ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 超激得,セール

●2ヴィンテージ空けて、2005年物が入荷しました。 ●で、ようやくコメントです。すでに昨年2007年から3回ほど入荷しておりますが、2007年の4月の試飲会で、まだ早いよな~とか、あんまりルイ・シュニュらしくな~い、と言うことで様子を見ようとして・・・忘れてみました。で、この2005年の最終入荷にあわせて飲んでみましょう、と。 ●う~ん、まだちょっとしっかりしているゾ~。ま、ワインとしてはしっかりとしていると言うのは良いことなのですが、もうちょっと、どこかかわいげというか、お他茶目なところがこのワインには欲しいです、実は。味わい的にはタンニンがちょいと強め。全体的な落ち着きはでていますが・・・何となくしっかり者、と言う感じのジュリエット姉さん、って感じです。 ●で、気持ち的には後1年、おいておきたいところだけれども、例の番組みたいにボトル振っちゃうと結構オイシイかもとやってみると・・・なんと無く旨味も出てきて本来のルイ・シュニュ的な梅かつを風味もたっぷり。アア、いいねこれ!。振ると幾分果実味がスポイルされるところはありますが、トータル的には味わい深くなる、つって感じでしょうか?・・・ま、なんだかんだ言っても2005年はいい年なんだだけど、多少いじくって上げないと優等生なルイ・シュニュどつまらない、と言うことなんでしょうか。いろいろと「技」を試すにはもってこいの一本です。(2008.04.04 いのまた) ●で、何だかんだいってやっぱりルイ・シュニュ飲んじゃいます。今日は残りが3分の1。・・・ここがまたオイシイですね。ピークは過ぎた感じでかなり酸がくっきりとしていて、尚かつこの年のアルコール感の強さというか、が幾分でていますがこの、キュキュッとした感じがルイ・シュニュのスタイル・・・。やっぱりあと一年は寝かさないと・・(2008.04.05 いのまた)  2002年物のコメントです。↓ ●ここはどういう訳かリリース時期が前後したり、バラバラだったりで、こちらの2002年物も2006年の夏入荷。と言うことで一月ほどたっての試飲ですが・・・・良い感じです。 ●まず色は・・・薄い。香りは・・・01よりももっと果実味がはっきりして鮮やか。甘くミンティーなハーブの香りも載っています。や、良いですねこれは!アルコール度数は12.5度とややライト気味、軽めに楽しむことができそうです。味わいはしっかりサヴィニ。キュートな果実味をもっている割には土っぽいミネラル感もしっかりとでています。・・・なるほど仔牛のカツレツね・・・2001年と同じような傾向をしっかりと引き継ぎながら、さらにブラッシュアップされた感じの2002年です。 ●このワイン、実はとある「ダイニング」でいただいていますが、抜栓後の時間も少し長かったのでもっと丸みがある味わい。そのとき感じたちょっとコルクっぽい感じ?は樽の木質の感じだったのかな?樽の焦がし方が強いのかな?などと思い出しつつ、やはりグラスがすすみます・・・。一級物ですともう少し畑の個性がしっかりとでますが、この村名もサヴィニらしい小振りなまとまりと、ほどよいミネラル感に充ちています。飲み頃は後2年ぐらいまでかな?と控え目に見積もっていますが、やはりラベルのかっこよさと共にオススメです。・・・あ~、吉牛、再開が待ち遠しい(2006.09.06 いのまた) ↑くつろぐシュニュ姉妹(奥が営業担当ジュリエット氏 2007.04.04 六本木:祥瑞)    2001年物入荷時のコメントです↓ ●ラベルに似ていて・・・ちょっと「情熱的」なサヴィニです。平均樹齢は60年と言いますからかなり古い樹です。非常に澄んだルビー色。浅い色合いですが鮮やかで魅力的。チェリーの香りに少しイチゴも混じって・・サヴィニの下の方かな?果実味に乗った自然な甘さも中々良く表現されています。味わってまず感じるのは潜在的なタンニンの強さ、キシキシと音を立てそうな生成の絹糸。軽さの中にほどよい緊張感のある張りがあります。香りの印象より幾分果実味は控えめ、やはり2001年のワインだからでしょうか?ややごつごつとしたミネラル感、サヴィニの魅力がコンパクトに詰まっています。 ●ワインだけで楽しもうとすると・・・若干存在感は希薄?スルスルとしてサクサクッと空いてしまいそうです。・・余韻の長さもしっかりとしていますが、ちょっと苦みが強いかな?でもコレで返って食事引き立つという物です。喉越しの美味しさ・・さっくり揚げた子牛のカツレツなどはいかがでしょうか?(2004.12.19 いのまた) ●2つか目になると多少柔らかさ、果実味が出てきます。最初感じた苦さも優しくミネラリーな味わいに変わってきました。このくらいが飲み頃かな?飲み頃は『今』というところ、でもサヴィニだから3~4年でぐっと変わるかも?期待と不安で・・・な、ワインです。(2004.12.20 いのまた) ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 超激得,セール

プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ ニュイ・アン Nuits 1 2006 豊富な,大得価

●2006年のロック、入荷しました。ちょっと冷えすぎですが早速試飲を・・・・。ダークチェリーにミュールの様な果実、幾分ワイルドながらも凝縮感を持っています。ほんのりとヴァニラや甘草の甘い香りも湧いてきます。冷えすぎと言いながらもしっかりとした存在感。どうでしょうか?何となく無くロックのワインらしくないストレートなニュアンス。2005年よりも全体的な要素がバランスよくつまっているのかな? ●常々この「ニュイ・アン」には一級の味わいを期待しちゃいけないと思っているんですが、この2006年は、バックラベルの表示通りにニュイ・サン=ジョルジュ1erCruを期待していただいてイイかもです。感じとしてはモレ・サン=ドニのクロ・デ・ラローシュを一回り小振りにした様な・・。樽の感触なんですかね?でも果実由来のタンニンがすごっく丸まっていて滑らか。いわゆるビオ的なある種の線の細さが感じられません。もっとこう太い輪郭。で、樽のニュアンスが落ち着いてくると幾分中盤が間延びしつつも今度はお待ちかね、乾燥したハーブボックスとか、人参や牛蒡などの根菜類の持つ旨味の登場。・・・・これはもう牛蒡と人参のきんぴらに少し牛肉混ぜて、と言うパターンですね。中華系なら牛肉に片栗粉まぶしたのと筍のせん切りや赤ピーマンのせん切りをオイスターソースあたりで炒めたヤツとか・・・。コス・デス・トルネルよりもロックの方が何となくパゴタがにあいそうです。(2008.12.27 いのまた)  2005年物のコメントです ●下の方の2004年のコメントでは「それなり」と書いておりますが、2005年、お値段も高くなった分だけかなりの出来です。ニュイの1級でこの値段というのはちょいとお得では?と思っちゃいますね・・・。 ●いわゆる凝縮感に富んだ味わい。熟し加減が程よい果実味、ミネラルやスパイスを感じさせてくれる奥行き。一応、今は秋ですが、ニュイの丘の向こうには沸き上がる入道雲、そして澄んだ青い空って感じで、夏を感じるワインとなっています。でも、暑苦しくないのは、酸やミネラルの心地よい木陰のせいかな?2005年のロックのワイン、全て飲んでみたくなりました!!(2007.11.08 いのまた) ●暑い夏を感じさせながらもどこか涼しげ?味わいは十分に濃いけれど、まとまりすぎてスケール感が普通のプルミエクリュ・・・寝かせてどうかと問われれば・・・全体の落ち着きはでるけれど、タンニンがまとまりきれるかな?2つか目ですが意外に開かないと言うか、神経質というか・・・この辺り「ロックのワイン」なんですね。パカレもなかなか開いてくれないところがありますが、同じ年のパカレのニュイ・サン=ジョルジュの一級と較べるともっと質量がある。その分、重いと言うか動かない。あえて言うなら・・・叔母さんのところのワイン(最近飲んでいないけど)に似ているかな?・・・と考えつつ、このアンコールワットとかアンコールトム(行ったことないけど)なんかを勝手に感じさせるオリエンタルな神秘な感じ・・・・こう上のクラスは一体どうなっているのだろうと・・・(続く、かも 2007.11.08 いのまた) ●余談ですが、この辺りの7月の平均気温って夏場(7月)でも25度ぐらいなんですね。やはり日本よりも幾分低い。なのですがこの2005年はこの辺りも平気で30度越える暑さがあったわけで、その暑さの中で、ちょっとした木陰を演出してくれているこのワイン、なかなか良いワインと思う次第です。暑さは暑さとしながら、涼しさもきっちり抑えているんだよね・・・・おそらく畑の低いところのブドウかな? ●という感じで、3日前に開けたこちらのワイン飲んでいるわけですが、程よい味わい醸しちゃっています。アンコールワットから抜け出してその門前のお土産屋さんが並んでいる辺り、と言う幾ばくかの気軽さ・・・(相変わらず行ったことが無いので想像の世界です)。でもなんとなく異国情緒溢れるこのワイン・・・イイですよ~。ニュイ・サン=ジョルジュと言うよりもヴォーヌ・ロマネの雰囲気を醸しています。近頃気になるオーレリアン・ヴェルデなどと較べるとずっと怪しさが増しますね。つぎにフレデリックとあったときには「何処がクロ・デ・コルヴェになるか」じゃなくて「何がクロ・デ・コルヴェじゃないのか?」質問の内容変えてみよ。(2007.11.10 いのまた)   2004年物のコメント↓ ●一級クロ・デ・コルヴェの格落ちが「ニュサンジョルジュ1erCru」そしてさらに格落ちがこちらの「ニュイ・アン」となります。そしてその価格差は約5分の1。お得と捉えるか、それなりと捉えるか・・・・残念ながら「それなり」です。でもこのチャーミングな味わい。酸ものった豊かな赤い果実味、遠くから醸される樽のニュアンス。それでもまだまだ開ききらない処もあって、なかなかにプリューレ・ロックの魅力を伝えてくれる一本です。 アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ ニュイ・アン Nuits 1 2006 豊富な,大得価

リュシーetオーギュストリニエACブルゴーニュ ルージュ 2005 得価,正規品

●L et Oリニエの2005年。   2002年物のコメントです。 ●おそらく「ユベール・リニエ ACブルゴーニュ 2002」として最初にリリースされたときに較べると為替の影響等も含め・・・1000円近くのビハインド。でも蔵出しだし、飲み頃だし、同じリストに載っていた2003年よりは好みだろうし、とうことで入れてみました・・・。ちなみにこのブルゴーニュ用のピノ・ノワールの畑は0.65ha、リニエの看板商品クロ・デ・ラ・ロッシュ(1.1ha)よりも狭いです(でも収量の関係で、単純にクロ・デ・ラ・ロッシュの半分、というわけじゃないんだな、これが)。 で、ユベール・リニエでワインアドヴォケイトを調べると・・・   「The red cherry-scented 2002 Bourgogne is a soft, sensual wine with a fruit-filled, light to medium-bodied personality. Seamless and generous, it coats the palate with smile-inducing, lush red cherries. Drink it over the next 3-4 years.87-89points 2004-2008」となっていました。 リアルワインガイドの10号にも載っています・・・   「・・例年の村名クラスの力を有する仕上がりだ。値段は高いが対価に見合うとといえる(alar注:掲載時の価格はT百貨店で3750円)果実味はやや薄い中位のボディ感。しかし赤黒果実味と皮革、土のバランスの良い香りに加え、甘味の乗った上品なチェリーの味がよい。結構タニックで酸が多いが充分以上に上手い。今飲んで87点ポテンシャル88点 飲み頃予想2007~2015」・・・なるほどね。 ●・・・と、まずは、ってことで飲んでみました。なるほど、コルクには二匹のワンちゃんが・・・。良いコルク使っているよな・・・。しっかりとした熟成感、期待すると肩すかしを食らわされそうにちょっと閉じ気味、と思いきやイイ感じで開いてきます、がグラスの中に限れば静かになっていくのも早いかな?と。で、ちょこっと揺すってあげると、また元気に・・・何となく、そんな駆け引きしながらもイイワインですね・・・。さすがユベール・リニエって処が口惜しくもありますが・・。 ●いわゆる「バランスのとれた」ワインなんですね、これは。多少「アシディティ」で厚みはないけれど広がりがある。2002年のブルゴーニュって感じかな?一応ACブルですので、震えるような美味しさはありませんが、クラスを越えた味わい、は持ってます。此処は久しぶりに「和牛ステーキ」の出番かな?新鮮な、と言うよりもあれ?賞味期限、今日じゃん!と言うような処が良いですね。あわててフライパンで焼いて、椎茸とか合わせて炒めて・・・柚子ドレなんかでサクッと行きたい。・・・小さな贅沢、感じさせてくれるワインです。(2007.09.15 いのまた) リュシーetオーギュストリニエACブルゴーニュ ルージュ 2005 得価,正規品

クルティエ・セレクション par Lou Dumontシャルム・シャンベルタン 2004 安い,豊富な

●上の方の2本開けて、なかなかやるな!と言うところで、2004年とはいえ、グランクリュですよ!シャルム・シャンベルタンですよ!で、6400円(税別だけど)って、いっ、ぃ良いんですか~っ? ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 クルティエ・セレクション par Lou Dumontシャルム・シャンベルタン 2004 安い,豊富な

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 最新作,定番

●AOCモレ・サン=ドニに地続きで接するACブルゴーニュ区画(レ・シャン・ド・ラ・ヴィーニュ、レ・クレ・ギヨン)60%、アルスナン村のオート・コート・ド・ニュイ区画40%のブレンドで合計0.2ha分(平均樹齢30年)が85%。15%は、AOCモレ・サン=ドニのレ・クレ・ギヨンの樹齢10年以下のぶどうをブレンドしています。(ちなみに将来樹齢が上がった暁には、このレ・クレ・ギヨンは畑名付き単独キュヴェとして発売される予定です。)   以下2004年物についてのコメントです。 ●全部で8.5ha所有する畑のうち、ACブル用は0.2ha!しぶいです。平均樹齢は30年。・・・・初めての作り手さんなので、それほど仕入れいはしなかったのですが、これがまたなかなか良いです。しっとりとミネラル感の漂うまっとうな自然派ブル。04らしく少し若苦さを感じもしますが、まずまずと言った感じ。少し様子を見てみようと思っていましたが・・・・。 ●リアルワインガイドの表紙にここの「オート・コート・ド・ニュイ」が登場しました・・・もっと入れておけばよかった・・・。(と書いているのでおそらく2006.06頃 いのまた)で、そろそろ2005年も入荷!の噂もありますが、再び入れてみました・・・やはり上のコメントで感じた若苦さ、しっかりとしてほどよい「苦さ」になっています。全体に数段落ち着きましたね・・・。(2007.03.30 いのまた) オリビエ・ジュアンさんです。とあるワインバーではニッポンのワインや、イタリアのワインに感心を持って飲んでました。 オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 最新作,定番

メゾン ルー・デュモンAOCニュイ・サン=ジョルジュ レ・アルジラ 2002 激安大特価,セール

●レ・アルジラはニュイの村からオー・コート・ド・ニュイに向かう道の北側にこじんまりと広がった畑です。ブドウの平均樹齢は40年、収量は45hl/ha。新樽率33%。875本の生産です。 ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 メゾン ルー・デュモンAOCニュイ・サン=ジョルジュ レ・アルジラ 2002 激安大特価,セール

ドメーヌ・シャソルネサン=ロマン ルージュ スー・ロッシュ 2004 100%新品,大得価

●多少色が濃いめかな?と眺めている間に、チェリーとフランボワーズのたっぷり入ったヨーグルトの香りがグラスからあふれています。お得意の紅茶系もやんわりと乗って・・・・、実に良い香り。気持ち2003年に似たお焦げ的なニュアンスも含まれますが、なにぶんにも果実味が強くて、ナヤマシイ。まずは一口、です。これも、タンニンがまだ多少ばたついていますが、ニュアンス的にはこれまでのオクセイ・ルージュやニュイ・サン=ジョルジュに近づいてきた気配。実にしっかりと落ち着きのある仕上がりです。 ●2002年までの「薄味の旨味系」とは幾分異なりますが、これも果実の力強さが増した事を感じさせる、深い味わい。現時点では余韻の最後が、タンニン系で終わっていますが、半年もするといつものミネラル+旨味系に変化すると思います。ちょっと大人になったサン=ロマン・ルージュ。4年先が楽しみなワインです。(2006.03.18 いのまた) ●こちらもブラン同様に2002年とニュアンスが異なります。やはり感じ的には2003年の「豊かなタンニン」に近いのかな?1日おいた状態で昨日以上の果実味というか、フローラル系も混じった豊かで複雑な香りを感じます。飲んでみると意外に素っ気なくするする、と喉を通り・・・・ここから、いつもの旨味が登場です。でも全体がタンニンにカバーされている感じですので2002年の「梅カツオ」あるいは「紅茶キノコ」と言うより、かつを節そのものかな?いつも感じられるハーブのニュアンスにも、幾分スパイシーさが加わり、それだけ中身が詰まっている、と言うところです。 ●・・・やはり、まだまだ不安定な状態かな?グラスをグルグルやったり、継ぎ足し継ぎ足しとかで、そのたびに表情を変えますね。細かなところで味わいの連続性がとぎれます。とは言っても、その時々の表情は非常に豊か。粘性の強さも2003年のヌイ・サン=ジョルジュ並み。我慢目標は4年先の2010年ですが、せめて2008年まではお待ちください。それでも我慢できないときは、抜栓して少なくと半日、です。(2006.03.19 いのまた) ●半年経って、です。試飲しているボトルは全くの常温保存。おそらく30度近い暑さも経験しています。液漏れの痕跡があったので普通に置いておいた分です。幾分熟成が早いかも?・・・でもオイシイです。やはりこの年、幾分タンニンが厚めです。おそらくこのままのバランスで行くんでしょうね。よほど涼しい年でないと、2002年以前の薄味にはならないんでしょうね。でもワインのあるべき姿としてはきっちりと正常進化。口の中で旨味を爆発させたか!と思うと、そのくせ実にすんなりと喉を通っていく・・・・。旨いワインとはこういうワインのことを言います。(2006.09.19 いのまた) ドメーヌ・シャソルネサン=ロマン ルージュ スー・ロッシュ 2004 100%新品,大得価

シャソルネ ネゴシアン ブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2008 豊富な,新作

ローランルーミエオートコートドニュイ 2009 定番人気,大人気

●香り自体には幾分まだ還元的なニュアンスを残しながら、チェリーや木イチゴの香り。赤い果実中心に少し青っぽい色の果実の香りも感じられる。軽めのヴァニラ、あるいはオークのニュアンスに伴って南方のハーブのベール。小さいまとまりながらも、無駄のない精錬された香り。やや太めのボディ、程よく鞣され暖かさを感じるグリップ。例によって、ながら軽めのお焦げ的な味わいの向こうから、幾分乾燥した凝縮感のある赤い果実味。そう長くはないけれどまとまりあるバランスを感じさせる落ち着いたフィニッシュ。 ●ま、いつも通りのこのオート・コート・ド・ニュイですが、例年の印象から較べると、僅かに軽くその分伸びやかな印象かな?実は少し冷やしてと思っていたのですが、あまり時間もなくてただいまの液温17度ぐらい。でもワイン自体がよりクリアーに仕上がってイルので、このくらいが丁度良い。最初に還元的な香りがあって、飲んだ印象も先に渋さが出ていたので、充分に果実味が開いていませんが・・・クラスとしては非常にバランスの取れた良いワインかな?と。3年ほど置いておけばまずまず飲み頃スタート、でしょうか?少し樽の焼き方(あるいはその比率)を変えたのかな?2006年の良かったところが、そのままこの2007年も引き継がれている感じがします。印象としてはやはり「クリーンな」なのですが、造り手の方向性としては「タイトな」ところを狙っているんでしょうかね?いずれにしろ暫くそっとしておいて・・・一皮剥けるの待ちましょう(2009.08.28 いのまた)    2006年物のコメントです ●2006年物入荷しました。・・・2006年、安心感のあるうっすらとした色合いです。いつもより赤い色調がハッキリとでている感じがします。香りには柔らかなチェリーの果実味。レッドカラント系のニュアンスも強くでています。そして・・フローラルな香りに優しいハーブ系の色づき。柘植とかの木質のニュアンスも見られます。味わいもなかなかに素直な伸びを見せている。幾分タンニンがまだ張っていますが、その下からの赤い果実味がしっかりとでています。 ●ここ数年のこのワインで感じていた、少しばかし茎っぽい感触。これがチョイとばかし裏通り的な野暮ったさと同時に、裏通り的なご近所感覚を醸していたのですが、この2006年に関しては非常にクリアーな纏まりを見せています。そしてその纏まりから2005年以上の凝縮感、集中力。芯がはっきりとしているので、後々の可能性もいつもよりあるのかな。2005年よりも伸びシロを感じますね。 ●酸のノリも、鼻の頭に汗かくくらいに充分。非常に整ったバランスを見せています。何となく作りの上では踏ん切りが付いたのかな?迷い無くしっかりとした味わいはいままでにはない好印象。12.5度というこの年らしい軽さも手伝って、気を許すとスルスルと喉を潤してくれます。これまでよりも何となく、一歩進化したローラン・ルーミエを見た感じがしますね。これからますます楽しみな造り手です。(2008.06.19 いのまた) ●「2004年物です。試飲完了まで2003年のコメントを↓」と言っているうちに2005年が入ってきました・・・・・やっぱり侮れんな~。香りの処から「きた~っ」て感じですね。抜栓直後、ちょっと中盤弱いのですが、それ以後の旨味はのびるな~。この年は酸もたっぷりなので、もう少し、2年ぐらいおいて丁度ボチボチと美味しくなるでしょうね。同じ時期に入荷した、新人オーレリアン・ヴェルデと較べると、こちらの方がぐっと軽やか。おそらく収量はこちらの方が多い、ですがこの軽やかさが良い感じ。濃縮感というのはありませんが、上手い味わいにしっかりと落とし込んでいます。明るいな・・・。 ●何となく軽めのシャンボール・ミュジニ風。緩やかな丘の上をはしゃぎ回る風達のよう・・・。例年、このオート・コート・ド・ニュイ、キュッと締まった味わいが魅力ですが、この2005年、それに磨きが掛かっています。「おっちゃん、カシラ3本、塩でね!」と。(2007.07.25 いのまた)       L・ルーミエのオート・コート・ド・ニュイ、いつも一番侮れません    ●取り急ぎ試飲してみました。幾分色調に黒い果実が感じられます。香りは・・・甘いです。赤いラズベリー系に幾分乗りかかるようなカシスの風味。これに加えてカラメルっぽい甘さが漂っています。やはり酸は低めなのかな?時間と供に甘さは落ち着き幾分スパイスのニュアンスも出てきます。それほど低く抑えた収量(45hl/haほど)ではありませんが、アペラシオンを反映した、きりっとしたワインとの雰囲気ですね。やはり暑さを反映しているのでしょうか? ●グラスに入れて静かに15分ほど。もうそろそろ良い頃合いでしょう。想像していたよりもかなりドライですっきりとまとまっています。静止状態でのスタートですので果実味が立っていないのかな?酸も期待以上にしっかりとしてバランス的には良いのですが、まだ十分に「当たり」が出ていません。アフターに感じるタンニンに支えれたミディアムクラスのボディや、うっすらと乗った旨味の確かさ。ふっと横切るヴァニラのニュアンス。伸びる要素は十分あります。標高が高いだけあって結果的に良いワインになりましたね。もう半年ぐらい寝かせて果実味が安定して開き始めたところを楽しむか?2~3年おいて果実が枯れ始め旨味たっぷりとなったところを楽しむか?楽しく思い悩ませてくれそうな予感がします。(2005.08.10 いのまた) ●結論から言っちゃうと、やっぱり2003年難しいです。今朝方ちょいと味見してみましたが、フムフムという良い感じ。果実味も幾分乗ってきたかな問うところですが、夜になって試飲してみると・・・アタックの強さだけが印象に残ります。果てさてどうしよう?昨晩はポテンシャルを感じつつまずはこのアペラシオンとしては当たりのワイン、と思いましたが・・・もう暫く、長い目で見ていきましょう。(2005.08.11 いのまた)   おまけで、2002年のコメントと新井順子さんのコメントを付けておきます。 ●2001年をのんだとき「やっぱりルーミエ系はシャンボール」などと言っていたので、このコート・ド・ニュイ、のんでなかったんですけど、改めて2002年のんでみるとおいしいですね。最初に旨味に似た味わいが「じゅじゅっ」と来て、一拍置いて果実味が「じわーッ」と来ます。そして「ほぁ~」としたタンニンが横切り、「じゅん」とくる柔らかな酸でフィニッシュまとめています。決して大袈裟なワインではありませんが、優しさと力強さ・・・。程々に、いいワインです。 ●どちらかというと食事の引き立て役かな?お相手はオージー・ビーフ。厚めに捌いて、じょわ~とくる赤身のステーキ的美味しさに合いそうです。・・・時間と共にドライなハーブのニュアンスが強くなってきます。梅紫蘇系の味わいは、最近の流行なのかな?こうなるとお肉にも気持、お醤油欲しくなります。大根おろしやアサツキいっぱい掛けてね。そうそう、お醤油はできればだし醤油が良いと思います。(2004.06.18 いのまた) ●おおよそ2日目、多少果実味がしぼんでいますが、これがまた、なめし革やタバコの葉、柔らかなスパイスのニュアンスと混じり合ってイイ感じです。でもポテンシャルから行くとやっぱり1日目の方が良いかな?この辺りは皆さんにお任せです。 2001年ヴィンテージの新井さんのコメントです。 コート・ド・ニュイの西側の350mと標高の高い斜面に畑が広がる2haの畑は傾斜の畑なので、通常のブルゴーニュの畑は10000本/haという樹を3300本/haという少ない本数で、かつ両方に枝を伸ばし(ダブル・ギヨ)6~15芽残した仕立てです。少しずつ理想的な畑作りを目指す為、1976年、1980年、1990年、2000年と植樹を増やし今の畑となりました。その中でも良い葡萄を選択して醸造したので、とても地区名のAocとは思えない、コストパフォーマンスの良いワインです。 新樽5%、残りは古い樽で15~18ヶ月熟成。収量は45hl/ha、2001年は軽くフィルター作業を行いました。シャンボール・ミュジニイとは全くタイプの異なる、アタックの強いしっかりとしたピノの個性を前面に出した味わいです。 ローランルーミエオートコートドニュイ 2009 定番人気,大人気

アンリ・ノーダン・フェランプルゴーニュ・パステュ=グラン 2006 本物保証,人気

●バックラベルに「Omayga-6」と入っているので、2005年のパステュ・グランと同じくサン・スフルかそれに近いキュベだと思います。 ●で、05に較べると、随分とまた「キレイ」なビオ系ワインです。05も危うく「すっぱい」という感じでしたがこの06は、さらにそこいらを攻めてきます。おそらく05と06のヴィンテージの違いなんでしょうか?重々しくなくキレイな酸、そして赤い果実いっぱい、と言うのが香りの第一印象。ガメイのニュアンスが上品に色を添えています。 ●で、味わいは薄旨系。僅かにタンニン系のほろ苦さが強めに出ていますが、酸のノリもミネラル感も程よくでている。いわゆるチャーミングというか、プリティーなというかなワインですが、それなりに中盤の果実味の膨らみはピノの恩恵でしょうか。薄~い果実味の重なりが楽しめます。ただ、フィニッシュが少しばたついている。僅かに青い感触。是が実に惜しいところですね。1~2ヶ月落ち着かせるとイイ感じになるのかな?・・・・こうして飲んでみると確かにサン・スフルのような気がします。若干の還元香も残っていますが、その辺りは適切な範囲に押さえられている。 ●そして、グラスをグルグルやって放っておくと、大夫甘い感触、も出て来ます。このあたりはガメイの特徴となりますが・・・好みの問題かな?基本的には薄目の豚カツ、がやはりよろしいかと。付け合わせにタマネギのリング揚げ?ですかね。alar的にはこれまたお醤油ですけれど、リーペリンのようなウスターソースでもイイかな。鶏の唐揚げなんぞも心やすきお友達、です。(2008.12.15 いのまた)  2005年物コメントです。この年はまだ「Omayga」の名前が入っていませんでした・・ ●0.40ha。樹齢30~60年。収量35hl/ha。生産量156cs。ガメイ70%、ピノ・ノワール30%。マニ・レ・ヴィレ村とペルナン・ヴェルジュレス村に面した、粘土質石灰土壌の区画から。収穫時に2品種を混合し、SO2を添加せずに全房醗酵。果実味を残すため、9ヶ月間タンクで澱とともに熟成。100%マロラクティック醗酵を行い、それが終了後最低限のSO2を添加。フィルターなし。ガメイが多くを占めるワインとは思えない、チェリーとブラックペッパーの香り。豊かで熟したタンニンが口中を覆います。(インポータさんの資料より) ●インポータさんからの案内では「サン・スフル」となっていますが、ラベル上には表示がありません。バックラベルには「オメガ5」と何となく妖しげなキュベの名が・・。ドメーヌのHPを見ると普通のパステュ・グランと「ナチュレル」というキュヴェがでていますが、こちらはその「ナチュレル」に相当するキュヴェなのでしょうか?そして何となくバックラベルに書かれているのはフランス語で「(おそらく)発酵スタート時はサン・スフルで補糖とか補酸とかしていない、そしてフィルターを通していない」という感じの事や「10-15℃で保存して」と書いてあるようです・・。一応、瓶詰め時にSO2入れているかどうかわからないので、alarではその表記無しで行きたいと思います。 ●・・・・で、飲んでみたところ、ですが、かなりサン・スフルな香りがしています。いわゆる還元的なと呼ばれる、幾ばくかの硫化水素系のやつ。でもごく僅か、ですね。グラスグルグルでこのトップのニュアンスは飛んでいきます。で、安心して飲んでしまっていますが、特筆すべき点は先ずは酸のシャープさ、ある種のミネラル感の集中力。ともすると「すっぱい!」の一歩手前、微妙にフレッシュな感覚です。酸の痛烈な度合いを外すとジャン・フォイヤールとかオーベルニュのガメイ軍団とかに通じる、軽やかなる深み、が感じられます。一応セパージュはガメイ70:ピノ・ノワール30と言うことですが、ここで香り、あるいは味わいを微分式に当てはめてもあまり意味はない。ちょっと他では経験したことのないキャラクターを持ったワイン、ではないでしょうか?そのキャラクターは・・・甘くない!ガメイが入ると何となく甘さを感じる処がありますが、このワイン、何処までも危うく「すっぱい」という感じの酸味で攻めてきます。・・・・実はalar豚カツを醤油で食べるのが非常に好きなのですが、その辺りの感覚にとてもニアーな物があります。軽さで行けばアジフライ(勿論醤油で)もありかな・・・・。 ●おそらく葡萄は健全な葡萄だと思われますが、ブドウのポテンシャルはまだまだこれから。現段階ではサン・スフルで育った野生酵母の力が勝っている。だからこそ、のこの妙に複雑な味わい!ビゾの、と言うよりもしっかりビゾの奥様の感性が際立ったワインと言えるんじゃないでしょうか。いわゆる「造りたいワイン」が明確に出ている。おそらくここでのジャン=イヴの役割は方向性を整理する、と言った感じでしょうか?良いですねこのスタンス。結果ワインはかなりのオススメ具合に至っています(2008.08.20 いのまた) ●一応、インポーターさんからの資料を添付しておきます。     「0.40ha。樹齢30~60年。収量35hl/ha。生産量156cs。ガメイ70%、ピノ・ノワール30%マニ・レ・ヴィレ村とペルナン・ヴェルジュレス村に面した、粘土質石灰土壌の区画から。収穫時に2品種を混合し、SO2を添加せずに全房醗酵。果実味を残すため、9ヶ月間タンクで澱とともに熟成。100%マロラクティック醗酵を行い、それが終了後最低限のSO2を添加。フィルターなし。ガメイが多くを占めるワインとは思えない、チェリーとブラックペッパーの香り。豊かで熟したタンニンが口中を覆います。」 アンリ・ノーダン・フェランプルゴーニュ・パステュ=グラン 2006 本物保証,人気

ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 本物保証

●オーディフレッドが買いブドウで作ったボーヌ物です。・・・が、彼の真面目な作りと『ボーヌ』の幾分田舎っぽい感じ(コート・ド・ニュイと較べてね)が発揮?されて・・・・非常に地味な味わいです。なんか、これまでの彼のワインと違うな・・・・・?と思いつつ持ち込みで全部飲んじゃったので、また改めてコメントします。 ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 本物保証

ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 新作,セール

●バーガウンド.com Issue23のコメントです。   「 This was mildly reduced and while the funk did not obliterate the honeysuckle and acacia blossom notes, it did shove them to the rear. Happily, the purity and elegance of the sweet, rich and beautifully complex flavors were not compromised and this possesses brilliant length. A terrific effort that has the hallmark softness of Pucelles while retaining a firm, indeed almost linear finish.Tasted: Jul 01, 2006Score: 91-93Drink: 2012+」 ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 新作,セール

クルティエ・セレクション par Lou Dumontヴォルネ 1erCru 2004 お買い得,限定SALE

●初物と言うことで、控え目に入れてみましたが・・・おそらく多分、これも良いんじゃないですか~?飲んじゃおうかな?ど~しようかな~。 ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 クルティエ・セレクション par Lou Dumontヴォルネ 1erCru 2004 お買い得,限定SALE

ジャンガロデポマール ノワゾン 2005 品質保証,2017

●噂の2005年、いつも飲んでいるこちら「ノワゾン」を先ず試してみました・・・・いつもの年より果実味が鮮やかでさんがしっかり。例年よりも軽めな印象ですが、密度はしっかりとしています。そしていつもの下ぶくれ系ではなくてもっと均整のとれた立ち姿。おそらく自然とこういう姿になちゃうのだろうな、2005年って。 ●果実味もしっかりしていて、ブーケこそありませんが現段階でもかなり楽しめます。でも酸がしっかりとしているので意外にじっくりと寝かせられるかな?今はほとんど赤い果実味が主体ですが、これからハーブのニュアンスや、しおれた薔薇系、紅茶系の香りがたっぷりと出てきそう。タンニンもこれまでになくしなやか系で、上品な旨味がともなっています。・・・とすでにボトル3分の2になりそうな・・・(2007.01.28 いのまた)  2004年物のコメントです↓ ●ようやくノワゾン2004年物入荷しました。・・・あ~っ、いつものノワゾンの香りです。ふわっとしたハーブ、蓬のようなバジルのようなに、じわっと来る赤い果実味。少し香ばしさのあるノワゼット・・・ふっくらとして低い重心もいつもながら。 ●でもでも、ちょっといつもの年より中盤の果実味の膨らみがたりないのかな?それともタンニンがちょっと若い?やはり2004年物の共通したニュアンスが漂っています。それと樽のニュアンスに、いつもより幾分甘さを感じる・・・。で、少し大きめのグラスに移し替えると・・・まずまずな感じに落ち着きますが、やはりいつもより腰が高い高見山、と。難しいな、ワインって!   2003年のコメントです。 ●早くもノワゾン2003年ヴィンテージ入荷です。瓶から覗くと2002年よりは気持ち色濃い目かな・・・?噂の2003年(暑くて生産量が少ない)物、ちょっとどきどきしています。 ●2003年のブルゴーニュ、一番乗りはパカレの作っているサーブレのブルゴーニュ・ルージュ。色合いからしてパカレらしくなく、「やっぱり2003年は厳しいのかな」と思っていつつも、このノワゾンはどうでしょう?・・・色合いはやはりこのワインとしては濃いめかな?飲んでいる環境もやや低めの温度ですので香りも十分に開いていないのですが、それでも例年になくムンムンしています。一口飲んでみると・・・意外にタイトな印象。確かにここ数年になく果実味を濃く感じます。そして印象的なのはタンニンのしっかりとしたまとまり、想像以上にゆるみがないです。 ●酸もある程度残っているのでひと安心。でもガローデらしさの、のんびりとした酒質とはやはりニュアンスが異なり、ワインに強さを感じます。2002年の様に「緩やかな均衡の中にくしゅくしゅとした熟成香の出るのを待つ」よりも、今飲んで豊かな果実味を味わった方が良いのかな?それともいっそ5~6年待ってゆるゆると味わい深くなってくるのでしょうか。この辺りの判断は少し難しいところです。(2005.02.04 いのまた) ●このワインを北米で扱うノースバークレー・インポーツ社のコメントの中で、ジャン・ガローデはこんな事を言っています。   「(He) told us ripe tannins, low yields, and a softer touch with vinification (including shorter maceration and less pigeage [punching down]) was the key to making great 2003s.」 なるほど例年以上にソフトに優しくワインを扱っていかなければならないんですね。 またレヴー・ド・ヴァン・ドフランスにこんな記事を見つけたようです。   「The reds touch the Sublime more than one time, dignified successors to the 1865s or 1929s, as long as their winemaker saw correctly - but the others, still too numerous, are cooked, heavy, rustic in their tannins - [and] will have missed a great rendezvous with history." - La Revue du Vin de France, June 2004」 ●なるほど作り手によってかなりの差が出てきそうな2003年。一日目の新の印象では、先ずはこのジャン・ガローデ成功といえるでしょう。先ずはブラボーなワインです!それでもって、なおかつ2日目の様子から将来を探ってみたいなどと思いつつ・・・・・改めてタンニンはビターなコーヒーをも連想させる上質で豊富なもの。その分バランス的には果実味が押され気味で例年の繊細さや持続力がマスクされていると感じます。 ●ガローデのワインってリリース直後も懐かしい美味しさで一杯。そして薔薇の花のしおれたようなくしゅくしゅとしたニュアンスが出てくる2~3年後ぐらいが、すっごく美味しいのですが、2003年は幾分しっかりとした味わいを早々と楽しむか、ぐっと我慢して5~6年革製品やたばこのニュアンスを含んだ味わい深さが出るのを待つか、思案のしどころ。結構うれしく考えさせられる、やっぱりブラボーなワインでした。(2005.02.05 いのまた)   2002年のコメントです。 ●一応ワインアドヴォケイト153号(2004年6月)のコメントを  「Crafted from 70 year old vines, the 2002 P Noizons is a deep, concentrated wine. Its nose was difficult to ascertain due to a recent addition of sulphur, but its dark cherry-dominated flavor profile was singing. Medium-bodied and dense, it is a powerful Pommard with a muscular, ripe structure. Projected maturity: 2005-2010. 90-91points」 ●こちらも一応・・・ノースバークレーインポーツ社のコメントです。  「2002 Garaudet Pommard "Les Noizons" In the heart of the slope in Pommard next to `Charmots,' you could argue that `Noizons' should legitimately be a Premier Cru. Just look at the map. It's perfectly situated, facing southeast, above a band of Premier Crus. Wines like Garaudet's 2002 add weight to the case - this one has gobs of black cherry fruit, tobacco, lavender, violets, spice, and a cherry-leather quality we love. A classic. 60 year-old vines.」 ●さらにオマケでバーガウンド.comの14号のコメントです。  「2002 Pommard “Noizons”: More complex and deeper pitched black fruit aromas plus richer, fuller and more concentrated flavors that are supple on the mid-palate but quite firm on the long finish as the structure is buried by all of the sap. This delivers terrific quality as there is beautiful balance and excellent intensity. In short, this is delicious yet entirely serious and should reward 5 to 6 years of cellar time. 89/2007-12 」 ●「また、ここに帰って来ちゃったよ~」と言う懐かしさ。97ヴィンテージあたりからおつきあいさせて頂いていますが、「ジャン・ガローデのノワゾン」いいですね~。ヴィンテージの違いこそ在れ、これほどまでにスタイルの崩れない、流行り廃れとは無縁の味わい!普通にブドウを育てて、普通にワインを作って、今年もまた普通以上の味わいを醸してくれました・・・。 ●やや下ぶくれ気味のゆったりと柔らかい果実味。ゆったりとした重心を感じさせる「だるまさん」の様なプロポーション。ず~っと昔からこんな風に作っていたんだよ~、と言う肩肘張らないゆとりがあります・・・。特にこの2002年は全体に余裕が在りますね。果実味もぽっちゃりしているし、さんも穏やかながらもみずみずしく。自然なタンニンも豊かに感じられ、2,3年先がすごく楽しみ。気持ち的に自然派ですね~。 ●ガローデのノワゾン、生産量は毎年100ケース前後とのことです。今回も日本には2、30ケースしか入っていないような事も聞きました。個人的には本当に「そっとしておいてほしい」作り手の真心こもった一本です。(ポマールのシャルモは入ってくるのかな?)  2001年物バンクヴィンテージで入荷した分のコメントです↓ ●ポマール・ノワゾン、バックビンテージで入荷しました。ちょっとウレシイです。2001年と言うことでちょっとばかり、弱々しくもありますが、これがまた、ボーヌらしく良い感じで「落ちつつ」あります。とは言っても後2~3年は待ちたいですね・・・。 ●と言うことで、最近手に入れたあたらしいデカンターを試しに使ってみました・・・・。移し替えてまずそのままグラスへ・・・赤い果実味にあふれたドロップ、一気に開きます。ちょっと酸が微妙な位置に来て・・・・幾分落ち着きが無くなりますが・・暫く置いてどうでしょうか・・・。相変わらず卑近な合わせ方、で申し訳ないのですが・・・スーパーの精肉のところでパックになった「牛肉のタタキ」、あたりが良いのかな? ●さらに30分ほど、酸の具合も落ち着いてきました。2001年と言えどもふっくらと優しい広がり。少なくてもこのテーブル(デスク)の回りは平和だな・・。優しい果実とソフトな焦げ具合。固まるほどの旨味はないけれど、まずはほどよく。・・・・普通にブドウを作って、普通にワイン作って、普通に寝ていて、・・・品良くシアワセ感じさせてくれる良いワインです。(でも本当はも少し寝かせてあげて! 2005.11.30 いのまた) ジャンガロデポマール ノワゾン 2005 品質保証,2017

ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 赤字超特価,格安

●2ヴィンテージ空けて、2005年物が入荷しました。 ●で、ようやくコメントです。すでに昨年2007年から3回ほど入荷しておりますが、2007年の4月の試飲会で、まだ早いよな~とか、あんまりルイ・シュニュらしくな~い、と言うことで様子を見ようとして・・・忘れてみました。で、この2005年の最終入荷にあわせて飲んでみましょう、と。 ●う~ん、まだちょっとしっかりしているゾ~。ま、ワインとしてはしっかりとしていると言うのは良いことなのですが、もうちょっと、どこかかわいげというか、お他茶目なところがこのワインには欲しいです、実は。味わい的にはタンニンがちょいと強め。全体的な落ち着きはでていますが・・・何となくしっかり者、と言う感じのジュリエット姉さん、って感じです。 ●で、気持ち的には後1年、おいておきたいところだけれども、例の番組みたいにボトル振っちゃうと結構オイシイかもとやってみると・・・なんと無く旨味も出てきて本来のルイ・シュニュ的な梅かつを風味もたっぷり。アア、いいねこれ!。振ると幾分果実味がスポイルされるところはありますが、トータル的には味わい深くなる、つって感じでしょうか?・・・ま、なんだかんだ言っても2005年はいい年なんだだけど、多少いじくって上げないと優等生なルイ・シュニュどつまらない、と言うことなんでしょうか。いろいろと「技」を試すにはもってこいの一本です。(2008.04.04 いのまた) ●で、何だかんだいってやっぱりルイ・シュニュ飲んじゃいます。今日は残りが3分の1。・・・ここがまたオイシイですね。ピークは過ぎた感じでかなり酸がくっきりとしていて、尚かつこの年のアルコール感の強さというか、が幾分でていますがこの、キュキュッとした感じがルイ・シュニュのスタイル・・・。やっぱりあと一年は寝かさないと・・(2008.04.05 いのまた)  2002年物のコメントです。↓ ●ここはどういう訳かリリース時期が前後したり、バラバラだったりで、こちらの2002年物も2006年の夏入荷。と言うことで一月ほどたっての試飲ですが・・・・良い感じです。 ●まず色は・・・薄い。香りは・・・01よりももっと果実味がはっきりして鮮やか。甘くミンティーなハーブの香りも載っています。や、良いですねこれは!アルコール度数は12.5度とややライト気味、軽めに楽しむことができそうです。味わいはしっかりサヴィニ。キュートな果実味をもっている割には土っぽいミネラル感もしっかりとでています。・・・なるほど仔牛のカツレツね・・・2001年と同じような傾向をしっかりと引き継ぎながら、さらにブラッシュアップされた感じの2002年です。 ●このワイン、実はとある「ダイニング」でいただいていますが、抜栓後の時間も少し長かったのでもっと丸みがある味わい。そのとき感じたちょっとコルクっぽい感じ?は樽の木質の感じだったのかな?樽の焦がし方が強いのかな?などと思い出しつつ、やはりグラスがすすみます・・・。一級物ですともう少し畑の個性がしっかりとでますが、この村名もサヴィニらしい小振りなまとまりと、ほどよいミネラル感に充ちています。飲み頃は後2年ぐらいまでかな?と控え目に見積もっていますが、やはりラベルのかっこよさと共にオススメです。・・・あ~、吉牛、再開が待ち遠しい(2006.09.06 いのまた) ↑くつろぐシュニュ姉妹(奥が営業担当ジュリエット氏 2007.04.04 六本木:祥瑞)    2001年物入荷時のコメントです↓ ●ラベルに似ていて・・・ちょっと「情熱的」なサヴィニです。平均樹齢は60年と言いますからかなり古い樹です。非常に澄んだルビー色。浅い色合いですが鮮やかで魅力的。チェリーの香りに少しイチゴも混じって・・サヴィニの下の方かな?果実味に乗った自然な甘さも中々良く表現されています。味わってまず感じるのは潜在的なタンニンの強さ、キシキシと音を立てそうな生成の絹糸。軽さの中にほどよい緊張感のある張りがあります。香りの印象より幾分果実味は控えめ、やはり2001年のワインだからでしょうか?ややごつごつとしたミネラル感、サヴィニの魅力がコンパクトに詰まっています。 ●ワインだけで楽しもうとすると・・・若干存在感は希薄?スルスルとしてサクサクッと空いてしまいそうです。・・余韻の長さもしっかりとしていますが、ちょっと苦みが強いかな?でもコレで返って食事引き立つという物です。喉越しの美味しさ・・さっくり揚げた子牛のカツレツなどはいかがでしょうか?(2004.12.19 いのまた) ●2つか目になると多少柔らかさ、果実味が出てきます。最初感じた苦さも優しくミネラリーな味わいに変わってきました。このくらいが飲み頃かな?飲み頃は『今』というところ、でもサヴィニだから3~4年でぐっと変わるかも?期待と不安で・・・な、ワインです。(2004.12.20 いのまた) ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 赤字超特価,格安

コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエボンヌ・マール GrandCru 2002 定番,HOT

●ワインアドヴォケイト160号(2005年8月)のコメントです。  「Boasting a nose of great ripeness and freshness, the 2003 Bonnes Mares offers aromas of waxy black fruits and spices. Medium to full-bodied, it resembles liquid silk in both its attack and mid-palate. Luxurious and sensual, this highly expressive wine coats the palate with black cherries and dark raspberries whose effects linger in its tannin-packed, slightly dry finish. Projected maturity: 2009-2020. 94points」 ●バーガウンド.com issue17のコメントです。  「2002 Bonnes-Mares: (from a 2.7 ha parcel situated entirely in terres rouges soil in the south west portion of the vineyard).Classic ruby color. A completely different aromatic profile is presented as this is redolent of lavender and a mix of jammy red and black fruit cut with subtle earth notes. As it should be, this is a big, muscular, robust and powerful wine that is impressively concentrated and hugely long with a mouth coating and chewy finish. This is a very ripe wine, in fact atypically so and while it’s a bigger and more powerful wine than the Chambolle “1er”, it’s not nearly as elegant. 92points/2012+ 」 コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエボンヌ・マール GrandCru 2002 定番,HOT

メゾンルロワACブルゴーニュルージュ 2001 格安,本物保証

●何となくリスト見ていて・・・円高の影響でお手頃?かなと、選んでみました。ルロワのACブル!ルロワのコメント、初めてなんでドキドキしています・・・。 ●到着後、すぐに段ボール開けてみると・・・う~んやけにかび臭いぞ。ケースそのものが「ブショネ」な香りです。こりゃ失敗したかな?と思いつつ、一本キャップシールを取ってみると・・・・液漏れ、と言う状態ではないのですがかなり「来ちゃっている」かな?キャップシールの裏の状態とか、ラベルの状態が良い片方で、コルクのトップはしっかり黴びているので、メゾンで保管して暫くした状態でキャップシールしたのかな?と言った案配です。 ●ま、ともかく味見。2001年にしてはしっかりとした色づき。この辺りはルロワだねと思いつつも、エッジに落ち着いた臙脂~茶色が混じっている。でも真ん中当たりの照りは充分残っている。香りは心配するブショネはなく、チェリー系の赤い果実とうっすらな紅茶系の香りが整って出てくる。クローブのような木質の香りが過ぎ去ると・・・ほんの少し、溜息にもにた終焉の予感。香りから予想すると、まさしく今がピークですね。 ●2001年、決して良い年とは言えませんので、おそらくこの年のキャラクターとしての青っぽさ=えぐみが感じられますが、ACブルでこのしっかりとした構成を残しているところはさすが「ルロワ」なんでしょうか?果実味の出ばり具合が幾分ピークを越えていて、、この辺りがヴィンテージのマイナスをカヴァーしきれていない。又、お醤油的な味わいの記憶が思い起こされつつあるところで「と言うことは」と、この後の味わいのバランスが拡散傾向にある兆しですので、すでにピークは過ぎていると感じるわけですが、抜栓後の動きを見ると少しずつでも開く、あるいは開こうとする生命力をそこはかとなく感じつつ、ただのACブル、それもネゴシアンと言えどもだてに「ルロワ」のラベル張ってる訳じゃない、といたく感心してしまうわけです。 ●よく「熟成したワインの味はどんな感じですか?」と聞かれますが、このワイン、そうした教材として持って附けじゃないでしょうか?熟成したワイン、どんな感じか試してみたいと言う時には是非どうぞ。すばらしく、古酒の味わい!と言う感じでもないので、そんなところを考慮しながらお値段も抑えてみました。そのかわりと言ってはなんですが、「ボトル差」あることはご勘弁。一級や特級の安定感は期待しちゃダメです。 ●一応これまでの戦績は3本開けて2勝1分、です。(詳しくは最初の一本が、こりゃダメだねと思っていた残り半分が2日目見事に紅茶味のみにまとまっていたので引き分け。次に開けたのはかなり全開でしっかりと健全に果実味残っていたので勝ちなんだけど、萎れるのも早くて翌日ダウン。でこの3本目・・・今のところ、まずまずの出足で勝ちパターンにかなり近い、です 2009.06.01 いのまた) メゾンルロワACブルゴーニュルージュ 2001 格安,本物保証

ルージュ・キューブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ ルージュ 2006 定番,お買い得

●ルージュ・キュー2006年物です。インポータさんのところには2008年5月に入荷して、暫く寝かせました・・とのこと。なるほどイイ感じでまとまっています。スタイル的にはやはり2004年の上澄み系に近いのかなと思いつつも、芯のところは幾分2005年のしっかり感もあり、と言うことでなかなか素敵なところに落ち着きそうです。 ●酒質全体が幾分控え目ですので、抜栓後すぐに香りが開く、と言うわけではありません。むしろ、ゆっくりじっくり、リラックスして飲みたいと思わせるようなワインですね。とは言ってもあまり深くテロワールを探ろう、とか言うのは野暮という物。幾分冷やし目にしたところで、冷凍ラズベリーなどツマミながら、楽しく行きたいモノです。少し炙った厚切りロースハムなんてのも良いでしょうかね?微妙に乗っている旨味と軽いパウダー状の渋味がハムの塩っぽい脂っ気にあいそうだな・・・・。ルージュ・キュー、その名の通り「きゅう~っ」と楽しめます。(2008.07.27 いのまた)   2005年物のコメントです。 ●早2005年物ブルゴーニュ入荷してきました。インポーターさんのお話だと・・・「2005年はずっとお姉様です。」とのこと・・・試飲が待ち遠しい!などと言いつつ、サッサと飲んでみました。確かに2004年よりはしっかりしています。厚みがあります。タンニンも少ししっかり。お焦げチックな甘さも少々。個人的には04の胸キュン系が好きなのですが、出来は悔しいけれど2005年が上だな・・・。 ●香りには赤い果実がたっぷり。瑞々しさも残しながらそこそこに熟した感じがいいですね。厚みはあるけど、輪郭がはっきりとしているのでバランスも良い。抜栓後は早めに、というのは昨年と同じですが、もう少しおいてちょっと落ち着いてからが飲み頃ですか。丁度小鳥の鳴き始める来年3月ぐらいかな・・・春の訪れを感じつつと言うのが良いのかもしれません。(この作り手さんは他のアペラシオンは持ってないのでしょうか? 2006.12.03 いのまた) ●その後の調べで、他にもいろいろと作っていると言うことがリアルワインガイド見て判明しましたが・・・今回の再入荷で何種類か入ってきました・・・それはさておき、ちょこっと飲んでみようかな?と。・・・何となくですが昨年入荷分より落ち着いた感じ。瑞々しさだけでなく、深みも増してきたと思います。2004年の旨味ぐいぐいという感じではありませんが、確かに異なった魅力がある。ひたすらオープンな味わいでなく、ゆったりと一つ一つの味わいを噛みしめるような・・・多少裏通り系で、どこの出?と聞かれると言葉に詰まるところはあるけれど、フツーに飲んでて楽しいワイン。・・さらりとしたタレで焼肉なんぞつつきたいな、と思う今日この頃です。(2007.06.13 いのまた)   ↓2004年入荷時のコメントです。 ●・・・う~ん、ビオ、です。ってこれ2004年だよね?比較的新しいドメーヌ、ってんだけど、ヤバインじゃないの、ここ?確かに厚みは無いけれど、とんでもなく立体感がありますね。個人的には1999年のシャソルネ、サン=ロマン・ルージュに出くわした時くらいのインパクトある味わい。ビオのくせしてやたらにオープンな明るさ!飲み下した後に残る、口蓋にへばり付くような旨味というか、果実味というか、・・・・このバランスのとれた味わいはなんなのさ?というような、とんでもないワインとの遭遇です!!!!(2006.04.03 いのまた) ●二日目です。心持ち酸がとがってしまいました。でも、後を引く果実味と旨味の軽妙なバランスは相変わらずです。おそらく作りはオーソドックスな手法だと思います。SO2も多少は使っているかな?軽いタッチが信条ですので、あまり時間を置かないで飲んだ方が賢明です。温度も気持ち低めが良いのかな?チェリーやフランボワーズ。そして気の利いたハーブの苦味。じっくりと、となると少し荷の重いところですが、いかにも自然派!の優しい味わいはとてもなじみやすい・・・。おぼろ月でも眺めながらのんびりと、やってみたいワインです。(2006.04.04 いのまた) ルージュ・キューブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ ルージュ 2006 定番,お買い得

アリスetオリヴィエ・ド・ムールサンブリ ソーヴィニヨン・ブラン 2006 人気,お得

●相変わらず14.1度という高いアルコール度数を維持しています。ソーヴィニヨン・ブランで作られる『サン・ブリ』です。  2年空いていますが2003年物のコメントです・・・当時はヴァン・ド・ターブルで登場です。 ●2003年のソーヴィニヨン・ブラン。AOCサン・ブリではなくただのヴァン・ド・ターブルで登場です。キュベの名前は「Sanas Title:名無し」というとこなので、ラベルには「Vin de Table de France」としか書いてありません。ラベルの左下小さな文字で「LSB 2003」と表示してるだけが識別点です。 ●・・・・アルコール度数14.8度。なるほどVDTだわ!恐るべし2003年です。・・・確かにアルコール分は強いのですが、果実味とミネラル感がそれ以上に凝縮しているので、まずは一口の印象はそれほど強く感じません。が、やはりあとからく~っと来ますね。こりゃ日本酒だね。予想していたような残糖感はほとんど感じられず、ひたすら見えない力に押されます。アフターのオレンジ系の香りにソーヴィニヨン・ブランを感じますがあまり華やかな印象はありません。むしろじっと我慢をしているような忍耐強さ。基本的には・・・なんだろな?・・蓼酢だ~。 ●蓼酢と言えば鮎やヤマメの川魚。でもここはスズキやサーモンぐらいの大きめの魚がよさそうです。グラスに注いで15分。早めに抜栓して1時間。香りが開いてくるまで少し時間がかかりますが、待つだけの価値はあります。2年ぐらい寝かせておいても面白いんじゃないかな?侮りがたいソービニヨン・ブランです。(2005.08.19 いのまた) ●とりあえず3日間ほど、放っておきました。幾分酸も落ち着き甘みが乗ってきます。でもこの甘み、アルコール系の力がありますね。じっと我慢していたミネラル感もじっくりと染み出しています。・・・粕漬けかな?ワイン自体に旨味があるのでジワっとくる肴の焼き物、イイですね。春の鰆、夏場の鯖、秋の河豚、冬の金目、と事欠きません。飲み助にお勧めしたい「ワイン」です。(2005.08.22 いのまた)  2002年は「サンブリ」のAOCを獲っています↓ ●シャブリの生産地区から少し南西に行くと「サン・ブリ」のエリアになります。以前このエリアから産するソーヴィニヨン・ブランのワインは「ソーヴィニヨン・サン=ブリ」と呼ばれるV.D.Q.Sクラスの上質ワインでしたが近年AOCに昇格し、AOCサン・ブリを名乗るようになりました。・・・と言うことでこのワインはブルゴーニュでは珍しいソービニヨン・ブラン種で造られたワインです。もっとも一山越えるとそこはロワールですからね。 ●リストをいただいたときに非常に気になっていたのですが、どんなもんでしょう?サンセールとかに近いのかな?と思いつつ早速あけて見ました。色合いと良い香りと良い、やっぱりソーヴィニヨン・ブランですね。レモンやグレープフルーツの果実の香り。かなり酸もしっかりとしていそうです。気持リンゴの密のような甘さが感じられます。なんだろう?ハーブのノリがあります。ローズマリーかな? ●で、飲んでみます。とても酸味が綺麗です。思っていたより柔らかい。口の中ではフローラルな香りも広がるかな?程良いと言うよりも十分な「とろみ」もあってこれは間違いなく鶏肉系、ハーブ焼きですね。ボディもしっかりとしているので軽めの魚介類ではワインの勝ち!ホタテやエビのフライに、タルタルソースなんかが良さそうです。シャブリに牡蠣と良く言うけれど、焼き牡蠣にサン・ブリと言うのも合いそうです、でも少し先の話です。 ●しゃっきりとしたミネラル感にビオを感じますが、あまりビオビオしていないところが返って良いですね。アフターに残る苦みが少しづつ甘く感じられるようになるのもなかなか良いです。また少し時間を置いてみましょう。・・・と、置きすぎて2日目です。酸味が落ち着いてきた分多少甘さがでていますが、よりソービニヨンらしいハーブの香りが出ています。少し「苦みかな?」とも思いますが、旨味も乗ってきているので、むしろしっかりとした力強さがでています。これはますます鶏肉系でしょう。ジューシーな「つくね」などが合うのかな?(2004.04.14 いのまた) alarで初めてお届けするシャブリは、アリスとオリヴィエの若いカップルの造る自然派のシャブリです。二人は、自宅近くにアメリカ向けの自然派ワインを輸出するエキスポーターが引っ越してきたことから自然派のワインに興味を持ち、やがてクルトワとの親交を通じて、自分達のワインも自然派の作りで行うことになりました。 既に2000年のシャブリはパーカーのワイン・アドヴォケイトなどで高く評価されていますが、初入荷の2002年はまさに彼らの最上のワイン。2002年という良いヴィンテージを反映しただけでなく、彼らのこれまでの努力の結晶とも言うべきワインです。・・・そして続く2003年、この年はフランス全土が酷暑の年でしたが、この暑さ彼らのワインにどんな影響を与えているのか・・・?注目の入荷です。 アリスetオリヴィエ・ド・ムールサンブリ ソーヴィニヨン・ブラン 2006 人気,お得

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 品質保証,豊富な

●AOCモレ・サン=ドニに地続きで接するACブルゴーニュ区画(レ・シャン・ド・ラ・ヴィーニュ、レ・クレ・ギヨン)60%、アルスナン村のオート・コート・ド・ニュイ区画40%のブレンドで合計0.2ha分(平均樹齢30年)が85%。15%は、AOCモレ・サン=ドニのレ・クレ・ギヨンの樹齢10年以下のぶどうをブレンドしています。(ちなみに将来樹齢が上がった暁には、このレ・クレ・ギヨンは畑名付き単独キュヴェとして発売される予定です。)   以下2004年物についてのコメントです。 ●全部で8.5ha所有する畑のうち、ACブル用は0.2ha!しぶいです。平均樹齢は30年。・・・・初めての作り手さんなので、それほど仕入れいはしなかったのですが、これがまたなかなか良いです。しっとりとミネラル感の漂うまっとうな自然派ブル。04らしく少し若苦さを感じもしますが、まずまずと言った感じ。少し様子を見てみようと思っていましたが・・・・。 ●リアルワインガイドの表紙にここの「オート・コート・ド・ニュイ」が登場しました・・・もっと入れておけばよかった・・・。(と書いているのでおそらく2006.06頃 いのまた)で、そろそろ2005年も入荷!の噂もありますが、再び入れてみました・・・やはり上のコメントで感じた若苦さ、しっかりとしてほどよい「苦さ」になっています。全体に数段落ち着きましたね・・・。(2007.03.30 いのまた) オリビエ・ジュアンさんです。とあるワインバーではニッポンのワインや、イタリアのワインに感心を持って飲んでました。 オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 品質保証,豊富な

マトロ・ウィッターシェイムACブルゴーニュ ブラン 2005 最安値,爆買い

●AOCムルソーの畑に隣接するACブルゴーニュ区画レ・ミルラン内に0.35ha所有している、平均樹齢35年ブドウから。新樽率40%で年間生産量は1500~2500本。 ●バーガウンド.comの27号ではかなりイイ感じです。    「Producer note: Claudine Russel, Thierry Matrot's aunt, directs this small 3.5 ha domaine that produced its first harvest in 1999. Mme Russel told me that the '05 reds reminded her of a slightly riper version of her '02s. The wines, both red and white, were bottled in September. Note that there was some doubt that the correct bottles were pulled for this small tasting as I would have reversed them based simply on typicity. I was assured by Mme Russel's cellar master that no mistake had been made but when the bottles are not labeled and the corks not stamped, I confess to wondering.」    「Tasting note: This is quite ripe with a lovely nose of orchard fruit, hazelnut and subtle spice hints that lead to utterly delicious medium weight flavors that possess good mid-palate fat, fine volume, solid length and impeccable balance. This is an outstanding Bourgogne and highly recommended as it offers villages level quality plus it will age.Tasted: Jul 01, 2007Score: 87Drink: 2009+ - Comments: Outstanding! Top value」 ●なるほど、アウトスタンディングとトップヴァリューとなっています。 マトロ・ウィッターシェイムACブルゴーニュ ブラン 2005 最安値,爆買い

ドメーヌクロードデュガACブルゴーニュ ルージュ2010 赤字超特価,お買い得

●2009年が良かったのでさらに良さそうな2010年も入れてみました。・・・「果実味のヴォリューム感よりも幾分フェノール系のウエイトが勝っているようだが、グラスの中でゆっくりと酸が膨らんで最終的にはバランスの取れたフィネスを感じる味わいになる。ここ数年の傾向通り赤い果実味の感触がましてきた。香りには心地よいハーブのアクセント、より磨き込まれたミネラル感。その年のブドウのコンディションをそのままに生かす造りの巧みさ。あるいはこれまでのスタイルを少しづつ変えながらアップ・ツー・デートしてくる上手さはさすがデュガ・・・(2012.08.04 いのまた) ●と言う事で、かなりオススメの一本となっております。一応バーガウンド.comのコメントも載せておきますね。こちらではOUTSTANDING!でした。  「A fresh, ripe and admirably pure nose of red berry fruit that is nuanced by earth undertones leads to delicious, supple and relatively refined middle weight flavors where the supporting tannins display only a trace of rusticity on the balanced, persistent and nicely complex finish. A quality Bourgogne that is worth considering.」 以下2009年物のコメントです。 ●バーガウンド.comのコメントです。 Producer note: The always understated Claude Dugat describes 2009 as a "relatively easy vintage. The growing season was relatively straightforward as there were no particular problems if you were careful about your vineyard work and yields. We began picking on the 20th of September and brought in very ripe fruit that ranged between 13 and 13.6% potential alcohols. The vinification was a normal one with no issues to speak of and the malos were normal as well. As to the wines, they remind me of the 1999's as there is a lot of upfront fruit with supple tannins though the overall impression is less pinot noir in character and the wines lack a bit of underlying tension. The Bourgogne and villages wines are perhaps a bit less well balanced than the 1ers and grands crus though the difference is relatively minor. I think that '09 will be a popular vintage but perhaps a bit less appealing for hard core burgundy enthusiasts." Tasting note: A reduced nose renders it hard to evaluate but there is excellent volume to the generous, delicious and admirably rich flavors that possess fine balance and impressive length. Lovely at this level.Tasted: Jan 01, 2011Score: 86-88Drink: 2013+ - Comments: Outstanding Top value ・・・と言う事で『お買い得』となってました・・・。  ・・・以下、似たような?年と言う事で2005年のコメントです。 ●ワインアドヴォケイト170号(2007年4月版)のコメントです。   「The 2005 Bourgogne (in bottle since December) displays genuine density as well as a bit of woody stiffness, although juicy raw black raspberry fruit abounds as well. Certainly one should plan on giving this a few years in bottle before revisiting. 87points $40」 ●こちらも樽での試飲ですが・・・バーガウンド.com25号のコメントです。   「Fairly strong reduction largely hides any discernable nuance on the earthy red fruit nose but the rich, full, intense and impressively well-detailed flavors are complex if a bit rustic. Still, it's clear that there is real quality lurking underneath the funk and this is recommended.Tasted: Jan 01 2007Score: 85-88 Drink: 2010+ - Comments: Outstanding! Top value」 ●下の方のジュブレ・シャンベルタンのコメントでクロード自身が言っているように、「2005年は偉大な年だがピノ・ノワールにとっては偉大な年では無い」というのは非常に意味深く感じられます。デュガの05。試飲できるのはこちらのブルゴーニュぐらいなので・・・結論から言っちゃうと好み的には2004年が良かったな・・。2005年、肉厚で充実した果実味やタンニンの豊かさ、そしてしっかりとした輪郭やシルエットの構成。心を許せば「ブラボー」なんですが、ちょっと待って、これ?ボルドーのワインじゃないよね?・・・・・どこかでalarは「2005年は酒屋いらず」と言っていたのですが、このワインも確かに凄い!何となくヒラリー・クリントン!かパリス・ヒルトンあるいは叶姉妹と言った勢いのあるセレブ系な雰囲気。でもそれはブルゴーニュじゃないんだよな、個人的には。続けてクロード叔父さんは「できた葡萄をそのままに」と言っていますが、そうなると益々地球温暖化などが心配となる今日この頃です。 ●ワインそのものは、ホント文句付けようが無いくらいACブルとしては秀逸な出来映え。飲み頃もしっかりと3~4年先を見据えている。でもこれで良いのか?ブルゴーニュは!(2007.05.17 いのまた)  2004年物のコメントです↓ ●何となくな果実の香りは、やはり何となく控え目ですが、「すあま」のような甘さはしっかりと伝わってきます。幾分シャイな感じとも思えるのですが、むしろ分をわきまえていると言うところかな?それとなく伝わるポテンシャルの高さはクロード・デュガ。当然のことながらやはり空けるには後2~3年は待っていたいともいつつも、開けちゃって後の祭りですので、ズンズン行きます。 ●まず一口目、果実は香り同様に、どこかでマスクされストレートに感じられません。でも中盤からじわじわと来るところはいいですね。ここで二口目。うわっと!来ました「樽無し果実味の凝縮感」はデュガ節。しかもここ2~3年のものと較べるといたってタンニンが控え目で柔らかい。ダークチェリーからブラックベリー中心に果実味がしっかりとまとまっています。豊かで柔らかく撓る酸もタップリとして、シンプルな構成ながらもヴォリューム感がある。何となくですが1990年代中盤の味わいに似ているのかな?2000年前後の「押し出しの強さ」の代わりに「ただあるがまま詰めました」みたいな全うにクラシカルで洗練された美しさを感じます。 ●グラスに入れて時間をおくと、崩れるのが早い(30分ぐらい)のはACブルなので致し方ないところ。旨味はそれなりに維持していますが幾分若くこなれないハーブの味わいが出てきてしまいます。逆を言えばグラスにたっぷりと入れて、ボトルからすこしづつ足してあげるとその美味しさは維持できる!(この辺りがデュガのACブルをどう評価するかと、いつも悩むところなんだよな・・・)。薄めの仔牛のカツレツなんかにイイんじゃないかな?・・タマネギと豚肉の串カツとかにも・・・何となくうっかりとしてかなり焦げ気味の串カツならば2003年物も良さそうな気もしますが、少し濃いめのきつね色に揚がってお肉の芯の部分がほんのりピンク色と言うときにはやっぱり2004年物が・・・(2006.05.17 いのまた) ●バーガウンド.comの21号のコメントはこんな感じです・・・。   「Fairly strong reduction masks the nose but the middle weight flavors are sweet, rich and dense, particularly so for the vintage as while the Dugat Bourgogne is never an inelegant wine, it is especially pretty in 2004.84-86points ~2007+   「Producer note: The always understated Claude Dugat told me that 2004 is a "good millesime but not a great one. August was just too ugly with limited luminosity, hail and other various problems and while September was one of the finest ever, we just couldn't recoup all of the lost maturity. Thankfully, there was just enough phenolic maturity and better than expected sugars which were in the 12% range. I elected to do a 15 day cuvaison with twice daily punch downs but almost no pumping over. The malos were very long and the wines are interesting as they continue to put on weight but still, I don't believe they'll ever be genuinely great. That said, 2004 is very pinot with a certain underlying tension to the wines and I particularly like the elegance. There is a good base of acidity so the wines are very clean and energetic in the mouth yet it isn't aggressive. I don't believe there is another vintage that represents a really good parallel but if I had to choose one, it would be 2001." The present plan is to bottle at the usual time, which in Dugat's case is February.While I agree with Dugat that 2004 is not truly a great one at this domaine, it is clearly very fine and will give much pleasure over the medium term.   2003年物のコメントも載せておきます↓ ●ううっ~!ついに5000円の大台を越えて(申し訳ありません)の登場です、クロード・デュガのACブル。先日某百貨店主催のパーティーで飲んできた人の話では「濃いけどイイ!」とのことです。一応、バーガウンド.com(17号)でコメント見つけたので載せておきます。  「 Heavy reduction masks the nose though the flavors are extremely rich and full with plenty of material and a chewy finish. This is not exactly heavy but neither is it elegant and the flavors are borderline pruney. (82-85)/2007+」 ●2003年、やっぱり難しいッすね~。確かにヘヴィではないんだけれどエレガントさに欠けた、と言う印象はあります。果実味がこもっているのか?タンニンが幾分青いのか?マロラクティク発酵由来の柔らかい酸が返って全体の印象を緩くしているかな?たとえて言うなら沸騰した水で煎れてしまった玉露かな?デュガらしい、全体的な力強さはむしろきっちりと酸の乗っている2002年の方がある様に感じます。 ●大きめのグラスに移すと幾分赤い果実味も出てきますが、やはり時間が掛かります。一回落ち着かせる必要があるのかな?半年待ってちょっと飲み頃、でも2009年ぐらいまでに飲んじゃたほうが良さそうな気がします。魅力的ではありますが「美しく」年を摂っていく感じではないですね。この辺り難しいところです。美味しく飲むにはちょっと一工夫必要かな?2003年なかなか手強いです。(2005.05.03 いのまた) ●↑こんなコメント書いていると、また売れないな~、と思いつつの2日目です。別にフォローしようってんで訳ではないのですが、この2日目の方がいいかも・・・。香りにスミレっぽい感じも乗って幾分調子上向きです。赤い果実味も少し出てきたかな?相変わらず厚めのタンニンが残っていますが幾分柔らかさも出て、これならまずまずな感じですね。気持ちムーシュ(うるさい小蝿たち)の寄りつき方も昨日に比べると多くなってきました。やはりワイン自体はさすがデュガと言うことで丁寧に作られている印象ですが、「エレガントさ」とは少し間をおき、どうしても2003年の暑さをひしひしと感じてしまいます。それでも「力」は十分に持っているので飲み方や食事との組み合わせで上手く楽しみたいところ。。抜栓してすぐにデカンタージュして2時間は見た方が良いかな?合わせる料理はやはり鴨かな?ラムかな?このあたりもなかなか難しい・・・。 ドメーヌクロードデュガACブルゴーニュ ルージュ2010 赤字超特価,お買い得

シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 2017,爆買い

●キュヴェ・カンボン・・・2006年は無かったんだっけ?と思いつつ、2007年が入荷しました。ラベルもチョット灰色っぽいのに変わっています。    久々の2005年物のコメント・・・です。 ●ボージョレでマルセル・ラピエールとジャン=クロード・シャヌレの共同経営で運営されているシャトー・カンボンのワインです。このキュヴェは2000年に作られて以来、じつに5年ぶりに登場。まずはインポータさんの資料など。   「2005年はとても良い年で、優れた質のワインができました。2000年のように、2005年は素晴しい気候に恵まれ、南向きの畑は太陽をいっぱいに受け、収穫はとてもよくできました。この畑の樹齢は50年以上になります。収穫時のぶどうは完熟していました。醸造ではシャプタリザシオン、二酸化硫黄、酵母、酒石酸は添加されていません。アロマはブラックチェリーを感じさせ、熟した風味をもち、ボディーはしっかりとしています。繊細でシルクにように滑らかなガメイです。口の中で余韻長く広がります。アルコール14度」 シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 2017,爆買い

ベルナール・デュガ・ピュイACブルゴーニュ ルージュ 2002 お得,正規品

メゾン ルー・デュモンAOCムルソー 2002 新品,お買い得

ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 メゾン ルー・デュモンAOCムルソー 2002 新品,お買い得

ドメーヌシュブロ パブロ カオリ ACブルゴーニュロゼ さくら Sakura 2015 HOT,安い

●昨年、何年振りかでシュブロの「SAKURA」入れてみましたが、やっぱり良かったんで今年2015年も入荷です・・・。飲んでみて、ちょっとビックリ。これまでの「SAKURA」は毎年あでやかな振り袖、と言う感じでしたが、この2015は落ち着きのある訪問着、的なエレガント。良質なブルゴーニュ・ルージュを思わせるハッキリとした輪郭に、鮮やかな芍薬や白い山梔子の香りが入り交じり、レモンピールの酸味とフレッシュアーモンドや柘植のようなアクセントは少しシャルドネ的でもある・・。これまで通り、この季節に合わせて飲み頃の状態での入荷ですが、この2015はちょっと寝かしてみたい、と言う衝動に駆られます。 ●シュブロの[sakura」2014年物のコメントです。  「今年も日本での桜のシーズンに向けて、SAKURA2014が出来上がりました!このピノ・ノワール100パーセントのワインは、短期間の浸漬の後、 古い樫の樽で発酵、熟成されました。定期的なバトナージュにより、果肉と素材の良さが、マロラクティック発酵によってより一層、味にまろやかさが醸し出されて、春一番の新鮮さも兼ね備えたワインとなりました。  淡い、生き生きとした光沢の色合いは、さくらの花そのものを思い浮かべていただけると思います。それに加えいちごやすぐりのアロマが強く、グラスを回してみると、ピンク色のワインの中からグレープフルーツやキャラメルの 香りまでもが続きます。味わいは、赤果実が口いっぱいに滑らかに広がっていき、さわやかなレモンの香りが最後にやってきます。 鳥の胸肉の燻製サラダや魚貝類のブイヤベースにも合いますし、また和食の会席膳にとても合うワインといえるでしょう。●シュブロの[sakura」3年目の2007年物のコメントです。   「Sakuraは通常のロゼと違い春に楽しめるように特別な造りとなります。ブルゴーニュでは、赤ワインを造った後の残りのブドウでロゼワインを造りことがあります。しかし、シュヴロのロゼは『ロゼのためのロゼ』という観点から、適した土地を選び、ブドウを育てる段階からロゼに適した造りを行っております。造りは3種類ある造りのうち白ワインの醸造と共通した造りを行います。特に“Sakura”を生み出すにあたって工夫した点は1)通常より頻繁にバトナージュを行う 2)スティラージュ(澱引き)後の15日間の低温保存による安定化 3)コラージュのベントナイト(粘土の一種)の量を30g/Lから50gに増やす 4)樽熟成が3ヶ月・・・・・・   「特にロゼワインにとって、樽熟成の一番の利点はワインに含まれる沈殿物(微生物・酒石など)を取り除き、ワインの成分を安定化させることだそうです。熟成期間を3ヶ月と短縮することで、酵母活動後に香りがワインに残り、早飲みで果実香が大切なワインにはメリットとなります。“Sakura”は酵母の香りをあまり望んでいないので3ヶ月という熟成期間が大変好ましいとのことです。」   ・・・・・・なるほど~!です。  2005年入荷時のコメントです。↓ ●ピノ・ノワール100%のロゼ・ワインです。このワインを作るきっかけをドメーヌの『かおりさん』はこんな風に説明してくれました・・・   『偶然パブロと見た、日本の美しい桜の季節のルポルタージュ。私は、日本のこの可憐な季節に、同じ様に美しい桜色をしたロゼ・ワインを飲むことが出来れば、どんなに素敵なことだろう!と長年思いを温めていました。そこで、この考えをパブロに打ち明けたところ、日本の文化に大変な敬意を抱いているパブロは、すぐに“この思いを日本の皆様にお届けしよう!!”と言ってくれました。   『それからは、シュヴロ家一同団結。醸造はパブロが担当。ラベルのデザイン、コルクや瓶の選定等、大量の仕事が裏で待っていました。特に、ラベルの“桜”の絵柄は、義両親の大親友である、ドイツ人画家レナット・ジョシュマンが手がけてくれました。                   -左ラベル画像と共に、インポータさんの資料より ●今年はさくらの開花が少し遅れるようですが、一足早く、春の訪れを感じます。(alarへの入荷3月7日頃となります) ●・・・・と、言っていたら入ってきました「さくら」です。色的にはもう少し濃いめの「薔薇」のイメージですが。とても艶のある明るい色合いです。香りには少し甘めの果実味、ちょっとガメイっぽい軽い甘さがあります。基本的にはチェリーかな?甘酸っぱい酸もあって味わいはまさしくロゼ。後味がとてもさっぱりしているので、スイスイと楽しめます。ほんのり残るタンニンもきめ細やか。 ●・・・・何となく、朝から飲みたいワインですね。春眠暁を覚えず、と言うことで寝坊したお休みの日などに、しっかりとした朝食(おそらくパンだろうな)とって、ついつい一杯。ほろ酔い気分で近くの公園などにお花見に出かけてみたい、そんな感じのワインです。・・・・意外に「冨山の鱒寿司」なんかが合うのでは?「さくら」と言えば「サクラマス」。鮭とは言えない、鱒とは言えない、あの微妙な味わいに通じます。 ●ラベルの通りにピノ・ノワール100%ですが、チェリー系の香りに、少しガメイのような甘いイチゴ系も感じられます。樽はおそらく使ってないので、マルサネ・ロゼのようなつんとした感じのないところがまた良いところ。抜栓して1日置いて、と言ってもあまり伸びない性格ですので、するする、サクサクっと楽しんでください。(2006.03.07 いのまた) ●・・・失礼しました。3日目、4日目・・・なんですけど、思った以上に踏ん張っています。ちょっと落ち着きも出ておいしくなっちゃった!来店する他のインポータの営業さんに飲ませると・・・やけに好評です!(2006.03.10 いのまた) ドメーヌシュブロ パブロ カオリ ACブルゴーニュロゼ さくら Sakura 2015 HOT,安い

アニエスエセバスチャンパケオクセイデュレス ルージュ 2007 本物保証,お得

●アニエスさんに会ったときにおそれを知らず「近所のフレデリックはどうよ?」と聞いたみたんですが彼女曰く・・・「とても素晴らしいワインを造っていると思うけど、彼の真似はとても出来ないワ」と言っていました・・・・。 ●さてそのパケの2006年です。2006年って意外にしっかりした年ですね。これは褒め言葉になっているかな?ですが・・・非常に当たり障り無く上手いことまとまっている・・・。が、よくよく見ればかなりのべっぴん。幾分酸も低めながらほどよく飲みやすい。渋味なんぞはすぐ飲めるようにしてあるよ~、と言うことで旨いこと角が丸まっている。のんびりとした旨味も感じられるし、さりげないミネラル感も心地よい。悩ましさはないけれど、優れた落としどころ持っています。 ●全体的に還元した感じで、やや閉じ気味なところもありますが、抜栓して30分もすれば楽しく飲める。美味しく飲める。なるほどパケさんも、シュニュ姉妹も、ファビエンヌちゃんも言っていました・・・「私たちのワイン、そんな寝かせなくてもOKよ!男の人はどうも長いことワインを寝かせたがるけど、普通に普段飲みたいワインを造っているので、皆さんもどんどん飲んでね」って。と言うことで飲み頃は今から2、3年がいいかな、と。しっかりとオイシイ上澄み出て来ます。(2008.07.26 いのまた) ●ちなみに・・・抜栓して1時間ほどたっていますが・・・ミネラル感バチバチ!炙りのメジがちょっと食べたい・・・。  2005年物入荷時のコメントです ●オクセイのワインと言うと、alar的にはどうしてもシャソルネのオクセイが一つの基準となってしまいます。さて、こちらのパケ?どうでしょうか?畑は3.4ha。平均樹齢40年のVV。畑はサン・トーバン側にあり、石灰質に富む土壌。新樽率15%で10ヶ月間の熟成を経ています。 ●香りには柔らかな果実の甘味を感じつつ、クリーンで落ち着きのある雰囲気。チェリー系の赤い果実に、ほどよく黒っぽい感じも混じっています。なるほど2005年!タンニンを軸とするミネラル感もしっかりとしているのかな?いかにも上質のピノ・ノワールを感じさせてくれます。でも、悩ましげな香りが出ていないのは造り手の個性か?それとも当然のことながら開けるのが早いのか?そこいら辺を実際に飲んでみて・・・ ●いかにもオクセイらしい、ハーブやミネラル感が味わいをリードしていきます。そのあとからまだ開ききらない果実味が追いかける。そしてさらにその後を・・品の良い旨味が追いかけている。幾分速いテンポのリズム感、躍動感を感じつつ、心は昂ぶる。開けた小高い丘からの眺望かな?比較的軽め、ミディアムボディの中に開く要素はしっかりと詰まっている。均整のとれた味わいは2005年。伸びやかな仕立て方は造り手の個性。さすがにボーヌ側だけあって、ニュイの気品、あるいは陰影の深さは持ち合わせませんが、思わず微笑みがこぼれる。気品ではなく清潔感が感じられます。 ●作りのアプローチがシャソルネとは異なるのでしょう。シャソルネは基本的にマセラシオン・カルボニックを用いて、こちらのパケはオーソドックスな常温でのマセレーション。シャソルネ05と飲み比べてみたい・・・。造り手としては、2005年がこのタイミングで登場するところをみると、このフレッシュ感を楽しんでもらいたいからかな?その点では充分「楽しめます」といえるけど、これはしっかり(2~3年)寝かせても充分にオイシイのでは?意外なウレシサを提供してくれる可能性大いにあり、です。(2006.12.15 いのまた) ●・・・う~ん、白と同時にグラスに注ぎ、とりあえず後回しにしておいたこちらの赤・・・香りに記憶があるな・・焼けた石、そう、あの焼き芋の石香りです。・・・そして後から付いてくる幾分過熟気味の赤い果実・・・今はなき、ルフレーブの「ブラニー」だ~!2日目と言うこともあり、アレよりは幾分酸が乱れていますが、感じとしては近いかな?ミネラル感が伴ってほどよくタイトな味わいです。あ~、このまま飲み続けていたい・・・・(2006.12.16 いのまた) アニエスエセバスチャンパケオクセイデュレス ルージュ 2007 本物保証,お得

プリューレ・ロックブルゴーニュ・グラン・オーディネール ルージュ2002 豊富な,HOT

●「ブルゴーニュ」を名乗れないブルゴーニュがこちらの「ブルゴーニュ・グラン・オーディネール」。ピノ・ノワール66%、ガメイ33%、です。プリューレ・ロックの収穫が終わって、収穫人たちに振る舞われるのがこちらのワインの様です。決して濃くなく、決して果実味が凝縮されているのでもなく・・・いわゆる「果実味」と言うよりも「皮から実からすべて」の味わい。若干の苦さにもにた少しやんちゃなタンニンも在りますが、それぞれが個性を持ちつつ、全体でクラスを越えた旨味につながってます。ひたすらに心と体の疲れが癒される、味わいのあるワインです。小粒ながらもプリューレ・ロックの哲学が見事に昇華されています。(2005.02.08 いのまた) ●こう言った性格のワインですから、抜栓してすぐにみんなのグラス(コップかな)に注いで、かんぱーい!と言った雰囲気。気取り無く楽しめる、プリューレ・ロックの一本です。 アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックブルゴーニュ・グラン・オーディネール ルージュ2002 豊富な,HOT

シャトー・ド・モンテリリュリー 1erCru プレオー 2002 新作,SALE

●「2004や2005年の試飲会に2002年はちょっと反則だな・・・」と思いつつも、反則できるくらいにうまく味が乗っている・・・ホント、ビックリしました。しかもリュリーです。とりあえず数だけ確保してありますので、じっくり試飲はalarへの入荷後かな?詳しくは今暫くお待ち下さい。 ●・・と言うことで試飲してみました。試飲会でガツンとやられたのはホントかな?・・・試飲会でつぎつぎされていない分だけフレッシュです。でもそこはかとなく立ち居デル甘さとか、上質な酸味・・・さすが2002年!と言う感じ。リュリーで此処まで上品に、且つ密度を持って仕上げるとは・・・。試飲会時はイイ感じで熟成感もありましたが、こうしてゆっくり飲んでみるとまだまだ先は長そうだ・・・。香りはむしろクラシックなイメージですが、味わいはコンテンポラリー。で、そのバランスがかなりイイ線行っています。 ●先ずは上質な赤い果実味の強さ。そして取り巻く酸とのバランスの妙。コート・ドール系に較べるとよりその酸の存在が際立っていますが、それ故にしっかり熟成させた後の程よい姿が思い浮かべられます・・・。改めて、イイワインですね。シャトー・ド・モンテリ(2007.04.11 いのまた) ●で、例によっての2日目です。幾分重心が下がってきたかな?上の方の果実味が少し引いて、中盤から後半のしっかりとしたグリップ感がましています。ああ、イイ感じのタンニンですね。実際にはこのイイ感じの部分が落ち着くまでもう暫く我慢した方がよろしい、と思うのですが、意外に伸びる味わいなのかな?プワ~ッとした美味しさは今も充分ありますが、じわーっとくる「旨さ」まではもう一息。真、どちらで飲んでもOKです。(2007.04.12 いのまた) シャトー・ド・モンテリリュリー 1erCru プレオー 2002 新作,SALE

ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 正規品,爆買い

●オーディフレッドが買いブドウで作ったボーヌ物です。・・・が、彼の真面目な作りと『ボーヌ』の幾分田舎っぽい感じ(コート・ド・ニュイと較べてね)が発揮?されて・・・・非常に地味な味わいです。なんか、これまでの彼のワインと違うな・・・・・?と思いつつ持ち込みで全部飲んじゃったので、また改めてコメントします。 ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 正規品,爆買い

バロラン FACブルゴーニュ ルージュ ルボン 2005 最新作,正規品

●モレ・サン・ドニ南東端のレ・ポルーの国道の反対側の3つの区画で合計0.8ha。平均樹齢45~50年のVV。シャルロパンとジャック・プリウールの2~3回使用樽で14ヶ月間熟成。「ル・ボン」というのは、15世紀にブルゴーニュ公国を治めたブルゴーニュ公フィリップ3世(フィリップ・ル・ボン(フィリップ善良公)と呼ばれた)が、当時ここの畑を所有していたことに拠ります。 ●で、飲んでみました。これは!これは!なしっかり者!色合いは何となくコルナス的な情熱家。香りはウエルカムなカリ・ピノ系。で、味わいはと言うと・・・プルプルのシンプルゴーニュ系。うまいダス。ズバリ巨峰酒。「濃いめ」ってんでクロ・ノワール系の味わいを想像していましたが・・・ぜんぜん違う。うっすらと濃いので、なかなか掴みにくい味わいですが、1~2年置くと化けるかも?少し濃いめの美人顔とでも言うのでしょうか(普通言わないそんなこと)?。・・・・結果的に、それほど濃厚な果実味とかボディとかは無くて、きっちりと新ブルゴーニュ的なある種の景観を持っているんですが、どういう訳かの懐かしい樽っぽい甘い香りにさそわれて、ついヘロヘロと飲み過ぎる・・・・。ある意味初めて「CD」の音聴いたときのような新鮮さと共にのとまどい、感じます。妙にノイズの乗っていないクリアーな音。何となく記憶をたどっていくと、テクノとか、ミニマルとか、に行っちゃうんだよな・・・ドライブ感、ちゅうの?ある意味アヴァンギャルドと言うか、なんというかのこのワイン、かなり好きです。(って、もうボトル半分空いてるぞ・・2007.09.17 いのまた) ●って書いておいて、クラフトワークなんゾを某ミュージックストアからダウンロードしたくなり、しちゃいました・・・微妙な音の違い感じながら・・・。アナログ・シンセのよじれた音が懐かしい・・・ミニ・ムーグとかプロフェットのオデッセイとか・・何となくなメロトロントか・・・ヴォコーダー、欲しかった・・・。前頭葉を経ずしていきなり電気的刺激で末端神経動かされてるような感じですね・・・イイゾこれは、ってワインの話なんですが・・・(同日 いのまた) バロラン FACブルゴーニュ ルージュ ルボン 2005 最新作,正規品

メゾンルロワACブルゴーニュルージュ 2001 超激得

●何となくリスト見ていて・・・円高の影響でお手頃?かなと、選んでみました。ルロワのACブル!ルロワのコメント、初めてなんでドキドキしています・・・。 ●到着後、すぐに段ボール開けてみると・・・う~んやけにかび臭いぞ。ケースそのものが「ブショネ」な香りです。こりゃ失敗したかな?と思いつつ、一本キャップシールを取ってみると・・・・液漏れ、と言う状態ではないのですがかなり「来ちゃっている」かな?キャップシールの裏の状態とか、ラベルの状態が良い片方で、コルクのトップはしっかり黴びているので、メゾンで保管して暫くした状態でキャップシールしたのかな?と言った案配です。 ●ま、ともかく味見。2001年にしてはしっかりとした色づき。この辺りはルロワだねと思いつつも、エッジに落ち着いた臙脂~茶色が混じっている。でも真ん中当たりの照りは充分残っている。香りは心配するブショネはなく、チェリー系の赤い果実とうっすらな紅茶系の香りが整って出てくる。クローブのような木質の香りが過ぎ去ると・・・ほんの少し、溜息にもにた終焉の予感。香りから予想すると、まさしく今がピークですね。 ●2001年、決して良い年とは言えませんので、おそらくこの年のキャラクターとしての青っぽさ=えぐみが感じられますが、ACブルでこのしっかりとした構成を残しているところはさすが「ルロワ」なんでしょうか?果実味の出ばり具合が幾分ピークを越えていて、、この辺りがヴィンテージのマイナスをカヴァーしきれていない。又、お醤油的な味わいの記憶が思い起こされつつあるところで「と言うことは」と、この後の味わいのバランスが拡散傾向にある兆しですので、すでにピークは過ぎていると感じるわけですが、抜栓後の動きを見ると少しずつでも開く、あるいは開こうとする生命力をそこはかとなく感じつつ、ただのACブル、それもネゴシアンと言えどもだてに「ルロワ」のラベル張ってる訳じゃない、といたく感心してしまうわけです。 ●よく「熟成したワインの味はどんな感じですか?」と聞かれますが、このワイン、そうした教材として持って附けじゃないでしょうか?熟成したワイン、どんな感じか試してみたいと言う時には是非どうぞ。すばらしく、古酒の味わい!と言う感じでもないので、そんなところを考慮しながらお値段も抑えてみました。そのかわりと言ってはなんですが、「ボトル差」あることはご勘弁。一級や特級の安定感は期待しちゃダメです。 ●一応これまでの戦績は3本開けて2勝1分、です。(詳しくは最初の一本が、こりゃダメだねと思っていた残り半分が2日目見事に紅茶味のみにまとまっていたので引き分け。次に開けたのはかなり全開でしっかりと健全に果実味残っていたので勝ちなんだけど、萎れるのも早くて翌日ダウン。でこの3本目・・・今のところ、まずまずの出足で勝ちパターンにかなり近い、です 2009.06.01 いのまた) メゾンルロワACブルゴーニュルージュ 2001 超激得