワインと張り合うのかな?飲んでいて楽しくなるワインですので蘊蓄はこのくらいにして・・・さて、今日は焼鳥屋!へGo!(2008.02.07 いのまた) ドメーヌ・ド・ラ・クルーズマコン ルージュ 2006 超激得,大得価

シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 超激得

●キュヴェ・カンボン・・・2006年は無かったんだっけ?と思いつつ、2007年が入荷しました。ラベルもチョット灰色っぽいのに変わっています。    久々の2005年物のコメント・・・です。 ●ボージョレでマルセル・ラピエールとジャン=クロード・シャヌレの共同経営で運営されているシャトー・カンボンのワインです。このキュヴェは2000年に作られて以来、じつに5年ぶりに登場。まずはインポータさんの資料など。   「2005年はとても良い年で、優れた質のワインができました。2000年のように、2005年は素晴しい気候に恵まれ、南向きの畑は太陽をいっぱいに受け、収穫はとてもよくできました。この畑の樹齢は50年以上になります。収穫時のぶどうは完熟していました。醸造ではシャプタリザシオン、二酸化硫黄、酵母、酒石酸は添加されていません。アロマはブラックチェリーを感じさせ、熟した風味をもち、ボディーはしっかりとしています。繊細でシルクにように滑らかなガメイです。口の中で余韻長く広がります。アルコール14度」 シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 超激得

プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ1erCru ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 正規品,低価

●・・・う~ん、一つ飛ばして、ニュイ・アンに較べると・・・「ほにゃらら吟醸」と「ほにゃらら大吟醸」って感じの違いかな?その延長で捉えると研かれているなと、思う次第であるわけです。飲んでいるところの流れにストレスが無い。なんとなく「ロックの隠し扉」を感じつつも受け入れやすいのかな?ニュイ・アンも同じようなポテンシャル感じながらもこちらの方がかえって控え目、なんです・・・。ニュイ・アンよりも一気に踏み込めない。なんとなくガードが堅い雰囲気。 ●かつては新車を買うと「3000kmぐらいまで慣らしをしないと」と行っていた時代がありましたが・・・・コレも慣らしが必要かな?取り敢えず一日おいてみたいと思います。(2007.11.09 いのまた) ●で慣らしもすんだかと言う2日目ですが・・・・なぜか閉じちゃっていますね・・・。業界では「閉じている」という言葉は非常に便利でなんとなく果実味が乏しくて今ひとつぱっとしないところで「閉じちゃっているね~」とそれっぽい顔して語っちゃうと、周りもそんな物かな~と納得するわけで・・・なんですが、やっぱり適当な言葉を探すと、閉じちゃっているわけですよ。芯がしっかり残っているので「落ちている」とは言い難い。タンニンにくるまれた芯の旨味はなるほどロックですが・・・難しいな~。常にワインを語り始めると遙か遠くに視線の行っちゃうロック同様に(上の方の写真参照)ワインもなんとなく遠い世界に・・・・。 ●2~3年して飲もうかと思うと、おそらくタンニンとミネラルだけで「コレがロック」としたり顔して簡単なコメントですませちゃうんだろうけど、普通そんなじゃ納得しないよね。でも、そこからがなんとなく始まり、と言う予感がするんだよ、オジサンは。 ●ロックのラベルの赤い3ッつの○(まる)、フレデリックはかつてエジプトの人たちも、葡萄にはそれぞれ個性がある事を理解していて、3つの○は微妙に形が違う・・・そしてその個性がまとまって・・・云々と話していたけれど。お腹の調子が悪くなければ・・・もう少しちゃんと聞いていたのに・・。実際にフレドリックにあって感じた印象を、ワインの印象にバイアスを掛けたくないけど、やっぱり掛かっちゃうよな・・・。 ●ロックのクロ・デ・コルヴェの畑には作業用のクルマとして英国ランドローバーのディフェンダー(ジープ、あるいは今はなき日産サファリみたいな四駆)が数台入っていて、それだけでもなんとなく一応のクルマ好きとしては心揺さぶられる訳ですが、イヤそうじゃなく、古いお寺とかに行って掛け軸にでっかく「○」と書いてあって、その意味がどうのこうので、良く解らないけどそう言う物かなと納得させられるって感じあるじゃないですか・・・・。要は何か、結構スゴイワインなんだよ、コレは。(久しぶりにギブアップ、ニュイ・アンわかりやすくて良かった・・・ 2007.11.10 いのまた) ●どうにもコメントまとめきれなくて、ギブアップですが、チョコと残っていた分を一口・・・まとまっていますね。ニュイ・アンも丁度3日目ぐらいで飲み頃、と感じたのでコレも同様に、と言ったところでしょうか?で、考えると実際の飲み頃となるのは・・・2012年頃からようやく、やっと、と言う感じかな?そう考えるとやっぱり一般的な具象的絵画の解釈は当てはまらずに、抽象的な絵画として捉えるべきなのか?音にたとえれば「尺八」の音色・・・。もう少し残しておけば良かった!(2007.11.11 いのまた)   なんとなくな2004年物のコメントです。 ●ニュイ・アンに較べるとズズッと大人。でも二十歳前後かな?外に向かっての美しさと共に内面的なあでやかさが出てきた、と言う感じです。・・・と話をごまかしつつ、そろそろ言ちゃっても良いかな?・・・思うにロックのワインって総じて言えることなんですが、「解析不能」な処が多々あるんですね~。一言で言うと「容易にその姿、全貌を表さない。」これはイイワインについては概ね言えることで、だからこそある意味イイワイン、なのですが・・・。 ●決してコメントする努力を放棄しているわけではないのですが、たとえば!ブルゴーニュの自然派として著名なパカレ。ある意味構成がしっかりとして気むずかしい。一方のシャソルネ。常に明るくも静かな趣を常に携えている。そして、このロック。朧気ながら感ずるところはその2面性かな・・・。口の中を満たすのは唯、水のような透明感であると共に、しっかりとしたグリップを持つボディの強さ。締まるような酸味を感じつつも、膨張し厚みを増すミネラルの堅さ。言葉ではたどり着けいない官能の奥深さ・・・。個人的にロックのワイン、こうした感想を持っていますが、このプルミエ・クリュにもそうしたキャラクターが実によく感じられる。 ●結果的に常に飲むタイミングが早くて、その美味しさの「さわり」だけを感じているだけかもしれないのですが・・・。何となく、飲み頃は2010年の秋から2015年にかけて。格落ち、と言えどもこのワインをプロデュースするフレデリックの語り、一つ一つ言葉を選びながらその言葉の意味を同時に思索する、そのもののワイン、ではないかと思ったりもしています。(2007.03.16 いのまた)   いちおう2002年も飲んでいますのでそのコメントなど↓ ●B.G.Oから比べると3つ上のクラスとなる「一級畑」ワインです。B.G.Oとともに試飲すると、こちらは中々開かずにちょっとがっかり?と思いきや、15分ぐらい経ったところで一旦開き始めると、思わずにんまりしてしまう美味しさです。ほどよくタイトにまとまった果実味と、豊かな炒りたてコーヒー豆の香ばしさ。深み在る余韻の旨味の持続感。なるほどプリューレ・ロック美味しいです。 ●本来は比較の仕様がないのですがBGOに比べると圧倒的に情報量が違います。その分すべてがアウトプットされるには時間が掛かります。抜栓後も便の仲では非常に緩やかな開き方。グラスに入れて暫くそのままにしておくと、本来のキャラクターを発揮します。パカレほどの気むずかしさは無く、シャソルネほど明確な開放感とも異なる・・・ブルゴーニュの自然派、やっぱり恐るべしです。(2005.02.08 いのまた) アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ1erCru ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 正規品,低価

ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 人気,セール

●インポーターさんの資料よりです・・・  「サヴィニー村、アロッス・コルトン村、ショレー・レ・ボーヌ村に囲まれたACブルゴーニュの区画0.25ha(平均樹齢60年のVV)、サヴィニー村内AOCオート・コート・ド・ボーヌ区画のレ・シュヴリエール0.43ha(平均樹齢35年)、レ・ペリエール0.5ha(平均樹齢35年)のブレンド。約20%がACブルゴーニュで、約80%がAOCオート・コート・ド・ボーヌです。 ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 人気,セール

フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 新品,格安

●インポーターさんからのコメント、です。  「リンゴの蜜、グレープフルーツ、レモンタルト、ミネラルの香り。口当たりピュアで柔らかい果実の中にも清涼感があり、細く繊細な酸と横に広がる旨味と溶け込んだミネラルが絶妙なバランスを保つ!ビゴットとは「信心に凝り固まった人」という意味。畑は1.9haで、ヴォルネイとポマール近辺とオート・コート・ド・ボーヌのPuits de chauxという区画のブドウが主、平均樹齢は51年。収穫日は2011年8月29日、9月1日。収量は45hl/ha!発酵は自然酵母で6~10ヶ月。新樽は30%、残りの70%は2~3年樽(10hlの大樽を含む)を使用!マリアージュのオススメはホタテとアスパラのテリーヌ、 舌平目のムニエル。あるいはスモークサーモンとウイキョウのサラダなど。」 ●ま、このビゴとサン・ロマン並べて出すとこちらのビゴの方が上のクラスと思われることたびたびなんですよ・・と経験的に思いつつ、改めてなるほどそうだよね、と思う今日この頃です。あれっ?って感じの厚みがあるんですよね。なのでちょっと繊細な「走りの筍」とかだと筍が負けてしまうんです。いきなり「豚ロースの~」に行ってしまうのですね。ま、実にフレンドリーなブルゴーニュ・ブラン。それでいて、この2011年はオシャレです。本能に引かれつつtも理性を保ちつつ・・ ●このキラキラした感じがこのワインの個性かな?夏の海の照り返しの様でもあり、秋の木漏れ日のようでもあり、クリスマスのイルミネーションの様でもあり、春は・・・春は、菜の花畑!そんなワインでした(2013.05.16 いのまた) フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 新品,格安

ジョルジュルーミエシャンボールミュジニ 2009 安い,新作

ドメーヌ・ド・ラ・コンブブルゴーニュパストュグラン 2004 人気定番,人気

●最後の年のラ・コンブ。インポーターの新井さんも「初心に戻った気持ちでTastingしました」と結んでいます。各ワインにそのテイスティング・コメントを付けさせていただきました。    「しょっぱなから飛ばしますね。最初にこういうワインがくると次のTASTINGがやりにくくなります。パストゥグランと高をくくって試飲すると大間違いを起します。いっきに通常のAOCクラスだとCotes de Nutis Villagesクラスに突入の出来栄え。本当にGAMAYが入っているのだろうか? 日本でブラインドBourogogne Passetoutgtains大会を開催したいと思ってしまいます。はっきり言って美味しい。華やかだしコストパフォーマンスがとても良い。」 ドメーヌ・ド・ラ・コンブブルゴーニュパストュグラン 2004 人気定番,人気

ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 定番

●B.G.O.と同じ2002年物です。こちらの方がよりマクマオン節効いています。何と言うか・・・アルザスのリースリング系の石油っぽさ、独特の酸化を感じさせる香りのトーン。グラスに注いだ瞬間はちょっと抵抗があるかも。なんですが、これが何となく病みつきというかそそられるんです。・・・とり急ぎ、でグラスをぐりぐりやると・・・この特徴的な香りが、崩れるというか、溶け込むというか・・・。やはり2001年よりは果実味の厚みがあります。たとえば、ビゾのビオレット。ちょっと似た感じはありますがもっとミネラル感が強く輪郭がきっぱりとしています。スタイルのブレないところはこの造り手の特徴かな?その上でしっかりと良いヴィンテージの特徴を出しています。・・・シャソルネの02オクセイと較べてみたいな・・・。 ●で、実際に較べてしまったわけですが、シャソルネの方が果実味豊かで、そのかわり瓶内で酸化した=熟成感が強い。一方、こちらのマクマオンは酸化のペースは速いけど、後から果実味が浸みだしてある意味新鮮。イメージ的にはそんな感じでどちらもそれなりにイイ感じで育ってます。・・・両方とも美味しいな・・・。「鯖の押し寿司」と「焼き鯖寿司」の違いかな?なるほどどちらが良いかというのは、たとえば合わせる料理によって異なってくる相対的な問題なんですね。イイワインを飲み比べる事、改めて勉強になります。と同時に酔いの回るのも楽しいくらいに早いです・・・(2006.11.12 いのまた) ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 定番

ロベール・シュルグACブルゴーニュ ルージュ 2005 得価,格安

●お待たせしました2005年物です。何となく好評の2003年物に似ているのかな?と言うことで期待しています。しかもお値段据え置き!ウレシイですね。 ●・・・で2日目、ですが・・・昨日はなんのコメント残していないじゃない、と。それはさておき、感じとしては薄めのヴォーヌ・ロマネ?果実味は(おそらく)昨日よりは控え目となっていそうですが、中盤からの旨味はしっかりと、しています。もう少しジャミーで酸もモデラートだと2003年っぽく(飲んでないからわからない・・・)なるんでしょうかね?幾分タンニン系に暴れた感があるので、もう少しおいた方が良さそうですが、かえってしっかりとしたワイン、と言った印象を与えるのかな?なんとなく、掴みは良くても中盤から均質化して???な2005年のACブルにあって、しっかりと軸足を捕まえている感じですね。そう言った視点では2~3年後が楽しみ。 ●かつてはステーキというと、ヒレでもロースでも何でもかんでも「レア!」と言ってオーダーしていたのですが、最近はもっぱら「ウエルダン・・よ~く焼いてね」とのalar。そんな時にの一本です。(2007.11.07 いのまた) ●・・・・前日のコメント見つけました・・・   「いわゆる「情報量の詰まった味わい」なんですが、内容が些か重複しているというか錯綜しているかと言うか・・・。申し訳ないことに比較対象としたい2003年物を飲んでないので、なんだかなですが、朧気ながら斟酌して整理するとそれに応じた味わいではないかと。なんとなく、ACブルゴーニュに求める物は、それを越えた村名とかの味わいが感じらると、すごいねとなるわけで、・・・・」ととぎれています。要は「二日目は落ち着いてきた」って事で・・・  2004年物のコメントです・・・↓ ●僅かに還元的なところがありますが、実にハーブ的な色彩や、熟したチェリー系の香りが出ています。葡萄はやっぱりヴォーヌ・ロマネ辺りのモノなのかな?幾分液温が低いのですが、綺麗で締まった感じのACブルです。旨味も乗っていそうだな・・・、と暫く置いておくと、キュッとした果実味が上がってきます。この段階で、唾液が湧いてきちゃいます・・・。いいね~。 ●味的には幾分、青っぽさがまじっっているかな?これは2004年だからでしょう。でも果実味は実にフレッシュ且つしっかりとしている。で、酸がオイシイ。これはまさしく梅カツオ系。口に含んだ瞬間に、ふと舌を洗われるようなフレッシュなハーブの調のインパクト。そしてレッドカラント、チェリー、そしてアセロラ的なキュートな酸味。そして柔らかい旨味を伴った余韻が続きます。ボディはライト、かな?軽量級ではありますが・・・鴨の水炊き(鴨ロースを豆腐や三つ葉と出し汁で煮たヤツ)?などに良いのかな?ホッホッと鴨と三つ葉を食べて・・・こいつをクイッと・・・イイ感じだと思いますよ~(2006.12.19 いのまた)   2003年物です・・・↓ ●・・・・コ、コメント書く前に売り切れてしまいました!スミマセン。なぜこんなに売れるのか・・・・なるほどリアルワインガイド誌でめちゃめちゃ褒められています。 ロベール・シュルグACブルゴーニュ ルージュ 2005 得価,格安

ボージョレヴィラージュプリムール2015by フレデリックコサール avec ケヴィンデコンブ 高品質,SALE

    果実味に溢れエレガントかつ軽快(と思う)    ●2014年から始まり2年目となるフレッド&ケヴィンのヌーボーです。2105年は乾燥してとても暑い年でしたので、ヌーボーらしいワイン用の葡萄探しに苦労したとの事。フレッドのヌーボーの特徴は果実味たっぷりでガスの残った軽い飲み口。その為成熟の遅い標高650~700mに位置するマルシャン村のブドウを選んで作っています。マセラシオンカルボニックは早めに切り上げプレスに廻し白ワインの様な作り方でより軽さを際立たせています。全体的に収穫・醸造が早く進んでいるので仕上がりに余裕が出来ました。解禁日にはベストな状態で登場する事を期待しています。  2014年のコメントです ●10年目となるフレドリックのヌーボー・プロジェクト。一つの節目として、またこれまでのパートナーであったニコラ・テスタール(ラパンの所有者)がいよいよ独り立ちするときが来たとの判断の下、新たなパートナー、ケヴィン・デコンブ(左写真)とのヌーボー・プロジェクトがスタートしました。 ●ケヴィンはあのジョルジュ・デコンブの次男さん。2012年から父親の畑4haを譲り受け、父親のネゴシアンセクションを手伝いながら、自らもドメーヌを立ち上げました。ブドウのポテンシャルを最大限引き出すワイン造りを目指し、更なる美味しさを追求しています。創造性あふれるコサールのセンスと、若く才能豊かなケヴィンの共働により生まれるボージョレョ・ヌーヴォー。デコンブのワインはとても果実味に溢れ瑞々しさが特徴。この辺りがフレッドのセンスとどうコラボしていくか、これまでのニコラ・テスタールとの『ラパン』との違いなど・・・今年2014年のヌーボーで最も楽しみな一本です。 取り敢えず以下2013年までの「ラパン」の記録  ●とりあえず『ラパン』とフレドリックとニコラのことなど・・・・ ボジョレー・プリムール「レ・ラパン」が、初めてリリースされたのが2004年、「ブルゴーニュ以外の地域でも、シャソルネイスタイルによるピュアでコストパフォーマンスの高いワインが実現できる!」というフレデリック・コサールの新たなコンセプトの下、知人でもあるシャトー・デュ・モンソーの所有者バグダサリアン氏(Saintgeorges de Reneins の現市長)のモノポール畑「レ・ラパン」をワインの醸造まで100%彼が手がけたことによって実現したものだ。そして2005年、フレデリックは彼の右腕となる人物として、ドメーヌ・プリューレ・ロックで働いていたニコラ・テスタールを引き抜き、フレデリックがコンサルタント、ニコラが畑&醸造の管理という現在のタンデムスタイルを確立する。ニコラ・テスタールは自分のドメーヌを2007年に開設するが、現在もレ・ラパンの区画を 3 人で管理している。(その他ドメーヌ・デ・ラジャを含めて計15ha の畑)レ・ラパンは100%ビオロジックで、ブドウ品種はガメイ、樹齢は60 年から100 年を超えるセレクションマサールで構成されている。ブドウの収穫日、醸しやスーティラージュのタイミング、瓶詰め日など、その他細かい醸造に伴う指示はフレデリックが行なっている ●・・・2012年のラパンの現地レポート第一弾。8月半ばの様子です・・・ ■7月まで続いたモンスーンのような長雨は終わり、8月に入りやっと太陽と暑さが戻ってきた!現在、畑ではブドウがヴェレゾン(ブドウの色づき)の段階に入っている!今年は開花期間が長くまちまちだった影響で、すでに色づきが終わったブドウもあれば、これから色づき始めるものもあり、ヴェレゾンの進行具合はブドウによっててんでばらばらだが、これはすでに 2010 年にも同じ経験をしており、ラパンのヴィエーユヴィーニュの底力はいつもラストからなので、あまり心配はしていない!実際、今年はブドウの樹一本当たりの房の量が少なく、その分ブドウ一房にしっかりと栄養が集中するスピードも早まるだろうから、このまま今の天候が維持できれば、最終的に2010年のように完熟したブドウと酸のあるブドウとそれぞれがうまくバランスのとれたブドウが収穫できると思う! ■それよりも、今一番心配なのは突発的な雷雨出現による雹の被害だ!ラパンの畑も8月に入ってすでに2回雹に当たっている。特に8月5日に降った雹は、ラパンの畑をかすり抜けるように北上していったが、勢力がとても強く、実際、直撃を受けて壊滅したブドウ畑はラパンと2Kmも離れていな場所にあり、本当に紙一重だった!幸い、ラパンの畑は 2 回とも雹の直撃はなく、被害も最小限で収まっているが、毎日がヒヤヒヤ、ドキドキの連続だ。収穫日は9月15日前後を予定している。収量は去年の4~6割減の20~25hl/haを覚悟している。(ちなみに去年は45hl/ha 2012年8月16日情報) ●そして、現地レポート第2弾到着・・・・  「2012年のラパンの収穫は当初9月15日前後で考えていたが、9月11日、12日と収穫直前に大雨が降ってしまったので、もう一度仕切り直しが必要となりそうだ…。ラパンよりも少し南の方では、雨ではなく雹が降った様子で、収穫直前の雹は生産者にとってかなり致命的だ…。そうでなくても今年は極端にブドウの収量が少なく、ブドウの確保が難しい中、たとえ大雨で収穫日が仕切り直しになっても、このタイミングでぎりぎり雹を避けられた私たちはむしろラッキーなのかもしれない! 今年は元々ブドウの房が少ないこともあって、予想以上に最後の熟成のスピードが速い!8月当初はブドウの色づきも遅く「果たして解禁日までに無事ワインを仕込み終わることができるのか…?」と内心心配であったが、9月10日にブドウの糖度を計測したところ、潜在アルコール度数が12度近辺まで上がっていてビックリした!8月から9月上旬の太陽のおかげで、最後にブドウが素晴らしい追い込みをかけてくれたようだ! だが、9月11日、12日の雨でいったんブドウの潜在アルコール度数は下がるだろう…。熟したブドウがいったん水を吸い上げると、熟すスピードが上がると同時に腐敗も進みやすくなるので、これから天候や収穫のタイミング等作業がよりデリケートになりそうだ。醸造はブドウの梗の部分が未熟なので、ワインの味わいに青くささが出ないようマセラシオンの時間を短くして、なるべく梗の抽出を避けるつもりだ。スタイル的には、色の淡い果実味と酸がフレッシュなヌーボーらしいワインが出来上がるだろう! (2012年9月11日訪問) ・・・・この歴史に残るくらい厳しいミレジムだからこそ、逆に彼らの腕に期待したい!ですね。「厳しい年だからこそテロワールが発揮される!」です。 ややこしくなりますが2011年の収穫までのレポートも載せておきます。今年との比較になれば・・・↓ ■2011年8月初旬・・・・・  「現在、ブドウはヴェレゾンの真っ只中にあり、どのブドウもすくすくと健全に成長している!7 月に入ってからは、気温の上がらない愚図ついた天気がほぼ毎日続き、ブドウの成長に少しブレーキがかかった。通常であれば、この 7 月の悪天候はブドウの成長にとってマイナスだが、今年に限ってはまさに恵みの雨!4月から6月末までほとんど雨が降らず、畑もブドウの葉が一部赤く変色するくらいの重度な水不足に陥っていたのだが、この問題が 7 月の雨で一気に解消された!粒の小さかったブドウの実も、今はしっかりと果汁を蓄えている!  「8月に入ってからは、今のところ日照にも恵まれ、気温も平均が 28 度前後と、猛暑ではないこの適度な気温がブドウをじっくりと成熟させている!収穫は、当初8月20日を予定していたが、最終的には10日ほど延びて、8月30日の予定になりそうだ。このまま何も問題がなければ、まさに2011年が今までにない、ラパンの中では最高のミレジムになる可能性は大いにある!今年は個人的にも最高のプリムールをつくり上げ、大震災で被害を被った多くの日本人に、少しでも明るいニュースを届けられたらと思っている!   アリガト!フレドリック! ■そして2011年9月の収穫後・・・・ 「収穫は当初8月30日を予定していたが、結局9月9日まで待つことにした!まわりがブドウの腐敗を恐れて早期収穫に走った中で、我々は完熟を待つリスクを選択した。結果は大成功!さすがはヴィエーユヴィーニュの貫禄か、ラパンは樹齢がある分若いブドウ木よりも根が深いため、多少の雨が降っても急な水分の吸い上げはなく、結果、7月8月の長雨にもどうにか耐え忍ぶことができた!収穫したブドウは一部水分を吸って大きく膨らんだがものが乾燥してふやけた干しブドウのような状態になっているものもあったが、大半のブドウは破裂や腐敗がほとんどなく、ほぼ完全な状態で収穫することができた!  「潜在アルコール度数は12.6度!十分凝縮したブドウを収穫することに成功した!私は、2011年がラパンにとって最高のミレジムになるというスタンスは全く変わっていない!味わい的には、2009年よりも果実味に富んだリッチなワインが出来上がるだろう!なお、2011年ミレジムを腐敗や長雨のせいにして過小評価しているのは、大抵、若木のブドウ畑に大量の化学肥料を撒いている生産者で、彼らは、たくさんのブドウの房を生らせる結果、晴れていうるうちは何も問題ないが、いったん天候が雨に変わると、風通しが悪く、しかもブドウ自体が余計に水分と窒素を吸い上げてしまうため、腐敗が一気に進んでしまうだけのこと…。決してミレジムのせいではない! ●いずれにしろ、フレドリックのラパン、この2012年も(雹害がなければ順調にきそうですね。alarの扱っているヌーヴォーの中で最も果汁感?が高いかな?ご期待ください。 ボージョレヴィラージュプリムール2015by フレデリックコサール avec ケヴィンデコンブ 高品質,SALE

ラ・ジブリオットマジ・シャンベルタン キュヴェ・マドレーヌ・コリニョン 2004マグナム1500ml オスピス・ド・ボーヌ落札ワイン 人気SALE,爆買い

●上記ワインのマグナム・ボトルです。ラベルが格好いい・・・。飲んだお客様のお話しでは、かなり美味しいそうです。 ラ・ジブリオットはブルゴーニュ、ジュブレ・シャンベルタン村でトップクラスのワインを生産し、評価の高いクロード・デュガが新たなネゴシアンとして2002年に立ち上げたワイナリーです。経営はデュガの息子ベルトランと、娘レティシアが携わり、父親が築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを基に、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す意欲に満ちています。すでにネゴシアンとしても力を発揮し、2004年のオスピス・ド・ボーヌで「Mazis-Chambertin Magdelaine Collignon」「Pommard Suzanne Chaudron」の2つのキュヴェを落札したことは、ワイン業界での大きな話題となりました。 ラ・ジブリオットマジ・シャンベルタン キュヴェ・マドレーヌ・コリニョン 2004マグナム1500ml オスピス・ド・ボーヌ落札ワイン 人気SALE,爆買い

コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエボンヌ・マール GrandCru 2002 人気セール,豊富な

●ワインアドヴォケイト160号(2005年8月)のコメントです。  「Boasting a nose of great ripeness and freshness, the 2003 Bonnes Mares offers aromas of waxy black fruits and spices. Medium to full-bodied, it resembles liquid silk in both its attack and mid-palate. Luxurious and sensual, this highly expressive wine coats the palate with black cherries and dark raspberries whose effects linger in its tannin-packed, slightly dry finish. Projected maturity: 2009-2020. 94points」 ●バーガウンド.com issue17のコメントです。  「2002 Bonnes-Mares: (from a 2.7 ha parcel situated entirely in terres rouges soil in the south west portion of the vineyard).Classic ruby color. A completely different aromatic profile is presented as this is redolent of lavender and a mix of jammy red and black fruit cut with subtle earth notes. As it should be, this is a big, muscular, robust and powerful wine that is impressively concentrated and hugely long with a mouth coating and chewy finish. This is a very ripe wine, in fact atypically so and while it’s a bigger and more powerful wine than the Chambolle “1er”, it’s not nearly as elegant. 92points/2012+ 」 コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエボンヌ・マール GrandCru 2002 人気セール,豊富な

ドメーヌデュラルロニュイサン=ジョルジュ 1erCru クロデラルロ ブラン 2006 低価,新作

    繊細さと大胆さ。アルロー節全開中! 繊細にして大胆。巧みなバランスで表現されるアルロー・ワールド。04から06まで色々と。    ドメーヌ・ドゥ・ラルロ(De L'arlot)はフランスの保険会社が1897年にドメーヌ・ジュール・ベランを買収し、他の畑と併せ設立したドメーヌです。醸造責任者のジャン・ピエール・ド・スメは醸造学校に通った後、ブルゴーニュの名門デュジャックで働いた経験を持ち、現在でもデュジャックとほとんど同様の醸造を行いエレガントで香り高いワインを造り出しています。 設立時より、畑は全て無農薬(化学肥料を一切使わず)にてブドウ栽培をしていました。2003年からは全ての畑がビオディナミによって栽培される様になり、今回入荷する2004年が2年目となります。そして「2004年は全体的にピュアでフルーツが多く、若くても楽しめる。各アペラシオンの特徴がでた年であり、1991年や1998年に似た感じで、それよりも柔らかい」と言うのがインポータのAMGさんからの情報。・・・・たのしみです。 ドメーヌデュラルロニュイサン=ジョルジュ 1erCru クロデラルロ ブラン 2006 低価,新作

ユベールリニエACブルゴーニュルージュ 2009 セール,本物保証

●2007年より復活したユベール・リニエ本人の作るACブルゴーニュ・ルージュ。その3年目となる2009年物入荷しました。インポーターさんの試飲では  「落ち着いた赤色は、2008年より数段しっかりとした深い色合いを放っています。香草、レッドカラントなど粒の小さい赤系果実の風味とタンニンのバランスが大変良く、芯の太いしっかりとした味わいです。今からでも楽しめますが、1~2年後にはミルク香が出そうな雰囲気があります。」 とのこと・・・12月10日よりの出荷となります。 ●で、飲んでみました。ユベールお爺さん、恐るべしです。確かに2008年と較べると村名と一級ぐらいのスケール感の違い。ところがそんバランスは変わっていない。2008年の様に比較的繊細な年はそれなりの繊細さを以て・・。2009年の様な熱き年は暑さを補うミネラル感と酸を仕込んで・・・・。こういう技はパスカル・ラショーのキュヴェ・ショパン・グロフィエとかにも似た感じで・・・少し保守的な見方かもしれませんが、「こういうスタイルが昔からのブルゴーニュさ」というプロファイルを持っていることと、それを実現する経験と具体化する匠を持ってますね・・この人達は・・・。 ●幾分濃いめの色調ながら赤果実味を中心に、程よく熟した黒い果実をちりばめて、丁寧に研かれたでも柔らかい充分な酸味。きめ細かなタンニンはその一部がミネラル感として、締まった輪郭と余韻の中のきれいな後味に繋がっている・・。2009年物として数少ない感心した1本。まいりました!(2011.12.12 いのまた) ユベールリニエACブルゴーニュルージュ 2009 セール,本物保証

ジャン・ルイ・シャビーACブルゴーニュ ルージュ 2005 爆買い,本物保証

●「白が手薄で」と言いながら赤がメインで入ってきました・・・インポータさんの資料によると「0.8ha。平均樹齢30年。畑はピュリニー・モンラッシェ村内の国道の反対側にあります。1~4回使用樽で10ヶ月間熟成。口当たりの鮮度感がたまらない、ピュリニー村産のブルゴーニュ・ルージュです。」 ●これだよ、これ!alarの求めるコンテンポラリーなヤツ。「国道の向こう側」ということで、何となくボーヌでもあでやかなシャサーニュ赤(ピュリニは赤のAOCが無いモノで)にフラットな畑のこざっぱりした感じがあるかな?と期待していたんですが、ピッタリはまってくれました。この軽さ、何となくプチ2001年のルイ・シュニュサヴィニV.V.って感じかな? ●でも実際はもっと軽い。ルイ・シュニュの昔のコメント見ると『仔牛のカツレツ』となっていますが、薄い豚カツとか冷製トンしゃぶが愛そうなウエイトです。・・・アジフライとかでも良いのかな?個人的にアジフライはお醤油と大根おろしで食べるのが好きなんですが、ピッタリな感じです。冷製トンしゃぶも良いんだけれど、どうも最近、あの脂身もひえひえしているのが納得がいかない。なんとかもう少しおいしく食べれる方法はないですかな?棒々鶏でも良いのかな・・・・いずれにしろ程よい醤油の旨味にシットリと合いそうな、ワインの旨味は充分。最近アップしたるニュージーランドのピノ、ダニエル・シュースター物とイイ感じのライバルです。(2007.04.24 いのまた) ●あ、それと・・alar的にはこちらはコン・ブル(う~ん、実際に使ってみるとコンテンポラリーなんだかコンサヴァティブなんだかわからないぞ~)なんで、くれぐれも『寝かせて』などは考えないでください。今が美味しさ満開。どんどん飲んでみましょう。 こちらの商品はお取り置きは承れません。ご注文から1週間以内のお引き取りをお願いいたします。 ジャン・ルイ・シャビーACブルゴーニュ ルージュ 2005 爆買い,本物保証

ラ・ジブリオットマジ・シャンベルタン キュヴェ・マドレーヌ・コリニョン 2004オスピス・ド・ボーヌ落札ワイン 爆買い,限定セール

●デュガはこのワインが欲しくって、ネゴシアンのラ・ジブリョットを立ち上げたとも言われています・・・・。オスピス・ド・ボーヌの競売にかけられ落札したワインです。 ラ・ジブリオットはブルゴーニュ、ジュブレ・シャンベルタン村でトップクラスのワインを生産し、評価の高いクロード・デュガが新たなネゴシアンとして2002年に立ち上げたワイナリーです。経営はデュガの息子ベルトランと、娘レティシアが携わり、父親が築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを基に、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す意欲に満ちています。すでにネゴシアンとしても力を発揮し、2004年のオスピス・ド・ボーヌで「Mazis-Chambertin Magdelaine Collignon」「Pommard Suzanne Chaudron」の2つのキュヴェを落札したことは、ワイン業界での大きな話題となりました。 ラ・ジブリオットマジ・シャンベルタン キュヴェ・マドレーヌ・コリニョン 2004オスピス・ド・ボーヌ落札ワイン 爆買い,限定セール

ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 人気SALE,人気

●いつになく薄い色あいのミヨです。・・・モカ系の香りも何となく軽い。で飲んでみるとかなりの度合いで果実系。タンニンの感触がハッキリとしつつも薄いんですね、とっても。酸も豊かですが丸くて柔らかい。・・・・ちょうど2004年のバーガウンド.comのコメントに近いモノがあるな。 ●キーワードは「チャーミング」と言っても決して軽さだけではない。容姿のかわいさと共に内面のクレバーなところが感じられます。このクラスにありがちな妙なスキがないんですね、・・・で、改めて、ミヨ、どんな人が造っているんだろう?バーガウンド.comを覗いていました・・・。 ●このACブルゴーニュのコメントは載っていないのですが・・・2006年ミヨ全体のコメントです。    「The very modest Jean-Marc Millot told me that in 2006, he began "harvesting the 22nd of September. There was a lot of sorting work to do, both for damaged but also under ripe berries. Sugars were good though at between 12.1 and 12.8% and I essentially did not chaptalize as I generally don't like 13+% wines. Yields were about the same as in 2005, which is to say low and acidities were excellent. I gave the fermentations a 4 to 5 day cool maceration and the total cuvaison lasted around 12 days, depending on the wine. I punched down once, or sometimes twice, a day and the rest was just pumping over. I like the '06s and while they won't make people forget the '05s, it's an extremely pretty vintage." Note that while I included the in-bottle notes for the '05s in Issue 26 due to a scheduling problem, I have repeated them here for the convenience of readers. Lastly, the 2006 Bourgogne and the villages level wines from Savigny and Vosne are not listed because they were so heavily reduced as to be impossible to accurately assess. 」 ●なるほど、スケジュールの都合で試飲したACブルゴーニュと村名クラスは還元状態が強くて評価できる状態に無かったのか・・・と思いつつ、今飲んでいるボトルには全くそのようなそぶりが見られない。ワンテンポ遅れて出てくる「樽っぽさ」は何となくミヨです。でもこの2006年、ここ数年のブルゴーニュのトレンドをおさえたきれい系。トレンドと言うよりもやはりこのスタイルが本来のブルゴーニュの味わいなんでしょうね。ワインの評価としては「今飲んでオイシイ」。勿論可能性もありますが、この瑞々しさが少し柔らかくなってきた、2009年秋からが飲み頃かな?ここはあまり欲張らずに「走り」から「旬」の味わいを楽しみましょう。(2008.06.22 いのまた) ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 人気SALE,人気

プリューレ・ロックヴォーヌ・ロマネ クロ・ゴワイヨット 2006 大得価,送料無料

●クロ・ゴワイヨットはAOCヴォーヌ・ロマネとなります。ここの畑、行ってみたいよな・・・と言うことで行ってきました。畑はヴォーヌ・ロマネ村の中心に位置しており、ラターシュの道をはさんで下(東)にある、公には「village」と呼ばれる区画の下の部分です。ヴォーヌ・ロマネでコンティ公が初めて取得した畑とも言われ1836年当時は1haほどの面積でしたが、1988年ドメーヌ設立当時より「クロ」と呼ばれる石垣で囲われた約半分の0.55haのみを単独で所有しています。畑は1964年~1965年にかけて植え替えられており(注:部分的な植え替えは現在も進められています)。グラン・クリュやプルミエ・クリュと異なり村の中の畑ですので傾斜がありません。そこでワインは、ヴォーヌ特有の緻密さを兼ね備えつつ、その分ある種の重みとか深みがこのワインにはあるような気がしているのですが・・・・。 上写真提供:野村ユニソン   ●同じ06のニュイ・アン飲んでいて思ったんですけど、2006年のロックのワイン。何となく軽い仕上がりなんだけどじっくりと寝かせることが出来るのかな?と思っています。こちらのゴワイヨット。やはり初めのうちは香りが軽いのですが、次第次第に膨らんで沸き上がってきます。どんどん膨張していきますね。少し干した感じのダークチェリーやバラを連想させるような複雑な花の香り。スパイスやハーブの複雑性。結晶のように並んだミネラル感。充分に期待の出来る香りです。 ●で、味わいはしっかりとした厚さがあります。ガラスほどの密度はありませんが、アクリルの透明感と質量。スケールもしっかりと大きいです。で、その中心にあるのはやはり旨味的な複雑さと、ミネラル的な集中力。周りに香りと同じ果実味とまだ眠っている樽の甘さを含ませた感じを抱きつつ、このワイン、目一杯開いた状態がよろしいのか、あるいはピークを過ぎてそぎ取られた芯の滋味を楽しむべきか、いろいろと悩んでしまいますね。 ●ある意味果実味の華やかさを求めるとすると、あまり期待をしない方がよろしいかと。そのかわりヴォーヌ・ロマネにある種の神秘的な深い味わい、言い換えればぶどうの味わいを越えたところをもとめるならば、オススメ。村名で22000円(ちなみに特級クロ・ヴジョの方がちょっと安い)というのを考慮に入れても、です。(2008.12.30 いのまた) アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックヴォーヌ・ロマネ クロ・ゴワイヨット 2006 大得価,送料無料

ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 人気セール,正規品

●どうも皆さんには賛同を得られないのですが、個人的にはこのジャッセが一番ビゾ的な味わいを醸しているかな?と思うのです。その心は?あるがまま! ●そのジャッセの2007年ですが・・・アルコール度数が11.5度しかいない!ドイツワインじゃ無いのだから、と言いたくもなりますね。そして色調もいつもより幾分薄い感じでしょうか?香りには幾分の還元的な状況での香りが・・・こっそりと気持ち的にはますますアンリ・ジャイエに近づいているのかな?と期待しつつ・・・飲んでみたところでは、期待通りの味わいで、ホットしています。 ●一言で括ると「水の様な」非常にさっぱりとした構成でありながら余韻がながい。チェリーの様なフランボワーズの様な、あるいはアセロラ的な果実味と酸味。軽いボディなのですがその軽さ故に味わいが大きく拡散していく。このある種の透明感ある味わいがストレートに飲む喜びにつながっていく。こう気がつくと・・・コメント書くのが辛くなります。このまま溺れていたい・・・・ ●味わいは至ってシンプルなもの。見事までに造り手の意識、あるいは誘導しようとする姿勢が感じられない。あるがまま、の存在。素材を見事なまでに「見立て」ている。このヴィンテージの他の作品をまだ飲んでいないので、これ以上の検証は難しいのですが、この一本を飲んだところでの印象は「ビゾ、また次のステージに登ったかもしれない!」ですネ。(2009.08.23 いのまた) ●一応2日目・・昨日よりもスパイス、たとえばクローブとかカルダモンなどのオリエンタルな感じ、のニュアンスが多少強くなってきたかなというところで、ヴォーヌ・ロマネ的、あるいはこのジャッシェ的味わいが強く感じられます。で、思うのは改めて、丁寧な仕事ですね。丁寧と言ってもその殆どは畑での作業と、重視すべき点は選果、ですね。バーガウンド.comにも書いてあったのですがこの年は基本的には「難しい年」。ブドウの成熟が房によってかなりばらつきがあったようです。そこで選果の段階で、過熟気味のもの、熟し切れないもの、を選り分けバランスの良いブドウだけを仕込みに廻した結果のようです。色が薄いからと言って侮れない、飲み頃はやはりまだまだ先のようです。(2009.08.24 いのまた) ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 人気セール,正規品

ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 爆買い,得価

●オーディフレッドが買いブドウで作ったボーヌ物です。・・・が、彼の真面目な作りと『ボーヌ』の幾分田舎っぽい感じ(コート・ド・ニュイと較べてね)が発揮?されて・・・・非常に地味な味わいです。なんか、これまでの彼のワインと違うな・・・・・?と思いつつ持ち込みで全部飲んじゃったので、また改めてコメントします。 ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 爆買い,得価

アラン・ヴェルデブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ ヴュー・フェ Vieux Fut 1996 人気,人気セール

●・・・う~、熟成香がでています。豆乳というかミルクと言うかのちょっと悩ましげな、甘い香り。に、熟した赤い果実をぱらぱらと・・・昔の「デコレーションケーキ」に似た懐かしさ。アゼリア?と言うのでしょうか?蕗を甘く煮込んだ飾りの香りがします。少しグラスを回すと、僅かな皮の香りや、スパイス・ボックスの趣。一方で、まだ若々しさも感じられ、ここまでのコンディションはさすが蔵出し。 ●全体に丸くなった味わい。果実味もしっかりと残っています。タンニンの柔らかさが特徴かな?オート・コートらしい、幾ばくかの収斂性が綺麗に消化されています。これもやはり、下の99年物同様にヴォーヌ・ロマネ的な味わいを感じますが、惜しむらくはそこまでの複雑さを持っていない。あるいは心持ち余韻が細い。オート・コートのクラスは越えている感じですが、テロワールの違いがはっきりと出ていると思われます。 ●・・・時間と共に、香りの甘い誘惑は擦れ、果実味はゆっくりと沈んでいきます。が、旨味が凝縮してきます。微かながらもトリュフォの香りも・・・地味ながらも良き古き酒。なかなかしっかりと熟成させたブルゴーニュを飲む機会がない、と言ったときにはぜひともオススメ。ただ味わい的には、通好み、媚びずに静かに。クリアーな、でも深い味わいに10年間の歳月がしっかりと溶け込んでいます。10年前は・・・まだまだこの世界の駆け出し、でした。(2006.08.08 いのまた) ●で、まずはひととおり、コメントしたところで、たっぷりと味わうと・・・・意外に深さを感じます。じっくりと向かい合いたくなる風格を持っていますね。「しんみり」とか「じんわり」とか受け身でなくて「じっくり」と、と前向きに。 1604年からコート・ド・ニュイに居を構えるヴェルデ家。いち早くオート・コートの魅力に着目し、そこで化学薬品を使わずにブドウを育ててきました。そしてアラン・ヴェルデは1971年という早い時期にビオロジック栽培を始め、一時肥料の問題で土壌を壊しながらも、これまでビオロジック栽培の価値を疑うことなく続けてきました。目指すところはオート・コート・ド・ニュイのポテンシャルを尊重し、素直にその真価をを引き出すこと・・・その結果得られたワインは純粋で完成度の高いワイン。クラシックでありながら実に「今」求められている味わいです。 そしてそのブドウ作り、ワイン造りは、子息のオウレリアンに受け継がれました。2003年、若干22才の若さでドメーヌを引き継ぐと、さらにドメーヌから独立したネゴシアンとしてニュイ各地の畑から葡萄を買いながら、新しい境地を切り開き始めました。父から受け継いだ事を尊重しながら、栽培・醸造学校で学んだことを踏まえ、そしてとらわれず。また自然派ワインなどのすぐれて個性的なワインに学びつつ、様々な可能性を追求しています。 現在は父から譲り受けたオート・コート・ド・ニュイの畑の半分近くを売り払い、ニュイのより優れた地区に畑ないし葡萄を求めています。結果的にフェルマージュ(小作地)やメタヤージュ(折半小作)による畑をえることができませんでしたが、幾つかの畑で『葡萄を借りる』ことができました。その一つが今回入荷したニュイ・サン=ジョルジュ。彼のスタートとなるワインです。おそらく2006年5月の後半、ラシーヌさんの事務所へ行って新入荷分を何本か試飲させていただいたときのこと。ひととおり飲み終えたところで登場したのがオウレリアン・ヴェルデ・・・うわ!まいったなこれ!イメージ的には綺麗だけれどただ綺麗で終わらない。レシュノーに磨きを掛け、ビゾを鍛えた・・・と言うことで入荷を首を長くして待っていました。おそらくここ数年で確実に注目を浴びる予感のする作り手のひとりです!・・・・と言いつつ早3年目の2006年入荷です。2006年は村名クラス、コート・ド・ニュイの主要な村名、ジュブレ・シャンベルタン、モレ・サン=ドニ、シャンボール・ミュジニ、ヴォーヌ・ロマネ、そしてニュイ・サン=ジョルジュと揃いました。それぞれ謂われるところの「村の味わいの特徴」良く出ています。 アラン・ヴェルデブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ ヴュー・フェ Vieux Fut 1996 人気,人気セール

ベルナール・デュガ・ピュイACブルゴーニュ ルージュ 2002 正規品,人気SALE

ジョルジュルーミエシャンボールミュジニ 1erCru アムルーズ 2005 高品質,格安

●バーガウンド.comの2つのコメントです。  Issue 25  Tasting note: A superbly expressive and densely fruited and intensely floral nose featuring a striking range of spice nuances and sexy black fruit combines with rich, sweet and given the expressiveness of the nose, rather discreet but gorgeously refined and understated middle weight flavors that are the epitome of style and grace. This is a seriously classy wine with perfect balance and awe-inspiring harmony of expression. A 'wow' wine.Tasted: Jan 01, 2007Score: 93-96Drink: 2017+ Comments: Don't miss! Outstanding!  Issue 29  Tasting note: A superbly expressive and densely fruited and intensely floral nose featuring a striking range of spice nuances and sexy black fruit combines with rich, sweet and given the expressiveness of the nose, rather discreet but gorgeously refined and understated middle weight flavors that are the epitome of style and grace. This is a seriously classy wine with perfect balance and awe-inspiring harmony of expression. A 'wow' wine that delivers massive length and perfect finishing precision and is the one wine among Roumier's upper level '05s that could be enjoyed now as it has so much mid-palate extract that really stains the palate.Tasted: Jan 01, 2008Score: 96Drink: 2017+- Comments: Outstanding! ジョルジュルーミエシャンボールミュジニ 1erCru アムルーズ 2005 高品質,格安

アリスetオリヴィエ・ド・ムールシャブリ ロゼット 2006 豊富な,新作登場

●2006年の『ロゼット』です。・・・   『サン・スーフル』のスペシャルなキュヴェですが・・・2003年物のコメントです ●ロゼットの『サン・スーフル』です。その名の通り酸化防止剤としてのSO2(二酸化イオウ)を使っていません。普通のロゼット同様に、オレンジ色の蝋でキャップシールとしていますが、瓶は普通の物と変わりません。ラベルには手書きで「P.M.G」と書いてあります。何の略だろう? ●こちらのワインもとりあえず限定で入荷しました。幾分色の濃い感じかな?香りはすでに果実味にアーモンドや蜂蜜っぽい甘いニュアンスが乗っかっています。コート・ド・ボーヌの白ワインににもにているかな?口に含むと、果実味こそさらりと何気なく流れていきますが、中盤からアフターのかけてのハーブの香りとミネラル感、続く余韻は・・・・後からじわっとくる果実味はシャサーニュ系、です。シャブリとしては個性的ですが、ワインとしては申し分の無い美味しさ。むしろこれまで知らなかったシャブリ本来の味わいかもしれません。ここしばらくは「牡蠣」とも疎遠な時期となりますが、この秋が楽しみなワインです。(2005.04.26 いのまた) ●どうも噂によるとド・ムールの畑ってシャブリ特有のキンメリジャンのエリアでは無いようです。それでも何となくシャブリを感じるのはビオのパワー?じわじわっとくる美味しさはなかなか魅力があります。極々私的には昨日の「鮭の粕漬け」残っているかな?と言うところですが・・・。 ●例によって、と2日目です。幾分酸味の変化が早い気もしますが、丸みが出てくると腰の据わったしっかりとしたボディとそれに釣り合いを保つミネラルの凝縮感がより明確に感じられます。サン・スフルなので一夏こさせるのがちょっとコワイけど、越させてみたいポテンシャル。おそらく温度さえ安定してれば2~3年後が楽しみなワインです。(2005.04.27 いのまた) alarで初めてお届けするシャブリは、アリスとオリヴィエの若いカップルの造る自然派のシャブリです。二人は、自宅近くにアメリカ向けの自然派ワインを輸出するエキスポーターが引っ越してきたことから自然派のワインに興味を持ち、やがてクルトワとの親交を通じて、自分達のワインも自然派の作りで行うことになりました。 既に2000年のシャブリはパーカーのワイン・アドヴォケイトなどで高く評価されていますが、初入荷の2002年はまさに彼らの最上のワイン。2002年という良いヴィンテージを反映しただけでなく、彼らのこれまでの努力の結晶とも言うべきワインです。・・・そして続く2003年、この年はフランス全土が酷暑の年でしたが、この暑さ彼らのワインにどんな影響を与えているのか・・・?注目の入荷です。 アリスetオリヴィエ・ド・ムールシャブリ ロゼット 2006 豊富な,新作登場

ヤンドゥリューオーコートドニュイ ブラン ブラックピノ 2010 お得,人気セール

●ピノ・ノワールだから『ブラック・ピノ』というそのままのネーミングですが、その実力は一級品。プリューレ・ロックやフィリップ・パカレのニュイ・サン=ジョルジュを思わせるような妖艶で複雑な風味を備え、さらには気難しさのない外向的な表情を見せてくれます。スイスイと飲み進めることができるワインであるにもかかわらず、余韻の長さや複雑味があり、飲めば飲むほどにヤン ドゥリューの世界に引き込まれていきます。除梗をせずに房丸ごとプレスして発酵させ、古樽を用いて熟成。基本的に醸造中に亜硫酸は使用せず、ノンフィルタにて瓶詰め。 ●ロックやパカレ、というよりもフレデリック・コサール的な感じがするな・・。確かにニュイを彷彿とさせつつも、オーコートの重い土を記憶とし、その中で作り手の個性というかしかっりとした意思を感じさせる仕上がり。かと言って決して自己中な味わいに陥ることなく、ブルゴーニュの新しいスタイル、あるいは本来のスタイルを丁寧に織り込んでいる。丁寧にと言っても守りにはいるわけではない。インポーターさんのコメントの通り「攻めている」のだろうね。ただその攻め方が現在のブルゴーニュにおけるテクニックを完全に身につけた上でのスキルとしてギリギリのところが気持イイ!。ま、傾奇者なんだろね。 ●作りなのかヴィンテージなのか、この辺りはまだ定かでないが、ソフトな果実味、チェリーやラズベリーの香りの上澄みを丁寧にすくい取り、濃さを求めず=オーコートの長所であり短所である「ごつごつした手触り」を巧く取り込んでいる。幾許かの「芯」をしっかり残しながら味わいのエッセンスをユックリと拡散させて行く感じ。開けた翌日、ちょっと落ちが早いところはこのアペラシオンの限界かなとも思えるけど、その落ち方さえもが美しい・・・。 ●やっぱり、このラベル、知ってる人が見たら誰でもオジー・オズボーン率いるブラック・サバス(さらに知っている人はイエスのリック・ウエイクマンも参加したアルバム『サバス・ブローディ・サバス」辺り)とか、最近の人ならばダフト・パンクとか想像すると思うんだけど、味わいは・・・そうだなグレック・レイクの『スティル』あたりで披露されるヴォーカルかなと思うんですが・・・。(2013.05.06 いのまた) ヤンドゥリューオーコートドニュイ ブラン ブラックピノ 2010 お得,人気セール

ニコラテスタールVdTルージュ デゥマンヌムールガメイ 2009 大得価,格安

●一応、インポータさんの資料では下のブルイィと同じ村の畑なのですが・・・何故かヴァン・ド・ターブルで出てています。・・・そんな事はおいといて・・・かなりお気に入りのガメイ100%。 ●インポーターさんの資料では「プレスしたジュースをそのまま5年樽に入れてアルコール発酵~マロラクティック発酵」となっていますがこれじゃ色でないので『MCやってプレスしたジュース』をと言うのが正確な表現かな?色合いの濃さや香りの濃厚さはMCやったグルナッシュ的南のワインのジューシーさを想像させつつ、きりっとした酸の乗りとじんわりとしたミネラル感はもっと北のコート・ドール系のガメイを感じさせる味わい。この辺りが「ボージョレらしくない美味しさ」と言う事でVdTなんでしょうか?と勝手に思い込んでいます。 ●ワインの名前は、007の映画に由来しており、映画のサブタイトルとなる 『Tomorrow never dies(邦題も同じ)』の仏訳となる『Demain ne meurt Jamais』にちなんで名づけられたって事なんですが『ガメイは決して滅びない』というような意味ですかね?。最初サンプル調達したときにこのワインは外したんですね。そんなに沢山試飲できないから。でも,インポーターさんが「お試しください」と言って送ってきたのです。・・・これがまた良かった・・・。2009年頃某インポーター(ラパン系でもこのニコラテスタール系でもないところ)のD君が自社の輸入物を差し置いて「今年一番の掘り出し物」と大騒ぎしていたんですが、その理由がようやくわかりました・・・・。 ニコラテスタールVdTルージュ デゥマンヌムールガメイ 2009 大得価,格安

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 人気定番,品質保証

●AOCモレ・サン=ドニに地続きで接するACブルゴーニュ区画(レ・シャン・ド・ラ・ヴィーニュ、レ・クレ・ギヨン)60%、アルスナン村のオート・コート・ド・ニュイ区画40%のブレンドで合計0.2ha分(平均樹齢30年)が85%。15%は、AOCモレ・サン=ドニのレ・クレ・ギヨンの樹齢10年以下のぶどうをブレンドしています。(ちなみに将来樹齢が上がった暁には、このレ・クレ・ギヨンは畑名付き単独キュヴェとして発売される予定です。)   以下2004年物についてのコメントです。 ●全部で8.5ha所有する畑のうち、ACブル用は0.2ha!しぶいです。平均樹齢は30年。・・・・初めての作り手さんなので、それほど仕入れいはしなかったのですが、これがまたなかなか良いです。しっとりとミネラル感の漂うまっとうな自然派ブル。04らしく少し若苦さを感じもしますが、まずまずと言った感じ。少し様子を見てみようと思っていましたが・・・・。 ●リアルワインガイドの表紙にここの「オート・コート・ド・ニュイ」が登場しました・・・もっと入れておけばよかった・・・。(と書いているのでおそらく2006.06頃 いのまた)で、そろそろ2005年も入荷!の噂もありますが、再び入れてみました・・・やはり上のコメントで感じた若苦さ、しっかりとしてほどよい「苦さ」になっています。全体に数段落ち着きましたね・・・。(2007.03.30 いのまた) オリビエ・ジュアンさんです。とあるワインバーではニッポンのワインや、イタリアのワインに感心を持って飲んでました。 オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 人気定番,品質保証

セシル・トランブレーACブルゴーニュ ロゼ 2008 数量限定

●この2008年がファースト・ヴィンテージとなるロゼ・ワインです。まるで、フィリップ・シャロルパン・パリゾのような色合いです。が、味わいはかなり異なる・・・シャロルパンが何となくサクランボのシロップ漬けならば・・こちらはサクランボとケッチ(黄色すもも)のブレンド。で、やたらと中盤の旨味の厚さが印象的。イヤ~、旨いです。何となく梅サワー的な(甘)すっぱさも・・・。 セシル・トランブレーACブルゴーニュ ロゼ 2008 数量限定

ドメーヌシャソルネニュイサン=ジョルジュ 1erCru クロデザルジリエール 2004 定番人気,本物保証

●幾分例年よりも甘苦い感じかな?のヌイ・サン=ジョルジュ、です。やはり2004年の傾向は「しっかりとタンニンというか、全体的なウエイトが乗った本格的に熟成型のワイン」に移ってきた感じです。2003年ほどのシルエットの濃さはありませんが、果実味もシブイ乗り方をしていてかなり魅力的、ミディアムボディの足回りというか、ミッドシップのクイックなレスポンスというか、安定感と限界の高い味わい、です。抜栓直後ですと幾分中盤の膨らみに物足りなさ(このワインとしてね)を感じますが、物足りなさの合間に垣間見れる旨味のボリューム、に痺れます。 ●干したプラムを煮込んだソースに、少し厚切りのポークソテー。まずはこんな感じなのですが、もっと赤い、鹿とかにも良いのでは?鹿なんぞは数年に1回食べられるかどうかなので、あまりいい加減な事は言えませんが(もう言ってる)そんな感じがひしひしと伝わってきます。厚いポークソテーが食べたい!(薄いのはよく食べるけど・・)。と、思いつつ感じるのはハーブやスパイスの微妙なニュアンス。やはり2002年までは「旨味」中心の展開でしたが、今後もこうした傾向に落ち着くのでしょうか? ●何となく、勢いで開けちゃって試飲していますが、まずは半年は落ち着かせてお楽しみください。細かなニュアンスがそれぞれ深みを増すのは2~3年先かな?細~く、長~く味わいたい一本です。(2006.03.22 いのまた) ●で、二日目ですが、やはり果実味由来の甘さを感じます。でもどことなくしんみりとした味わいはシャソルネだな。6日ほど前に開けた2003年物と比較するとパワーの絶対値は低い分、まずは飲み頃は一足早い2010年!と思いますがひとたびグラスに注ぎ、5~6分もすると出てくる旨味の強さはやはりこのワインならではの味わい。これはオックステールのシチューかな。ワインと共に手間暇かけて仕込んだお料理に合いそうです。(2006.03.23 いのまた) ●ほぼ一ヶ月経ってまた一本開けてしまいました・・・入荷直後よりも多少落ち着いたかな?と言う感じで、前回よりもしっかりとした果実味を感じます。でも中間の膨らみはまだまだ、と言ったレベル。2003年がゆっくりと上昇傾向にあるのに対して、こちらはある時点でかなり急カーブで盛り上がりそう。で2008年には完全に2003年を追い越して、と言う感じですが、それから先となると結果的には2003年の方が息が長いのかな?などと考えていると、グラスの中では沸々と美味しさがこみ上げてきて、前言をあっという間に翻すかのような中盤の充実感・・・・まずはどうにでもなれという心地よい脱力感にかこつけて、一応「改めて」と、じっくり飲むとヌイ・サン=ジョルジュの果実味に、ヴォーヌ・ロマネ辺りのエキゾティシズム。シャンボールの艶やかさはないけれど、モレのしなやかさ・・・〆の言葉が見つからず・・・「ただ悪戯に グラスぐりぐり 春の宵」でした。(2006.04.21 いのまた) ドメーヌシャソルネニュイサン=ジョルジュ 1erCru クロデザルジリエール 2004 定番人気,本物保証

ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 赤字超特価,高品質

●いつになく薄い色あいのミヨです。・・・モカ系の香りも何となく軽い。で飲んでみるとかなりの度合いで果実系。タンニンの感触がハッキリとしつつも薄いんですね、とっても。酸も豊かですが丸くて柔らかい。・・・・ちょうど2004年のバーガウンド.comのコメントに近いモノがあるな。 ●キーワードは「チャーミング」と言っても決して軽さだけではない。容姿のかわいさと共に内面のクレバーなところが感じられます。このクラスにありがちな妙なスキがないんですね、・・・で、改めて、ミヨ、どんな人が造っているんだろう?バーガウンド.comを覗いていました・・・。 ●このACブルゴーニュのコメントは載っていないのですが・・・2006年ミヨ全体のコメントです。    「The very modest Jean-Marc Millot told me that in 2006, he began "harvesting the 22nd of September. There was a lot of sorting work to do, both for damaged but also under ripe berries. Sugars were good though at between 12.1 and 12.8% and I essentially did not chaptalize as I generally don't like 13+% wines. Yields were about the same as in 2005, which is to say low and acidities were excellent. I gave the fermentations a 4 to 5 day cool maceration and the total cuvaison lasted around 12 days, depending on the wine. I punched down once, or sometimes twice, a day and the rest was just pumping over. I like the '06s and while they won't make people forget the '05s, it's an extremely pretty vintage." Note that while I included the in-bottle notes for the '05s in Issue 26 due to a scheduling problem, I have repeated them here for the convenience of readers. Lastly, the 2006 Bourgogne and the villages level wines from Savigny and Vosne are not listed because they were so heavily reduced as to be impossible to accurately assess. 」 ●なるほど、スケジュールの都合で試飲したACブルゴーニュと村名クラスは還元状態が強くて評価できる状態に無かったのか・・・と思いつつ、今飲んでいるボトルには全くそのようなそぶりが見られない。ワンテンポ遅れて出てくる「樽っぽさ」は何となくミヨです。でもこの2006年、ここ数年のブルゴーニュのトレンドをおさえたきれい系。トレンドと言うよりもやはりこのスタイルが本来のブルゴーニュの味わいなんでしょうね。ワインの評価としては「今飲んでオイシイ」。勿論可能性もありますが、この瑞々しさが少し柔らかくなってきた、2009年秋からが飲み頃かな?ここはあまり欲張らずに「走り」から「旬」の味わいを楽しみましょう。(2008.06.22 いのまた) ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 赤字超特価,高品質