ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 限定セール,豊富な

ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 限定セール,豊富な
どうも皆さんには賛同を得られないのですが、個人的にはこのジャッセが一番ビゾ的な味わいを醸しているかな?と思うのです。その心は?あるがまま!

そのジャッセの2007年ですが・・・アルコール度数が11.5度しかいない!ドイツワインじゃ無いのだから、と言いたくもなりますね。そして色調もいつもより幾分薄い感じでしょうか?香りには幾分の還元的な状況での香りが・・・こっそりと気持ち的にはますますアンリ・ジャイエに近づいているのかな?と期待しつつ・・・飲んでみたところでは、期待通りの味わいで、ホットしています。

一言で括ると「水の様な」非常にさっぱりとした構成でありながら余韻がながい。チェリーの様なフランボワーズの様な、あるいはアセロラ的な果実味と酸味。軽いボディなのですがその軽さ故に味わいが大きく拡散していく。このある種の透明感ある味わいがストレートに飲む喜びにつながっていく。こう気がつくと・・・コメント書くのが辛くなります。このまま溺れていたい・・・・

味わいは至ってシンプルなもの。見事までに造り手の意識、あるいは誘導しようとする姿勢が感じられない。あるがまま、の存在。素材を見事なまでに「見立て」ている。このヴィンテージの他の作品をまだ飲んでいないので、これ以上の検証は難しいのですが、この一本を飲んだところでの印象は「ビゾ、また次のステージに登ったかもしれない!」ですネ。(2009.08.23 いのまた)

一応2日目・・昨日よりもスパイス、たとえばクローブとかカルダモンなどのオリエンタルな感じ、のニュアンスが多少強くなってきたかなというところで、ヴォーヌ・ロマネ的、あるいはこのジャッシェ的味わいが強く感じられます。で、思うのは改めて、丁寧な仕事ですね。丁寧と言ってもその殆どは畑での作業と、重視すべき点は選果、ですね。バーガウンド.comにも書いてあったのですがこの年は基本的には「難しい年」。ブドウの成熟が房によってかなりばらつきがあったようです。そこで選果の段階で、過熟気味のもの、熟し切れないもの、を選り分けバランスの良いブドウだけを仕込みに廻した結果のようです。色が薄いからと言って侮れない、飲み頃はやはりまだまだ先のようです。(2009.08.24 いのまた)

ルネ・アンジェルヴォーヌ・ロマネ 2004 セール,人気

ルネ・アンジェルヴォーヌ・ロマネ 2004 セール,人気

ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 激安大特価,人気

ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 激安大特価,人気

ジョルジュミュヌレリュショットシャンベルタン GrandCru2003 安い,高品質

ジョルジュミュヌレリュショットシャンベルタン GrandCru2003 安い,高品質

ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 人気,限定セール

ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 人気,限定セール

セシル・トランブレーACブルゴーニュ ロゼ 2008 定番,新作登場

セシル・トランブレーACブルゴーニュ ロゼ 2008 定番,新作登場

ロベール・シュルグACブルゴーニュ ルージュ 2005 得価,格安

ロベール・シュルグACブルゴーニュ ルージュ 2005 得価,格安

ジャン=クロテ G.F.A Les Genevraysサヴィニレボーヌ レプランショ 2006 大得価,格安

ジャン=クロテ G.F.A Les Genevraysサヴィニレボーヌ レプランショ 2006 大得価,格安

ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 激安大特価,大得価

ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 激安大特価,大得価

ジャン・ピエール・ボニーACブルゴーニュ ルージュ 2006 最安値,新品

ジャン・ピエール・ボニーACブルゴーニュ ルージュ 2006 最安値,新品

アンリ・ノーダン・フェランプルゴーニュ・パステュ=グラン 2006 赤字超特価,豊富な

アンリ・ノーダン・フェランプルゴーニュ・パステュ=グラン 2006 赤字超特価,豊富な

ルネ・アンジェルヴォーヌ・ロマネ 2004 得価,人気SALE

ルネ・アンジェルヴォーヌ・ロマネ 2004 得価,人気SALE

ナタリーヴィゴヴォーヌ・ロマネ 2004 限定SALE,正規品

ナタリーヴィゴヴォーヌ・ロマネ 2004 限定SALE,正規品