ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 新品,限定SALE

●インポーターさんの資料よりです・・・  「サヴィニー村、アロッス・コルトン村、ショレー・レ・ボーヌ村に囲まれたACブルゴーニュの区画0.25ha(平均樹齢60年のVV)、サヴィニー村内AOCオート・コート・ド・ボーヌ区画のレ・シュヴリエール0.43ha(平均樹齢35年)、レ・ペリエール0.5ha(平均樹齢35年)のブレンド。約20%がACブルゴーニュで、約80%がAOCオート・コート・ド・ボーヌです。 ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 新品,限定SALE

クルティエ・セレクション par Lou Dumontニュイ・サン=ジョルジュ 2000 SALE,人気SALE

●幾分酒質の弱さは気になるけれど、実に綺麗なニュイ・サン=ジョルジュ。健康なラズベリーやチェリーの瞬きの間に、少しミンティな・・リコリスミントの微かな甘さを感じるハーブのニュアンス。ふとアフターに横切る、・・ちょっと乾いた土の感触。幾分砂、あるいは砂利の混じった畑かな?(あくまで想像)・・・いわゆる飲み頃の状態でのリリース、かな? ●酒質がやや弱いというか、おとなしい点。そしてタンニンが幾分粗い、と言うところを除けば実に均整のとれた味わい、かと。一本のワインをじっくり楽しみ検証しながら、と言ったコニサー向きのワインではありませんが、セレクションした社長と社長との思いは良く伝わります。・・・先ずはオイシイワインを楽しんで!感覚的には新ブルゴーニュですが、ちょっとクラシカルでもあり、良い落としどころに落ち着いています。 ●・・・・コルクになんのしるしもないところをみると、あえてリコルクしているのかな?それとも最初から?浸み具合を見るとリコルクしているようですが、どうでしょうか・・・?しっかりとニュイ・サン=ジョルジュしている味わい、似てるとすると誰だろう?思いつくのはジョルジュ・シコトとかセルヴォー?で一番ニアな感じはラブレ・ロワ?・・ってネゴシアンでしたね。例によってこの時期、温度低めなので、この辺り旨くコントロールできると、抜栓後すぐおいしい。と言うことはかなりレストランさん向きかな?と思っておりますです。(2007.12.28 いのまた) ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 クルティエ・セレクション par Lou Dumontニュイ・サン=ジョルジュ 2000 SALE,人気SALE

フィリップ・パカレルショット・シャンベルタンGurandCru2006 新品,得価

Ch Rays,Domaine Leroyで研修を積んだ後、プリューレ・ロックの醸造長を長年務めその後2001年に独立・・・が、フィリップ・パカレの経歴です。また彼はボージョレのマルセル・ラピエール氏の甥でもあり、その縁で『自然派(アペラシオンを越えたフランス全土における)』を形成することとなったジュール・ショヴェの最後の弟子でもあります。 パカレはジュール・ショヴェの元で、相応の犠牲(例えば労働時間であり、あるいは腐敗果を捨て去る勇気・・・)を払うことを厭わなければ、近代技術に頼らない自然派の作り=かつて1950年代頃まで普通に行われていた作り方で、テロワールを忠実に表現する素晴らしいワインができる可能性に満ちていることを学んできました。そしてここで行われていることが「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と言うことも理解しています。 そしてパカレ曰く、「ブルゴーニュワインの多くは単一品種で構成されているからその味わいを造っているものは、ブドウではなくテロワールなのである。これを最も大切にしなくてはいけないし、土壌、ブドウ、天候、そして人間があり、このどれ一つとして欠けてもワイン造りは不可能である。また、人間はオーケストラでいうところの指揮者であり、ブドウがより良く育つために導いてあげるだけなのだ。ワインは工業製品ではないから、技術を駆使して手を加えてしまうと本当のテロワ-ルを表現することはできない。」と。 実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。 醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。 このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。インポータさんからの2005年ヴィンテージコメントです。   「非常に出来がよく、今までのパカレのワインの中で「偉大・傑作」といえる作柄。2005年を戦後のブルゴーニュ全体の作柄と比較するなら、1978年のような綺麗な酸味、そして1945年に似た味の濃縮感と収量の少なさです。どちらの年も1959年と並ぶブルゴーニュの赤にとって秀逸な年です。また白ワインの熟度も非常によくて、濃厚でコクの強いヴィンテージとなりました。」・・・なるほど期待の2005年です。こちらは最新ヴィンテージ2006年に関してフィリップ・パカレからのコメントです。   「一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日から行いました。   「2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。   「香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。   「最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい・・・。 フィリップ・パカレルショット・シャンベルタンGurandCru2006 新品,得価

ジャンガロデポマール ノワゾン 2005 人気セール,新品

●噂の2005年、いつも飲んでいるこちら「ノワゾン」を先ず試してみました・・・・いつもの年より果実味が鮮やかでさんがしっかり。例年よりも軽めな印象ですが、密度はしっかりとしています。そしていつもの下ぶくれ系ではなくてもっと均整のとれた立ち姿。おそらく自然とこういう姿になちゃうのだろうな、2005年って。 ●果実味もしっかりしていて、ブーケこそありませんが現段階でもかなり楽しめます。でも酸がしっかりとしているので意外にじっくりと寝かせられるかな?今はほとんど赤い果実味が主体ですが、これからハーブのニュアンスや、しおれた薔薇系、紅茶系の香りがたっぷりと出てきそう。タンニンもこれまでになくしなやか系で、上品な旨味がともなっています。・・・とすでにボトル3分の2になりそうな・・・(2007.01.28 いのまた)  2004年物のコメントです↓ ●ようやくノワゾン2004年物入荷しました。・・・あ~っ、いつものノワゾンの香りです。ふわっとしたハーブ、蓬のようなバジルのようなに、じわっと来る赤い果実味。少し香ばしさのあるノワゼット・・・ふっくらとして低い重心もいつもながら。 ●でもでも、ちょっといつもの年より中盤の果実味の膨らみがたりないのかな?それともタンニンがちょっと若い?やはり2004年物の共通したニュアンスが漂っています。それと樽のニュアンスに、いつもより幾分甘さを感じる・・・。で、少し大きめのグラスに移し替えると・・・まずまずな感じに落ち着きますが、やはりいつもより腰が高い高見山、と。難しいな、ワインって!   2003年のコメントです。 ●早くもノワゾン2003年ヴィンテージ入荷です。瓶から覗くと2002年よりは気持ち色濃い目かな・・・?噂の2003年(暑くて生産量が少ない)物、ちょっとどきどきしています。 ●2003年のブルゴーニュ、一番乗りはパカレの作っているサーブレのブルゴーニュ・ルージュ。色合いからしてパカレらしくなく、「やっぱり2003年は厳しいのかな」と思っていつつも、このノワゾンはどうでしょう?・・・色合いはやはりこのワインとしては濃いめかな?飲んでいる環境もやや低めの温度ですので香りも十分に開いていないのですが、それでも例年になくムンムンしています。一口飲んでみると・・・意外にタイトな印象。確かにここ数年になく果実味を濃く感じます。そして印象的なのはタンニンのしっかりとしたまとまり、想像以上にゆるみがないです。 ●酸もある程度残っているのでひと安心。でもガローデらしさの、のんびりとした酒質とはやはりニュアンスが異なり、ワインに強さを感じます。2002年の様に「緩やかな均衡の中にくしゅくしゅとした熟成香の出るのを待つ」よりも、今飲んで豊かな果実味を味わった方が良いのかな?それともいっそ5~6年待ってゆるゆると味わい深くなってくるのでしょうか。この辺りの判断は少し難しいところです。(2005.02.04 いのまた) ●このワインを北米で扱うノースバークレー・インポーツ社のコメントの中で、ジャン・ガローデはこんな事を言っています。   「(He) told us ripe tannins, low yields, and a softer touch with vinification (including shorter maceration and less pigeage [punching down]) was the key to making great 2003s.」 なるほど例年以上にソフトに優しくワインを扱っていかなければならないんですね。 またレヴー・ド・ヴァン・ドフランスにこんな記事を見つけたようです。   「The reds touch the Sublime more than one time, dignified successors to the 1865s or 1929s, as long as their winemaker saw correctly - but the others, still too numerous, are cooked, heavy, rustic in their tannins - [and] will have missed a great rendezvous with history." - La Revue du Vin de France, June 2004」 ●なるほど作り手によってかなりの差が出てきそうな2003年。一日目の新の印象では、先ずはこのジャン・ガローデ成功といえるでしょう。先ずはブラボーなワインです!それでもって、なおかつ2日目の様子から将来を探ってみたいなどと思いつつ・・・・・改めてタンニンはビターなコーヒーをも連想させる上質で豊富なもの。その分バランス的には果実味が押され気味で例年の繊細さや持続力がマスクされていると感じます。 ●ガローデのワインってリリース直後も懐かしい美味しさで一杯。そして薔薇の花のしおれたようなくしゅくしゅとしたニュアンスが出てくる2~3年後ぐらいが、すっごく美味しいのですが、2003年は幾分しっかりとした味わいを早々と楽しむか、ぐっと我慢して5~6年革製品やたばこのニュアンスを含んだ味わい深さが出るのを待つか、思案のしどころ。結構うれしく考えさせられる、やっぱりブラボーなワインでした。(2005.02.05 いのまた)   2002年のコメントです。 ●一応ワインアドヴォケイト153号(2004年6月)のコメントを  「Crafted from 70 year old vines, the 2002 P Noizons is a deep, concentrated wine. Its nose was difficult to ascertain due to a recent addition of sulphur, but its dark cherry-dominated flavor profile was singing. Medium-bodied and dense, it is a powerful Pommard with a muscular, ripe structure. Projected maturity: 2005-2010. 90-91points」 ●こちらも一応・・・ノースバークレーインポーツ社のコメントです。  「2002 Garaudet Pommard "Les Noizons" In the heart of the slope in Pommard next to `Charmots,' you could argue that `Noizons' should legitimately be a Premier Cru. Just look at the map. It's perfectly situated, facing southeast, above a band of Premier Crus. Wines like Garaudet's 2002 add weight to the case - this one has gobs of black cherry fruit, tobacco, lavender, violets, spice, and a cherry-leather quality we love. A classic. 60 year-old vines.」 ●さらにオマケでバーガウンド.comの14号のコメントです。  「2002 Pommard “Noizons”: More complex and deeper pitched black fruit aromas plus richer, fuller and more concentrated flavors that are supple on the mid-palate but quite firm on the long finish as the structure is buried by all of the sap. This delivers terrific quality as there is beautiful balance and excellent intensity. In short, this is delicious yet entirely serious and should reward 5 to 6 years of cellar time. 89/2007-12 」 ●「また、ここに帰って来ちゃったよ~」と言う懐かしさ。97ヴィンテージあたりからおつきあいさせて頂いていますが、「ジャン・ガローデのノワゾン」いいですね~。ヴィンテージの違いこそ在れ、これほどまでにスタイルの崩れない、流行り廃れとは無縁の味わい!普通にブドウを育てて、普通にワインを作って、今年もまた普通以上の味わいを醸してくれました・・・。 ●やや下ぶくれ気味のゆったりと柔らかい果実味。ゆったりとした重心を感じさせる「だるまさん」の様なプロポーション。ず~っと昔からこんな風に作っていたんだよ~、と言う肩肘張らないゆとりがあります・・・。特にこの2002年は全体に余裕が在りますね。果実味もぽっちゃりしているし、さんも穏やかながらもみずみずしく。自然なタンニンも豊かに感じられ、2,3年先がすごく楽しみ。気持ち的に自然派ですね~。 ●ガローデのノワゾン、生産量は毎年100ケース前後とのことです。今回も日本には2、30ケースしか入っていないような事も聞きました。個人的には本当に「そっとしておいてほしい」作り手の真心こもった一本です。(ポマールのシャルモは入ってくるのかな?)  2001年物バンクヴィンテージで入荷した分のコメントです↓ ●ポマール・ノワゾン、バックビンテージで入荷しました。ちょっとウレシイです。2001年と言うことでちょっとばかり、弱々しくもありますが、これがまた、ボーヌらしく良い感じで「落ちつつ」あります。とは言っても後2~3年は待ちたいですね・・・。 ●と言うことで、最近手に入れたあたらしいデカンターを試しに使ってみました・・・・。移し替えてまずそのままグラスへ・・・赤い果実味にあふれたドロップ、一気に開きます。ちょっと酸が微妙な位置に来て・・・・幾分落ち着きが無くなりますが・・暫く置いてどうでしょうか・・・。相変わらず卑近な合わせ方、で申し訳ないのですが・・・スーパーの精肉のところでパックになった「牛肉のタタキ」、あたりが良いのかな? ●さらに30分ほど、酸の具合も落ち着いてきました。2001年と言えどもふっくらと優しい広がり。少なくてもこのテーブル(デスク)の回りは平和だな・・。優しい果実とソフトな焦げ具合。固まるほどの旨味はないけれど、まずはほどよく。・・・・普通にブドウを作って、普通にワイン作って、普通に寝ていて、・・・品良くシアワセ感じさせてくれる良いワインです。(でも本当はも少し寝かせてあげて! 2005.11.30 いのまた) ジャンガロデポマール ノワゾン 2005 人気セール,新品

ダヴィッドモローサントネブラン 1erCru Beaurepaire 2010 お得,高品質

●サントネは村名ワインで15%程白ワインを生産していますが、一級畑で生産される白ワインは非常に少なく物です。畑はエリア中央のやや高いところにあるり、ジュラ紀上部の基盤が現れています。 ダヴィッドモローサントネブラン 1erCru Beaurepaire 2010 お得,高品質

ドメーヌ・デュ・シャトー・ド・ショレーショー・レ・ボーヌ ルージュ 2002 赤字超特価,新作登場

●インポータさんのお薦めを何本か実費で取り寄せ、ふるいに掛けて・・・残った数本のうちの一本がこれ。でもその前に「ショレイ・レ・ボーヌ」ってどこだっけ?・・・丁度サヴィニの東側、比較的なだらかな地域です。しかしマイナーだな?昔ジャン・リュック・デュボワなんゾを扱ったことがあるくらいかな?で、思い出したようにそのワインの2000年物開けてみたのですが・・・これは美味しい。このところちょっと期待はずれのバレル・セレクションですが、イイ感じに上がっています。まずはピノの熟成感。決して厚みはありませんが、ほどよく胡椒が利いてなめし革のニュアンスや、マッシュルーム、落ち葉のほどよい香り。まださんもしっかりしています・・・・。 ●と、JLDのコメントじゃないんだから! ●こちらのワイン、とりあえずセレクションの段階での試飲ですのでコメントが残せない。・・・でもこの革のニュアンスやキノコ系、ありましたね。何となく裏通り、オート・コート・ド・ボーヌ的な土っぽさを持っていますがもっと乾いた軽さです。それにしっとりと果実味が、赤を主体としながら20%ぐらいは黒っぽいのも混じっているかな?シットリとした厚みも感じます(正確には「感じたかな」)。 ●で、1週間以上前に開けたこちらの2002年飲んでます。なんでへたってないのでしょう?確かにディティール崩れていますが、ごまかしながら飲めちゃうぞ!。果実味のしっとり感が未だに残っていますね。・・・RWG良く読んでないのだけれど、この人ビオかな?・・・そ~だよな~、オーディフレッド開けた翌日ぐらいにこれも飲んだので、一週間はたっているよな・・・・。いや、オーディフレッド飲んだの11月なので・・・、それから数日と言ってもやはり1週間以上は・・・これは『要再試飲』です。(2006.12.17 いのまた) ●で、RWGに登場しているのは噂の2005年物なんですが、こちらは何となく忘れ去られつつある2002年です!此処で改めて2002年の底力なぞを感じちゃいますね~。ホントにこれ一週間以上前に開けたのだろうか・・・。何となく、かなり怪しくなってきたところで・・・・お後もよろしい様で・・・(2006.12.17 いのまた) ドメーヌ・デュ・シャトー・ド・ショレーショー・レ・ボーヌ ルージュ 2002 赤字超特価,新作登場

オーレリアン・ヴェルデニュイ・サン=ジョルジュ 1erCru「トレイ」2005 全国無料,正規品

●ニュイ・サン=ジョルジュの一級「トレイ(正確にはオー・トレイ:Aux Thorey)」あまり聴かない一級の名称です。位置的にはニュイ村を中心に大きく分けてのヴォーヌ・ロマネ側。その中でも最も村に近い南にあります。・・・などと能書きたれている間にもグラスから、香りが・・・果実味は締まって凝縮感を持ちながら、タンニンは肌理が細かくしっかりとした粘性を保ちながら、たおやかな流動性を持っている・・・。で、あと5年は環境が整っているなら待ちましょう、とあっさり結論づけたくなルワインです(ホント、香りだけのインプレッション)。 ●先日インポータさんで飲ませていただいたときにはもう少しフラットでフレンドリーな印象でしたが、ある意味すっかりと見間違えていました。これはかなり完成度が高い。生憎と瓶詰めされたジャン・イブ・ビゾの2005年のワイン、いろいろあってまだ国内の試飲はしておりませんが、その延長線上にあるんじゃないでしょうかこのワイン。 ●で、飲んでみると・・・試飲とはいいいながら、かなり後悔しています。2004年に一貫して感じた「美しさ」のなかにヴィンテージを反映した力強さがしっかりと組み込まれています。細かなディティールはこの際どうでも良いよ!と、遠くから眺める富士山の美しさ、ですね、バランスがお見事にとれている。おそらく1~2年経つとしっかりと閉じる傾向にあると思います。で、4~5年経つと再び長い上昇傾向に。それまで保つか?と言うよりも、それまで待てるか?と言うのが問題となりそうな一本。であえて言ってしまうと・・ジョルジュ・ルーミエかもしれない。小娘セシルに引き続き、小僧オーレリアン、まいりました、です。(2007.10.11 いのまた) 1604年からコート・ド・ニュイに居を構えるヴェルデ家。いち早くオート・コートの魅力に着目し、そこで化学薬品を使わずにブドウを育ててきました。そしてアラン・ヴェルデは1971年という早い時期にビオロジック栽培を始め、一時肥料の問題で土壌を壊しながらも、これまでビオロジック栽培の価値を疑うことなく続けてきました。目指すところはオート・コート・ド・ニュイのポテンシャルを尊重し、素直にその真価をを引き出すこと・・・その結果得られたワインは純粋で完成度の高いワイン。クラシックでありながら実に「今」求められている味わいです。 そしてそのブドウ作り、ワイン造りは、子息のオウレリアンに受け継がれました。2003年、若干22才の若さでドメーヌを引き継ぐと、さらにドメーヌから独立したネゴシアンとしてニュイ各地の畑から葡萄を買いながら、新しい境地を切り開き始めました。父から受け継いだ事を尊重しながら、栽培・醸造学校で学んだことを踏まえ、そしてとらわれず。また自然派ワインなどのすぐれて個性的なワインに学びつつ、様々な可能性を追求しています。 現在は父から譲り受けたオート・コート・ド・ニュイの畑の半分近くを売り払い、ニュイのより優れた地区に畑ないし葡萄を求めています。結果的にフェルマージュ(小作地)やメタヤージュ(折半小作)による畑をえることができませんでしたが、幾つかの畑で『葡萄を借りる』ことができました。その一つが今回入荷したニュイ・サン=ジョルジュ。彼のスタートとなるワインです。おそらく2006年5月の後半、ラシーヌさんの事務所へ行って新入荷分を何本か試飲させていただいたときのこと。ひととおり飲み終えたところで登場したのがオウレリアン・ヴェルデ・・・うわ!まいったなこれ!イメージ的には綺麗だけれどただ綺麗で終わらない。レシュノーに磨きを掛け、ビゾを鍛えた・・・と言うことで入荷を首を長くして待っていました。おそらくここ数年で確実に注目を浴びる予感のする作り手のひとりです!・・・・と言いつつ早3年目の2006年入荷です。2006年は村名クラス、コート・ド・ニュイの主要な村名、ジュブレ・シャンベルタン、モレ・サン=ドニ、シャンボール・ミュジニ、ヴォーヌ・ロマネ、そしてニュイ・サン=ジョルジュと揃いました。それぞれ謂われるところの「村の味わいの特徴」良く出ています。 オーレリアン・ヴェルデニュイ・サン=ジョルジュ 1erCru「トレイ」2005 全国無料,正規品

ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 新作登場

●比較的数の少ないトラペのACブル。2005年物です。で、入荷して気がつきましたが・・・ドメーヌ物、ではないのかな?どこにも「ミュザンブティーユ~」と書いてありません。かっこの良い配送用の段ボールは同じなんだけどな・・・。 ●・・何しろ「初物」なんで飲んでみまスた。あらあら、エッジには幾分紫色を含みながらちょっと濃いめのルビー色。透明感はしっかりとあります。香りが何よりもジャミーだな?このジャミーさに引きずられる甘さ。そのおくにはしっかりとミネラル感、なるほどな2005年物です。香りだけだと・・・ちょっと村名イメージします。それだけしっかり作られていル。ジュブレの「オストレア」ほど際だった個性はさすがに感じられませんが、酒質としては2003年にも近いような・・・。 ●で、飲んでみると全体の軽さ、こそ村名クラスを感じませんがACブルならば充分満足。適度な軽さが・・・アブナイです。あ~、無駄がないな~。クラスとしての充実感。ダークチェリーの酸味と熟したプルーンの果実味がバランス良く感じられます。トラペらしいミネラル感に乗った旨味も満足行くな・・・。最初、中盤こそは物足りなさを感じますが・・・バランス的には2002年にも似ているのでしょうか?隙のない構成は、なるほどです。今飲んでも充分に美味しい!むしろ寝かせるよりもこの若々しさを愛でた方が良いんじゃないかな?熟成のブーケなんか無くたってかなりしあわせになれます、との誘惑が・・・トラペのACブル。すっご~く、オススメできます。(2006.12.08 いのまた) ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 新作登場

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 豊富な,新作登場

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。 フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 豊富な,新作登場

ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 限定SALE,定番人気

●2ヴィンテージ空けて、2005年物が入荷しました。 ●で、ようやくコメントです。すでに昨年2007年から3回ほど入荷しておりますが、2007年の4月の試飲会で、まだ早いよな~とか、あんまりルイ・シュニュらしくな~い、と言うことで様子を見ようとして・・・忘れてみました。で、この2005年の最終入荷にあわせて飲んでみましょう、と。 ●う~ん、まだちょっとしっかりしているゾ~。ま、ワインとしてはしっかりとしていると言うのは良いことなのですが、もうちょっと、どこかかわいげというか、お他茶目なところがこのワインには欲しいです、実は。味わい的にはタンニンがちょいと強め。全体的な落ち着きはでていますが・・・何となくしっかり者、と言う感じのジュリエット姉さん、って感じです。 ●で、気持ち的には後1年、おいておきたいところだけれども、例の番組みたいにボトル振っちゃうと結構オイシイかもとやってみると・・・なんと無く旨味も出てきて本来のルイ・シュニュ的な梅かつを風味もたっぷり。アア、いいねこれ!。振ると幾分果実味がスポイルされるところはありますが、トータル的には味わい深くなる、つって感じでしょうか?・・・ま、なんだかんだ言っても2005年はいい年なんだだけど、多少いじくって上げないと優等生なルイ・シュニュどつまらない、と言うことなんでしょうか。いろいろと「技」を試すにはもってこいの一本です。(2008.04.04 いのまた) ●で、何だかんだいってやっぱりルイ・シュニュ飲んじゃいます。今日は残りが3分の1。・・・ここがまたオイシイですね。ピークは過ぎた感じでかなり酸がくっきりとしていて、尚かつこの年のアルコール感の強さというか、が幾分でていますがこの、キュキュッとした感じがルイ・シュニュのスタイル・・・。やっぱりあと一年は寝かさないと・・(2008.04.05 いのまた)  2002年物のコメントです。↓ ●ここはどういう訳かリリース時期が前後したり、バラバラだったりで、こちらの2002年物も2006年の夏入荷。と言うことで一月ほどたっての試飲ですが・・・・良い感じです。 ●まず色は・・・薄い。香りは・・・01よりももっと果実味がはっきりして鮮やか。甘くミンティーなハーブの香りも載っています。や、良いですねこれは!アルコール度数は12.5度とややライト気味、軽めに楽しむことができそうです。味わいはしっかりサヴィニ。キュートな果実味をもっている割には土っぽいミネラル感もしっかりとでています。・・・なるほど仔牛のカツレツね・・・2001年と同じような傾向をしっかりと引き継ぎながら、さらにブラッシュアップされた感じの2002年です。 ●このワイン、実はとある「ダイニング」でいただいていますが、抜栓後の時間も少し長かったのでもっと丸みがある味わい。そのとき感じたちょっとコルクっぽい感じ?は樽の木質の感じだったのかな?樽の焦がし方が強いのかな?などと思い出しつつ、やはりグラスがすすみます・・・。一級物ですともう少し畑の個性がしっかりとでますが、この村名もサヴィニらしい小振りなまとまりと、ほどよいミネラル感に充ちています。飲み頃は後2年ぐらいまでかな?と控え目に見積もっていますが、やはりラベルのかっこよさと共にオススメです。・・・あ~、吉牛、再開が待ち遠しい(2006.09.06 いのまた) ↑くつろぐシュニュ姉妹(奥が営業担当ジュリエット氏 2007.04.04 六本木:祥瑞)    2001年物入荷時のコメントです↓ ●ラベルに似ていて・・・ちょっと「情熱的」なサヴィニです。平均樹齢は60年と言いますからかなり古い樹です。非常に澄んだルビー色。浅い色合いですが鮮やかで魅力的。チェリーの香りに少しイチゴも混じって・・サヴィニの下の方かな?果実味に乗った自然な甘さも中々良く表現されています。味わってまず感じるのは潜在的なタンニンの強さ、キシキシと音を立てそうな生成の絹糸。軽さの中にほどよい緊張感のある張りがあります。香りの印象より幾分果実味は控えめ、やはり2001年のワインだからでしょうか?ややごつごつとしたミネラル感、サヴィニの魅力がコンパクトに詰まっています。 ●ワインだけで楽しもうとすると・・・若干存在感は希薄?スルスルとしてサクサクッと空いてしまいそうです。・・余韻の長さもしっかりとしていますが、ちょっと苦みが強いかな?でもコレで返って食事引き立つという物です。喉越しの美味しさ・・さっくり揚げた子牛のカツレツなどはいかがでしょうか?(2004.12.19 いのまた) ●2つか目になると多少柔らかさ、果実味が出てきます。最初感じた苦さも優しくミネラリーな味わいに変わってきました。このくらいが飲み頃かな?飲み頃は『今』というところ、でもサヴィニだから3~4年でぐっと変わるかも?期待と不安で・・・な、ワインです。(2004.12.20 いのまた) ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 限定SALE,定番人気

パスカルラショーコートドニュイヴィラージュ レフォルノ 2005キュヴェダニエルショパン 驚きの破格値,限定セール

●引退したと言われていたダニエル・ショパン。・・・・かつてはロバートパーカーに5つ星生産者とされたドメーヌ・ショパン=グロフィエの当主であり、真のジャイエの後継者とも言われつつ、1996年にすっぱりと引退!のはずでしたが、こんなところでワイン作っているとはお釈迦様でも気がつくめ~。ニュイの端っこの方で密かにワインを造っていました!作っているワインは年金給付に差し支えない程度のボチボチでんな、な量しかありませんが、その品質はかつての名声に加えて亀の甲より年の功!的なますます円熟味を増した味わい・・・・。作ったワインはドメーヌ・アルノーのネゴシアン部門パスカル・ラショーに、瓶に詰めた段階で販売し小遣い稼ぎしています。その為ラベルはパスカル・ラショーですが「瓶詰め:boutille par~」の文字も入っていません。(ちなみに元のドメーヌは娘婿の(名前忘れた!)ショーヴィネ氏に譲りドメーヌの名もショーヴィネ=ショパンに・・・) ●2004年はHPにアップして、何もしないうちにあれよあれよと売れてしまったこのワイン。2005年は出遅れずにゲットできたので、早速評判を確かめるべく飲んでみました・・・・・。なるほど湘南のHさんとか、埼玉のNさんとか名だたるワインショップのご主人ががベタホメするわけだ・・・。ホント、クラシックなブルゴーニュ・スタイル、きっちりと出していますね・・。 ●非常にチェリー&ラズベリーな香りに、締まったタンニン。やや獣的な、あるいは落ち葉的なニュアンスを引き立てる瑞々しいハーブのワンポイント。きっちりと積み上げられた感触があります。で、飲んでみると、これまたほんのり甘さを感じつつ熟した果実、余韻の長い酸、秩序だったミネラル感、と続きます。勿論旨味もあるけれど、綺麗な酸を伴った果実味の余韻が長いんですね・・・・この辺りがクラシックな所以、。ダニエルおじさんの枕詞は「ジャイエ流を引き継ぐ」って事なんですが、飲む前はどうだかな?と思いつつも飲んでみると、なんかかなりニアーな感じがしてきます。ソフトな抽出=美しい果実味。葡萄を大事に=軽くても複雑な構成のボディー。こんな感じかな?2005年のパワフルさ加減も与して、時間を置くとこの辺りがズンズンと開いてきてこの辺りが今ひとつジャイエ系の沈み込む耽美な感触と異なるけれど、その分年寄りの手慰み的な伸びやかな味わい。巧いところにコントロールされた味わいは、実に頼もしくもありな一本です。 ●入荷したてで幾分落ち着きの無さもあり。この辺りが娘婿のショーヴィネ・ショパン的な濃さも感じつつ、ここは2005年的な暑い年のしっかりとしたタンニンが落ち着きそうな2010年辺りからが飲み頃かな?と。ワインの格で言えばなかなか確かにこれは掘り出し物、ですね。気持ち的には小遣い稼ぎながらも89点!ちょっと見91点付けたくなっちゃいますが、やはりここはコート・ド・ニュイ・ヴィラージュ、グラスの中では今ひとつ粘りに欠けるところもありが減点対象。でもそれを抜かせば・・・やっぱり評判通りの美味しさですネ。はや2006年が楽しみだわ。(2008.05.15 いのまた) パスカルラショーコートドニュイヴィラージュ レフォルノ 2005キュヴェダニエルショパン 驚きの破格値,限定セール

マトロ・ウィッターシェイムACブルゴーニュ ブラン 2005 爆買い,得価

●AOCムルソーの畑に隣接するACブルゴーニュ区画レ・ミルラン内に0.35ha所有している、平均樹齢35年ブドウから。新樽率40%で年間生産量は1500~2500本。 ●バーガウンド.comの27号ではかなりイイ感じです。    「Producer note: Claudine Russel, Thierry Matrot's aunt, directs this small 3.5 ha domaine that produced its first harvest in 1999. Mme Russel told me that the '05 reds reminded her of a slightly riper version of her '02s. The wines, both red and white, were bottled in September. Note that there was some doubt that the correct bottles were pulled for this small tasting as I would have reversed them based simply on typicity. I was assured by Mme Russel's cellar master that no mistake had been made but when the bottles are not labeled and the corks not stamped, I confess to wondering.」    「Tasting note: This is quite ripe with a lovely nose of orchard fruit, hazelnut and subtle spice hints that lead to utterly delicious medium weight flavors that possess good mid-palate fat, fine volume, solid length and impeccable balance. This is an outstanding Bourgogne and highly recommended as it offers villages level quality plus it will age.Tasted: Jul 01, 2007Score: 87Drink: 2009+ - Comments: Outstanding! Top value」 ●なるほど、アウトスタンディングとトップヴァリューとなっています。 マトロ・ウィッターシェイムACブルゴーニュ ブラン 2005 爆買い,得価

エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 格安

●クロ・ド・ヴージョはその昔、エルヴェの父アラン・ルーミエが、クリストフとその父ジャン・マリーにフェルマージュで貸していました。1978年、エルヴェがドメーヌを引き継いだ時にエルヴェに返却されました。 エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 格安

ユベールリニエACブルゴーニュルージュ 2009 新品,新作登場

●2007年より復活したユベール・リニエ本人の作るACブルゴーニュ・ルージュ。その3年目となる2009年物入荷しました。インポーターさんの試飲では  「落ち着いた赤色は、2008年より数段しっかりとした深い色合いを放っています。香草、レッドカラントなど粒の小さい赤系果実の風味とタンニンのバランスが大変良く、芯の太いしっかりとした味わいです。今からでも楽しめますが、1~2年後にはミルク香が出そうな雰囲気があります。」 とのこと・・・12月10日よりの出荷となります。 ●で、飲んでみました。ユベールお爺さん、恐るべしです。確かに2008年と較べると村名と一級ぐらいのスケール感の違い。ところがそんバランスは変わっていない。2008年の様に比較的繊細な年はそれなりの繊細さを以て・・。2009年の様な熱き年は暑さを補うミネラル感と酸を仕込んで・・・・。こういう技はパスカル・ラショーのキュヴェ・ショパン・グロフィエとかにも似た感じで・・・少し保守的な見方かもしれませんが、「こういうスタイルが昔からのブルゴーニュさ」というプロファイルを持っていることと、それを実現する経験と具体化する匠を持ってますね・・この人達は・・・。 ●幾分濃いめの色調ながら赤果実味を中心に、程よく熟した黒い果実をちりばめて、丁寧に研かれたでも柔らかい充分な酸味。きめ細かなタンニンはその一部がミネラル感として、締まった輪郭と余韻の中のきれいな後味に繋がっている・・。2009年物として数少ない感心した1本。まいりました!(2011.12.12 いのまた) ユベールリニエACブルゴーニュルージュ 2009 新品,新作登場

ジュリエット・シュニュジュブレ・シャンベルタン1erCruレ・カズティエ 1997 HOT,豊富な

●下のヴォーヌ・ロマネと較べると、幾分こちらの1998年の方が熟成が進んでいるかな?と言う感じです。でも、基本的に「作り」は変わらないな・・・ヴォーヌロマネよりも果実味の膨らみを感じますが、ベースとなるタンニンの厚味とふくよかさ、そしてやや甘味すら感じさせるボディ。このあたりは共通しています。酸の繊細はやはりブルゴーニュなのですが、全体の味付けはNZ系のピノににているんでしょうかね・・・・。ちょっと面白いシャンボール・ミュジニ、そしてなかなかオイシイシャンボール。ミュジニ、であります。 ●いわゆるポテンシャルを感じさせられないのですが、きちんとしたクオリティをかんじるのかな?かなり詰めたニュアンスの作りを感じます。やること、やってるねと。酸のきれいさ、たゆたうようなボディの存在、欠点はあまり見つからないんだけどな~・・・・、伸びシロが測れない。ミネラル感が希薄。これがクリアーされるとかなり高得点が期待できるのですが・・・それでもワインとしては妖しい魅力に溢れています。(2008.07.21 いのまた) ジュリエット・シュニュジュブレ・シャンベルタン1erCruレ・カズティエ 1997 HOT,豊富な

ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 人気SALE,定番

●インポーターさんの資料よりです・・・  「サヴィニー村、アロッス・コルトン村、ショレー・レ・ボーヌ村に囲まれたACブルゴーニュの区画0.25ha(平均樹齢60年のVV)、サヴィニー村内AOCオート・コート・ド・ボーヌ区画のレ・シュヴリエール0.43ha(平均樹齢35年)、レ・ペリエール0.5ha(平均樹齢35年)のブレンド。約20%がACブルゴーニュで、約80%がAOCオート・コート・ド・ボーヌです。 ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 人気SALE,定番

ドメーヌシャソルネブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2005 大得価,定番人気

●・・・そう言えば、シャソルネのビゴ、ブドって、ここしばらく入荷したてで試飲していないな、と思いつつ飲んでみました・・・。 ●・・・う~ん、この香りは・・シャソルナードだ!と言うくらいに果実味を強く感じます。リンゴ系から桃、洋梨、香り自体はかなり白っぽいかな?で、おそらく時間を置くと柑橘系の香りや、トロピカルなイメージが広がってくるんだろうな~、と思っている間に広がってきちゃいました。ごく僅かに還元的なところがあり、幾分閉じた印象もありますが、香りの「容量」は極めて大きい。珍しくグラスグルグルやって香りを起こしていますが、そのたびごとに異なった印象の「果実味」。香りだけでもかなりワクワクできそうです。 ●で幾分甘栗系の要素も感じられるようになってきたので、ここらで一口。香りから感じる以上にグリップのしっかりとしたボディ。インパクトあるミネラル感。ハチミツ系の香りもスタンバイ完了です。・・・でも、酸が幾分とんがっているところがちょっと気がかり。繊細な故にこれが目立ちます。・・・とは言ってもこれはあくまでこの2007年4月3日に飲んでのこと。推測で・・・早くて2ヶ月~3ヶ月ぐらいでぐっと落ち着き、バランス良くなるんじゃないかな? ●このワイン、例年ですとクラスを越えたボディの厚み、と言うのがウリなんですが、この2005年さらに果実味と酸とのバランスが整い、なるほど2005年という感じです。その為意外に飲み頃も続くかな?3~4年は行けるのではと思います。でもやはり早く飲んでみたい!と言う時は・・・一日だけ我慢して!抜栓翌日でかなり美味しくなっていると思います。是非お試しを。(2007.04.03 いのまた) ●・・・まだ残っていましたビゴ。今日は4月12日です。いくら何でも、と思いつつ飲んじゃいましたが・・・しっかりとビゴ、しています。確かに酸の立ち具合や酸化が進んではおりますが、取り残された旨味の凝縮感、只者ではありません。ただただ残りの本数が気になって仕方のない今日この頃、です。 ドメーヌシャソルネブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2005 大得価,定番人気

クリストフ・ルーミエルショット・シャンベルタン GrandCru 2006 人気SALE,定番

プリューレ・ロックニュイ・サンジョルジュ1erCru クロ・デ・コルヴェ 2005 高品質,安い

●勢いであけてみました。ズバリ、コレまで飲んできた2005年のワインで間違いなく5本指に入りますね(DRCとかデュガ・ピィとかジョルジュ・ルーミエとかヴォギュエとか・・・・その他いろいろは飲んでないけど)。・・・なんかコレも閉じちゃっているなと思っていたんですが、二口目あたりから旨さが溢れて来ます。 ●とは行っても、幾分樽のピリピリした感じや、タンニンのググッと詰まった中盤の構成、妙にオープンなハーブの香りと、出演者の皆さんは、取り敢えず勝手気ままで、幾分纏まりに掛けるかな・・・・と思いつつ、ふっと返しの香りに瑞々しいチェリーのニュアンス。主役はおそらくこの子でしょう。出演者の皆さんは誰もが名優なので、監督の言うことに的確に反応します、もう少しグラスを一振り二振り・・・ある程度馴染んでくるのは早いです。 ●ヴィエイユ・ヴィーニュと較べると何が違うか?スター性って事なんでしょうか?V.V.はなんとなく玄人受けする地味ながら味わいのある演技。それに較べると・・・こちらは天性の煌めきかな?でもメジャーは目指していない。インディーズ系なんですかね?取り敢えず口に含んで・・・上顎とか舌の裏側とかをグリグリとやると、きめ細かいタンニン、ミネラルの間から、ぞろぞろと果実味と旨味が湧いてくるんですね~。(そうか、自然派って言うのはある意味インディーズ系なんだよな・・・) ●多少当たりは粗いけど、コレってすごいな・・言語中枢に感覚がたどり着く前に味覚中枢がオーバーフローしちゃっているのでコメント考える前にココロとカラダは無重力状態に、と控え目に持ち上げていますが、間違ってもグランクリュを想像しないで!最上のプルミエ・クリュです・・・・・。(アンリ・フレデリックがほくそ笑んでいるところが目に浮かぶ・・2007.11.11 いのまた) ●その後の調べ(ってほどのモノではないのですが)で、どうやらこのクロ・デ・コルヴェは花ぶるいによる結実不良果(ミランダージュ:種が十分に成長せず、結果として実が小さく果皮が相対的に厚くなる=より糖度とアロマの凝縮された果実ができる)を選択して作られているようです・・・うーん、選果をどうしているんだろう? アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックニュイ・サンジョルジュ1erCru クロ・デ・コルヴェ 2005 高品質,安い

メゾン ルー・デュモンAOCヴォーヌ=ロマネ Cuvee Prestige 2002 赤字超特価,正規品

●ブドウは某グランクリュのグラピヤージュ100%を使用。仕込み方はほとんど通常のヴォーヌ・ロマネと同じようですが、熟成にクロ・ド・タールの一年樽を100%使用しています。620本生産 ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 メゾン ルー・デュモンAOCヴォーヌ=ロマネ Cuvee Prestige 2002 赤字超特価,正規品

ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 新作登場,低価

●2ヴィンテージ空けて、2005年物が入荷しました。 ●で、ようやくコメントです。すでに昨年2007年から3回ほど入荷しておりますが、2007年の4月の試飲会で、まだ早いよな~とか、あんまりルイ・シュニュらしくな~い、と言うことで様子を見ようとして・・・忘れてみました。で、この2005年の最終入荷にあわせて飲んでみましょう、と。 ●う~ん、まだちょっとしっかりしているゾ~。ま、ワインとしてはしっかりとしていると言うのは良いことなのですが、もうちょっと、どこかかわいげというか、お他茶目なところがこのワインには欲しいです、実は。味わい的にはタンニンがちょいと強め。全体的な落ち着きはでていますが・・・何となくしっかり者、と言う感じのジュリエット姉さん、って感じです。 ●で、気持ち的には後1年、おいておきたいところだけれども、例の番組みたいにボトル振っちゃうと結構オイシイかもとやってみると・・・なんと無く旨味も出てきて本来のルイ・シュニュ的な梅かつを風味もたっぷり。アア、いいねこれ!。振ると幾分果実味がスポイルされるところはありますが、トータル的には味わい深くなる、つって感じでしょうか?・・・ま、なんだかんだ言っても2005年はいい年なんだだけど、多少いじくって上げないと優等生なルイ・シュニュどつまらない、と言うことなんでしょうか。いろいろと「技」を試すにはもってこいの一本です。(2008.04.04 いのまた) ●で、何だかんだいってやっぱりルイ・シュニュ飲んじゃいます。今日は残りが3分の1。・・・ここがまたオイシイですね。ピークは過ぎた感じでかなり酸がくっきりとしていて、尚かつこの年のアルコール感の強さというか、が幾分でていますがこの、キュキュッとした感じがルイ・シュニュのスタイル・・・。やっぱりあと一年は寝かさないと・・(2008.04.05 いのまた)  2002年物のコメントです。↓ ●ここはどういう訳かリリース時期が前後したり、バラバラだったりで、こちらの2002年物も2006年の夏入荷。と言うことで一月ほどたっての試飲ですが・・・・良い感じです。 ●まず色は・・・薄い。香りは・・・01よりももっと果実味がはっきりして鮮やか。甘くミンティーなハーブの香りも載っています。や、良いですねこれは!アルコール度数は12.5度とややライト気味、軽めに楽しむことができそうです。味わいはしっかりサヴィニ。キュートな果実味をもっている割には土っぽいミネラル感もしっかりとでています。・・・なるほど仔牛のカツレツね・・・2001年と同じような傾向をしっかりと引き継ぎながら、さらにブラッシュアップされた感じの2002年です。 ●このワイン、実はとある「ダイニング」でいただいていますが、抜栓後の時間も少し長かったのでもっと丸みがある味わい。そのとき感じたちょっとコルクっぽい感じ?は樽の木質の感じだったのかな?樽の焦がし方が強いのかな?などと思い出しつつ、やはりグラスがすすみます・・・。一級物ですともう少し畑の個性がしっかりとでますが、この村名もサヴィニらしい小振りなまとまりと、ほどよいミネラル感に充ちています。飲み頃は後2年ぐらいまでかな?と控え目に見積もっていますが、やはりラベルのかっこよさと共にオススメです。・・・あ~、吉牛、再開が待ち遠しい(2006.09.06 いのまた) ↑くつろぐシュニュ姉妹(奥が営業担当ジュリエット氏 2007.04.04 六本木:祥瑞)    2001年物入荷時のコメントです↓ ●ラベルに似ていて・・・ちょっと「情熱的」なサヴィニです。平均樹齢は60年と言いますからかなり古い樹です。非常に澄んだルビー色。浅い色合いですが鮮やかで魅力的。チェリーの香りに少しイチゴも混じって・・サヴィニの下の方かな?果実味に乗った自然な甘さも中々良く表現されています。味わってまず感じるのは潜在的なタンニンの強さ、キシキシと音を立てそうな生成の絹糸。軽さの中にほどよい緊張感のある張りがあります。香りの印象より幾分果実味は控えめ、やはり2001年のワインだからでしょうか?ややごつごつとしたミネラル感、サヴィニの魅力がコンパクトに詰まっています。 ●ワインだけで楽しもうとすると・・・若干存在感は希薄?スルスルとしてサクサクッと空いてしまいそうです。・・余韻の長さもしっかりとしていますが、ちょっと苦みが強いかな?でもコレで返って食事引き立つという物です。喉越しの美味しさ・・さっくり揚げた子牛のカツレツなどはいかがでしょうか?(2004.12.19 いのまた) ●2つか目になると多少柔らかさ、果実味が出てきます。最初感じた苦さも優しくミネラリーな味わいに変わってきました。このくらいが飲み頃かな?飲み頃は『今』というところ、でもサヴィニだから3~4年でぐっと変わるかも?期待と不安で・・・な、ワインです。(2004.12.20 いのまた) ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 新作登場,低価

ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 HOT,大人気

●2ヴィンテージ空けて、2005年物が入荷しました。 ●で、ようやくコメントです。すでに昨年2007年から3回ほど入荷しておりますが、2007年の4月の試飲会で、まだ早いよな~とか、あんまりルイ・シュニュらしくな~い、と言うことで様子を見ようとして・・・忘れてみました。で、この2005年の最終入荷にあわせて飲んでみましょう、と。 ●う~ん、まだちょっとしっかりしているゾ~。ま、ワインとしてはしっかりとしていると言うのは良いことなのですが、もうちょっと、どこかかわいげというか、お他茶目なところがこのワインには欲しいです、実は。味わい的にはタンニンがちょいと強め。全体的な落ち着きはでていますが・・・何となくしっかり者、と言う感じのジュリエット姉さん、って感じです。 ●で、気持ち的には後1年、おいておきたいところだけれども、例の番組みたいにボトル振っちゃうと結構オイシイかもとやってみると・・・なんと無く旨味も出てきて本来のルイ・シュニュ的な梅かつを風味もたっぷり。アア、いいねこれ!。振ると幾分果実味がスポイルされるところはありますが、トータル的には味わい深くなる、つって感じでしょうか?・・・ま、なんだかんだ言っても2005年はいい年なんだだけど、多少いじくって上げないと優等生なルイ・シュニュどつまらない、と言うことなんでしょうか。いろいろと「技」を試すにはもってこいの一本です。(2008.04.04 いのまた) ●で、何だかんだいってやっぱりルイ・シュニュ飲んじゃいます。今日は残りが3分の1。・・・ここがまたオイシイですね。ピークは過ぎた感じでかなり酸がくっきりとしていて、尚かつこの年のアルコール感の強さというか、が幾分でていますがこの、キュキュッとした感じがルイ・シュニュのスタイル・・・。やっぱりあと一年は寝かさないと・・(2008.04.05 いのまた)  2002年物のコメントです。↓ ●ここはどういう訳かリリース時期が前後したり、バラバラだったりで、こちらの2002年物も2006年の夏入荷。と言うことで一月ほどたっての試飲ですが・・・・良い感じです。 ●まず色は・・・薄い。香りは・・・01よりももっと果実味がはっきりして鮮やか。甘くミンティーなハーブの香りも載っています。や、良いですねこれは!アルコール度数は12.5度とややライト気味、軽めに楽しむことができそうです。味わいはしっかりサヴィニ。キュートな果実味をもっている割には土っぽいミネラル感もしっかりとでています。・・・なるほど仔牛のカツレツね・・・2001年と同じような傾向をしっかりと引き継ぎながら、さらにブラッシュアップされた感じの2002年です。 ●このワイン、実はとある「ダイニング」でいただいていますが、抜栓後の時間も少し長かったのでもっと丸みがある味わい。そのとき感じたちょっとコルクっぽい感じ?は樽の木質の感じだったのかな?樽の焦がし方が強いのかな?などと思い出しつつ、やはりグラスがすすみます・・・。一級物ですともう少し畑の個性がしっかりとでますが、この村名もサヴィニらしい小振りなまとまりと、ほどよいミネラル感に充ちています。飲み頃は後2年ぐらいまでかな?と控え目に見積もっていますが、やはりラベルのかっこよさと共にオススメです。・・・あ~、吉牛、再開が待ち遠しい(2006.09.06 いのまた) ↑くつろぐシュニュ姉妹(奥が営業担当ジュリエット氏 2007.04.04 六本木:祥瑞)    2001年物入荷時のコメントです↓ ●ラベルに似ていて・・・ちょっと「情熱的」なサヴィニです。平均樹齢は60年と言いますからかなり古い樹です。非常に澄んだルビー色。浅い色合いですが鮮やかで魅力的。チェリーの香りに少しイチゴも混じって・・サヴィニの下の方かな?果実味に乗った自然な甘さも中々良く表現されています。味わってまず感じるのは潜在的なタンニンの強さ、キシキシと音を立てそうな生成の絹糸。軽さの中にほどよい緊張感のある張りがあります。香りの印象より幾分果実味は控えめ、やはり2001年のワインだからでしょうか?ややごつごつとしたミネラル感、サヴィニの魅力がコンパクトに詰まっています。 ●ワインだけで楽しもうとすると・・・若干存在感は希薄?スルスルとしてサクサクッと空いてしまいそうです。・・余韻の長さもしっかりとしていますが、ちょっと苦みが強いかな?でもコレで返って食事引き立つという物です。喉越しの美味しさ・・さっくり揚げた子牛のカツレツなどはいかがでしょうか?(2004.12.19 いのまた) ●2つか目になると多少柔らかさ、果実味が出てきます。最初感じた苦さも優しくミネラリーな味わいに変わってきました。このくらいが飲み頃かな?飲み頃は『今』というところ、でもサヴィニだから3~4年でぐっと変わるかも?期待と不安で・・・な、ワインです。(2004.12.20 いのまた) ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 HOT,大人気

フィリップ・パカレシャブリ1erCru ボーロワ 2005 品質保証,SALE

●フィリップ・パカレやはり赤よりも白の造り手、なのだろうか?このシャブリ、実にシャブリらしい土地の個性を持っている。レモンなどの黄色い柑橘系、青リンゴ、あるいはライムのような青くフレッシュな酸。そして何よりも薫り高くも火打ち石のようなミネラル感。香りこそ穏やかではあるが、口に含むと一気に果実味が押し出し、ミネラル感はすかさず下からのバックアップに備えると言った、念の入ったチームワーク。ある意味久しぶりにシャブリらしいシャブリをのんでいるのかもしれない。 ●これだけサンプルで入れて、アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムールのものと較べようと試飲を伸ばしてきたが、実際ド・ムールと較べると、先ずはこちらは典型的なシャブリの「キンメリジャン」的なミネラル感。に対して厳密にはキンメリジャンではないド・ムールのもっと粘土質な処からえられた粘りある果実味、と共に土地の個性の良くでたワイン、だと思うし同時にそれが実にシャブリ的な物だとも思う。 ●いずれにしろ、このパカレのシャブリ、ナッティーというか、ヘーゼルナッツの香りが非常に魅力的、そして先は長い。おそらく1~2年で還元状態に入る気もするが、3~4年は寝かせてみて損ではないだろう。最も抜栓して軽くデカンターをすれば・・・・驚くほどのスケール感を見せてくれるに違いない。(2007.06.05 いのまた) Ch Rays,Domaine Leroyで研修を積んだ後、プリューレ・ロックの醸造長を長年務めその後2001年に独立・・・が、フィリップ・パカレの経歴です。また彼はボージョレのマルセル・ラピエール氏の甥でもあり、その縁で『自然派(アペラシオンを越えたフランス全土における)』を形成することとなったジュール・ショヴェの最後の弟子でもあります。 パカレはジュール・ショヴェの元で、相応の犠牲(例えば労働時間であり、あるいは腐敗果を捨て去る勇気・・・)を払うことを厭わなければ、近代技術に頼らない自然派の作り=かつて1950年代頃まで普通に行われていた作り方で、テロワールを忠実に表現する素晴らしいワインができる可能性に満ちていることを学んできました。そしてここで行われていることが「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と言うことも理解しています。 そしてパカレ曰く、「ブルゴーニュワインの多くは単一品種で構成されているからその味わいを造っているものは、ブドウではなくテロワールなのである。これを最も大切にしなくてはいけないし、土壌、ブドウ、天候、そして人間があり、このどれ一つとして欠けてもワイン造りは不可能である。また、人間はオーケストラでいうところの指揮者であり、ブドウがより良く育つために導いてあげるだけなのだ。ワインは工業製品ではないから、技術を駆使して手を加えてしまうと本当のテロワ-ルを表現することはできない。」と。 実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。 醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。 このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。インポータさんからの2005年ヴィンテージコメントです。   「非常に出来がよく、今までのパカレのワインの中で「偉大・傑作」といえる作柄。2005年を戦後のブルゴーニュ全体の作柄と比較するなら、1978年のような綺麗な酸味、そして1945年に似た味の濃縮感と収量の少なさです。どちらの年も1959年と並ぶブルゴーニュの赤にとって秀逸な年です。また白ワインの熟度も非常によくて、濃厚でコクの強いヴィンテージとなりました。」・・・なるほど期待の2005年です。こちらは最新ヴィンテージ2006年に関してフィリップ・パカレからのコメントです。   「一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日から行いました。   「2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。   「香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。   「最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい・・・。 フィリップ・パカレシャブリ1erCru ボーロワ 2005 品質保証,SALE

エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 送料無料,低価

●クロ・ド・ヴージョはその昔、エルヴェの父アラン・ルーミエが、クリストフとその父ジャン・マリーにフェルマージュで貸していました。1978年、エルヴェがドメーヌを引き継いだ時にエルヴェに返却されました。 エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 送料無料,低価

ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 限定SALE,安い

●2ヴィンテージ空けて、2005年物が入荷しました。 ●で、ようやくコメントです。すでに昨年2007年から3回ほど入荷しておりますが、2007年の4月の試飲会で、まだ早いよな~とか、あんまりルイ・シュニュらしくな~い、と言うことで様子を見ようとして・・・忘れてみました。で、この2005年の最終入荷にあわせて飲んでみましょう、と。 ●う~ん、まだちょっとしっかりしているゾ~。ま、ワインとしてはしっかりとしていると言うのは良いことなのですが、もうちょっと、どこかかわいげというか、お他茶目なところがこのワインには欲しいです、実は。味わい的にはタンニンがちょいと強め。全体的な落ち着きはでていますが・・・何となくしっかり者、と言う感じのジュリエット姉さん、って感じです。 ●で、気持ち的には後1年、おいておきたいところだけれども、例の番組みたいにボトル振っちゃうと結構オイシイかもとやってみると・・・なんと無く旨味も出てきて本来のルイ・シュニュ的な梅かつを風味もたっぷり。アア、いいねこれ!。振ると幾分果実味がスポイルされるところはありますが、トータル的には味わい深くなる、つって感じでしょうか?・・・ま、なんだかんだ言っても2005年はいい年なんだだけど、多少いじくって上げないと優等生なルイ・シュニュどつまらない、と言うことなんでしょうか。いろいろと「技」を試すにはもってこいの一本です。(2008.04.04 いのまた) ●で、何だかんだいってやっぱりルイ・シュニュ飲んじゃいます。今日は残りが3分の1。・・・ここがまたオイシイですね。ピークは過ぎた感じでかなり酸がくっきりとしていて、尚かつこの年のアルコール感の強さというか、が幾分でていますがこの、キュキュッとした感じがルイ・シュニュのスタイル・・・。やっぱりあと一年は寝かさないと・・(2008.04.05 いのまた)  2002年物のコメントです。↓ ●ここはどういう訳かリリース時期が前後したり、バラバラだったりで、こちらの2002年物も2006年の夏入荷。と言うことで一月ほどたっての試飲ですが・・・・良い感じです。 ●まず色は・・・薄い。香りは・・・01よりももっと果実味がはっきりして鮮やか。甘くミンティーなハーブの香りも載っています。や、良いですねこれは!アルコール度数は12.5度とややライト気味、軽めに楽しむことができそうです。味わいはしっかりサヴィニ。キュートな果実味をもっている割には土っぽいミネラル感もしっかりとでています。・・・なるほど仔牛のカツレツね・・・2001年と同じような傾向をしっかりと引き継ぎながら、さらにブラッシュアップされた感じの2002年です。 ●このワイン、実はとある「ダイニング」でいただいていますが、抜栓後の時間も少し長かったのでもっと丸みがある味わい。そのとき感じたちょっとコルクっぽい感じ?は樽の木質の感じだったのかな?樽の焦がし方が強いのかな?などと思い出しつつ、やはりグラスがすすみます・・・。一級物ですともう少し畑の個性がしっかりとでますが、この村名もサヴィニらしい小振りなまとまりと、ほどよいミネラル感に充ちています。飲み頃は後2年ぐらいまでかな?と控え目に見積もっていますが、やはりラベルのかっこよさと共にオススメです。・・・あ~、吉牛、再開が待ち遠しい(2006.09.06 いのまた) ↑くつろぐシュニュ姉妹(奥が営業担当ジュリエット氏 2007.04.04 六本木:祥瑞)    2001年物入荷時のコメントです↓ ●ラベルに似ていて・・・ちょっと「情熱的」なサヴィニです。平均樹齢は60年と言いますからかなり古い樹です。非常に澄んだルビー色。浅い色合いですが鮮やかで魅力的。チェリーの香りに少しイチゴも混じって・・サヴィニの下の方かな?果実味に乗った自然な甘さも中々良く表現されています。味わってまず感じるのは潜在的なタンニンの強さ、キシキシと音を立てそうな生成の絹糸。軽さの中にほどよい緊張感のある張りがあります。香りの印象より幾分果実味は控えめ、やはり2001年のワインだからでしょうか?ややごつごつとしたミネラル感、サヴィニの魅力がコンパクトに詰まっています。 ●ワインだけで楽しもうとすると・・・若干存在感は希薄?スルスルとしてサクサクッと空いてしまいそうです。・・余韻の長さもしっかりとしていますが、ちょっと苦みが強いかな?でもコレで返って食事引き立つという物です。喉越しの美味しさ・・さっくり揚げた子牛のカツレツなどはいかがでしょうか?(2004.12.19 いのまた) ●2つか目になると多少柔らかさ、果実味が出てきます。最初感じた苦さも優しくミネラリーな味わいに変わってきました。このくらいが飲み頃かな?飲み頃は『今』というところ、でもサヴィニだから3~4年でぐっと変わるかも?期待と不安で・・・な、ワインです。(2004.12.20 いのまた) ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 限定SALE,安い

ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 驚きの破格値,セール

●どうも皆さんには賛同を得られないのですが、個人的にはこのジャッセが一番ビゾ的な味わいを醸しているかな?と思うのです。その心は?あるがまま! ●そのジャッセの2007年ですが・・・アルコール度数が11.5度しかいない!ドイツワインじゃ無いのだから、と言いたくもなりますね。そして色調もいつもより幾分薄い感じでしょうか?香りには幾分の還元的な状況での香りが・・・こっそりと気持ち的にはますますアンリ・ジャイエに近づいているのかな?と期待しつつ・・・飲んでみたところでは、期待通りの味わいで、ホットしています。 ●一言で括ると「水の様な」非常にさっぱりとした構成でありながら余韻がながい。チェリーの様なフランボワーズの様な、あるいはアセロラ的な果実味と酸味。軽いボディなのですがその軽さ故に味わいが大きく拡散していく。このある種の透明感ある味わいがストレートに飲む喜びにつながっていく。こう気がつくと・・・コメント書くのが辛くなります。このまま溺れていたい・・・・ ●味わいは至ってシンプルなもの。見事までに造り手の意識、あるいは誘導しようとする姿勢が感じられない。あるがまま、の存在。素材を見事なまでに「見立て」ている。このヴィンテージの他の作品をまだ飲んでいないので、これ以上の検証は難しいのですが、この一本を飲んだところでの印象は「ビゾ、また次のステージに登ったかもしれない!」ですネ。(2009.08.23 いのまた) ●一応2日目・・昨日よりもスパイス、たとえばクローブとかカルダモンなどのオリエンタルな感じ、のニュアンスが多少強くなってきたかなというところで、ヴォーヌ・ロマネ的、あるいはこのジャッシェ的味わいが強く感じられます。で、思うのは改めて、丁寧な仕事ですね。丁寧と言ってもその殆どは畑での作業と、重視すべき点は選果、ですね。バーガウンド.comにも書いてあったのですがこの年は基本的には「難しい年」。ブドウの成熟が房によってかなりばらつきがあったようです。そこで選果の段階で、過熟気味のもの、熟し切れないもの、を選り分けバランスの良いブドウだけを仕込みに廻した結果のようです。色が薄いからと言って侮れない、飲み頃はやはりまだまだ先のようです。(2009.08.24 いのまた) ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 驚きの破格値,セール

フィリップ・ロティブルゴーニュ・アリゴテ 2005 高品質,限定セール

●名義上フィリップ・ロティの名前となります。この2005年が初リリースとなるアリゴテ、です。インポーターさんのコメントをどうぞ・・。  「果実の甘み、酸度とのバランスがとても良い。フィリップ氏の自宅があるコート・ド・ニュイ・ヴィラージュに畑を買ったそうで、樹齢は約40年。もしシャルドネなら、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュを名乗るんだそうです。0.6ha。」 ジョセ・フロティ、現在は息子さんのフィリップ・ロティが中心となってワイン造りを行っている小規模ながら実力派ドメーヌ、と言われつつこれまであんまり飲んだことの無かったジョセフ・ロティ。イヤ~良いワインです。比較的裾物を飲んでも非常にスムーズな味わい。でも、これだけじゃないよね・・・・ちょっと寝かせてみても良さそうです。上の方はもっとすごいんだろうな・・・・。ジョセフ・ロティ熱烈お薦めドメーヌかも、です。 フィリップ・ロティブルゴーニュ・アリゴテ 2005 高品質,限定セール

ダニエル・モワーヌ・ユドロシャンボール・ミュジニ 1erCru「レ・ザムルーズ」1997 人気セール,人気

「恋人たちの」という名のレ・ザムルーズ。造り手は控え目ながら実力派のD・M・ユドロ。飲み頃の1997年です。 ●94を試して意外な展開?でしたのでこちらは追加してみました。と言うことで、地元のお客さんとご機嫌取りとうことで飲んでみました・・・・。う~ん、微妙だな・・・94に較べると少し苦味が強い。幾分熱が入った?と思わせるような香りもあって、微妙。94はかなり明るいイメージがでていたのですが、この97年、少し曇っていますね・・。幾分色調も濃いめというか黒いというか。中盤の果実味はまだ感じられるのですが、今ひとつパワーが弱い。これはこれで味わい的には面白いけれど幾分ピークを過ぎている感じですね。 ●尤も、この手のワインには厄介な「ボトル差」があるのでこれ一本では何ともいえないのですが、最近飲ませていただいた1997年のブルゴーニュに共通する、ちょっとくらいところがありますね。幾分液温が低い為もありますが、94もこんなところでのんだしな・・・。ヴィンテージ、なんでしょうかね?作りとしては華やかさは無いですが、基本どおりに真面目に作っている感じです。そこに好感を持ちつつ・・・。 ●グラスをグリグリやると香りの中の「やられちゃった部分」はとんでいきます。なんでしょう、取り敢えずボトルの中で酸化のピークを迎えて還元的な状態?かれこれ抜栓して20分、なんとなく持ち直して来た感じです。グラスグリグリです・・・。あれま!酸も復活してきました・・危ない香りも飛び去り、紅茶きのこの香りです。果実味も詰まってきた感じかな・・。ふ~っ、一安心、としつつ・・・なんとなく他の1997年物を思い出すのですが・・・共通するのはタンニン系の味わいの単調さなんですかね・・・。果実味はなかなかに豊なのですが、支えがしっかりとしていないから、どうも落ち着きがない・・・。ちょっと「二人でレ・ザムルーズ」というのは難しいかな?ワインに気をとらわれすぎると、彼女にあきれられちゃうぞ~!などと思いつつ、これを彼女に美味しく飲ませることができたら・・・・完璧!です。(2007.12.13 いのまた) ●・・・でしたが、あまり進まないなと思いつつ飲み干したところで・・・ズズズ~っと出てくる旨味はなんでしょうか?ややこしいですね~。この味わいって結構南のワインに多いんですね・・・いわゆるボラチル高い、けれども旨味がある・・・丁度、お歳暮でいただいた「牛肉の味噌漬け」を食べたいなと思わせるところは・・・そして意外に色あい的な変化が進んでいるところなど・・・・・・。 ダニエル・モワーヌ・ユドロシャンボール・ミュジニ 1erCru「レ・ザムルーズ」1997 人気セール,人気

ジャン=クロテ G.F.A Les Genevraysサヴィニレボーヌ レプランショ 2006 最安値,お買い得

●サヴィニでこのお値段でホント申し訳ないくらいです。このままコメントもせずにと言うのは、さらに申し訳ないので飲んでみました。すっごくイイです!2005年でなんとなく復活したかな?というエマニエル・ルジェ待望の2006年物、と言っても良いんじゃないでしょうか、このワイン。実際にかなり良いときのルジェらしい美味しさ、期待以上に詰まっていました・・・・・。(ルジェのドメーヌ名で出しているサヴィニ・レ・ボーヌ、おそらく同じ畑のブドウからかと。対価を現物のワインでもらう、と言う感じでしょうか?) ●ホント開けたて、この香りは還元的な金属的香りか、サヴィニらしいという感じの少し土っぽいミネラルか・・・結果的に金属的な感じはほんの僅かな間に消え失せ、残りはやっぱりサヴィニ節。香りも緩やかに開き気味なところに引かれます。そして何よりも甘い!味わいも香りと同様果実味に樽の甘さが溶け込んでいます。このあたりの中盤の展開は実にお見事、おそらくブラインドならばヴォーヌ・ロマネとか言っちゃいそう。同じ球体でも、なんとなく綿を強く丸めたような中心を感じるのはやはりコート・ド・ボーヌ系ですがアルコール感の強さ、ある意味リキュール的なニュアンスが強くでているところは実にルジェのドメーヌ物、に似ています。アフターからフィニッシュは実に長く、ここでフレッシュな果実味をジンワリと感じさせてくれますね。・・・まだまだ先は長いぞ~。 ●ちなみにプランショはサヴィニでも一番フラットな所にある畑、です。と振りつつ2日目。ヴォーヌ・ロマネらしさは影を潜めつつ、もキレイな酸としっかりとした骨格が残っています。しっかりとしたフィネスを感じつつ後味の鉄っぽいミネラル感がサヴィニ的。こうなるとルイ・シュニュとかのサヴィニとの共通性が感じられます。でも1日目の甘さの乗ったバランスの良さはルジェ的だったな・・・。と言うことでほんの少しだけの2日目でした。(2009.01.30 いのまた) ジャン=クロテ G.F.A Les Genevraysサヴィニレボーヌ レプランショ 2006 最安値,お買い得

ドメーヌクロードデュガACブルゴーニュ ルージュ2010 赤字超特価,人気

●2009年が良かったのでさらに良さそうな2010年も入れてみました。・・・「果実味のヴォリューム感よりも幾分フェノール系のウエイトが勝っているようだが、グラスの中でゆっくりと酸が膨らんで最終的にはバランスの取れたフィネスを感じる味わいになる。ここ数年の傾向通り赤い果実味の感触がましてきた。香りには心地よいハーブのアクセント、より磨き込まれたミネラル感。その年のブドウのコンディションをそのままに生かす造りの巧みさ。あるいはこれまでのスタイルを少しづつ変えながらアップ・ツー・デートしてくる上手さはさすがデュガ・・・(2012.08.04 いのまた) ●と言う事で、かなりオススメの一本となっております。一応バーガウンド.comのコメントも載せておきますね。こちらではOUTSTANDING!でした。  「A fresh, ripe and admirably pure nose of red berry fruit that is nuanced by earth undertones leads to delicious, supple and relatively refined middle weight flavors where the supporting tannins display only a trace of rusticity on the balanced, persistent and nicely complex finish. A quality Bourgogne that is worth considering.」 以下2009年物のコメントです。 ●バーガウンド.comのコメントです。 Producer note: The always understated Claude Dugat describes 2009 as a "relatively easy vintage. The growing season was relatively straightforward as there were no particular problems if you were careful about your vineyard work and yields. We began picking on the 20th of September and brought in very ripe fruit that ranged between 13 and 13.6% potential alcohols. The vinification was a normal one with no issues to speak of and the malos were normal as well. As to the wines, they remind me of the 1999's as there is a lot of upfront fruit with supple tannins though the overall impression is less pinot noir in character and the wines lack a bit of underlying tension. The Bourgogne and villages wines are perhaps a bit less well balanced than the 1ers and grands crus though the difference is relatively minor. I think that '09 will be a popular vintage but perhaps a bit less appealing for hard core burgundy enthusiasts." Tasting note: A reduced nose renders it hard to evaluate but there is excellent volume to the generous, delicious and admirably rich flavors that possess fine balance and impressive length. Lovely at this level.Tasted: Jan 01, 2011Score: 86-88Drink: 2013+ - Comments: Outstanding Top value ・・・と言う事で『お買い得』となってました・・・。  ・・・以下、似たような?年と言う事で2005年のコメントです。 ●ワインアドヴォケイト170号(2007年4月版)のコメントです。   「The 2005 Bourgogne (in bottle since December) displays genuine density as well as a bit of woody stiffness, although juicy raw black raspberry fruit abounds as well. Certainly one should plan on giving this a few years in bottle before revisiting. 87points $40」 ●こちらも樽での試飲ですが・・・バーガウンド.com25号のコメントです。   「Fairly strong reduction largely hides any discernable nuance on the earthy red fruit nose but the rich, full, intense and impressively well-detailed flavors are complex if a bit rustic. Still, it's clear that there is real quality lurking underneath the funk and this is recommended.Tasted: Jan 01 2007Score: 85-88 Drink: 2010+ - Comments: Outstanding! Top value」 ●下の方のジュブレ・シャンベルタンのコメントでクロード自身が言っているように、「2005年は偉大な年だがピノ・ノワールにとっては偉大な年では無い」というのは非常に意味深く感じられます。デュガの05。試飲できるのはこちらのブルゴーニュぐらいなので・・・結論から言っちゃうと好み的には2004年が良かったな・・。2005年、肉厚で充実した果実味やタンニンの豊かさ、そしてしっかりとした輪郭やシルエットの構成。心を許せば「ブラボー」なんですが、ちょっと待って、これ?ボルドーのワインじゃないよね?・・・・・どこかでalarは「2005年は酒屋いらず」と言っていたのですが、このワインも確かに凄い!何となくヒラリー・クリントン!かパリス・ヒルトンあるいは叶姉妹と言った勢いのあるセレブ系な雰囲気。でもそれはブルゴーニュじゃないんだよな、個人的には。続けてクロード叔父さんは「できた葡萄をそのままに」と言っていますが、そうなると益々地球温暖化などが心配となる今日この頃です。 ●ワインそのものは、ホント文句付けようが無いくらいACブルとしては秀逸な出来映え。飲み頃もしっかりと3~4年先を見据えている。でもこれで良いのか?ブルゴーニュは!(2007.05.17 いのまた)  2004年物のコメントです↓ ●何となくな果実の香りは、やはり何となく控え目ですが、「すあま」のような甘さはしっかりと伝わってきます。幾分シャイな感じとも思えるのですが、むしろ分をわきまえていると言うところかな?それとなく伝わるポテンシャルの高さはクロード・デュガ。当然のことながらやはり空けるには後2~3年は待っていたいともいつつも、開けちゃって後の祭りですので、ズンズン行きます。 ●まず一口目、果実は香り同様に、どこかでマスクされストレートに感じられません。でも中盤からじわじわと来るところはいいですね。ここで二口目。うわっと!来ました「樽無し果実味の凝縮感」はデュガ節。しかもここ2~3年のものと較べるといたってタンニンが控え目で柔らかい。ダークチェリーからブラックベリー中心に果実味がしっかりとまとまっています。豊かで柔らかく撓る酸もタップリとして、シンプルな構成ながらもヴォリューム感がある。何となくですが1990年代中盤の味わいに似ているのかな?2000年前後の「押し出しの強さ」の代わりに「ただあるがまま詰めました」みたいな全うにクラシカルで洗練された美しさを感じます。 ●グラスに入れて時間をおくと、崩れるのが早い(30分ぐらい)のはACブルなので致し方ないところ。旨味はそれなりに維持していますが幾分若くこなれないハーブの味わいが出てきてしまいます。逆を言えばグラスにたっぷりと入れて、ボトルからすこしづつ足してあげるとその美味しさは維持できる!(この辺りがデュガのACブルをどう評価するかと、いつも悩むところなんだよな・・・)。薄めの仔牛のカツレツなんかにイイんじゃないかな?・・タマネギと豚肉の串カツとかにも・・・何となくうっかりとしてかなり焦げ気味の串カツならば2003年物も良さそうな気もしますが、少し濃いめのきつね色に揚がってお肉の芯の部分がほんのりピンク色と言うときにはやっぱり2004年物が・・・(2006.05.17 いのまた) ●バーガウンド.comの21号のコメントはこんな感じです・・・。   「Fairly strong reduction masks the nose but the middle weight flavors are sweet, rich and dense, particularly so for the vintage as while the Dugat Bourgogne is never an inelegant wine, it is especially pretty in 2004.84-86points ~2007+   「Producer note: The always understated Claude Dugat told me that 2004 is a "good millesime but not a great one. August was just too ugly with limited luminosity, hail and other various problems and while September was one of the finest ever, we just couldn't recoup all of the lost maturity. Thankfully, there was just enough phenolic maturity and better than expected sugars which were in the 12% range. I elected to do a 15 day cuvaison with twice daily punch downs but almost no pumping over. The malos were very long and the wines are interesting as they continue to put on weight but still, I don't believe they'll ever be genuinely great. That said, 2004 is very pinot with a certain underlying tension to the wines and I particularly like the elegance. There is a good base of acidity so the wines are very clean and energetic in the mouth yet it isn't aggressive. I don't believe there is another vintage that represents a really good parallel but if I had to choose one, it would be 2001." The present plan is to bottle at the usual time, which in Dugat's case is February.While I agree with Dugat that 2004 is not truly a great one at this domaine, it is clearly very fine and will give much pleasure over the medium term.   2003年物のコメントも載せておきます↓ ●ううっ~!ついに5000円の大台を越えて(申し訳ありません)の登場です、クロード・デュガのACブル。先日某百貨店主催のパーティーで飲んできた人の話では「濃いけどイイ!」とのことです。一応、バーガウンド.com(17号)でコメント見つけたので載せておきます。  「 Heavy reduction masks the nose though the flavors are extremely rich and full with plenty of material and a chewy finish. This is not exactly heavy but neither is it elegant and the flavors are borderline pruney. (82-85)/2007+」 ●2003年、やっぱり難しいッすね~。確かにヘヴィではないんだけれどエレガントさに欠けた、と言う印象はあります。果実味がこもっているのか?タンニンが幾分青いのか?マロラクティク発酵由来の柔らかい酸が返って全体の印象を緩くしているかな?たとえて言うなら沸騰した水で煎れてしまった玉露かな?デュガらしい、全体的な力強さはむしろきっちりと酸の乗っている2002年の方がある様に感じます。 ●大きめのグラスに移すと幾分赤い果実味も出てきますが、やはり時間が掛かります。一回落ち着かせる必要があるのかな?半年待ってちょっと飲み頃、でも2009年ぐらいまでに飲んじゃたほうが良さそうな気がします。魅力的ではありますが「美しく」年を摂っていく感じではないですね。この辺り難しいところです。美味しく飲むにはちょっと一工夫必要かな?2003年なかなか手強いです。(2005.05.03 いのまた) ●↑こんなコメント書いていると、また売れないな~、と思いつつの2日目です。別にフォローしようってんで訳ではないのですが、この2日目の方がいいかも・・・。香りにスミレっぽい感じも乗って幾分調子上向きです。赤い果実味も少し出てきたかな?相変わらず厚めのタンニンが残っていますが幾分柔らかさも出て、これならまずまずな感じですね。気持ちムーシュ(うるさい小蝿たち)の寄りつき方も昨日に比べると多くなってきました。やはりワイン自体はさすがデュガと言うことで丁寧に作られている印象ですが、「エレガントさ」とは少し間をおき、どうしても2003年の暑さをひしひしと感じてしまいます。それでも「力」は十分に持っているので飲み方や食事との組み合わせで上手く楽しみたいところ。。抜栓してすぐにデカンタージュして2時間は見た方が良いかな?合わせる料理はやはり鴨かな?ラムかな?このあたりもなかなか難しい・・・。 ドメーヌクロードデュガACブルゴーニュ ルージュ2010 赤字超特価,人気

ドメーヌ・モンショヴェブルゴーニュ・グラン・オルディネール 2006 全国無料,得価

●ガメイ100%のグラン・オルディネール、です。え~と、ダレでしたっけ?ブルゴーニュにはガメイを植えちゃいけない!と言ってガメイを全て引っこ抜かせてピノ・ノワール植えさせた王様がいましたね・・・・。チョット飲ませてあげたい・・・。 ●一昨年の今頃実は入荷しておりまして、その頃何となくガメイな感じが強めでしたので暫く放置して置いたのですが・・・・寝る子は育つ?イイ感じになってきました。とは言ってもそこはやはりガメイですので味わいの奥深さはそうそうにありません。そのかわり掴みの明解さ、あるいは根っからの明るさ、を発揮しています。中盤のグリップ感が今ひとつですが、見方を変えれば実にさっぱりとしたライト感覚。で、モンショヴェらしいジンワリ系のミネラル感が余韻を引いて、期待通りのまとめ方。何となくですが、スーパーで売っている鶏モモ肉の何となくレモンの風味を伴ったテリ焼きのパック(いつもながらにしっかりとした名称が解らずスミマセン)などに合うのかな・・・・? ●こちらも「栓」はスクリューキャップ。何かと便利?な一本です。(2008.10.01 いのまた) ドメーヌ・モンショヴェブルゴーニュ・グラン・オルディネール 2006 全国無料,得価

ドメーヌシャソルネサンロマン ルージュ Sour Roche スーロッシュ 2008 限定セール,豊富な