クロノワールジュブレシャンベルタン ヴィエイユヴィーニュ 2005 限定SALE,新作登場

●2005年物ゆっくりと入荷しました。ジュヴレ村とブロション村の丘境にあるシャンという12aほどの小さな区画のブドウを使っています。平均樹齢は80年でほとんどの樹がセレクション・マサールで植えられています。50%をスミ・カルボニック・マセラシオン。2週間の発酵の後、24ヶ月間熟成させています。   2004年物のコメントです。 ●入荷本数が少なくて試飲できないので・・・同じ2004年のジュブレV.V.のコメントでお許しを・・・。 ●暫く置いておいて、意外な展開になったジュブレ・シャンベルタン2003。2004年はどうでしょうか?色合いは他のキュヴェよりもかなり濃いめ。香りの重心もしっかりと低く抑えられています。で、早速結論を言っちゃうと・・・・イイねこりゃ!此処で、テロワールがどうのこうのと言っちゃうと全く野暮な話で、なにも足さずに、なにも引かずに、・・・・かつて(90年代後半、おそらく98年ぐらいかな)のデュガ(クロード)のジュブレだよ!と言うことで、うわ~っ、です(これは言い過ぎかな?話半分で聞いておいてください)。 ●少数精鋭ですが、切り込んで来るような新鮮さを保った果実味(勿論デュガ系なのでかなり黒っぽい)軍団。で軍団に頂くのは緋色を纏った女王様!このコントラストの鮮やかさが実にヴィジュアル。合わせるならば子牛なんですが、ワインで煮込むより、ローストしたところにワインを煮詰めたソースをしゅるしゅると。かなり注目せざるを得ない造り手です、クロ・ノワール!(2007.02.04 いのまた) ●一応。2日目も飲んでみました・・・やっぱりデュガではないけど・・・、しっかりとした味わいです。赤と黒の境がなくなってきてまとまりがあります。幾分ほっそりですが、このくらいが丁度良いかな?ほんのり、モカ系のかおりもでてきたし・・・これはしっかりと応援してあげなくては!(2007.02.05. いのまた)  2003年物入荷時のコメントです・・・・ ●さてこちらのジュブレ・シャンベルタン、フィサンと同じ傾向かなと思いきや・・・・、しっかりとしたヴォリュームを感じる良いワイン。このドメーヌの大部分をフィサンが占めていますが、こちらの収穫に時間がかかって、気持ちは焦れどジュブレに手が回らない・・・、で結果的に収穫が予定遅れたことにより良いワインになった、ようです。 ●で、改めて飲んでみると、実にジュブレらしいつちのミネラル感や乾燥したハーブの香り。ワイン自体もクラスにふさわしい力強さがあります。それと、抜栓直後はあまり感じられませんが、暫くして生まれ出る果実味。これが幾分乾燥させた果実味を伴って、しっかりとした印象が生まれます。・・・フィサンと同じ作り手とは思えないな・・・2つを飲み比べるととても良いお勉強ができます、収穫のタイミング、大切です。 ●・・・とえらそうなこと言っておいて、しかも売り切れ後のコメントです・・・上のコメントいつ書いたのかな?日付は大切!と言うくらいにワインの姿が変わっています。・・・何となくいつもの「どうよ?」的な感じで開けたのですが・・・う~ん、インポーターのM氏曰く「2004年を期待していてください!」は・・・。 ●何が、「う~ん」かと言うと、ここにきて妙に迫力が付いてきました。初めは何となくビオ的なフラフラした感じでしたが、腰が据わっている。しっかりとジュブレの魅力を表現しています。赤い果実味主体ながらしっかりとヴィンテージを反映した黒系とタンニンの豊かさ!そのものを感じさせるストレートで力強い味わい。たとえばの話で,ドメーヌ・アルローのジャスティスとかに通じる味わいなのかな・・・。この数ヶ月での変身ぶりにはちょっとまいりました。と言うか、そこを見抜けなかった未熟さ痛み入ります・・・・・。 ●樽の使い方、どうなんだろう?この甘味の由来が良く解りません。アフターに口中を支配する甘さと言うか焦げ味というか・・・もしかするとクロード・デュガ辺りがターゲットに入っているのかも?しれません。なるほど、ラベルには「デカンタージュがオススメ」と書いてありますね・・・デカンタージュしなくても、充分にオイシイです。(2006.12.21 いのまた) クロノワールジュブレシャンベルタン ヴィエイユヴィーニュ 2005 限定SALE,新作登場

ジョセフロティマルサネ ルージュ 2005 定番,新品

●こちらもインポータさんの資料から・・・   「2005年特有の熟度とエキス分がつまった造りでとても洗練されたものです。ブラックベリーとブラックチェリーの表情豊かな香りを持つ。濃厚でミディアムボディで滑らかなで心地良い舌触りを持った調和が取れ、焦点の定まった風味豊かなワインでカシス、ブラックベリー、ミネラルなどエキス分豊富な美味な味わい。」 ジョセ・フロティ、現在は息子さんのフィリップ・ロティが中心となってワイン造りを行っている小規模ながら実力派ドメーヌ、と言われつつこれまであんまり飲んだことの無かったジョセフ・ロティ。イヤ~良いワインです。比較的裾物を飲んでも非常にスムーズな味わい。でも、これだけじゃないよね・・・・ちょっと寝かせてみても良さそうです。上の方はもっとすごいんだろうな・・・・。ジョセフ・ロティ熱烈お薦めドメーヌかも、です。 ジョセフロティマルサネ ルージュ 2005 定番,新品

フィリップ・パカレペルナン・ベルジュレス2006 人気セール,最新作

●2005年は6500円(税抜き)だったんだ~と思いつつ、まだ飲んでません・・・。 ●このままではいかん!と飲んでみました。・・・7200円は高いかも?パカレ節といえばパカレ節、なんですが・・・妙にツンツンしていて、小生意気。口の達者な未就学児童等感じですかね・・。ちょっとワインがお子ちゃま。口が達者な分だけ、伸びしろ充分なんですが意外に飲み頃まで時間が掛かりそう。酸やミネラルはバッチリとあるんですけど、果実味がまだまだ堅いんだよね。これが本来の2006年のスタイルなのかな?全然比較にならないのですがあえて言うならルイ・シュニュのACブル2006年に辺りにあたらずとも遠からず・・・・。そもそもペルナン=ヴェルジュレスのアペラシオン名乗っているワインってそんな見たこと、飲んだことなので、これがペルナン=ヴェルジュレスの味だ!と能書きたれることも出来ないんですが、一つ言えるのは比較的西向きの斜面の高い方のワインかな?と(外れ覚悟の発言)。妙にこざっぱりとして媚びたところが無いのはちょっと好みと思いつつ、泣く子と地頭には勝たれぬてきな如何せんツンツンしているところが・・・7200円? ●で、オススメしたくない、だめなワインかというとなかなかダメとも言えず、これは好みの問題ですね、と言葉を濁しつつ、思い出すのは某ご近所の和食店のアジフライ。これには絶対合いますね。果実味の無さ、ってところが良いんだろうね。ならば、日本酒で良いじゃないというところですが、日本酒だと衣の油と味の油にちょと押され気味・・・。てなことを考えつつ、アジフライのあとは鱒寿司などで締めたい!と。もしかして、明日はもっと良い日かも知れない・・・(2008.05.13 いのまた)   2005年のコメントです・・・・・ ●ペルナン=ヴェルジュレス・・・・マイナーなアペラシオンである。そしてこれまでalarはここのワインを飲んだことはないと思おう。パカレのモノはモチロンだが、その他の造り手のモノも・・・・もしかすると飲んだことはあるかもしれないが記憶にはない。・・・だが、このワインは飛びきり旨い! ●重箱の隅をつつけば、それなりに色々言いいたこともあるけれど、もっと有名なアペラシオンの物や一級や、特級にもそれなりにいろいろ言いたくなることがあるわけで、それらに言いたいことに較べると、「無い」に等しい。単純に今飲んでいて「旨い」のである。その点では、とりあえず本日(2007.06.04現在)で飲んだパカレの05の赤のなかで最も成功しているワインではないだろうか?ただそれが立場を辨えずに言わせてもらえば、現段階では概ねこの価格は高いよ!と。だが、おそらく4年経って飲んでみると意外に「6500円(税抜き)は安い買い物かも・・・」と。マイナーな村名ワインで、スケール感こそ目立つ存在ではないけれど、いわゆるブルゴーニュ的、あるいはパカレ的とも言える両側面からのアプローチが可能なワインだネ。・・・・パカレのワイン、これとアンディジェンヌがあればいいかも・・・・・。 Ch Rays,Domaine Leroyで研修を積んだ後、プリューレ・ロックの醸造長を長年務めその後2001年に独立・・・が、フィリップ・パカレの経歴です。また彼はボージョレのマルセル・ラピエール氏の甥でもあり、その縁で『自然派(アペラシオンを越えたフランス全土における)』を形成することとなったジュール・ショヴェの最後の弟子でもあります。 パカレはジュール・ショヴェの元で、相応の犠牲(例えば労働時間であり、あるいは腐敗果を捨て去る勇気・・・)を払うことを厭わなければ、近代技術に頼らない自然派の作り=かつて1950年代頃まで普通に行われていた作り方で、テロワールを忠実に表現する素晴らしいワインができる可能性に満ちていることを学んできました。そしてここで行われていることが「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と言うことも理解しています。 そしてパカレ曰く、「ブルゴーニュワインの多くは単一品種で構成されているからその味わいを造っているものは、ブドウではなくテロワールなのである。これを最も大切にしなくてはいけないし、土壌、ブドウ、天候、そして人間があり、このどれ一つとして欠けてもワイン造りは不可能である。また、人間はオーケストラでいうところの指揮者であり、ブドウがより良く育つために導いてあげるだけなのだ。ワインは工業製品ではないから、技術を駆使して手を加えてしまうと本当のテロワ-ルを表現することはできない。」と。 実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。 醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。 このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。インポータさんからの2005年ヴィンテージコメントです。   「非常に出来がよく、今までのパカレのワインの中で「偉大・傑作」といえる作柄。2005年を戦後のブルゴーニュ全体の作柄と比較するなら、1978年のような綺麗な酸味、そして1945年に似た味の濃縮感と収量の少なさです。どちらの年も1959年と並ぶブルゴーニュの赤にとって秀逸な年です。また白ワインの熟度も非常によくて、濃厚でコクの強いヴィンテージとなりました。」・・・なるほど期待の2005年です。こちらは最新ヴィンテージ2006年に関してフィリップ・パカレからのコメントです。   「一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日から行いました。   「2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。   「香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。   「最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい・・・。 フィリップ・パカレペルナン・ベルジュレス2006 人気セール,最新作

ドメーヌデュクロサロモンジヴリ1erCruブラン ラグランヴェルジュ 2007 SALE

●こちらはブショネ無し・・。かなり綺麗なゴールドが入りつつも透明感のあるイエローの彩り通り、フレッシュな柑橘系のかおりに幾分オレンジのニュアンスを伴い、その一方でリンゴや桃の白い果肉の感じもほんのりと。優しい蜜の感じとか、きりっとした酸やミネラル・・・なかなか複雑な構成の香りをもっています。 ●で、飲んだ感じは南の白に似ているかな?粘性はあまりないけれど、甘さを含んだ最初の口当たり、優しい酸の中盤、やはり蜜っぽいアフター。ソリッドな緻密さはないけれど、真綿のような軽さと弾力を感じる味わい。パリパリに皮を焼いたチキン(できれば地鶏とか軍鶏とか)のソテー、ちょっとお塩を振ってシンプルに、ですね。ハーブのニュアンスを後ろの方から感じるけれど、この辺りはブズロンのアリゴテにも似ているかな? ●時間をかけると中盤の膨らみも期待できるけど、そうなると鶏から豚サンの出番かな?焼き鳥なら「皮」から「ポンジリ」「「トントロ」。焼きたて熱々のところをクイッと行きたい感じですが、ここには焼き鳥もないし、あとの試飲も詰まっているのが、悲しい・・・。 ●赤もそうだけど、収穫したした葡萄は一旦冷やして低温でのマセレーションを行い、そこから自然に発酵が始まり、温度が上がるまで放置(33度までと書いてあるけど・・・白はもう少し低そうな感じ)。白は過度の抽出を避けるためにバトナージュ(還元状態を避けるためにたるの中で撹拌すること)を行わない、そうですが・・・ワインにはその辺りのニュアンスは全く感じられずに安心してお飲みいただけます、と。(2010.05.22 いのまた) ●で、2日目ですが優しく柔らかく・・・なってますね。その一方で消石灰的なミネラル感が香りにくっきり。味わいはシャルドネのニュートラルな処に焼き栗のかおり。落ち着いてくると何となく樽っぽいツンとしたところが気になるけれど、実際に飲み頃は2012年頃かなと思いつつ、キノコと栗のソテー添え的鶏かな・・・クリーム・シチューでもいいなと思いつつ・・・この暑い時期には少し勿体ないしっかり者のワインでした・・。(2010.05.23 いのまた) ドメーヌデュクロサロモンジヴリ1erCruブラン ラグランヴェルジュ 2007 SALE

Y et C・コンタ・グランジュACブルゴーニュ ルージュ 2005 新作,人気SALE

●インポータさんの資料によると「シュイィ・レ・マランジュ村内の3つの区画で合計1ha。平均樹齢45年のVV。ステンレスタンクのみで12ヶ月間熟成。「旨安」の真骨頂。お勧めします。」とのことですが、旨安と言うには入荷量が少なすぎ! ●で、2回目の入荷で初試飲。・・・強いな・・・。何となくですが、先日飲んだバロラン&Fと似たところがありますね、ブルゴーニュの北のハズレと南のハズレ・・スタイルこそ異なりますが、アフターに広がる味わい、何となく近いモノを感じます。で、やっぱり強い。このドメーヌのスタイルと言うよりも2005年のブルゴーニュ、と言った感じでしょうか?しっかりと舌にまとわりつくような果実味、幾分金属的なニュアンスを残しながらのミネラル感。たっぷりとしています。 ●グラスに入れておくと、金属的なところがツヤツヤから錆っぽっくなってきますが、ボトルの中では意外にしっかりと保ちますね。最初のうちは果実味も張っているので、かなり濃厚な味わいもありますが、時間と共にじんわりとミネラル感。たっぷりと楽しめます。此処は豚肉の煮込みなのかな?バラ肉と梅肉の煮込み辺りがイイ感じです。適当なパックに入っているバラ肉の煮込みに、これまた適当な梅しそ系のドレッシングを加えてお鍋で暖めて・・・・。丁度良いおつまみですね。 Y et C・コンタ・グランジュACブルゴーニュ ルージュ 2005 新作,人気SALE

ドメーヌ・ド・ラ・コンブコート・ドボーヌ ルージュ レ・モンスニエール 2003 セール,お買い得

●2003年としては珍しく「色の薄い」ワインです。若干赤い色調に振れていますが、ちょっとホットします。香りには幾分還元的なところが感じられますがグラスを1,2回回すとほとんど消えてしまいます。濃いめの梅カツオ系かな?果実味の凝縮感と2003らしいタンニンの厚み。非常に口当たりは軽いのですがアフターの旨味の持続はさすがです。幾分時間を置くと味わいにまとまりと深みが出てきます。これも後半年おいてきたいですね。 ドメーヌ・ド・ラ・コンブコート・ドボーヌ ルージュ レ・モンスニエール 2003 セール,お買い得

ドメーヌ・デュ・シャトー・ド・ショレーショー・レ・ボーヌ ルージュ 2002 赤字超特価,新作登場

●インポータさんのお薦めを何本か実費で取り寄せ、ふるいに掛けて・・・残った数本のうちの一本がこれ。でもその前に「ショレイ・レ・ボーヌ」ってどこだっけ?・・・丁度サヴィニの東側、比較的なだらかな地域です。しかしマイナーだな?昔ジャン・リュック・デュボワなんゾを扱ったことがあるくらいかな?で、思い出したようにそのワインの2000年物開けてみたのですが・・・これは美味しい。このところちょっと期待はずれのバレル・セレクションですが、イイ感じに上がっています。まずはピノの熟成感。決して厚みはありませんが、ほどよく胡椒が利いてなめし革のニュアンスや、マッシュルーム、落ち葉のほどよい香り。まださんもしっかりしています・・・・。 ●と、JLDのコメントじゃないんだから! ●こちらのワイン、とりあえずセレクションの段階での試飲ですのでコメントが残せない。・・・でもこの革のニュアンスやキノコ系、ありましたね。何となく裏通り、オート・コート・ド・ボーヌ的な土っぽさを持っていますがもっと乾いた軽さです。それにしっとりと果実味が、赤を主体としながら20%ぐらいは黒っぽいのも混じっているかな?シットリとした厚みも感じます(正確には「感じたかな」)。 ●で、1週間以上前に開けたこちらの2002年飲んでます。なんでへたってないのでしょう?確かにディティール崩れていますが、ごまかしながら飲めちゃうぞ!。果実味のしっとり感が未だに残っていますね。・・・RWG良く読んでないのだけれど、この人ビオかな?・・・そ~だよな~、オーディフレッド開けた翌日ぐらいにこれも飲んだので、一週間はたっているよな・・・・。いや、オーディフレッド飲んだの11月なので・・・、それから数日と言ってもやはり1週間以上は・・・これは『要再試飲』です。(2006.12.17 いのまた) ●で、RWGに登場しているのは噂の2005年物なんですが、こちらは何となく忘れ去られつつある2002年です!此処で改めて2002年の底力なぞを感じちゃいますね~。ホントにこれ一週間以上前に開けたのだろうか・・・。何となく、かなり怪しくなってきたところで・・・・お後もよろしい様で・・・(2006.12.17 いのまた) ドメーヌ・デュ・シャトー・ド・ショレーショー・レ・ボーヌ ルージュ 2002 赤字超特価,新作登場

ドメーヌシャソルネーヌイ・サンジョルジュ 1er Cru Clos Des Argilleres 2003 お買い得,SALE

    天上天下唯我独尊 新たな高みに登っています    ●言わずとしれたアルジリエール。試飲していない段階で過度の期待は禁物とは思いながら、やはり2003年はこのワインに過去にないポテンシャルを吹き込んでいるのでは、と想像してしまいます。 ●かつて無い色合いの濃さ、タンニンの厚み、遠くに朧気ながらにしか見えない梅かつを風味の酸味と旨味。これまでと全く異なったスタイルのシャソルネに悶々としつつ、もはやこれまでとあきらめかけた矢先、抜栓後3時間以上経ってようやくつぼみがゆるみ、静かに花咲く・・・・・(2005年2月中旬 いのまた ●どういう訳か某インポーター主催のテュイリー・ピュズラのウエルカム・パーティー。乾杯はテュイリーのワインではなく、シャソルネのこのワイン。数日前に試飲したのと同様に「旨い!」。入荷時点での試飲の時点よりも確実に「旨く」なっている。これまでのアルジリエールに比較し、確かにタンニンは強く、酸は秘めやかだが、底知れぬ安定感と芯にまとまる旨味の豊かさ。将来像を予測することは困難だが、その可能性は十分に感じられる、今日この頃のアルジリエール・・・・(2005年3月下旬 いのまた ●どうも的確なコメントが残せず、今まで放ってきましたが、そろそろきちんと書かなきゃね。・・・・入荷からかれこれ半年近く経って、再度まじめに試飲してみました・・・・やっぱり難しいよ~。 「抜栓直後2月に較べると遙かに優しさが出ているがそれでも、3~5月の旨い!旨い!と言ってバンバン飲んでいたころの、ある意味明るさが伴っていません。一時的にまた閉じた常態なのでしょうか?それともボトル差?(今回開けた物は液漏れあり)半分ほどデカンターに移し替えてみたりもするが、一向に果実味の開花は見られず、瓶に残った半分の物を試しても、さほど変わらず。ただ、2月のイメージと異なるのは、ワインがただ沈黙しているのではなく、意図して沈黙しているとも思える様子。なんだろな? 「6人ほどであれやこれやと飲んでいるが、どうにも盛り上がらない雰囲気。ご愛敬で登場した同じくシャソルネのサン・ロマン/ルージュ2002年にあっという間に人気をさらわれてしまうような・・・・「おまえ、このままで良いのか?」そう問いかけたくもなる、この気持ち・・・」 「翌日・・・昨日は飲み過ぎたとおもいつつ再び飲んでしまう、自分の性を恨みつつ、ボトルに残ったアルジリエールを試す。・・・ふとよぎる予感・・・・新しいスタイルの誕生?摘み残され、枯れ果て、冬を越し朽ちていく一房のブドウ。自然なままに、あるがままに。おそらく2003年という年だからこそ可能な偶然の産物でありながら、偶然を必然に変えるコサールの構想力と具体化する力量が発揮され、そして結果として完成しつつある、いわば「シルエットのみ」のワイン。あえて果実味や芳醇さを捨て、タンニンを軸としつつシンプルでいて深い。月に照らされたシルエットがそのまま闇に溶け込んでいくような静けさ。写実から印象へ、印象から抽象へ、そしてモダンへ・・・これまでとは全く視点の異なった位置からのアプローチが必要なのかな?  「もう少し語ちゃうと、『同じ「花」の写真をカラーで撮って、色調だけをはっきりと鮮やかに表現するか、ややぼかして淡いトーンに仕上げるかってレベルの問題ではなく、いきなり白黒でしかもかなりはっきりとシルエットだけをとどめた』ぐらいの差があるんですね、このワインには。また、これが単に結果として白黒になったって事じゃなく、みんなが花の色に関心を向けている中で、一人だけ形に関心を向けそれで成功している、と言う作り手の視点の素晴らしさもあるんです。ですから受け手、飲み手も幾分スタンスを変えて行かなきゃいけないんじゃないかな? 「ちょっと自慢げな話ですみません。このワインはすでに7,8回飲んでいるんですが、上記のようにほぼ毎回印象が違うんです。それも著しく。自然派ワインは確かにボトル差が大きいと言われるし、飲んでる環境も違うので、当たり前と言えばば当たり前なんですが、それでも何とか、糸口がつかめた様な気がします。ポテンシャルに関しても、『いろいろ情報詰まっている』というこれまでの評価ではないですね。『単純な物なんだけど持続性というか骨太と言うか』このあたりの違いも感じます。だから、やっぱり良いワイン。ずばりあと10年先が楽しみな一本です。(ここまでの道のり長かった・・2005.09.24 いのまた)   簡単に・・・2002年物のコメントです ●このワインはフレドリックの自慢の1本。氏の奥様のマリー・ピエールのお母様が持っていた畑を借り受けて作っています。この「アルジェリエ」は、ヌイ・サン・ジョルジュの中でも最も南に位置するプレモー=プリセの地区にあり、「常に風味の並外て強いワインが生み出されミネラルが豊か。がっしりとしているが、きわめて繊細な一面がある」と紹介される、ヌイの1級のなかでも飛び抜けて優れた畑です。 ●ベタン氏が(Le Classement 2002年で)「ロマネ・コンティ(原文ではD.R.Cの表記)のひとつのキュベに匹敵する」とまで絶唱したワインがこの1999ヴィンテージ。同誌では9.5ポイント(10点満点)。また「かむようなタンニンとコクとパワーに圧倒されて、しばし醸造家のエネルギーを感じさせるワイン」と紹介されています。 ●このワインも1999年ヴィンテージ以来口にしていない、と言うトホホな話ですが、リアルワインガイドなどをみるとやはりオススメワインの様ですね。2002年は少し多めにわけてもらえそうだから・・・、一本開けてみようかな? ドメーヌシャソルネーヌイ・サンジョルジュ 1er Cru Clos Des Argilleres 2003 お買い得,SALE

チボー・リジェ=ベレールACブルゴーニュ・ルージュ レ・グラン・シャイヨ 2003 最新作,人気

●昨年にはなかったACブルゴーニュです。バックラベルを見ると、ネゴシアンの表示になっています。・・・・香りの感じはヴォーヌ・ロマネ系かな?果実味もややドライながらタップリとしてソフトなタッチはヌイ・サン=ジョルジュ的。アフターの柔らかなタンニンに時折感じられる乾燥したハーブのニュアンス。力強さはそれほど感じられませんが、彩りの豊かさや緩急様々なリズム感。なかなかツボを押さえたACブルです。 ●すでに2004年物もちらほら出回る中でゆっくりと登場してきた2003年物。タンニンも比較的おとなしくなり、心地よくバランスがとれています。性格的には開放的な方かな?幾分樽からの甘さも感じられどことなく引きつけられる美味しさ。とはいえ媚びるところなど全くなく、締めるべきところはしっかりと。グラスに入れて暫くおいておくと、それなりに旨味も出てきます。 ●ただ、現在のコンディションが想像以上に良いので、オシマイも幾分早いのかな?保って後2~3年と言うところでしょうか?まずはあまり隠してる物がありません。それだけ精一杯振る舞っているけなげさがあります。一緒に飲んでいる、ヴィンテージは違えどやはり手の内をそうそうに明かさない、デュガの2004年物ACブルとは役者が違いますね。でも今飲んで、となるとこちらのティボーの方が魅力的だな・・・。 ●近頃良く思うのですが、ワインは何飲むか?じゃなくてどう飲むか?何だよな面白いのは・・・でもその前にまずは飲んでみなくてはわからないし・・・四十も半ば過ぎてなお、いろいろと迷う今日この頃です。(2006.05.17 いのまた) 2002年はこの小さなドメーヌのファースト・ヴィンテージとなります。ティボー・リジェ=ベレールは醸造学を学ぶと、しばらくはワイン会社のバイヤーとして働きワインに対する広い見識を養ってきました。そして相続によりこの小さなドメーヌを引き継ぎ、有機栽培(一部ではビオディナミとの説も)により作られた低収量のブドウからすばらしいワインを生み出すことに成功しました。 ↑ここまでは入荷後インポータさんの資料を基にまとめましたが、2004年12月発売のワイナート誌にもう少し詳しい経歴が載っていました。ティボー・リジェ=ベレールは現在29才。祖となるルイ・リジェ=ベレール将軍から数えて7代目に当たります。4代前に伯爵家と別れていますが、相続した畑は長年にわたって他のワイン生産者に貸借契約されていました。チボー氏は16才でボーヌの醸造学校に入学、卒業後はワイン商につとめ、畑の貸借契約が切れる時期をねらって2002年に晴れてドメーヌを立ち上げました。葡萄はすべて「ビオディナミの思想とビオロジックの実践方法を融合したコスミック栽培(ワイナート誌より)」との情報です。 そして独立して4年目となる2005年物も入荷しました・・・。バーガウンド.comからの生産者紹介です。  「This is a relatively new 7.5 ha domaine that began in 2002 and has added some negociant wines so the total effective vineyard area is 9 ha; the negociant name is Thibault Liger-Belair Successeurs". It is directed by the young Thibault Liger-Belair, who is a cousin of Louis-Michel Liger-Belair (see above).   The approach here is to use biodynamic farming in some but not all of the vineyards and the harvest is done manually with a double sorting regimen, which is once in the vineyard and again at the cuverie. The fruit is not systematically destemmed and depending on the ripeness of the stems, may include all, none or some of them. As Liger-Belair repeated several times "we have no rules and are willing to change anything and everything if the conditions warrant it."   The fruit is cold soaked at around 12C for 4 to 6 days and then is fermented over a 15 to 22 day period with relatively little punching down but daily pump overs. A very light debourbage (lees settling) precedes the transfer into cask, which is done by gravity and no pumps. Liger-Belair also noted that he likes to work with mild reduction and thus is disinclined to rack unless absolutely necessary. Indeed this was the case as a number of these '05s showed varying degrees of reduction. Finally, the wines remain in cask for 12 to 16 months where they are then bottled without fining or filtration, again unless necessary.   My take on these largely traditionally styled wines is that they will continue to improve as Liger-Belair gains experience, not only with the winemaking but also his vineyard management practices. In short, a domaine to watch as Liger-Belair has both the passion and the vineyards to make his mark. 上記のように今回は2005年からスタートしたネゴシアン部門のワインも入荷しました。こちらには生産者名の後に「Successeurs(後継者・相続人の意味)」を加えて一応のところ区別してあります。 親戚筋のコント・リジェ=ベレールはこちらです→クリック チボー・リジェ=ベレールACブルゴーニュ・ルージュ レ・グラン・シャイヨ 2003 最新作,人気

ルージュ・キューブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ ルージュ 2006 お買い得,品質保証

●ルージュ・キュー2006年物です。インポータさんのところには2008年5月に入荷して、暫く寝かせました・・とのこと。なるほどイイ感じでまとまっています。スタイル的にはやはり2004年の上澄み系に近いのかなと思いつつも、芯のところは幾分2005年のしっかり感もあり、と言うことでなかなか素敵なところに落ち着きそうです。 ●酒質全体が幾分控え目ですので、抜栓後すぐに香りが開く、と言うわけではありません。むしろ、ゆっくりじっくり、リラックスして飲みたいと思わせるようなワインですね。とは言ってもあまり深くテロワールを探ろう、とか言うのは野暮という物。幾分冷やし目にしたところで、冷凍ラズベリーなどツマミながら、楽しく行きたいモノです。少し炙った厚切りロースハムなんてのも良いでしょうかね?微妙に乗っている旨味と軽いパウダー状の渋味がハムの塩っぽい脂っ気にあいそうだな・・・・。ルージュ・キュー、その名の通り「きゅう~っ」と楽しめます。(2008.07.27 いのまた)   2005年物のコメントです。 ●早2005年物ブルゴーニュ入荷してきました。インポーターさんのお話だと・・・「2005年はずっとお姉様です。」とのこと・・・試飲が待ち遠しい!などと言いつつ、サッサと飲んでみました。確かに2004年よりはしっかりしています。厚みがあります。タンニンも少ししっかり。お焦げチックな甘さも少々。個人的には04の胸キュン系が好きなのですが、出来は悔しいけれど2005年が上だな・・・。 ●香りには赤い果実がたっぷり。瑞々しさも残しながらそこそこに熟した感じがいいですね。厚みはあるけど、輪郭がはっきりとしているのでバランスも良い。抜栓後は早めに、というのは昨年と同じですが、もう少しおいてちょっと落ち着いてからが飲み頃ですか。丁度小鳥の鳴き始める来年3月ぐらいかな・・・春の訪れを感じつつと言うのが良いのかもしれません。(この作り手さんは他のアペラシオンは持ってないのでしょうか? 2006.12.03 いのまた) ●その後の調べで、他にもいろいろと作っていると言うことがリアルワインガイド見て判明しましたが・・・今回の再入荷で何種類か入ってきました・・・それはさておき、ちょこっと飲んでみようかな?と。・・・何となくですが昨年入荷分より落ち着いた感じ。瑞々しさだけでなく、深みも増してきたと思います。2004年の旨味ぐいぐいという感じではありませんが、確かに異なった魅力がある。ひたすらオープンな味わいでなく、ゆったりと一つ一つの味わいを噛みしめるような・・・多少裏通り系で、どこの出?と聞かれると言葉に詰まるところはあるけれど、フツーに飲んでて楽しいワイン。・・さらりとしたタレで焼肉なんぞつつきたいな、と思う今日この頃です。(2007.06.13 いのまた)   ↓2004年入荷時のコメントです。 ●・・・う~ん、ビオ、です。ってこれ2004年だよね?比較的新しいドメーヌ、ってんだけど、ヤバインじゃないの、ここ?確かに厚みは無いけれど、とんでもなく立体感がありますね。個人的には1999年のシャソルネ、サン=ロマン・ルージュに出くわした時くらいのインパクトある味わい。ビオのくせしてやたらにオープンな明るさ!飲み下した後に残る、口蓋にへばり付くような旨味というか、果実味というか、・・・・このバランスのとれた味わいはなんなのさ?というような、とんでもないワインとの遭遇です!!!!(2006.04.03 いのまた) ●二日目です。心持ち酸がとがってしまいました。でも、後を引く果実味と旨味の軽妙なバランスは相変わらずです。おそらく作りはオーソドックスな手法だと思います。SO2も多少は使っているかな?軽いタッチが信条ですので、あまり時間を置かないで飲んだ方が賢明です。温度も気持ち低めが良いのかな?チェリーやフランボワーズ。そして気の利いたハーブの苦味。じっくりと、となると少し荷の重いところですが、いかにも自然派!の優しい味わいはとてもなじみやすい・・・。おぼろ月でも眺めながらのんびりと、やってみたいワインです。(2006.04.04 いのまた) ルージュ・キューブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ ルージュ 2006 お買い得,品質保証

ドメーヌ・デ・ランブレイモレサン=ドニ 2002 HOT,豊富な

●先ずはワイン専門誌の評価から、いつもの2誌です。   バーガウンド.com 13号(2004年第1四半期)  「2002 Morey St.-Denis: Elegant, pure and racy with soft and tender, juicy, even succulent flavors that offer good if not exceptional length. This is pretty and nicely balanced. (85-88)/2006-12」   ワインアドヴォケイト153号(2004年6月)  「The medium to dark ruby-colored 2002 Morey-St.-Denis displays sweet blackberry, spice, and wax aromas. Broad, fruit-forward, and lush, it is medium-bodied, soft, and offers black pepper-laced dark fruits. This delicious, generous wine is enormously appealing but short. Drink it over the next 5 years.88-89points」 ●2002年としてはしっかりと酸が乗った印象です。プラム系の果実味もまだ固め。明るくはっきりとした輪郭にスパイスやハーブの印象が強く重なります。アフターに感じる甘さもどこか浮ついたところがありまだ全体に良くなじんでいない、と言ったところかな?只、明らかに感じられるのは村名のモレ・サン=ドニでここまで締まった味わいはなかなか無いですね。もう少し樽が効いているとデュジャーク系に近いのですが、もそっとエレガンスな立ち振る舞い。あと2年はそっとしておかなくては・・・。 ●グラスに入れて30分、幾分落ち着きと統一感が出てきました。樽もほんのり効いてきてバランスのいい味わい。でもこうなると人間欲が出てきますね・・・もう少しフィニッシュが長いといいんだけれど・・・・(2004.12.02 いのまた) ドメーヌ・デ・ランブレイモレサン=ドニ 2002 HOT,豊富な

フィリップ・パカレジュブレ・シャンベルタン1erCru ベレール 2005 送料無料,人気セール

Ch Rays,Domaine Leroyで研修を積んだ後、プリューレ・ロックの醸造長を長年務めその後2001年に独立・・・が、フィリップ・パカレの経歴です。また彼はボージョレのマルセル・ラピエール氏の甥でもあり、その縁で『自然派(アペラシオンを越えたフランス全土における)』を形成することとなったジュール・ショヴェの最後の弟子でもあります。 パカレはジュール・ショヴェの元で、相応の犠牲(例えば労働時間であり、あるいは腐敗果を捨て去る勇気・・・)を払うことを厭わなければ、近代技術に頼らない自然派の作り=かつて1950年代頃まで普通に行われていた作り方で、テロワールを忠実に表現する素晴らしいワインができる可能性に満ちていることを学んできました。そしてここで行われていることが「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と言うことも理解しています。 そしてパカレ曰く、「ブルゴーニュワインの多くは単一品種で構成されているからその味わいを造っているものは、ブドウではなくテロワールなのである。これを最も大切にしなくてはいけないし、土壌、ブドウ、天候、そして人間があり、このどれ一つとして欠けてもワイン造りは不可能である。また、人間はオーケストラでいうところの指揮者であり、ブドウがより良く育つために導いてあげるだけなのだ。ワインは工業製品ではないから、技術を駆使して手を加えてしまうと本当のテロワ-ルを表現することはできない。」と。 実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。 醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。 このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。インポータさんからの2005年ヴィンテージコメントです。   「非常に出来がよく、今までのパカレのワインの中で「偉大・傑作」といえる作柄。2005年を戦後のブルゴーニュ全体の作柄と比較するなら、1978年のような綺麗な酸味、そして1945年に似た味の濃縮感と収量の少なさです。どちらの年も1959年と並ぶブルゴーニュの赤にとって秀逸な年です。また白ワインの熟度も非常によくて、濃厚でコクの強いヴィンテージとなりました。」・・・なるほど期待の2005年です。こちらは最新ヴィンテージ2006年に関してフィリップ・パカレからのコメントです。   「一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日から行いました。   「2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。   「香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。   「最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい・・・。 フィリップ・パカレジュブレ・シャンベルタン1erCru ベレール 2005 送料無料,人気セール

ドメーヌデュラルロニュイサン=ジョルジュ プティアルロ 2006 品質保証,新品

●2004年ほど薄くはないけれど、2005年較べると全然別のワイン的な色の薄さの2006年です。1級のクロ・デュ・ラルロの若木を使っているので「プチ」ですが、村名のニュイ・サン=ジョルジュとすれば非常に成功しているワインじゃないかなとかねてから思っているわけで、取っつきの部分は一足お先にミネラル感で、中盤がシルキーなお団子みたいなタンニンとまとまった酸の膨らみがあって、それから赤い果実味が膨らみ芯に何となくクロっぽい感触もの越しつつの余韻、と言う幾分ややこしい展開を見せていますが、もうチョイと落ち着くといわゆる「纏まり」が出て来てよろしいのではないかな、と思っている次第であります。 ●ま、実際には1級畑の葡萄を使っているので「1級」で出してもかまわないんですが、このあたりのバランス感覚というか纏まりがやはり1部リーグ昇格を阻んでいるわけで、そのあたりは何となく納得しつつも、もう一つの1級クロ・ド・フォレ・ド・サン=ジョルジュ的なもっと赤っぽい感じでなくて、やはりクロ・デュ・ラルロ的な黒っぽいところが芯に残っている感じはそれとなく同じ畑かなと意識の片隅に感じられるわけであって、このあたりを一度一気に解明したいなと思いつつも、昨今のアルコール耐性の低下に頭を悩ます今日この頃です。(2008.09.17 いのまた)     繊細さと大胆さ。アルロー節全開中! 繊細にして大胆。巧みなバランスで表現されるアルロー・ワールド。04から06まで色々と。    ドメーヌ・ドゥ・ラルロ(De L'arlot)はフランスの保険会社が1897年にドメーヌ・ジュール・ベランを買収し、他の畑と併せ設立したドメーヌです。醸造責任者のジャン・ピエール・ド・スメは醸造学校に通った後、ブルゴーニュの名門デュジャックで働いた経験を持ち、現在でもデュジャックとほとんど同様の醸造を行いエレガントで香り高いワインを造り出しています。 設立時より、畑は全て無農薬(化学肥料を一切使わず)にてブドウ栽培をしていました。2003年からは全ての畑がビオディナミによって栽培される様になり、今回入荷する2004年が2年目となります。そして「2004年は全体的にピュアでフルーツが多く、若くても楽しめる。各アペラシオンの特徴がでた年であり、1991年や1998年に似た感じで、それよりも柔らかい」と言うのがインポータのAMGさんからの情報。・・・・たのしみです。 ドメーヌデュラルロニュイサン=ジョルジュ プティアルロ 2006 品質保証,新品

ダニエル・ロワオーセイ・デュレス1erCru「ル・ヴァル」ルージュ1981 定番人気,SALE

●まだ生炊きだ~。芯が残っています。程よいチェリーの香り、すっきりハーブをブレンドした紅茶。まだ味わいには若さを感じつつ、程よく熟成による味わいもでています。が、以外にタンニンが堅く残っている。周りはだいぶ良いのですが、ちょっと芯まで炊けていない・・・これがいわゆるオクセイらしいオクセイと言うことなのでしょうか。あまり動いていないのか、瓶の側面には澱がかなりへばりついています。コンディションとしては余裕で合格。ま、あとはアペラシオンが、と言うことですがやはり1級nanoで此処まで保つのでしょうね。もう一つの一級「レ・ヴァル」に較べるとこちらの方が幾分スリムなのかな・・・。 ●かつて十数年前にワイン教室通っていたとき、先生が当時「いまどきのワインは手を掛けすぎ」とおっしゃっていましたが、古いワインも飲んだことが無く、実際のニュアンスが良く理解できなかったのですが・・・・今こうして、それなりに古いワイン=クラシックな作りのワインを飲むと、「なるほどこういう味わいのことを言っていたんだな~」などとその頃のことを懐かしく思い出します。ついでに収量を計算すると・・・約概ね30hl/ha、かなり低いですね。 ●こうして暫く置くと歳相応・・・最初気になる獣(飼い犬)っぽい香りや、ちょっと強めの腐葉土の香りも、次第に落ち着いて、ゆっくり開く果実味との調和を醸します(芯もなんとか・・)。決して大所の「言葉を失う」とか「感動した」って表現には縁遠い存在ですが、「うちの爺さんがさ~」って感じのほのぼのとした雰囲気。9月に試飲したときよりもさらにイイ感じ、です。ボウルは大きめだけど、あまり深いグラスでない方がイイかな・・・。コルクは液漏れこそしていませんが、かなり上部までワインが浸みています。勿論リコルク無しですのでしっとりと途中でおれる危険性大。抜栓時には充分気をつけて、ゆっくりと丁寧に・・・。薄めの上カルビ、軽く炙って、ほんのちょっとだけタレ付けて・・・(最近焼肉食ってね~ゾー、美星屋いきて~っ 2007.12.20 いのまた) ダニエル・ロワオーセイ・デュレス1erCru「ル・ヴァル」ルージュ1981 定番人気,SALE

オウレリアン・ヴェルデシャンボール・ミュジニ 1erCru「レ・シャルム」2004 最安値,送料無料

●着きたてのため透明感はないがくっきりとしたルビー色。僅かに還元香を感じるも、みしっと締まった果実味、そして香りからして余韻の長いミネラルと旨味のバランス。エレガントであり、キュートであり、グラマラスであり、落ち着いている。・・・・ラシーヌさんの事務所で飲んだ一本はこれだったかな?ニュイよりも張りがあり、テンポが軽やかで、アクセントが明確。コケモモの細やかな味わいと、ブラックチェリーの大胆な味わい。寝かせてまろやかなになった梅干しと、じっくり磨き上げた本節でつくった梅カツオ。ジワリと濃い口醤油の一差しも効いている・・・。これで目の前にローストビーフの一枚もあればいいのに・・・・白いキーボードしかない!・・・・駄文を打ちつつ、盛り上がるに任せていると、トルコ葉の甘いタバコや、黒糖の甘さ。綴れ織りに似た細やかさを持ちながら果実味に染みこんでいく。 ●・・・色彩はやや暗さを含みながらも鮮やか。まだなじみきっていないタンニンの為だろうか?果実の甘味と対立しながら、そのままさりげない状態で収束していく。此処はあえて1級の品格を求めない。求めるべきは一級のポテンシャル。実際に飲んでみると要素は豊かながら、完成品とは言えない。しかし習作ではない。最後まで経過を見届ける、価値がある。・・・・外連味なくも、おそらく自分で作りたいワインの姿が明確にイメージできている造り手であろう。それ故、将来のビジョンが飲み手にもたやすく想像ができる。5年は待ってみたい、と思うのだが・・(2006.10.03 いのまた) ●・・・・スミマセ~ン。5年待たなくてもイイです。。グラスに入れて20分も放っとけば、むちゃくちゃシャンボールしちゃています。旨いです・・・。むちゃくちゃステーキ食べたいです!・・・・ただ、やはりタンニン、苦っぽさが上顎の奥に残るかな。それと中盤の心地よい甘味がピシッと安定した方が、より美しい・・・・やっぱり5年は、せめて3年はまたなきゃいけないのかな・・・。 ●さらにスミマセ~ン!抜栓して1時間以上経ちました。帰ろ、と思って最後の一口・・・が、一口で終わらないかも~!もう十分な美味しさです。アラン・ロベール飲んで酔っぱらっちゃっているかもしれないけれど、確実にオイシイ・・。約自分の人生半分の造り手にこらだけ翻弄されちゃうと、人生投げ出したくなるような美味しさです。このままだとお家に帰れなくなちゃうよ~。(まだ2006.10.03 いのまた) ●・・・今日は2日目、はたけの位置を確認しながら飲んでいます。このシャルムのはたけはシャンボール=ミュジニのほぼど真ん中。その広さは約9.4haと一級の中で最大の面積。ともすると生産者も多くて畑の個性が一定しないかな?とも思いますが、このオウレリアンのワインに関してはそれがしっかりでている感じ。場所的にはほぼど真ん中ながらも、味わいはボンヌ・マールの不屈の力強さ、と言うよりミュジニに似ているのでしょうか?と。ただ、ボンヌ・マールは何度か経験あるんですが、ミュジニの経験はかなり薄い・・。などなど考えながらもこのワインはおいしい!コメントしているどころではありません・・・。(2006.10.04 いのまた) 1604年からコート・ド・ニュイに居を構えるヴェルデ家。いち早くオート・コートの魅力に着目し、そこで化学薬品を使わずにブドウを育ててきました。そしてアラン・ヴェルデは1971年という早い時期にビオロジック栽培を始め、一時肥料の問題で土壌を壊しながらも、これまでビオロジック栽培の価値を疑うことなく続けてきました。目指すところはオート・コート・ド・ニュイのポテンシャルを尊重し、素直にその真価をを引き出すこと・・・その結果得られたワインは純粋で完成度の高いワイン。クラシックでありながら実に「今」求められている味わいです。 そしてそのブドウ作り、ワイン造りは、子息のオウレリアンに受け継がれました。2003年、若干22才の若さでドメーヌを引き継ぐと、さらにドメーヌから独立したネゴシアンとしてニュイ各地の畑から葡萄を買いながら、新しい境地を切り開き始めました。父から受け継いだ事を尊重しながら、栽培・醸造学校で学んだことを踏まえ、そしてとらわれず。また自然派ワインなどのすぐれて個性的なワインに学びつつ、様々な可能性を追求しています。 現在は父から譲り受けたオート・コート・ド・ニュイの畑の半分近くを売り払い、ニュイのより優れた地区に畑ないし葡萄を求めています。結果的にフェルマージュ(小作地)やメタヤージュ(折半小作)による畑をえることができませんでしたが、幾つかの畑で『葡萄を借りる』ことができました。その一つが今回入荷したニュイ・サン=ジョルジュ。彼のスタートとなるワインです。おそらく2006年5月の後半、ラシーヌさんの事務所へ行って新入荷分を何本か試飲させていただいたときのこと。ひととおり飲み終えたところで登場したのがオウレリアン・ヴェルデ・・・うわ!まいったなこれ!イメージ的には綺麗だけれどただ綺麗で終わらない。レシュノーに磨きを掛け、ビゾを鍛えた・・・と言うことで入荷を首を長くして待っていました。おそらくここ数年で確実に注目を浴びる予感のする作り手のひとりです!・・・・と言いつつ早3年目の2006年入荷です。2006年は村名クラス、コート・ド・ニュイの主要な村名、ジュブレ・シャンベルタン、モレ・サン=ドニ、シャンボール・ミュジニ、ヴォーヌ・ロマネ、そしてニュイ・サン=ジョルジュと揃いました。それぞれ謂われるところの「村の味わいの特徴」良く出ています。 オウレリアン・ヴェルデシャンボール・ミュジニ 1erCru「レ・シャルム」2004 最安値,送料無料

クルティエ・セレクション par Lou Dumontヴォルネ 1erCru 2004 お買い得,限定SALE

●初物と言うことで、控え目に入れてみましたが・・・おそらく多分、これも良いんじゃないですか~?飲んじゃおうかな?ど~しようかな~。 ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 クルティエ・セレクション par Lou Dumontヴォルネ 1erCru 2004 お買い得,限定SALE

ドメーヌシャソルネーニュイ・サン=ジョルジュ 1er Cru Clos Des Argilleres 2006 新作,最新作

●お取り置きは暫くの間対応できません。御注文後10日以内にお引き取りをお願いいたします。 ●サン・ロマン赤白開けたところで何処に行こうかと?思いましたが・・・やはり、ここに来ちゃいました。クロ・デ・ザルジリエール。もうひとりのフレデリックのお家の裏手の畑、ですね・・・・。と思いつつ、飲んじゃいました・・香りも採らずに。お思い直して色調は・・かなり黒系が混じっています。2005年程じゃないけれど深いガーネットを思わすような・・。いつもながら、何となくシバの女王。カシオペアやケフェウスに連なるアンドロメダ経由のエチオピア王朝の末裔的なある種のヨーロッパとアフリカーンスな・・・。 ●これまた2005年的な圧倒される力強さは無いのですが、本来のシャソルネN.S.Gと言う感じでかなり表向きは嵌る味わいです。でも飲み頃はいつだろう。移りゆく星座の如く、あるいは朧気な伝説の如く、以外にはかない。見事なまでに落としどころ、は構えた作りはブラボーなんだけど、言葉の綾かも知れないのですが、なかなかフィネスというか、きりりとした高みにたどり着かない、裏方ッのシャソルネらしい旨味と深淵な処がチョイとどうなの?な感じが後ろ髪引かれちゃいます、と。とりい急ぎ一日目のコメントとしてはこんな感じで・・・(明日への宿題抱え込んだようです 2008.4.16 いのまた) ●シャソルネのニュイ・サン=ジョルジュ、最近なかなか解りにくくなってきました。果実味とか酸味系は2002年辺りなんだけど、タンニンの感触はまだまだ早いぞな2003年系。で、このバランスで何となく2006年を旨く引き出しちゃっています。意外に落ち着くまで時間が掛かるかな?隠れた大物ぶり発揮しちゃっていますね。若いくせに結構歳を越えた演技の出来る・・・椿三十郎のミフネかな?かつをのタタキ。添えるニンニクは出来れば少しばかり熱を通して下さいね。初がつをまであと一月もありません。が、このワイン何度初がつをを迎えられるでしょうか?何とも人それぞれ、お答えできないところが、なんですね~~。alar的には今年含めて・・・・2003年までかな?(2008.04.17 いのまた) ドメーヌシャソルネーニュイ・サン=ジョルジュ 1er Cru Clos Des Argilleres 2006 新作,最新作

アリスetオリヴィエ・ド・ムールシャブリ ル・ユムール・デュ・タン 2006 高品質,正規品

●ユムール・デュ・タン!2006年物入荷です。●2005年はシャブリも良いらしいぞ・・・と言うことでユムール・デュ・タンの2005年物です。おそらく今回も「10日かけて」という処ですが・・・そうは問屋が卸しません!ほとんど下の004年物と同じ印象ですが、さすがというか2005年、スケール感がアップしている。この果実味の豊かさがこのユムール・デュ・タンの特徴ですね・・。 ●・・・うーん、豚しゃぶ用のロース薄切り肉をチャチャと炒めて、薄口醤油とお酒とパパッとからめて・・・白髪ネギとか添えても良いかな?一応パカレのシャブリと較べながら飲んでいますが、その一級物にも負けないしっかりとした芯のある個性が光っています。こう言うのが試飲会で出てくると、吐き出すのを忘れてしまいそう・・・。忠告通り、ユルユルと楽しんでみようかな?と言う処です(2007.06.05 いのまた) とりあえずは2004年物のコメントです↓ ●『ル・ユムール・デュ・タン:l'Humer du Temps』・・・インポーターさんは『時の戯れ』と訳しました。オリヴィエ達に言わせると「毎年毎年ワインの仕上がりは異なるから、ちょっといつもと雰囲気を変えて」とのことのようですが・・・・alar的には「気持ちの良い一時」と言う感じのワインです。今回追加の入荷分から綺麗な紫色の「蝋キャップ」に変わりました・・・・。 ●・・・・無はっ!とんでもない勢いの果実味です。幾分味わいに残糖感を感じるほどに、果実味豊か。それでいて、ド・ムールらしい活きの良いミネラル感。戯れてこんなワインができるならば、毎年ぜひとも戯れて欲しいモノです。・・・何でしょうね?清々しいんです。どんなシャブリよりも!実に(飲み手とは異なり)健康的なイメージ。これは美味しいです。おそらく余韻の長さとかは、上のベレール~やロゼッタに譲るでしょうが、果実味のしっかりとした美味しさはア・リゴテールに通ずる新鮮な味わい・・・・本当はこのまま、ぐいぐいと言ってしまうところですが、実はインポータの合田さんとお話ししたときに「十日間かけて飲んでね」とクギを刺されておりますので、まずはこの辺で・・・うしろがみ、引かれます。(2006.02.28 いのまた) ●昨夜はどちらかというとリンゴや桃と言った感じの果実味でしたが、今日は柑橘系のしっかりとした味わいが出てきました。パッとした火打ち石っぽい感じもシャブリです。例によってフィルターも掛けてないでしょうから、クリスタルな透明感はありませんが、煙水晶や紫水晶の様な独特の色彩を感じます。繊細ながらもしっかりと芯のある味わい。土壌や作りの違いで「似ているワイン」ではありませんが、ピエール・ボージェの作るシャルドネに、根底のところで共通性を感じます。それはシャルドネ本来の味わい・・・。また少し残しておきましょう。(2006.03.01 いのまた) ●まだ10日経っていないんですが・・・・これはスゴイ!成りは確かに小粒ですが、トンでもなく美味しいシャルドネです。芯を突くというか、無駄のないと言うか、抜栓して7日目、バランスが崩れるどころか、ピュアな旨味のピークに達しています。これはやはりベースとなる葡萄が良いんだな。こうなると悩みの原因はいつ飲むか?普通は抜栓して7~8日も置いて置けませんが、試みる価値は十分にありです。飲み頃予想をすると・・・あと2年、2008年ぐらいかな?飲みたいけれども、この時点の旨さを知ってしまうと・・・自然派恐るるベシ!な一本です(2006.03.06 いのまた) alarで初めてお届けするシャブリは、アリスとオリヴィエの若いカップルの造る自然派のシャブリです。二人は、自宅近くにアメリカ向けの自然派ワインを輸出するエキスポーターが引っ越してきたことから自然派のワインに興味を持ち、やがてクルトワとの親交を通じて、自分達のワインも自然派の作りで行うことになりました。 既に2000年のシャブリはパーカーのワイン・アドヴォケイトなどで高く評価されていますが、初入荷の2002年はまさに彼らの最上のワイン。2002年という良いヴィンテージを反映しただけでなく、彼らのこれまでの努力の結晶とも言うべきワインです。・・・そして続く2003年、この年はフランス全土が酷暑の年でしたが、この暑さ彼らのワインにどんな影響を与えているのか・・・?注目の入荷です。 アリスetオリヴィエ・ド・ムールシャブリ ル・ユムール・デュ・タン 2006 高品質,正規品

ユベールリニエACブルゴーニュルージュ 2009 数量限定,2017

●2007年より復活したユベール・リニエ本人の作るACブルゴーニュ・ルージュ。その3年目となる2009年物入荷しました。インポーターさんの試飲では  「落ち着いた赤色は、2008年より数段しっかりとした深い色合いを放っています。香草、レッドカラントなど粒の小さい赤系果実の風味とタンニンのバランスが大変良く、芯の太いしっかりとした味わいです。今からでも楽しめますが、1~2年後にはミルク香が出そうな雰囲気があります。」 とのこと・・・12月10日よりの出荷となります。 ●で、飲んでみました。ユベールお爺さん、恐るべしです。確かに2008年と較べると村名と一級ぐらいのスケール感の違い。ところがそんバランスは変わっていない。2008年の様に比較的繊細な年はそれなりの繊細さを以て・・。2009年の様な熱き年は暑さを補うミネラル感と酸を仕込んで・・・・。こういう技はパスカル・ラショーのキュヴェ・ショパン・グロフィエとかにも似た感じで・・・少し保守的な見方かもしれませんが、「こういうスタイルが昔からのブルゴーニュさ」というプロファイルを持っていることと、それを実現する経験と具体化する匠を持ってますね・・この人達は・・・。 ●幾分濃いめの色調ながら赤果実味を中心に、程よく熟した黒い果実をちりばめて、丁寧に研かれたでも柔らかい充分な酸味。きめ細かなタンニンはその一部がミネラル感として、締まった輪郭と余韻の中のきれいな後味に繋がっている・・。2009年物として数少ない感心した1本。まいりました!(2011.12.12 いのまた) ユベールリニエACブルゴーニュルージュ 2009 数量限定,2017

ダルヴィオ・ペランヴォルネ1erCru ヴォルネ=サントノ 2004 限定SALE,新作登場

●バーガウンド.comの22号のコメントです    「An interesting and wonderfully elegant nose of pomegranate and red berry fruits merges into complex, pure and sweet flavors that possess a firm tannic spine and solid length. This is not quite as ripe as the Belissand though there is no dryness or astringency. In a word, very pretty if perhaps not quite at its usual level.Tasted: Apr 01, 2006 Score: 88-91Drink: 2010+」 ●とりあえず、此処の2004年の赤、3本飲んで思ったんですが、どれも、どちらかというと中熟系なのかな?と。ドメーヌのスタイルが整っていますね。ぱっと飲んでなるほどと見通せるような明解さはないかわりに、これ何?あれ何?と言うある種の複雑さ。現時点ではいわゆる開いていない、タンニンやそれを取り巻くミネラル感が荒れている・・・すっと飲んでしまうと、ふ~ん、で終わってしまいそうなところがありますが、そうありながらもじわじわと感じる物がある。 ●ヴォルネと言えば、ニュイのシャンボールって感じですが、このワイン、むしろポマールの親戚、と言うことはニュイのジュブレやニュイ・サン=ジョルジュにも近いと感じるのは、ベースにある幾分土っぽいミネラル感なんでしょうかね?と感じるところに不安があって、教科書(マット・クレーマーの「ブルゴーニュがわかる」)をよんでみましたが・・・ヴォルネ・サントノ、「がっしりとした長命なワインで、土の匂いと、どことなく粗いところがあるが」と書いてありました。ちょっと自分に安心と思いつつ、実は此処の畑はムルソーの村にある!と言う事がわかりました。そして、ヴォルネ「サントノ」じゃなくてヴォルネ=サントノということもね。為になるな・・・ ●似たワイン、記憶をたどってみると昨年の「肝試し」に空けたドクター・バロレのボーヌ(でしたっけ)に将来似てくるかもな味わい。近いところではモンティーユの「ヴォルネ『シャンパン』」の1984、畑は違うけど、何となくヴォルネのオリジナルなテロワールってな物を想像するわけです。なるほどブルゴーニュのちょっと難しく感じるワインって、何となくイメージする京都の『一見さんお断り』みたいなところがあって、そこの敷居を跨いでみると、意外にフレンドリーな世界が広がると言うか、そんなところもあるのかな?と。そんなところを考えつつ旅に出たいと思う、今日この頃です。(2007.06.19 いのまた) 先ずは、インポーターのラシーヌさんからいただいた資料など・・・・・ディディエとジュヌヴィエーヴのダルヴィオ夫妻は、骨の髄からヴィニュロン〔栽培醸造家〕である。すべて自家でおこなわれる、ブドウの剪定・収穫作業から澱引き・ビン詰めにいたるさまざまな過程に、すみずみまで神経を行き届かせている。 ディディエ・ダルヴィオは、ワイン醸造の方法をジュヌヴィエーヴの父、ピエール・ペラン氏から学んだ。かの伝説的なムルソーとヴォルネーのワインメーカーである。ディディエとピエールの協力のもとに、当ドメーヌはごく少量のワイン(10ケース内外の1989年産)を、初めて元詰めして出荷した。11ヘクタールを有するドメーヌは、今日では国際的に、ブルゴーニュ最上の赤・白ワインを元詰めする生産者に数えられている。つい最近の2001年、家族間の相続によって当ドメーヌは、貴重な1級畑ムルソー・ジュヌヴリエールを0.5ヘクタールばかり入手し、申し分のない一連のムルソーの畑にさらなる光輝を添えた。その畑とともに王冠を飾る宝石は、シャサーニュの1級畑ブランショ=ドゥシュ(ル・モンラシェのすぐ下に接し、ワインはまさしくその味わいを感じさせる)と、ヴォルネーのレ・ブランシュと同1級畑のジゴットおよびサントノである。 〔栽培・醸造〕これらの栄えあるブドウ畑の平均樹齢は50年に達するが、ダルヴィオ=ペランを際立たせるのは、畑に対する並外れた傾注である。優れたブルゴーニュワイン造りの秘訣は、健全で熟したブドウ果を、ヴァット(発酵槽)に送り込むことである。畑から完璧なブドウ果を得ることに比べれば、重要において次位を占めるのが醸造なのである。 きわめて冷涼な当セラーのモットーは、「必要最低限の人為的介入」である。マロラクティック発酵は、完了するのにしばしば1年ちかくを要するが、この働きが複雑さと品質の向上に資するのである。赤ワインは14℃で予備浸漬させ、白ワインはすべて樽発酵させている。赤・白ワインともに、10-15ヶ月の樽熟成を経る。日本ではまた無名の存在ですが、流行のバーガウンド.comなどではなかなか良い評価を受けています。そして幾種類か試してみると・・・・、なるほどラシーヌの合田さんお薦めの理由がよくわかります。今回の入荷は4種類ですが、ダルヴィオ・ペラン、以下のようなワインも作っているようです。将来の入荷がちょっと楽しみですね。     白ワイン ・Meursault AC Clos de la Velle ムルソーACクロ・ド・ラ・ヴェール ・Meursault AC Tessons ムルソーACテッソン ・Meursault 1er Cru Charmes ムルソー1級シャルム ・Meursault 1er Cru Perrieres ムルソー1級ペリエール ・Meursault 1er Cru Genevrieres ムルソー1級ジュヌヴリエール ・Chassagne‐Montrachet AC La BergerieシャサーニューモンラシェACラ・ベルジェリー ・Chassagne‐Montrachet 1er Cru Blanchots‐Dessusシャサーニューモンラシェ1級ブランショ=デュス     赤ワイン ・Monterie AC モンテリAC ・Chassagne‐Montrachet 1er Cru Bondues シャサーニューモンラシェ1級ボンデュー ・Volnay AC Les Blanches ヴォルネーACレ・ブランシュ ・Pommard AC ポマールAC ・Volnay 1er Cru La Gigotte ヴォルネー1級ラ・ジゴット ・Volnay 1er Cru Santenots ヴォルネー1級サントノ   ダルヴィオ・ペランヴォルネ1erCru ヴォルネ=サントノ 2004 限定SALE,新作登場

アンリ・ノーダン・フェランプルゴーニュ・パステュ=グラン 2006 赤字超特価,豊富な

●バックラベルに「Omayga-6」と入っているので、2005年のパステュ・グランと同じくサン・スフルかそれに近いキュベだと思います。 ●で、05に較べると、随分とまた「キレイ」なビオ系ワインです。05も危うく「すっぱい」という感じでしたがこの06は、さらにそこいらを攻めてきます。おそらく05と06のヴィンテージの違いなんでしょうか?重々しくなくキレイな酸、そして赤い果実いっぱい、と言うのが香りの第一印象。ガメイのニュアンスが上品に色を添えています。 ●で、味わいは薄旨系。僅かにタンニン系のほろ苦さが強めに出ていますが、酸のノリもミネラル感も程よくでている。いわゆるチャーミングというか、プリティーなというかなワインですが、それなりに中盤の果実味の膨らみはピノの恩恵でしょうか。薄~い果実味の重なりが楽しめます。ただ、フィニッシュが少しばたついている。僅かに青い感触。是が実に惜しいところですね。1~2ヶ月落ち着かせるとイイ感じになるのかな?・・・・こうして飲んでみると確かにサン・スフルのような気がします。若干の還元香も残っていますが、その辺りは適切な範囲に押さえられている。 ●そして、グラスをグルグルやって放っておくと、大夫甘い感触、も出て来ます。このあたりはガメイの特徴となりますが・・・好みの問題かな?基本的には薄目の豚カツ、がやはりよろしいかと。付け合わせにタマネギのリング揚げ?ですかね。alar的にはこれまたお醤油ですけれど、リーペリンのようなウスターソースでもイイかな。鶏の唐揚げなんぞも心やすきお友達、です。(2008.12.15 いのまた)  2005年物コメントです。この年はまだ「Omayga」の名前が入っていませんでした・・ ●0.40ha。樹齢30~60年。収量35hl/ha。生産量156cs。ガメイ70%、ピノ・ノワール30%。マニ・レ・ヴィレ村とペルナン・ヴェルジュレス村に面した、粘土質石灰土壌の区画から。収穫時に2品種を混合し、SO2を添加せずに全房醗酵。果実味を残すため、9ヶ月間タンクで澱とともに熟成。100%マロラクティック醗酵を行い、それが終了後最低限のSO2を添加。フィルターなし。ガメイが多くを占めるワインとは思えない、チェリーとブラックペッパーの香り。豊かで熟したタンニンが口中を覆います。(インポータさんの資料より) ●インポータさんからの案内では「サン・スフル」となっていますが、ラベル上には表示がありません。バックラベルには「オメガ5」と何となく妖しげなキュベの名が・・。ドメーヌのHPを見ると普通のパステュ・グランと「ナチュレル」というキュヴェがでていますが、こちらはその「ナチュレル」に相当するキュヴェなのでしょうか?そして何となくバックラベルに書かれているのはフランス語で「(おそらく)発酵スタート時はサン・スフルで補糖とか補酸とかしていない、そしてフィルターを通していない」という感じの事や「10-15℃で保存して」と書いてあるようです・・。一応、瓶詰め時にSO2入れているかどうかわからないので、alarではその表記無しで行きたいと思います。 ●・・・・で、飲んでみたところ、ですが、かなりサン・スフルな香りがしています。いわゆる還元的なと呼ばれる、幾ばくかの硫化水素系のやつ。でもごく僅か、ですね。グラスグルグルでこのトップのニュアンスは飛んでいきます。で、安心して飲んでしまっていますが、特筆すべき点は先ずは酸のシャープさ、ある種のミネラル感の集中力。ともすると「すっぱい!」の一歩手前、微妙にフレッシュな感覚です。酸の痛烈な度合いを外すとジャン・フォイヤールとかオーベルニュのガメイ軍団とかに通じる、軽やかなる深み、が感じられます。一応セパージュはガメイ70:ピノ・ノワール30と言うことですが、ここで香り、あるいは味わいを微分式に当てはめてもあまり意味はない。ちょっと他では経験したことのないキャラクターを持ったワイン、ではないでしょうか?そのキャラクターは・・・甘くない!ガメイが入ると何となく甘さを感じる処がありますが、このワイン、何処までも危うく「すっぱい」という感じの酸味で攻めてきます。・・・・実はalar豚カツを醤油で食べるのが非常に好きなのですが、その辺りの感覚にとてもニアーな物があります。軽さで行けばアジフライ(勿論醤油で)もありかな・・・・。 ●おそらく葡萄は健全な葡萄だと思われますが、ブドウのポテンシャルはまだまだこれから。現段階ではサン・スフルで育った野生酵母の力が勝っている。だからこそ、のこの妙に複雑な味わい!ビゾの、と言うよりもしっかりビゾの奥様の感性が際立ったワインと言えるんじゃないでしょうか。いわゆる「造りたいワイン」が明確に出ている。おそらくここでのジャン=イヴの役割は方向性を整理する、と言った感じでしょうか?良いですねこのスタンス。結果ワインはかなりのオススメ具合に至っています(2008.08.20 いのまた) ●一応、インポーターさんからの資料を添付しておきます。     「0.40ha。樹齢30~60年。収量35hl/ha。生産量156cs。ガメイ70%、ピノ・ノワール30%マニ・レ・ヴィレ村とペルナン・ヴェルジュレス村に面した、粘土質石灰土壌の区画から。収穫時に2品種を混合し、SO2を添加せずに全房醗酵。果実味を残すため、9ヶ月間タンクで澱とともに熟成。100%マロラクティック醗酵を行い、それが終了後最低限のSO2を添加。フィルターなし。ガメイが多くを占めるワインとは思えない、チェリーとブラックペッパーの香り。豊かで熟したタンニンが口中を覆います。」 アンリ・ノーダン・フェランプルゴーニュ・パステュ=グラン 2006 赤字超特価,豊富な

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 HOT,品質保証

●写真は2006年物ですがお届けするのは2007年のものとなります。 2009年2月7日よりの出荷となります ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 HOT,品質保証

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 品質保証,豊富な

●AOCモレ・サン=ドニに地続きで接するACブルゴーニュ区画(レ・シャン・ド・ラ・ヴィーニュ、レ・クレ・ギヨン)60%、アルスナン村のオート・コート・ド・ニュイ区画40%のブレンドで合計0.2ha分(平均樹齢30年)が85%。15%は、AOCモレ・サン=ドニのレ・クレ・ギヨンの樹齢10年以下のぶどうをブレンドしています。(ちなみに将来樹齢が上がった暁には、このレ・クレ・ギヨンは畑名付き単独キュヴェとして発売される予定です。)   以下2004年物についてのコメントです。 ●全部で8.5ha所有する畑のうち、ACブル用は0.2ha!しぶいです。平均樹齢は30年。・・・・初めての作り手さんなので、それほど仕入れいはしなかったのですが、これがまたなかなか良いです。しっとりとミネラル感の漂うまっとうな自然派ブル。04らしく少し若苦さを感じもしますが、まずまずと言った感じ。少し様子を見てみようと思っていましたが・・・・。 ●リアルワインガイドの表紙にここの「オート・コート・ド・ニュイ」が登場しました・・・もっと入れておけばよかった・・・。(と書いているのでおそらく2006.06頃 いのまた)で、そろそろ2005年も入荷!の噂もありますが、再び入れてみました・・・やはり上のコメントで感じた若苦さ、しっかりとしてほどよい「苦さ」になっています。全体に数段落ち着きましたね・・・。(2007.03.30 いのまた) オリビエ・ジュアンさんです。とあるワインバーではニッポンのワインや、イタリアのワインに感心を持って飲んでました。 オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 品質保証,豊富な

ジョルジュルーミエシャンボールミュジニ 1erCru アムルーズ 2010 送料無料,最新作

ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 激安大特価,大得価

●どうも皆さんには賛同を得られないのですが、個人的にはこのジャッセが一番ビゾ的な味わいを醸しているかな?と思うのです。その心は?あるがまま! ●そのジャッセの2007年ですが・・・アルコール度数が11.5度しかいない!ドイツワインじゃ無いのだから、と言いたくもなりますね。そして色調もいつもより幾分薄い感じでしょうか?香りには幾分の還元的な状況での香りが・・・こっそりと気持ち的にはますますアンリ・ジャイエに近づいているのかな?と期待しつつ・・・飲んでみたところでは、期待通りの味わいで、ホットしています。 ●一言で括ると「水の様な」非常にさっぱりとした構成でありながら余韻がながい。チェリーの様なフランボワーズの様な、あるいはアセロラ的な果実味と酸味。軽いボディなのですがその軽さ故に味わいが大きく拡散していく。このある種の透明感ある味わいがストレートに飲む喜びにつながっていく。こう気がつくと・・・コメント書くのが辛くなります。このまま溺れていたい・・・・ ●味わいは至ってシンプルなもの。見事までに造り手の意識、あるいは誘導しようとする姿勢が感じられない。あるがまま、の存在。素材を見事なまでに「見立て」ている。このヴィンテージの他の作品をまだ飲んでいないので、これ以上の検証は難しいのですが、この一本を飲んだところでの印象は「ビゾ、また次のステージに登ったかもしれない!」ですネ。(2009.08.23 いのまた) ●一応2日目・・昨日よりもスパイス、たとえばクローブとかカルダモンなどのオリエンタルな感じ、のニュアンスが多少強くなってきたかなというところで、ヴォーヌ・ロマネ的、あるいはこのジャッシェ的味わいが強く感じられます。で、思うのは改めて、丁寧な仕事ですね。丁寧と言ってもその殆どは畑での作業と、重視すべき点は選果、ですね。バーガウンド.comにも書いてあったのですがこの年は基本的には「難しい年」。ブドウの成熟が房によってかなりばらつきがあったようです。そこで選果の段階で、過熟気味のもの、熟し切れないもの、を選り分けバランスの良いブドウだけを仕込みに廻した結果のようです。色が薄いからと言って侮れない、飲み頃はやはりまだまだ先のようです。(2009.08.24 いのまた) ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 激安大特価,大得価

セバッシャン・マニアンオー・コート・ド・ボーヌ ブラン 2005 本物保証,100%新品

●程よく熟した果実味に、結晶のような規則正しい輝きを持ったミネラル感。イヤ、綺麗ですね・・。ボーヌの裏通りのオート・コート・ド・ボーヌ。幾分高度は高いとは言え、感覚的にはそれ以上にクリアーな酸味。香りにはトロピカルなグアヴァとかマンゴーとかを震わせながら、そこで終わることなくさらに「ワインとして」昇華させている。「果実味が豊か」というのはパケの白や、マトロ・ウィッターシェイムにも似ているかな? ●で、すでに2日目に突入。此処で幾分厚みが出て来ました。と言うよりも・・・酸化が早い?昨日よりもちょっと苦味みたいな感触も在りますね。・・この辺りは、新ブルゴーニュと言うよりもクラシカルな肌触り。あえてカテゴライズするのはナンセンスですが、どっちかな・・・わかんないや!でもSO2とかはかなり使用を控えてる感じもあるし、味わいに奥行きもあるので、作りがしっかりとしてることは確か。気持ち的には「鯖のみりん干し」と言ったところが好みです。いや、美味しい。 ●偶さか、一緒に飲んでいるフランソワ・ダレンと較べると、性格的には似ているのかな。シャルドネと言えどもできあがった葡萄の特性を非常に尊重した造り、とでも言うのでしょうか。幾分2005年というヴィンテージにも助けられたところは在りそうですが、今後も要チェックの造り手、と見ました。おそらく2008年版のクラッスマン辺りに登場するかな、と言う予感がしております。(2007.11.30 いのまた) セバッシャン・マニアンオー・コート・ド・ボーヌ ブラン 2005 本物保証,100%新品

ドメーヌ・ド・ラ・コンブ コルトン=レ・ヴェルジェンヌ Grand Cru2002 品質保証,新作登場

●特級コルトンの中でもラドワ=セリニ村にある区画が「レ・ヴェルジュレス」。まず一口飲んで、否応なしに感じさせられる、緊密な構造と均整の取れたバランス。グランクリュにふさわしい「繊細で明確な感度をもった品格ある」赤ワインです。また長時間に渡りへたりの無い生命観溢れるオーラの強さ。「コルトン」と言うと特級なのに怪しいワインが多かったのですが、これはやはり特級の風格。このワイン故に改めてコルトンが特級であることが理解できます。 ●グラスに注ぎ暫く経ったこのワインを飲んでいると「どんな表現を考えても、この旨さ伝わらんだろうな」とコメント考えるのむなしくなっちゃいます。このワインのご紹介はぜひあの開高健先生に書いていただきたかった!久々に飲んで「呑まれてしまった」ワインと出会うことができました。 ●それでも一応、書く努力だけはしなくては・・  潮が満ちるようにひたひたと、上下に揺れ動きながら開放される味わい深さ。ワインが活きている!って言う「波動」を感じます。生まれ育った畑の個性をベースとする地力に裏付けられた果実やミネラルの凝縮感。これまで経験した個々の要素、果実味やタンニン、アロマがそれぞれ凝縮されて一つのワインを形成すると言った感触でなく、もtもとバランスの取れたブドウそのものを、全てひっくるめた物を凝縮した、トータルでの完成度には脱帽します。  これは大天使ミカエルの囁きか、それとも堕天使の親玉サタンの囁きか?もしかするとお釈迦様のお誘いかも知れない・・。このワインに魂ゆだねちゃうと、もう戻ってこれない橋を渡ってしまうことになりそうです。特級の風格にビオの滋味、旨味がたっぷり入っているので心地よさがたまりません。もう、アルファ波全開って感じかな?良い意味で、食事要りません。ワインだけで十分至福に浸れます・・・・う~ん、やっぱり呑まれちゃってる!今日は大丈夫、2日目のレポートです。多少酸化進んでややブラウンが入ってきました。改めて眺めてみると2つの一級物より気持薄い色合いですね。やはり解析不可能なアロマとブーケの複雑な絡み合い、・・・いつまでもグラスに鼻をつっこんで・・・あァ`もうダメ、Let`s drink! without Saying!(2004.03.18 いのまた) ●もう上のコメント書いてからかれこれ4年経っているんですね・・・・・で、先日こちらのワインを造ったオリヴィエといろいろ話をする機会もあって、改めて飲んでみたんですが・・・・う~ん、すっかり色合いは枯れた感じだしていまして味わいは鰹節そのものだ~!色調そのものは酸化防止剤の量が少ないためか一歩先行く感じですが、味わい的には峠前にして視界が開けて天晴れな心持ち。4年前の自分のコメント読んでいると、なんだかな~?ですが、波動とかサタンの囁き、この時点でも感じますね。うっすらとした色合いの中に万華鏡的な美味さの氾濫。尤も果実味なんかは今暫く落ち着くまでに2年ほど掛かりそうな雰囲気保っていますが、いわゆる熟成からのブーケがたっぷりで、もうどうよ?って感じにまとまっています。でもそれが香りに出て来るのではなくて味わいににじみ出ているところが自然派の系譜。蝉の声も岩に染み入っちゃうんだな、これが。で、蝉の声はすれども静かな一時・・・・儚さと同時に感じる凛々しさとでも言うのかな・・・失楽園、どうせ毒入れるならマルゴーじゃなくてこっちの方が数段リアルなんだよな・・・・でも毒入れちゃったらこの味台無し!ってんでどうでもいいマルゴーが妥当な線でしょうか? ●で、グラン・クリュってなんだろう?若いときは力強さ、あるいは情報量の多さ、なのだろうけどそれもそうだと思いつつ、普遍性と良いうのが結構大切なのかな、と思う今日この頃・・・・そっと一言、ありがとう・・・(2008.03.22 いのまた) ドメーヌ・ド・ラ・コンブ コルトン=レ・ヴェルジェンヌ Grand Cru2002 品質保証,新作登場

ヴァンサン・デュルイユ=ジャンティアルリュリー ブラン マズィエール 2004 定番人気,大得価

●ぱりっと焼き上がったクロワッサン。煎ったヘーゼルナッツ。ピーチのジュレ。蜂蜜バター。オレンジピールとレモンピールをみじん切りにして・・・・お菓子のようにちりばめられた豪華な誘惑に惑わされていはけません・・・それは「甘い罠」です。 ●グラスに入れて1、2分。僅かに口に含むだけで、痛烈なまでに豊かな酸、芯のしっかりと感じる果実味の質量。控え目ながらもずしっと来るミネラル。とても彫りが深くコントラストの強い味わい。ワインの質を考えると、外見より中身の充実度が著しく進歩している。きらびやかさは最初の香りだけで、それ以上に構成が緻密且つ大胆になってきました。これほど凄まじい村名リュリーはないですね・・・。 ●今飲んでも美味しいか?と言えば、確かに美味しいけれど、まだまだ本当の「味」はでていません。後2~3年はかかるかな?長さで行けば2012年ぐらいまでしっかりと保ちそうな感じです。時間を置くと、しっかりと開いてきます。多少その進行の過程が早すぎるきらいもありますが・・・ムルソーの豊潤さとはとは違い、ピュリニの撓るようなミネラル感とはまた異なる。むしろシャサーニュの幾分柔らかい感触・・なのかな?・・・いやはや・・・リュリー、侮れません。(2006.08.03 いのまた) ヴァンサン・デュルイユ=ジャンティアルリュリー ブラン マズィエール 2004 定番人気,大得価

クロノワールジュブレシャンベルタン ヴィエイユヴィーニュ 2005 新作入荷,セール

●2005年物ゆっくりと入荷しました。ジュヴレ村とブロション村の丘境にあるシャンという12aほどの小さな区画のブドウを使っています。平均樹齢は80年でほとんどの樹がセレクション・マサールで植えられています。50%をスミ・カルボニック・マセラシオン。2週間の発酵の後、24ヶ月間熟成させています。   2004年物のコメントです。 ●入荷本数が少なくて試飲できないので・・・同じ2004年のジュブレV.V.のコメントでお許しを・・・。 ●暫く置いておいて、意外な展開になったジュブレ・シャンベルタン2003。2004年はどうでしょうか?色合いは他のキュヴェよりもかなり濃いめ。香りの重心もしっかりと低く抑えられています。で、早速結論を言っちゃうと・・・・イイねこりゃ!此処で、テロワールがどうのこうのと言っちゃうと全く野暮な話で、なにも足さずに、なにも引かずに、・・・・かつて(90年代後半、おそらく98年ぐらいかな)のデュガ(クロード)のジュブレだよ!と言うことで、うわ~っ、です(これは言い過ぎかな?話半分で聞いておいてください)。 ●少数精鋭ですが、切り込んで来るような新鮮さを保った果実味(勿論デュガ系なのでかなり黒っぽい)軍団。で軍団に頂くのは緋色を纏った女王様!このコントラストの鮮やかさが実にヴィジュアル。合わせるならば子牛なんですが、ワインで煮込むより、ローストしたところにワインを煮詰めたソースをしゅるしゅると。かなり注目せざるを得ない造り手です、クロ・ノワール!(2007.02.04 いのまた) ●一応。2日目も飲んでみました・・・やっぱりデュガではないけど・・・、しっかりとした味わいです。赤と黒の境がなくなってきてまとまりがあります。幾分ほっそりですが、このくらいが丁度良いかな?ほんのり、モカ系のかおりもでてきたし・・・これはしっかりと応援してあげなくては!(2007.02.05. いのまた)  2003年物入荷時のコメントです・・・・ ●さてこちらのジュブレ・シャンベルタン、フィサンと同じ傾向かなと思いきや・・・・、しっかりとしたヴォリュームを感じる良いワイン。このドメーヌの大部分をフィサンが占めていますが、こちらの収穫に時間がかかって、気持ちは焦れどジュブレに手が回らない・・・、で結果的に収穫が予定遅れたことにより良いワインになった、ようです。 ●で、改めて飲んでみると、実にジュブレらしいつちのミネラル感や乾燥したハーブの香り。ワイン自体もクラスにふさわしい力強さがあります。それと、抜栓直後はあまり感じられませんが、暫くして生まれ出る果実味。これが幾分乾燥させた果実味を伴って、しっかりとした印象が生まれます。・・・フィサンと同じ作り手とは思えないな・・・2つを飲み比べるととても良いお勉強ができます、収穫のタイミング、大切です。 ●・・・とえらそうなこと言っておいて、しかも売り切れ後のコメントです・・・上のコメントいつ書いたのかな?日付は大切!と言うくらいにワインの姿が変わっています。・・・何となくいつもの「どうよ?」的な感じで開けたのですが・・・う~ん、インポーターのM氏曰く「2004年を期待していてください!」は・・・。 ●何が、「う~ん」かと言うと、ここにきて妙に迫力が付いてきました。初めは何となくビオ的なフラフラした感じでしたが、腰が据わっている。しっかりとジュブレの魅力を表現しています。赤い果実味主体ながらしっかりとヴィンテージを反映した黒系とタンニンの豊かさ!そのものを感じさせるストレートで力強い味わい。たとえばの話で,ドメーヌ・アルローのジャスティスとかに通じる味わいなのかな・・・。この数ヶ月での変身ぶりにはちょっとまいりました。と言うか、そこを見抜けなかった未熟さ痛み入ります・・・・・。 ●樽の使い方、どうなんだろう?この甘味の由来が良く解りません。アフターに口中を支配する甘さと言うか焦げ味というか・・・もしかするとクロード・デュガ辺りがターゲットに入っているのかも?しれません。なるほど、ラベルには「デカンタージュがオススメ」と書いてありますね・・・デカンタージュしなくても、充分にオイシイです。(2006.12.21 いのまた) クロノワールジュブレシャンベルタン ヴィエイユヴィーニュ 2005 新作入荷,セール

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 定番人気,人気セール

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。 フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 定番人気,人気セール

ジャン・ルイ・シャビーACブルゴーニュ ルージュ 2005 得価,品質保証

●「白が手薄で」と言いながら赤がメインで入ってきました・・・インポータさんの資料によると「0.8ha。平均樹齢30年。畑はピュリニー・モンラッシェ村内の国道の反対側にあります。1~4回使用樽で10ヶ月間熟成。口当たりの鮮度感がたまらない、ピュリニー村産のブルゴーニュ・ルージュです。」 ●これだよ、これ!alarの求めるコンテンポラリーなヤツ。「国道の向こう側」ということで、何となくボーヌでもあでやかなシャサーニュ赤(ピュリニは赤のAOCが無いモノで)にフラットな畑のこざっぱりした感じがあるかな?と期待していたんですが、ピッタリはまってくれました。この軽さ、何となくプチ2001年のルイ・シュニュサヴィニV.V.って感じかな? ●でも実際はもっと軽い。ルイ・シュニュの昔のコメント見ると『仔牛のカツレツ』となっていますが、薄い豚カツとか冷製トンしゃぶが愛そうなウエイトです。・・・アジフライとかでも良いのかな?個人的にアジフライはお醤油と大根おろしで食べるのが好きなんですが、ピッタリな感じです。冷製トンしゃぶも良いんだけれど、どうも最近、あの脂身もひえひえしているのが納得がいかない。なんとかもう少しおいしく食べれる方法はないですかな?棒々鶏でも良いのかな・・・・いずれにしろ程よい醤油の旨味にシットリと合いそうな、ワインの旨味は充分。最近アップしたるニュージーランドのピノ、ダニエル・シュースター物とイイ感じのライバルです。(2007.04.24 いのまた) ●あ、それと・・alar的にはこちらはコン・ブル(う~ん、実際に使ってみるとコンテンポラリーなんだかコンサヴァティブなんだかわからないぞ~)なんで、くれぐれも『寝かせて』などは考えないでください。今が美味しさ満開。どんどん飲んでみましょう。 こちらの商品はお取り置きは承れません。ご注文から1週間以内のお引き取りをお願いいたします。 ジャン・ルイ・シャビーACブルゴーニュ ルージュ 2005 得価,品質保証

プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ1erCru2005 品質保証,大人気

●2005年はクロ・デ・コルヴェ産のワイン、4つのカテゴリーとなりました。正規のラベル(裏ラベル?)には全てNuits-Saint-Georges 1erCru Appellation Controleeと記載されています。そして上から順に  ●レ・クロ・デ・コルヴェ(Le Clos des Corvees 2005)  ●ニュイ 1erCruヴィエイユ・ヴィーニュ(Nuits 1erCru 2005 Vieilles Vignes)  ●ニュイ・サン・ジョルジュ 1er Cru(Nuits-saint-Georges 1er Cru 2005)  ●ニュイ・アン(Nuita"1" 2005) となっておりまして、こちらのワインは新顔の「ニュイ・サン・ジョルジュ 1er Cru」です。 ●どうもポジションがわからず、コレだけ少し少なめに入れてみましたが、インポーターさんの話では「クロ・デ・コルヴェのシリーズで今一番開いているのはこれ」と言う情報。上の「ニュイ・アン」も結構キていましたので・・・かなり期待してもイイのかな? ●インポーターさんのコメントがどうしても気になって、飲んでみました、で追加しちゃいました・・・。旨いッス!なんでしょうか?純米吟醸?って感じかな。ニュアイ・アンよりもなんとなく統制のとれた味わい。v.v.より輪郭が柔らかい。でなぜかこれだけアクセル80%ぐらいに開いています・・・。こんなワイン飲まされていると・・・ロック教の信者になっちゃいそう。ロックのお家(正しくはお屋敷)の暖炉の前でまったりとのんでみたいな~、と。甘露と言う言葉が正しいか、セダクティブというか、聖テレジアの法悦か、欣求浄土の厭離穢土か、結構危ないワインですね。alar的には明日が休みならば、確実に1時間で飲み切っちゃう自信あり、な美味しさでした。(2007.12.07 いのまた) ●と書いておいて他のロックのニュイサンジョルジュ系のコメント見ると、我ながらかなりラリってコメントしています。それを見ながらならし運転はとか、開いていないのは「○」って書いてあるヤツとか、述べていますがこの「にゅいさんじょるじゅ」、つっこみどころがないぞ~!時節柄と言うこともありますが、クリスマスとか夏祭りとか、Go!Go!って感じですね。取り敢えず飲んじゃってください。今が結構美味しさのピークかも知れません! アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ1erCru2005 品質保証,大人気