コート・ロティ~ローヌ川左岸

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 人気定番,得価

●ロゼ・プリムール2015です。ブドウはミュスカ・ダンブール。このブドウ固有のマスカットの芳香、薔薇の大輪のような、桃のネクターのような華やかな薫りが特徴です。ごく僅かに甘さを残しながら酸やミネラル感がしっかりとしたドライな仕上がり。ホロリとした赤い皮のニュアンスも後味のバランスの良さを一層引き立てます。現在は少し残糖が残っていてうっすらと甘さを感じますが、これから徐々にドライな味わいになると供に旨味がのって来て、来年のサクラの季節まで楽しめます。 ●いつものお願いです・・・。  2015年物はブドウの生育状態も良く少しガス圧は高めです。シャンパーニュやクレマンほどの強さはありませんが、王冠を一度に開けると、思いの外ポォォンッ!!と言う感じでちょっとビックリする可能性とジュワジュワと中味が吹き出しテーブルなどを汚してしまう可能性があります。できれば、王冠を少しだけ上げた状態で幾分ガスが抜けたところで完全に抜栓して頂ければと思います。まずは、抜栓前にはガス圧を下げるためにもよく冷やしてお楽しみ下さい。  また幾分澱も多くあります。数日かけて沈めた澱も、抜栓時には泡と供に舞い上がります。このままお飲みいただいても問題ありませんが、数時間落ち着かせてお飲み頂く事をお薦めします。なかなか面倒をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。●大岡さんの作るロゼ・ワイン。2011年は「トロトロ事件(更新しようとして気がついたのですが、2011年のトロトロ事件の顛末が残っていない・・・メルマガ出してオタオタしていたらこちらのHPのコメントを更新する間に売れてしまったのか?何はともあれ「おそらく乳酸菌のいたずらで残糖分をに含まれていたショ糖がデキストリンに・・・」という新井順子さんのソーヴィニヨン・ブランのヌーボー2011でもあった事件でした)」で皆さん楽しんでいただきましたが、2012年は大岡さんも「完璧な出来映えです」と断言する仕上がりとなりました!! ●入荷は昨年でしたが12月のインポーターさんからの情報で「色合が透き通ったピンクになってきた頃が飲み頃と」言っていましたので冬を越させて寝かせてました・・(ま、言われてなくても、暫く寝かせてこの3月からが本領発揮と言う事は確か) ●合わせるとすると・・・何と無くほぼ同時発売の四恩のクレマチス・ロゼとかぶってしまうような………共に、巨峰とミュスカ・ダンブールという個性の強いぶどう品種。そのまま作ると恐らくお土産ワイン的な「色物」になってしまうという感じですが、そこに作り手の個性とスキルが活きてくるわけです。また、ぶどう品種が違っても目指すところに何か共通した感じがあるのは同じ日本人が作っているからなのかな?何と無く不思議な感じがしますね。(2013.03.15 いのまた) 2010年と2011年のコメント無くて、飛んで2009年物のコメントなど↓ ●早春と掛けて「プリムール」と解く、その心は・・・と言うことで、ル・カノン「ロゼ・プリムール」例年なら新春の縁起物、みたいな感じでの発売ですが・・・2009年物売り出します。王冠の色はクリーム色に。全体の色調も幾分オレンジ系・・・・四恩のブーケ橙に近いかな・・・・? ●大岡さんからの2009年物コメントです。    「「2009年は大変に乾燥していた年です。病気の心配は全くなく、凝縮した健全な葡萄が収穫できました。長い期間にわたってビオディナミの方法で栽培された畑は、(エコセール認証)今年も美味しいワインを提供してくれました。     例年に比べ果実味がぶ厚く、爽快さを感じるスパークリングでありながら、2009年という特別な年のキャラクターが明確に表現されています。普段どおり亜硫酸は無添加で今年はフィルター処理をしていないため、このワインが有する複雑で丸みのある味わい、を全て味わって頂けることと思います。皆さまに、楽しく美味しく飲んでいただけることを願っております。」   こちらは昨年2008年のコメントです。 ●大岡さんからのワイン情報です。    「今年もぶどうはミュスカダンブール100%です。ここ数年芽吹きが早まる傾向にあったのですが、今年は普通の時期の発芽となりました。生育期に雨が多く、べと病、うどん粉病などに悩まされる中、7月に雹が降り、収穫量は今までで一番少なくなりました。葡萄の量が少なくなったため、風通しもよく九月初旬の雨の影響も受けず、九月の中旬、晴天の中収穫を開始。収量が少ないため味わいが凝縮されました。葡萄を房ごと直接プレスをしジュースを一日低温でデブルバージュ。その後、ステンレスタンクで低温発酵を続け一ヵ月後に軽いフィルターを通して瓶詰め。葡萄本来の味を前面に出すため例年より残糖が少ない状態で瓶詰めしました。泡は例年より若干控えめで微炭酸ですが、その分葡萄本来のポテンシャルを味わっていただけます。」 ●ひょえ~っ、テイスティングのコメント書くつもりで栓(例によって王冠です)抜いて、グラスに入れてスタンバイしながら「確かに泡は弱そう。もっと泡の出るスティルワインありそうだな」とか、いつものミュスカ系のちょと怪しげな香りが良いじゃん」と思いつつ、少し他のお問い合わせの回答等かかたづけていたんですが・・・ボトルには4分の1ぐらいしか残っていません!この間一体何があったのか・・・スルスル、ゆるゆると飲んじゃったんですね・・・おそらく。かなり気持ち良くなっています・・・・。 ●なるほどいつもより甘くない分、するりと飲める、いやお見事なプリムール・ロゼ。ミュスカ特有の香りが幾分好き嫌い出るかもしれませんが、これだけ何も考えずにカラダにしみ込むワイン、良いですね。「こいつぁ春から、縁起が良いワイなぁ~」と言う感じでまとめたいと思います。(2009.01.03 いのまた)   2007年物のコメントです。 ●2006年々ものはこちらで販売する前にみんな近所のレストランさんに持って行かれてしまいまして・・・・2007年物がようやく入荷です。   「ワインは、完熟した葡萄を果房ごと3時間かけて破砕し、果汁に色がついた時点で破砕を終了。3週間にわたる発酵の途中で、果汁をそのまま瓶詰めしガスを瓶内に閉じ込めた微発泡タイプです。この製法は、“アンセストラル”や“メトード・リュラル”と呼ばれシャンパーニュの瓶内2次発酵による製法が確立される前から、ラングドック地方のリムーで行われていた発泡性ワインの造り方です。標高の高いリムーでは冬の間はアルコール発酵が止まることが通常です。その段階で瓶詰めされたものが、春の訪れとともに再び発酵が始まりガスが残るという、偶然に発見された醸造法です。このワインは辛口に仕上がっておりますので、これ以上発酵が進む心配はございません。 ●しまった~。コメント書かずに飲んじゃっているワイ!取り敢えず試飲と言うことで飲み始めながら、他のところを弄くっていて、そろそろカエルかなと思いつつ、ふと気がつくと、肝心のこのワインのコメント書くの忘れていた・・と言う感じのワインです。 ●もう言葉は要らない・・ジンワリとか、言う前にスルスルと飲んじゃっていますね~。アルコール度数11どの軽さと、優しい果実味。ですっきりとしたドライな味わい。そのくせ余韻でたっぷりと楽しませてくれますね~。昨日飲んだプリューレ・ロックのニュイ・サン=ジョルジュのプルミエ・クリュががなんとなく東京の銀座辺りのクラブの若いお姉さん的な、プロっぽい雰囲気を醸してる(行ったことないけど)かと思えば、このル・カノン、その対極の日頃お父さんのお使いで缶ビール買いに来るお店の近所のマンションに住んでいる小学3~4年生の女の子、っって感じですか~?日常のホッとする一時ですね。在る意味「記憶に残らない」ワインです、ね。 ●ワインの記憶は残らなくとも、その時の場の雰囲気はしっかり残る。楽しいワインってそんなものかなと思いつつ、そんなものだねと自問自答しながら・・・・・空けちゃいました。(2007.12.08 いのまた)  2005年物のコメントです。 ●まずはインポータさんの資料から・・。  「(alarでは初めての扱いとなりますが)例年好評を博している大岡さんの「ル・カノン ロゼ」が2005ヴィンテージから通常のロゼのみではなく、プリムール(新酒)としてペティヤン(微発泡)でリリースされました。色鮮やかなピンクのラベルにピンクの王冠、色は濁っていて(?)旨味たっぷりです。 ●こちらのワイン、赤い王冠で栓がしてあるだけで、コルクは打っていません。上のインポータさんの説明の通り、「ビン詰め時で残糖が6グラムぐらい、入荷時には2グラムぐらい」とのことですので瓶内でも発酵がそのまま進行し、ガス圧が高くなっている模様です。良く冷やしたところで、静かに栓を抜いてください。・・・・・と言う事実が昨日(2005年12月22日)に判明しました。もうすでにお買い物いただき、栓を開けてしまった方・・・alarのように吹きこぼしてとんでもないことにならなかった事を、お祈り申し上げます。 ●お味の方は、まずまずにフレッシュでうっすらとした味わい。ラベルの色の通りの感触ですね。ロゼと言っても非常に淡い印象。これがこのワインの「ウリ」かな?あまり複雑な味わいやしっかりとした旨味、というのは期待しない方が良いようです。名前の通りのル・カノン「一杯ひっかけるか~!」と言った勢いの良いときに、勢いよく飲んじゃってください。気分はもうヴィニュロン?(2005.12.22 いのまた)

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 人気定番,得価 —— 2,300円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 人気,定番人気

●ロゼ・プリムール2015です。ブドウはミュスカ・ダンブール。このブドウ固有のマスカットの芳香、薔薇の大輪のような、桃のネクターのような華やかな薫りが特徴です。ごく僅かに甘さを残しながら酸やミネラル感がしっかりとしたドライな仕上がり。ホロリとした赤い皮のニュアンスも後味のバランスの良さを一層引き立てます。現在は少し残糖が残っていてうっすらと甘さを感じますが、これから徐々にドライな味わいになると供に旨味がのって来て、来年のサクラの季節まで楽しめます。 ●いつものお願いです・・・。  2015年物はブドウの生育状態も良く少しガス圧は高めです。シャンパーニュやクレマンほどの強さはありませんが、王冠を一度に開けると、思いの外ポォォンッ!!と言う感じでちょっとビックリする可能性とジュワジュワと中味が吹き出しテーブルなどを汚してしまう可能性があります。できれば、王冠を少しだけ上げた状態で幾分ガスが抜けたところで完全に抜栓して頂ければと思います。まずは、抜栓前にはガス圧を下げるためにもよく冷やしてお楽しみ下さい。  また幾分澱も多くあります。数日かけて沈めた澱も、抜栓時には泡と供に舞い上がります。このままお飲みいただいても問題ありませんが、数時間落ち着かせてお飲み頂く事をお薦めします。なかなか面倒をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。●大岡さんの作るロゼ・ワイン。2011年は「トロトロ事件(更新しようとして気がついたのですが、2011年のトロトロ事件の顛末が残っていない・・・メルマガ出してオタオタしていたらこちらのHPのコメントを更新する間に売れてしまったのか?何はともあれ「おそらく乳酸菌のいたずらで残糖分をに含まれていたショ糖がデキストリンに・・・」という新井順子さんのソーヴィニヨン・ブランのヌーボー2011でもあった事件でした)」で皆さん楽しんでいただきましたが、2012年は大岡さんも「完璧な出来映えです」と断言する仕上がりとなりました!! ●入荷は昨年でしたが12月のインポーターさんからの情報で「色合が透き通ったピンクになってきた頃が飲み頃と」言っていましたので冬を越させて寝かせてました・・(ま、言われてなくても、暫く寝かせてこの3月からが本領発揮と言う事は確か) ●合わせるとすると・・・何と無くほぼ同時発売の四恩のクレマチス・ロゼとかぶってしまうような………共に、巨峰とミュスカ・ダンブールという個性の強いぶどう品種。そのまま作ると恐らくお土産ワイン的な「色物」になってしまうという感じですが、そこに作り手の個性とスキルが活きてくるわけです。また、ぶどう品種が違っても目指すところに何か共通した感じがあるのは同じ日本人が作っているからなのかな?何と無く不思議な感じがしますね。(2013.03.15 いのまた) 2010年と2011年のコメント無くて、飛んで2009年物のコメントなど↓ ●早春と掛けて「プリムール」と解く、その心は・・・と言うことで、ル・カノン「ロゼ・プリムール」例年なら新春の縁起物、みたいな感じでの発売ですが・・・2009年物売り出します。王冠の色はクリーム色に。全体の色調も幾分オレンジ系・・・・四恩のブーケ橙に近いかな・・・・? ●大岡さんからの2009年物コメントです。    「「2009年は大変に乾燥していた年です。病気の心配は全くなく、凝縮した健全な葡萄が収穫できました。長い期間にわたってビオディナミの方法で栽培された畑は、(エコセール認証)今年も美味しいワインを提供してくれました。     例年に比べ果実味がぶ厚く、爽快さを感じるスパークリングでありながら、2009年という特別な年のキャラクターが明確に表現されています。普段どおり亜硫酸は無添加で今年はフィルター処理をしていないため、このワインが有する複雑で丸みのある味わい、を全て味わって頂けることと思います。皆さまに、楽しく美味しく飲んでいただけることを願っております。」   こちらは昨年2008年のコメントです。 ●大岡さんからのワイン情報です。    「今年もぶどうはミュスカダンブール100%です。ここ数年芽吹きが早まる傾向にあったのですが、今年は普通の時期の発芽となりました。生育期に雨が多く、べと病、うどん粉病などに悩まされる中、7月に雹が降り、収穫量は今までで一番少なくなりました。葡萄の量が少なくなったため、風通しもよく九月初旬の雨の影響も受けず、九月の中旬、晴天の中収穫を開始。収量が少ないため味わいが凝縮されました。葡萄を房ごと直接プレスをしジュースを一日低温でデブルバージュ。その後、ステンレスタンクで低温発酵を続け一ヵ月後に軽いフィルターを通して瓶詰め。葡萄本来の味を前面に出すため例年より残糖が少ない状態で瓶詰めしました。泡は例年より若干控えめで微炭酸ですが、その分葡萄本来のポテンシャルを味わっていただけます。」 ●ひょえ~っ、テイスティングのコメント書くつもりで栓(例によって王冠です)抜いて、グラスに入れてスタンバイしながら「確かに泡は弱そう。もっと泡の出るスティルワインありそうだな」とか、いつものミュスカ系のちょと怪しげな香りが良いじゃん」と思いつつ、少し他のお問い合わせの回答等かかたづけていたんですが・・・ボトルには4分の1ぐらいしか残っていません!この間一体何があったのか・・・スルスル、ゆるゆると飲んじゃったんですね・・・おそらく。かなり気持ち良くなっています・・・・。 ●なるほどいつもより甘くない分、するりと飲める、いやお見事なプリムール・ロゼ。ミュスカ特有の香りが幾分好き嫌い出るかもしれませんが、これだけ何も考えずにカラダにしみ込むワイン、良いですね。「こいつぁ春から、縁起が良いワイなぁ~」と言う感じでまとめたいと思います。(2009.01.03 いのまた)   2007年物のコメントです。 ●2006年々ものはこちらで販売する前にみんな近所のレストランさんに持って行かれてしまいまして・・・・2007年物がようやく入荷です。   「ワインは、完熟した葡萄を果房ごと3時間かけて破砕し、果汁に色がついた時点で破砕を終了。3週間にわたる発酵の途中で、果汁をそのまま瓶詰めしガスを瓶内に閉じ込めた微発泡タイプです。この製法は、“アンセストラル”や“メトード・リュラル”と呼ばれシャンパーニュの瓶内2次発酵による製法が確立される前から、ラングドック地方のリムーで行われていた発泡性ワインの造り方です。標高の高いリムーでは冬の間はアルコール発酵が止まることが通常です。その段階で瓶詰めされたものが、春の訪れとともに再び発酵が始まりガスが残るという、偶然に発見された醸造法です。このワインは辛口に仕上がっておりますので、これ以上発酵が進む心配はございません。 ●しまった~。コメント書かずに飲んじゃっているワイ!取り敢えず試飲と言うことで飲み始めながら、他のところを弄くっていて、そろそろカエルかなと思いつつ、ふと気がつくと、肝心のこのワインのコメント書くの忘れていた・・と言う感じのワインです。 ●もう言葉は要らない・・ジンワリとか、言う前にスルスルと飲んじゃっていますね~。アルコール度数11どの軽さと、優しい果実味。ですっきりとしたドライな味わい。そのくせ余韻でたっぷりと楽しませてくれますね~。昨日飲んだプリューレ・ロックのニュイ・サン=ジョルジュのプルミエ・クリュががなんとなく東京の銀座辺りのクラブの若いお姉さん的な、プロっぽい雰囲気を醸してる(行ったことないけど)かと思えば、このル・カノン、その対極の日頃お父さんのお使いで缶ビール買いに来るお店の近所のマンションに住んでいる小学3~4年生の女の子、っって感じですか~?日常のホッとする一時ですね。在る意味「記憶に残らない」ワインです、ね。 ●ワインの記憶は残らなくとも、その時の場の雰囲気はしっかり残る。楽しいワインってそんなものかなと思いつつ、そんなものだねと自問自答しながら・・・・・空けちゃいました。(2007.12.08 いのまた)  2005年物のコメントです。 ●まずはインポータさんの資料から・・。  「(alarでは初めての扱いとなりますが)例年好評を博している大岡さんの「ル・カノン ロゼ」が2005ヴィンテージから通常のロゼのみではなく、プリムール(新酒)としてペティヤン(微発泡)でリリースされました。色鮮やかなピンクのラベルにピンクの王冠、色は濁っていて(?)旨味たっぷりです。 ●こちらのワイン、赤い王冠で栓がしてあるだけで、コルクは打っていません。上のインポータさんの説明の通り、「ビン詰め時で残糖が6グラムぐらい、入荷時には2グラムぐらい」とのことですので瓶内でも発酵がそのまま進行し、ガス圧が高くなっている模様です。良く冷やしたところで、静かに栓を抜いてください。・・・・・と言う事実が昨日(2005年12月22日)に判明しました。もうすでにお買い物いただき、栓を開けてしまった方・・・alarのように吹きこぼしてとんでもないことにならなかった事を、お祈り申し上げます。 ●お味の方は、まずまずにフレッシュでうっすらとした味わい。ラベルの色の通りの感触ですね。ロゼと言っても非常に淡い印象。これがこのワインの「ウリ」かな?あまり複雑な味わいやしっかりとした旨味、というのは期待しない方が良いようです。名前の通りのル・カノン「一杯ひっかけるか~!」と言った勢いの良いときに、勢いよく飲んじゃってください。気分はもうヴィニュロン?(2005.12.22 いのまた)

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 人気,定番人気 —— 2,300円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 全国無料,全国無料,HOT

●ロゼ・プリムール2015です。ブドウはミュスカ・ダンブール。このブドウ固有のマスカットの芳香、薔薇の大輪のような、桃のネクターのような華やかな薫りが特徴です。ごく僅かに甘さを残しながら酸やミネラル感がしっかりとしたドライな仕上がり。ホロリとした赤い皮のニュアンスも後味のバランスの良さを一層引き立てます。現在は少し残糖が残っていてうっすらと甘さを感じますが、これから徐々にドライな味わいになると供に旨味がのって来て、来年のサクラの季節まで楽しめます。 ●いつものお願いです・・・。  2015年物はブドウの生育状態も良く少しガス圧は高めです。シャンパーニュやクレマンほどの強さはありませんが、王冠を一度に開けると、思いの外ポォォンッ!!と言う感じでちょっとビックリする可能性とジュワジュワと中味が吹き出しテーブルなどを汚してしまう可能性があります。できれば、王冠を少しだけ上げた状態で幾分ガスが抜けたところで完全に抜栓して頂ければと思います。まずは、抜栓前にはガス圧を下げるためにもよく冷やしてお楽しみ下さい。  また幾分澱も多くあります。数日かけて沈めた澱も、抜栓時には泡と供に舞い上がります。このままお飲みいただいても問題ありませんが、数時間落ち着かせてお飲み頂く事をお薦めします。なかなか面倒をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。●大岡さんの作るロゼ・ワイン。2011年は「トロトロ事件(更新しようとして気がついたのですが、2011年のトロトロ事件の顛末が残っていない・・・メルマガ出してオタオタしていたらこちらのHPのコメントを更新する間に売れてしまったのか?何はともあれ「おそらく乳酸菌のいたずらで残糖分をに含まれていたショ糖がデキストリンに・・・」という新井順子さんのソーヴィニヨン・ブランのヌーボー2011でもあった事件でした)」で皆さん楽しんでいただきましたが、2012年は大岡さんも「完璧な出来映えです」と断言する仕上がりとなりました!! ●入荷は昨年でしたが12月のインポーターさんからの情報で「色合が透き通ったピンクになってきた頃が飲み頃と」言っていましたので冬を越させて寝かせてました・・(ま、言われてなくても、暫く寝かせてこの3月からが本領発揮と言う事は確か) ●合わせるとすると・・・何と無くほぼ同時発売の四恩のクレマチス・ロゼとかぶってしまうような………共に、巨峰とミュスカ・ダンブールという個性の強いぶどう品種。そのまま作ると恐らくお土産ワイン的な「色物」になってしまうという感じですが、そこに作り手の個性とスキルが活きてくるわけです。また、ぶどう品種が違っても目指すところに何か共通した感じがあるのは同じ日本人が作っているからなのかな?何と無く不思議な感じがしますね。(2013.03.15 いのまた) 2010年と2011年のコメント無くて、飛んで2009年物のコメントなど↓ ●早春と掛けて「プリムール」と解く、その心は・・・と言うことで、ル・カノン「ロゼ・プリムール」例年なら新春の縁起物、みたいな感じでの発売ですが・・・2009年物売り出します。王冠の色はクリーム色に。全体の色調も幾分オレンジ系・・・・四恩のブーケ橙に近いかな・・・・? ●大岡さんからの2009年物コメントです。    「「2009年は大変に乾燥していた年です。病気の心配は全くなく、凝縮した健全な葡萄が収穫できました。長い期間にわたってビオディナミの方法で栽培された畑は、(エコセール認証)今年も美味しいワインを提供してくれました。     例年に比べ果実味がぶ厚く、爽快さを感じるスパークリングでありながら、2009年という特別な年のキャラクターが明確に表現されています。普段どおり亜硫酸は無添加で今年はフィルター処理をしていないため、このワインが有する複雑で丸みのある味わい、を全て味わって頂けることと思います。皆さまに、楽しく美味しく飲んでいただけることを願っております。」   こちらは昨年2008年のコメントです。 ●大岡さんからのワイン情報です。    「今年もぶどうはミュスカダンブール100%です。ここ数年芽吹きが早まる傾向にあったのですが、今年は普通の時期の発芽となりました。生育期に雨が多く、べと病、うどん粉病などに悩まされる中、7月に雹が降り、収穫量は今までで一番少なくなりました。葡萄の量が少なくなったため、風通しもよく九月初旬の雨の影響も受けず、九月の中旬、晴天の中収穫を開始。収量が少ないため味わいが凝縮されました。葡萄を房ごと直接プレスをしジュースを一日低温でデブルバージュ。その後、ステンレスタンクで低温発酵を続け一ヵ月後に軽いフィルターを通して瓶詰め。葡萄本来の味を前面に出すため例年より残糖が少ない状態で瓶詰めしました。泡は例年より若干控えめで微炭酸ですが、その分葡萄本来のポテンシャルを味わっていただけます。」 ●ひょえ~っ、テイスティングのコメント書くつもりで栓(例によって王冠です)抜いて、グラスに入れてスタンバイしながら「確かに泡は弱そう。もっと泡の出るスティルワインありそうだな」とか、いつものミュスカ系のちょと怪しげな香りが良いじゃん」と思いつつ、少し他のお問い合わせの回答等かかたづけていたんですが・・・ボトルには4分の1ぐらいしか残っていません!この間一体何があったのか・・・スルスル、ゆるゆると飲んじゃったんですね・・・おそらく。かなり気持ち良くなっています・・・・。 ●なるほどいつもより甘くない分、するりと飲める、いやお見事なプリムール・ロゼ。ミュスカ特有の香りが幾分好き嫌い出るかもしれませんが、これだけ何も考えずにカラダにしみ込むワイン、良いですね。「こいつぁ春から、縁起が良いワイなぁ~」と言う感じでまとめたいと思います。(2009.01.03 いのまた)   2007年物のコメントです。 ●2006年々ものはこちらで販売する前にみんな近所のレストランさんに持って行かれてしまいまして・・・・2007年物がようやく入荷です。   「ワインは、完熟した葡萄を果房ごと3時間かけて破砕し、果汁に色がついた時点で破砕を終了。3週間にわたる発酵の途中で、果汁をそのまま瓶詰めしガスを瓶内に閉じ込めた微発泡タイプです。この製法は、“アンセストラル”や“メトード・リュラル”と呼ばれシャンパーニュの瓶内2次発酵による製法が確立される前から、ラングドック地方のリムーで行われていた発泡性ワインの造り方です。標高の高いリムーでは冬の間はアルコール発酵が止まることが通常です。その段階で瓶詰めされたものが、春の訪れとともに再び発酵が始まりガスが残るという、偶然に発見された醸造法です。このワインは辛口に仕上がっておりますので、これ以上発酵が進む心配はございません。 ●しまった~。コメント書かずに飲んじゃっているワイ!取り敢えず試飲と言うことで飲み始めながら、他のところを弄くっていて、そろそろカエルかなと思いつつ、ふと気がつくと、肝心のこのワインのコメント書くの忘れていた・・と言う感じのワインです。 ●もう言葉は要らない・・ジンワリとか、言う前にスルスルと飲んじゃっていますね~。アルコール度数11どの軽さと、優しい果実味。ですっきりとしたドライな味わい。そのくせ余韻でたっぷりと楽しませてくれますね~。昨日飲んだプリューレ・ロックのニュイ・サン=ジョルジュのプルミエ・クリュががなんとなく東京の銀座辺りのクラブの若いお姉さん的な、プロっぽい雰囲気を醸してる(行ったことないけど)かと思えば、このル・カノン、その対極の日頃お父さんのお使いで缶ビール買いに来るお店の近所のマンションに住んでいる小学3~4年生の女の子、っって感じですか~?日常のホッとする一時ですね。在る意味「記憶に残らない」ワインです、ね。 ●ワインの記憶は残らなくとも、その時の場の雰囲気はしっかり残る。楽しいワインってそんなものかなと思いつつ、そんなものだねと自問自答しながら・・・・・空けちゃいました。(2007.12.08 いのまた)  2005年物のコメントです。 ●まずはインポータさんの資料から・・。  「(alarでは初めての扱いとなりますが)例年好評を博している大岡さんの「ル・カノン ロゼ」が2005ヴィンテージから通常のロゼのみではなく、プリムール(新酒)としてペティヤン(微発泡)でリリースされました。色鮮やかなピンクのラベルにピンクの王冠、色は濁っていて(?)旨味たっぷりです。 ●こちらのワイン、赤い王冠で栓がしてあるだけで、コルクは打っていません。上のインポータさんの説明の通り、「ビン詰め時で残糖が6グラムぐらい、入荷時には2グラムぐらい」とのことですので瓶内でも発酵がそのまま進行し、ガス圧が高くなっている模様です。良く冷やしたところで、静かに栓を抜いてください。・・・・・と言う事実が昨日(2005年12月22日)に判明しました。もうすでにお買い物いただき、栓を開けてしまった方・・・alarのように吹きこぼしてとんでもないことにならなかった事を、お祈り申し上げます。 ●お味の方は、まずまずにフレッシュでうっすらとした味わい。ラベルの色の通りの感触ですね。ロゼと言っても非常に淡い印象。これがこのワインの「ウリ」かな?あまり複雑な味わいやしっかりとした旨味、というのは期待しない方が良いようです。名前の通りのル・カノン「一杯ひっかけるか~!」と言った勢いの良いときに、勢いよく飲んじゃってください。気分はもうヴィニュロン?(2005.12.22 いのまた)

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 全国無料,全国無料,HOT —— 2,300円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 大人気,本物保証

●ロゼ・プリムール2015です。ブドウはミュスカ・ダンブール。このブドウ固有のマスカットの芳香、薔薇の大輪のような、桃のネクターのような華やかな薫りが特徴です。ごく僅かに甘さを残しながら酸やミネラル感がしっかりとしたドライな仕上がり。ホロリとした赤い皮のニュアンスも後味のバランスの良さを一層引き立てます。現在は少し残糖が残っていてうっすらと甘さを感じますが、これから徐々にドライな味わいになると供に旨味がのって来て、来年のサクラの季節まで楽しめます。 ●いつものお願いです・・・。  2015年物はブドウの生育状態も良く少しガス圧は高めです。シャンパーニュやクレマンほどの強さはありませんが、王冠を一度に開けると、思いの外ポォォンッ!!と言う感じでちょっとビックリする可能性とジュワジュワと中味が吹き出しテーブルなどを汚してしまう可能性があります。できれば、王冠を少しだけ上げた状態で幾分ガスが抜けたところで完全に抜栓して頂ければと思います。まずは、抜栓前にはガス圧を下げるためにもよく冷やしてお楽しみ下さい。  また幾分澱も多くあります。数日かけて沈めた澱も、抜栓時には泡と供に舞い上がります。このままお飲みいただいても問題ありませんが、数時間落ち着かせてお飲み頂く事をお薦めします。なかなか面倒をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。●大岡さんの作るロゼ・ワイン。2011年は「トロトロ事件(更新しようとして気がついたのですが、2011年のトロトロ事件の顛末が残っていない・・・メルマガ出してオタオタしていたらこちらのHPのコメントを更新する間に売れてしまったのか?何はともあれ「おそらく乳酸菌のいたずらで残糖分をに含まれていたショ糖がデキストリンに・・・」という新井順子さんのソーヴィニヨン・ブランのヌーボー2011でもあった事件でした)」で皆さん楽しんでいただきましたが、2012年は大岡さんも「完璧な出来映えです」と断言する仕上がりとなりました!! ●入荷は昨年でしたが12月のインポーターさんからの情報で「色合が透き通ったピンクになってきた頃が飲み頃と」言っていましたので冬を越させて寝かせてました・・(ま、言われてなくても、暫く寝かせてこの3月からが本領発揮と言う事は確か) ●合わせるとすると・・・何と無くほぼ同時発売の四恩のクレマチス・ロゼとかぶってしまうような………共に、巨峰とミュスカ・ダンブールという個性の強いぶどう品種。そのまま作ると恐らくお土産ワイン的な「色物」になってしまうという感じですが、そこに作り手の個性とスキルが活きてくるわけです。また、ぶどう品種が違っても目指すところに何か共通した感じがあるのは同じ日本人が作っているからなのかな?何と無く不思議な感じがしますね。(2013.03.15 いのまた) 2010年と2011年のコメント無くて、飛んで2009年物のコメントなど↓ ●早春と掛けて「プリムール」と解く、その心は・・・と言うことで、ル・カノン「ロゼ・プリムール」例年なら新春の縁起物、みたいな感じでの発売ですが・・・2009年物売り出します。王冠の色はクリーム色に。全体の色調も幾分オレンジ系・・・・四恩のブーケ橙に近いかな・・・・? ●大岡さんからの2009年物コメントです。    「「2009年は大変に乾燥していた年です。病気の心配は全くなく、凝縮した健全な葡萄が収穫できました。長い期間にわたってビオディナミの方法で栽培された畑は、(エコセール認証)今年も美味しいワインを提供してくれました。     例年に比べ果実味がぶ厚く、爽快さを感じるスパークリングでありながら、2009年という特別な年のキャラクターが明確に表現されています。普段どおり亜硫酸は無添加で今年はフィルター処理をしていないため、このワインが有する複雑で丸みのある味わい、を全て味わって頂けることと思います。皆さまに、楽しく美味しく飲んでいただけることを願っております。」   こちらは昨年2008年のコメントです。 ●大岡さんからのワイン情報です。    「今年もぶどうはミュスカダンブール100%です。ここ数年芽吹きが早まる傾向にあったのですが、今年は普通の時期の発芽となりました。生育期に雨が多く、べと病、うどん粉病などに悩まされる中、7月に雹が降り、収穫量は今までで一番少なくなりました。葡萄の量が少なくなったため、風通しもよく九月初旬の雨の影響も受けず、九月の中旬、晴天の中収穫を開始。収量が少ないため味わいが凝縮されました。葡萄を房ごと直接プレスをしジュースを一日低温でデブルバージュ。その後、ステンレスタンクで低温発酵を続け一ヵ月後に軽いフィルターを通して瓶詰め。葡萄本来の味を前面に出すため例年より残糖が少ない状態で瓶詰めしました。泡は例年より若干控えめで微炭酸ですが、その分葡萄本来のポテンシャルを味わっていただけます。」 ●ひょえ~っ、テイスティングのコメント書くつもりで栓(例によって王冠です)抜いて、グラスに入れてスタンバイしながら「確かに泡は弱そう。もっと泡の出るスティルワインありそうだな」とか、いつものミュスカ系のちょと怪しげな香りが良いじゃん」と思いつつ、少し他のお問い合わせの回答等かかたづけていたんですが・・・ボトルには4分の1ぐらいしか残っていません!この間一体何があったのか・・・スルスル、ゆるゆると飲んじゃったんですね・・・おそらく。かなり気持ち良くなっています・・・・。 ●なるほどいつもより甘くない分、するりと飲める、いやお見事なプリムール・ロゼ。ミュスカ特有の香りが幾分好き嫌い出るかもしれませんが、これだけ何も考えずにカラダにしみ込むワイン、良いですね。「こいつぁ春から、縁起が良いワイなぁ~」と言う感じでまとめたいと思います。(2009.01.03 いのまた)   2007年物のコメントです。 ●2006年々ものはこちらで販売する前にみんな近所のレストランさんに持って行かれてしまいまして・・・・2007年物がようやく入荷です。   「ワインは、完熟した葡萄を果房ごと3時間かけて破砕し、果汁に色がついた時点で破砕を終了。3週間にわたる発酵の途中で、果汁をそのまま瓶詰めしガスを瓶内に閉じ込めた微発泡タイプです。この製法は、“アンセストラル”や“メトード・リュラル”と呼ばれシャンパーニュの瓶内2次発酵による製法が確立される前から、ラングドック地方のリムーで行われていた発泡性ワインの造り方です。標高の高いリムーでは冬の間はアルコール発酵が止まることが通常です。その段階で瓶詰めされたものが、春の訪れとともに再び発酵が始まりガスが残るという、偶然に発見された醸造法です。このワインは辛口に仕上がっておりますので、これ以上発酵が進む心配はございません。 ●しまった~。コメント書かずに飲んじゃっているワイ!取り敢えず試飲と言うことで飲み始めながら、他のところを弄くっていて、そろそろカエルかなと思いつつ、ふと気がつくと、肝心のこのワインのコメント書くの忘れていた・・と言う感じのワインです。 ●もう言葉は要らない・・ジンワリとか、言う前にスルスルと飲んじゃっていますね~。アルコール度数11どの軽さと、優しい果実味。ですっきりとしたドライな味わい。そのくせ余韻でたっぷりと楽しませてくれますね~。昨日飲んだプリューレ・ロックのニュイ・サン=ジョルジュのプルミエ・クリュががなんとなく東京の銀座辺りのクラブの若いお姉さん的な、プロっぽい雰囲気を醸してる(行ったことないけど)かと思えば、このル・カノン、その対極の日頃お父さんのお使いで缶ビール買いに来るお店の近所のマンションに住んでいる小学3~4年生の女の子、っって感じですか~?日常のホッとする一時ですね。在る意味「記憶に残らない」ワインです、ね。 ●ワインの記憶は残らなくとも、その時の場の雰囲気はしっかり残る。楽しいワインってそんなものかなと思いつつ、そんなものだねと自問自答しながら・・・・・空けちゃいました。(2007.12.08 いのまた)  2005年物のコメントです。 ●まずはインポータさんの資料から・・。  「(alarでは初めての扱いとなりますが)例年好評を博している大岡さんの「ル・カノン ロゼ」が2005ヴィンテージから通常のロゼのみではなく、プリムール(新酒)としてペティヤン(微発泡)でリリースされました。色鮮やかなピンクのラベルにピンクの王冠、色は濁っていて(?)旨味たっぷりです。 ●こちらのワイン、赤い王冠で栓がしてあるだけで、コルクは打っていません。上のインポータさんの説明の通り、「ビン詰め時で残糖が6グラムぐらい、入荷時には2グラムぐらい」とのことですので瓶内でも発酵がそのまま進行し、ガス圧が高くなっている模様です。良く冷やしたところで、静かに栓を抜いてください。・・・・・と言う事実が昨日(2005年12月22日)に判明しました。もうすでにお買い物いただき、栓を開けてしまった方・・・alarのように吹きこぼしてとんでもないことにならなかった事を、お祈り申し上げます。 ●お味の方は、まずまずにフレッシュでうっすらとした味わい。ラベルの色の通りの感触ですね。ロゼと言っても非常に淡い印象。これがこのワインの「ウリ」かな?あまり複雑な味わいやしっかりとした旨味、というのは期待しない方が良いようです。名前の通りのル・カノン「一杯ひっかけるか~!」と言った勢いの良いときに、勢いよく飲んじゃってください。気分はもうヴィニュロン?(2005.12.22 いのまた)

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 大人気,本物保証 —— 2,300円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 大人気,限定セール

●ロゼ・プリムール2015です。ブドウはミュスカ・ダンブール。このブドウ固有のマスカットの芳香、薔薇の大輪のような、桃のネクターのような華やかな薫りが特徴です。ごく僅かに甘さを残しながら酸やミネラル感がしっかりとしたドライな仕上がり。ホロリとした赤い皮のニュアンスも後味のバランスの良さを一層引き立てます。現在は少し残糖が残っていてうっすらと甘さを感じますが、これから徐々にドライな味わいになると供に旨味がのって来て、来年のサクラの季節まで楽しめます。 ●いつものお願いです・・・。  2015年物はブドウの生育状態も良く少しガス圧は高めです。シャンパーニュやクレマンほどの強さはありませんが、王冠を一度に開けると、思いの外ポォォンッ!!と言う感じでちょっとビックリする可能性とジュワジュワと中味が吹き出しテーブルなどを汚してしまう可能性があります。できれば、王冠を少しだけ上げた状態で幾分ガスが抜けたところで完全に抜栓して頂ければと思います。まずは、抜栓前にはガス圧を下げるためにもよく冷やしてお楽しみ下さい。  また幾分澱も多くあります。数日かけて沈めた澱も、抜栓時には泡と供に舞い上がります。このままお飲みいただいても問題ありませんが、数時間落ち着かせてお飲み頂く事をお薦めします。なかなか面倒をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。●大岡さんの作るロゼ・ワイン。2011年は「トロトロ事件(更新しようとして気がついたのですが、2011年のトロトロ事件の顛末が残っていない・・・メルマガ出してオタオタしていたらこちらのHPのコメントを更新する間に売れてしまったのか?何はともあれ「おそらく乳酸菌のいたずらで残糖分をに含まれていたショ糖がデキストリンに・・・」という新井順子さんのソーヴィニヨン・ブランのヌーボー2011でもあった事件でした)」で皆さん楽しんでいただきましたが、2012年は大岡さんも「完璧な出来映えです」と断言する仕上がりとなりました!! ●入荷は昨年でしたが12月のインポーターさんからの情報で「色合が透き通ったピンクになってきた頃が飲み頃と」言っていましたので冬を越させて寝かせてました・・(ま、言われてなくても、暫く寝かせてこの3月からが本領発揮と言う事は確か) ●合わせるとすると・・・何と無くほぼ同時発売の四恩のクレマチス・ロゼとかぶってしまうような………共に、巨峰とミュスカ・ダンブールという個性の強いぶどう品種。そのまま作ると恐らくお土産ワイン的な「色物」になってしまうという感じですが、そこに作り手の個性とスキルが活きてくるわけです。また、ぶどう品種が違っても目指すところに何か共通した感じがあるのは同じ日本人が作っているからなのかな?何と無く不思議な感じがしますね。(2013.03.15 いのまた) 2010年と2011年のコメント無くて、飛んで2009年物のコメントなど↓ ●早春と掛けて「プリムール」と解く、その心は・・・と言うことで、ル・カノン「ロゼ・プリムール」例年なら新春の縁起物、みたいな感じでの発売ですが・・・2009年物売り出します。王冠の色はクリーム色に。全体の色調も幾分オレンジ系・・・・四恩のブーケ橙に近いかな・・・・? ●大岡さんからの2009年物コメントです。    「「2009年は大変に乾燥していた年です。病気の心配は全くなく、凝縮した健全な葡萄が収穫できました。長い期間にわたってビオディナミの方法で栽培された畑は、(エコセール認証)今年も美味しいワインを提供してくれました。     例年に比べ果実味がぶ厚く、爽快さを感じるスパークリングでありながら、2009年という特別な年のキャラクターが明確に表現されています。普段どおり亜硫酸は無添加で今年はフィルター処理をしていないため、このワインが有する複雑で丸みのある味わい、を全て味わって頂けることと思います。皆さまに、楽しく美味しく飲んでいただけることを願っております。」   こちらは昨年2008年のコメントです。 ●大岡さんからのワイン情報です。    「今年もぶどうはミュスカダンブール100%です。ここ数年芽吹きが早まる傾向にあったのですが、今年は普通の時期の発芽となりました。生育期に雨が多く、べと病、うどん粉病などに悩まされる中、7月に雹が降り、収穫量は今までで一番少なくなりました。葡萄の量が少なくなったため、風通しもよく九月初旬の雨の影響も受けず、九月の中旬、晴天の中収穫を開始。収量が少ないため味わいが凝縮されました。葡萄を房ごと直接プレスをしジュースを一日低温でデブルバージュ。その後、ステンレスタンクで低温発酵を続け一ヵ月後に軽いフィルターを通して瓶詰め。葡萄本来の味を前面に出すため例年より残糖が少ない状態で瓶詰めしました。泡は例年より若干控えめで微炭酸ですが、その分葡萄本来のポテンシャルを味わっていただけます。」 ●ひょえ~っ、テイスティングのコメント書くつもりで栓(例によって王冠です)抜いて、グラスに入れてスタンバイしながら「確かに泡は弱そう。もっと泡の出るスティルワインありそうだな」とか、いつものミュスカ系のちょと怪しげな香りが良いじゃん」と思いつつ、少し他のお問い合わせの回答等かかたづけていたんですが・・・ボトルには4分の1ぐらいしか残っていません!この間一体何があったのか・・・スルスル、ゆるゆると飲んじゃったんですね・・・おそらく。かなり気持ち良くなっています・・・・。 ●なるほどいつもより甘くない分、するりと飲める、いやお見事なプリムール・ロゼ。ミュスカ特有の香りが幾分好き嫌い出るかもしれませんが、これだけ何も考えずにカラダにしみ込むワイン、良いですね。「こいつぁ春から、縁起が良いワイなぁ~」と言う感じでまとめたいと思います。(2009.01.03 いのまた)   2007年物のコメントです。 ●2006年々ものはこちらで販売する前にみんな近所のレストランさんに持って行かれてしまいまして・・・・2007年物がようやく入荷です。   「ワインは、完熟した葡萄を果房ごと3時間かけて破砕し、果汁に色がついた時点で破砕を終了。3週間にわたる発酵の途中で、果汁をそのまま瓶詰めしガスを瓶内に閉じ込めた微発泡タイプです。この製法は、“アンセストラル”や“メトード・リュラル”と呼ばれシャンパーニュの瓶内2次発酵による製法が確立される前から、ラングドック地方のリムーで行われていた発泡性ワインの造り方です。標高の高いリムーでは冬の間はアルコール発酵が止まることが通常です。その段階で瓶詰めされたものが、春の訪れとともに再び発酵が始まりガスが残るという、偶然に発見された醸造法です。このワインは辛口に仕上がっておりますので、これ以上発酵が進む心配はございません。 ●しまった~。コメント書かずに飲んじゃっているワイ!取り敢えず試飲と言うことで飲み始めながら、他のところを弄くっていて、そろそろカエルかなと思いつつ、ふと気がつくと、肝心のこのワインのコメント書くの忘れていた・・と言う感じのワインです。 ●もう言葉は要らない・・ジンワリとか、言う前にスルスルと飲んじゃっていますね~。アルコール度数11どの軽さと、優しい果実味。ですっきりとしたドライな味わい。そのくせ余韻でたっぷりと楽しませてくれますね~。昨日飲んだプリューレ・ロックのニュイ・サン=ジョルジュのプルミエ・クリュががなんとなく東京の銀座辺りのクラブの若いお姉さん的な、プロっぽい雰囲気を醸してる(行ったことないけど)かと思えば、このル・カノン、その対極の日頃お父さんのお使いで缶ビール買いに来るお店の近所のマンションに住んでいる小学3~4年生の女の子、っって感じですか~?日常のホッとする一時ですね。在る意味「記憶に残らない」ワインです、ね。 ●ワインの記憶は残らなくとも、その時の場の雰囲気はしっかり残る。楽しいワインってそんなものかなと思いつつ、そんなものだねと自問自答しながら・・・・・空けちゃいました。(2007.12.08 いのまた)  2005年物のコメントです。 ●まずはインポータさんの資料から・・。  「(alarでは初めての扱いとなりますが)例年好評を博している大岡さんの「ル・カノン ロゼ」が2005ヴィンテージから通常のロゼのみではなく、プリムール(新酒)としてペティヤン(微発泡)でリリースされました。色鮮やかなピンクのラベルにピンクの王冠、色は濁っていて(?)旨味たっぷりです。 ●こちらのワイン、赤い王冠で栓がしてあるだけで、コルクは打っていません。上のインポータさんの説明の通り、「ビン詰め時で残糖が6グラムぐらい、入荷時には2グラムぐらい」とのことですので瓶内でも発酵がそのまま進行し、ガス圧が高くなっている模様です。良く冷やしたところで、静かに栓を抜いてください。・・・・・と言う事実が昨日(2005年12月22日)に判明しました。もうすでにお買い物いただき、栓を開けてしまった方・・・alarのように吹きこぼしてとんでもないことにならなかった事を、お祈り申し上げます。 ●お味の方は、まずまずにフレッシュでうっすらとした味わい。ラベルの色の通りの感触ですね。ロゼと言っても非常に淡い印象。これがこのワインの「ウリ」かな?あまり複雑な味わいやしっかりとした旨味、というのは期待しない方が良いようです。名前の通りのル・カノン「一杯ひっかけるか~!」と言った勢いの良いときに、勢いよく飲んじゃってください。気分はもうヴィニュロン?(2005.12.22 いのまた)

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 大人気,限定セール —— 2,300円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 数量限定,送料無料

●ロゼ・プリムール2015です。ブドウはミュスカ・ダンブール。このブドウ固有のマスカットの芳香、薔薇の大輪のような、桃のネクターのような華やかな薫りが特徴です。ごく僅かに甘さを残しながら酸やミネラル感がしっかりとしたドライな仕上がり。ホロリとした赤い皮のニュアンスも後味のバランスの良さを一層引き立てます。現在は少し残糖が残っていてうっすらと甘さを感じますが、これから徐々にドライな味わいになると供に旨味がのって来て、来年のサクラの季節まで楽しめます。 ●いつものお願いです・・・。  2015年物はブドウの生育状態も良く少しガス圧は高めです。シャンパーニュやクレマンほどの強さはありませんが、王冠を一度に開けると、思いの外ポォォンッ!!と言う感じでちょっとビックリする可能性とジュワジュワと中味が吹き出しテーブルなどを汚してしまう可能性があります。できれば、王冠を少しだけ上げた状態で幾分ガスが抜けたところで完全に抜栓して頂ければと思います。まずは、抜栓前にはガス圧を下げるためにもよく冷やしてお楽しみ下さい。  また幾分澱も多くあります。数日かけて沈めた澱も、抜栓時には泡と供に舞い上がります。このままお飲みいただいても問題ありませんが、数時間落ち着かせてお飲み頂く事をお薦めします。なかなか面倒をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。●大岡さんの作るロゼ・ワイン。2011年は「トロトロ事件(更新しようとして気がついたのですが、2011年のトロトロ事件の顛末が残っていない・・・メルマガ出してオタオタしていたらこちらのHPのコメントを更新する間に売れてしまったのか?何はともあれ「おそらく乳酸菌のいたずらで残糖分をに含まれていたショ糖がデキストリンに・・・」という新井順子さんのソーヴィニヨン・ブランのヌーボー2011でもあった事件でした)」で皆さん楽しんでいただきましたが、2012年は大岡さんも「完璧な出来映えです」と断言する仕上がりとなりました!! ●入荷は昨年でしたが12月のインポーターさんからの情報で「色合が透き通ったピンクになってきた頃が飲み頃と」言っていましたので冬を越させて寝かせてました・・(ま、言われてなくても、暫く寝かせてこの3月からが本領発揮と言う事は確か) ●合わせるとすると・・・何と無くほぼ同時発売の四恩のクレマチス・ロゼとかぶってしまうような………共に、巨峰とミュスカ・ダンブールという個性の強いぶどう品種。そのまま作ると恐らくお土産ワイン的な「色物」になってしまうという感じですが、そこに作り手の個性とスキルが活きてくるわけです。また、ぶどう品種が違っても目指すところに何か共通した感じがあるのは同じ日本人が作っているからなのかな?何と無く不思議な感じがしますね。(2013.03.15 いのまた) 2010年と2011年のコメント無くて、飛んで2009年物のコメントなど↓ ●早春と掛けて「プリムール」と解く、その心は・・・と言うことで、ル・カノン「ロゼ・プリムール」例年なら新春の縁起物、みたいな感じでの発売ですが・・・2009年物売り出します。王冠の色はクリーム色に。全体の色調も幾分オレンジ系・・・・四恩のブーケ橙に近いかな・・・・? ●大岡さんからの2009年物コメントです。    「「2009年は大変に乾燥していた年です。病気の心配は全くなく、凝縮した健全な葡萄が収穫できました。長い期間にわたってビオディナミの方法で栽培された畑は、(エコセール認証)今年も美味しいワインを提供してくれました。     例年に比べ果実味がぶ厚く、爽快さを感じるスパークリングでありながら、2009年という特別な年のキャラクターが明確に表現されています。普段どおり亜硫酸は無添加で今年はフィルター処理をしていないため、このワインが有する複雑で丸みのある味わい、を全て味わって頂けることと思います。皆さまに、楽しく美味しく飲んでいただけることを願っております。」   こちらは昨年2008年のコメントです。 ●大岡さんからのワイン情報です。    「今年もぶどうはミュスカダンブール100%です。ここ数年芽吹きが早まる傾向にあったのですが、今年は普通の時期の発芽となりました。生育期に雨が多く、べと病、うどん粉病などに悩まされる中、7月に雹が降り、収穫量は今までで一番少なくなりました。葡萄の量が少なくなったため、風通しもよく九月初旬の雨の影響も受けず、九月の中旬、晴天の中収穫を開始。収量が少ないため味わいが凝縮されました。葡萄を房ごと直接プレスをしジュースを一日低温でデブルバージュ。その後、ステンレスタンクで低温発酵を続け一ヵ月後に軽いフィルターを通して瓶詰め。葡萄本来の味を前面に出すため例年より残糖が少ない状態で瓶詰めしました。泡は例年より若干控えめで微炭酸ですが、その分葡萄本来のポテンシャルを味わっていただけます。」 ●ひょえ~っ、テイスティングのコメント書くつもりで栓(例によって王冠です)抜いて、グラスに入れてスタンバイしながら「確かに泡は弱そう。もっと泡の出るスティルワインありそうだな」とか、いつものミュスカ系のちょと怪しげな香りが良いじゃん」と思いつつ、少し他のお問い合わせの回答等かかたづけていたんですが・・・ボトルには4分の1ぐらいしか残っていません!この間一体何があったのか・・・スルスル、ゆるゆると飲んじゃったんですね・・・おそらく。かなり気持ち良くなっています・・・・。 ●なるほどいつもより甘くない分、するりと飲める、いやお見事なプリムール・ロゼ。ミュスカ特有の香りが幾分好き嫌い出るかもしれませんが、これだけ何も考えずにカラダにしみ込むワイン、良いですね。「こいつぁ春から、縁起が良いワイなぁ~」と言う感じでまとめたいと思います。(2009.01.03 いのまた)   2007年物のコメントです。 ●2006年々ものはこちらで販売する前にみんな近所のレストランさんに持って行かれてしまいまして・・・・2007年物がようやく入荷です。   「ワインは、完熟した葡萄を果房ごと3時間かけて破砕し、果汁に色がついた時点で破砕を終了。3週間にわたる発酵の途中で、果汁をそのまま瓶詰めしガスを瓶内に閉じ込めた微発泡タイプです。この製法は、“アンセストラル”や“メトード・リュラル”と呼ばれシャンパーニュの瓶内2次発酵による製法が確立される前から、ラングドック地方のリムーで行われていた発泡性ワインの造り方です。標高の高いリムーでは冬の間はアルコール発酵が止まることが通常です。その段階で瓶詰めされたものが、春の訪れとともに再び発酵が始まりガスが残るという、偶然に発見された醸造法です。このワインは辛口に仕上がっておりますので、これ以上発酵が進む心配はございません。 ●しまった~。コメント書かずに飲んじゃっているワイ!取り敢えず試飲と言うことで飲み始めながら、他のところを弄くっていて、そろそろカエルかなと思いつつ、ふと気がつくと、肝心のこのワインのコメント書くの忘れていた・・と言う感じのワインです。 ●もう言葉は要らない・・ジンワリとか、言う前にスルスルと飲んじゃっていますね~。アルコール度数11どの軽さと、優しい果実味。ですっきりとしたドライな味わい。そのくせ余韻でたっぷりと楽しませてくれますね~。昨日飲んだプリューレ・ロックのニュイ・サン=ジョルジュのプルミエ・クリュががなんとなく東京の銀座辺りのクラブの若いお姉さん的な、プロっぽい雰囲気を醸してる(行ったことないけど)かと思えば、このル・カノン、その対極の日頃お父さんのお使いで缶ビール買いに来るお店の近所のマンションに住んでいる小学3~4年生の女の子、っって感じですか~?日常のホッとする一時ですね。在る意味「記憶に残らない」ワインです、ね。 ●ワインの記憶は残らなくとも、その時の場の雰囲気はしっかり残る。楽しいワインってそんなものかなと思いつつ、そんなものだねと自問自答しながら・・・・・空けちゃいました。(2007.12.08 いのまた)  2005年物のコメントです。 ●まずはインポータさんの資料から・・。  「(alarでは初めての扱いとなりますが)例年好評を博している大岡さんの「ル・カノン ロゼ」が2005ヴィンテージから通常のロゼのみではなく、プリムール(新酒)としてペティヤン(微発泡)でリリースされました。色鮮やかなピンクのラベルにピンクの王冠、色は濁っていて(?)旨味たっぷりです。 ●こちらのワイン、赤い王冠で栓がしてあるだけで、コルクは打っていません。上のインポータさんの説明の通り、「ビン詰め時で残糖が6グラムぐらい、入荷時には2グラムぐらい」とのことですので瓶内でも発酵がそのまま進行し、ガス圧が高くなっている模様です。良く冷やしたところで、静かに栓を抜いてください。・・・・・と言う事実が昨日(2005年12月22日)に判明しました。もうすでにお買い物いただき、栓を開けてしまった方・・・alarのように吹きこぼしてとんでもないことにならなかった事を、お祈り申し上げます。 ●お味の方は、まずまずにフレッシュでうっすらとした味わい。ラベルの色の通りの感触ですね。ロゼと言っても非常に淡い印象。これがこのワインの「ウリ」かな?あまり複雑な味わいやしっかりとした旨味、というのは期待しない方が良いようです。名前の通りのル・カノン「一杯ひっかけるか~!」と言った勢いの良いときに、勢いよく飲んじゃってください。気分はもうヴィニュロン?(2005.12.22 いのまた)

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 数量限定,送料無料 —— 2,300円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 格安,最新作

●ロゼ・プリムール2015です。ブドウはミュスカ・ダンブール。このブドウ固有のマスカットの芳香、薔薇の大輪のような、桃のネクターのような華やかな薫りが特徴です。ごく僅かに甘さを残しながら酸やミネラル感がしっかりとしたドライな仕上がり。ホロリとした赤い皮のニュアンスも後味のバランスの良さを一層引き立てます。現在は少し残糖が残っていてうっすらと甘さを感じますが、これから徐々にドライな味わいになると供に旨味がのって来て、来年のサクラの季節まで楽しめます。 ●いつものお願いです・・・。  2015年物はブドウの生育状態も良く少しガス圧は高めです。シャンパーニュやクレマンほどの強さはありませんが、王冠を一度に開けると、思いの外ポォォンッ!!と言う感じでちょっとビックリする可能性とジュワジュワと中味が吹き出しテーブルなどを汚してしまう可能性があります。できれば、王冠を少しだけ上げた状態で幾分ガスが抜けたところで完全に抜栓して頂ければと思います。まずは、抜栓前にはガス圧を下げるためにもよく冷やしてお楽しみ下さい。  また幾分澱も多くあります。数日かけて沈めた澱も、抜栓時には泡と供に舞い上がります。このままお飲みいただいても問題ありませんが、数時間落ち着かせてお飲み頂く事をお薦めします。なかなか面倒をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。●大岡さんの作るロゼ・ワイン。2011年は「トロトロ事件(更新しようとして気がついたのですが、2011年のトロトロ事件の顛末が残っていない・・・メルマガ出してオタオタしていたらこちらのHPのコメントを更新する間に売れてしまったのか?何はともあれ「おそらく乳酸菌のいたずらで残糖分をに含まれていたショ糖がデキストリンに・・・」という新井順子さんのソーヴィニヨン・ブランのヌーボー2011でもあった事件でした)」で皆さん楽しんでいただきましたが、2012年は大岡さんも「完璧な出来映えです」と断言する仕上がりとなりました!! ●入荷は昨年でしたが12月のインポーターさんからの情報で「色合が透き通ったピンクになってきた頃が飲み頃と」言っていましたので冬を越させて寝かせてました・・(ま、言われてなくても、暫く寝かせてこの3月からが本領発揮と言う事は確か) ●合わせるとすると・・・何と無くほぼ同時発売の四恩のクレマチス・ロゼとかぶってしまうような………共に、巨峰とミュスカ・ダンブールという個性の強いぶどう品種。そのまま作ると恐らくお土産ワイン的な「色物」になってしまうという感じですが、そこに作り手の個性とスキルが活きてくるわけです。また、ぶどう品種が違っても目指すところに何か共通した感じがあるのは同じ日本人が作っているからなのかな?何と無く不思議な感じがしますね。(2013.03.15 いのまた) 2010年と2011年のコメント無くて、飛んで2009年物のコメントなど↓ ●早春と掛けて「プリムール」と解く、その心は・・・と言うことで、ル・カノン「ロゼ・プリムール」例年なら新春の縁起物、みたいな感じでの発売ですが・・・2009年物売り出します。王冠の色はクリーム色に。全体の色調も幾分オレンジ系・・・・四恩のブーケ橙に近いかな・・・・? ●大岡さんからの2009年物コメントです。    「「2009年は大変に乾燥していた年です。病気の心配は全くなく、凝縮した健全な葡萄が収穫できました。長い期間にわたってビオディナミの方法で栽培された畑は、(エコセール認証)今年も美味しいワインを提供してくれました。     例年に比べ果実味がぶ厚く、爽快さを感じるスパークリングでありながら、2009年という特別な年のキャラクターが明確に表現されています。普段どおり亜硫酸は無添加で今年はフィルター処理をしていないため、このワインが有する複雑で丸みのある味わい、を全て味わって頂けることと思います。皆さまに、楽しく美味しく飲んでいただけることを願っております。」   こちらは昨年2008年のコメントです。 ●大岡さんからのワイン情報です。    「今年もぶどうはミュスカダンブール100%です。ここ数年芽吹きが早まる傾向にあったのですが、今年は普通の時期の発芽となりました。生育期に雨が多く、べと病、うどん粉病などに悩まされる中、7月に雹が降り、収穫量は今までで一番少なくなりました。葡萄の量が少なくなったため、風通しもよく九月初旬の雨の影響も受けず、九月の中旬、晴天の中収穫を開始。収量が少ないため味わいが凝縮されました。葡萄を房ごと直接プレスをしジュースを一日低温でデブルバージュ。その後、ステンレスタンクで低温発酵を続け一ヵ月後に軽いフィルターを通して瓶詰め。葡萄本来の味を前面に出すため例年より残糖が少ない状態で瓶詰めしました。泡は例年より若干控えめで微炭酸ですが、その分葡萄本来のポテンシャルを味わっていただけます。」 ●ひょえ~っ、テイスティングのコメント書くつもりで栓(例によって王冠です)抜いて、グラスに入れてスタンバイしながら「確かに泡は弱そう。もっと泡の出るスティルワインありそうだな」とか、いつものミュスカ系のちょと怪しげな香りが良いじゃん」と思いつつ、少し他のお問い合わせの回答等かかたづけていたんですが・・・ボトルには4分の1ぐらいしか残っていません!この間一体何があったのか・・・スルスル、ゆるゆると飲んじゃったんですね・・・おそらく。かなり気持ち良くなっています・・・・。 ●なるほどいつもより甘くない分、するりと飲める、いやお見事なプリムール・ロゼ。ミュスカ特有の香りが幾分好き嫌い出るかもしれませんが、これだけ何も考えずにカラダにしみ込むワイン、良いですね。「こいつぁ春から、縁起が良いワイなぁ~」と言う感じでまとめたいと思います。(2009.01.03 いのまた)   2007年物のコメントです。 ●2006年々ものはこちらで販売する前にみんな近所のレストランさんに持って行かれてしまいまして・・・・2007年物がようやく入荷です。   「ワインは、完熟した葡萄を果房ごと3時間かけて破砕し、果汁に色がついた時点で破砕を終了。3週間にわたる発酵の途中で、果汁をそのまま瓶詰めしガスを瓶内に閉じ込めた微発泡タイプです。この製法は、“アンセストラル”や“メトード・リュラル”と呼ばれシャンパーニュの瓶内2次発酵による製法が確立される前から、ラングドック地方のリムーで行われていた発泡性ワインの造り方です。標高の高いリムーでは冬の間はアルコール発酵が止まることが通常です。その段階で瓶詰めされたものが、春の訪れとともに再び発酵が始まりガスが残るという、偶然に発見された醸造法です。このワインは辛口に仕上がっておりますので、これ以上発酵が進む心配はございません。 ●しまった~。コメント書かずに飲んじゃっているワイ!取り敢えず試飲と言うことで飲み始めながら、他のところを弄くっていて、そろそろカエルかなと思いつつ、ふと気がつくと、肝心のこのワインのコメント書くの忘れていた・・と言う感じのワインです。 ●もう言葉は要らない・・ジンワリとか、言う前にスルスルと飲んじゃっていますね~。アルコール度数11どの軽さと、優しい果実味。ですっきりとしたドライな味わい。そのくせ余韻でたっぷりと楽しませてくれますね~。昨日飲んだプリューレ・ロックのニュイ・サン=ジョルジュのプルミエ・クリュががなんとなく東京の銀座辺りのクラブの若いお姉さん的な、プロっぽい雰囲気を醸してる(行ったことないけど)かと思えば、このル・カノン、その対極の日頃お父さんのお使いで缶ビール買いに来るお店の近所のマンションに住んでいる小学3~4年生の女の子、っって感じですか~?日常のホッとする一時ですね。在る意味「記憶に残らない」ワインです、ね。 ●ワインの記憶は残らなくとも、その時の場の雰囲気はしっかり残る。楽しいワインってそんなものかなと思いつつ、そんなものだねと自問自答しながら・・・・・空けちゃいました。(2007.12.08 いのまた)  2005年物のコメントです。 ●まずはインポータさんの資料から・・。  「(alarでは初めての扱いとなりますが)例年好評を博している大岡さんの「ル・カノン ロゼ」が2005ヴィンテージから通常のロゼのみではなく、プリムール(新酒)としてペティヤン(微発泡)でリリースされました。色鮮やかなピンクのラベルにピンクの王冠、色は濁っていて(?)旨味たっぷりです。 ●こちらのワイン、赤い王冠で栓がしてあるだけで、コルクは打っていません。上のインポータさんの説明の通り、「ビン詰め時で残糖が6グラムぐらい、入荷時には2グラムぐらい」とのことですので瓶内でも発酵がそのまま進行し、ガス圧が高くなっている模様です。良く冷やしたところで、静かに栓を抜いてください。・・・・・と言う事実が昨日(2005年12月22日)に判明しました。もうすでにお買い物いただき、栓を開けてしまった方・・・alarのように吹きこぼしてとんでもないことにならなかった事を、お祈り申し上げます。 ●お味の方は、まずまずにフレッシュでうっすらとした味わい。ラベルの色の通りの感触ですね。ロゼと言っても非常に淡い印象。これがこのワインの「ウリ」かな?あまり複雑な味わいやしっかりとした旨味、というのは期待しない方が良いようです。名前の通りのル・カノン「一杯ひっかけるか~!」と言った勢いの良いときに、勢いよく飲んじゃってください。気分はもうヴィニュロン?(2005.12.22 いのまた)

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 格安,最新作 —— 2,300円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 格安,正規品

●ロゼ・プリムール2015です。ブドウはミュスカ・ダンブール。このブドウ固有のマスカットの芳香、薔薇の大輪のような、桃のネクターのような華やかな薫りが特徴です。ごく僅かに甘さを残しながら酸やミネラル感がしっかりとしたドライな仕上がり。ホロリとした赤い皮のニュアンスも後味のバランスの良さを一層引き立てます。現在は少し残糖が残っていてうっすらと甘さを感じますが、これから徐々にドライな味わいになると供に旨味がのって来て、来年のサクラの季節まで楽しめます。 ●いつものお願いです・・・。  2015年物はブドウの生育状態も良く少しガス圧は高めです。シャンパーニュやクレマンほどの強さはありませんが、王冠を一度に開けると、思いの外ポォォンッ!!と言う感じでちょっとビックリする可能性とジュワジュワと中味が吹き出しテーブルなどを汚してしまう可能性があります。できれば、王冠を少しだけ上げた状態で幾分ガスが抜けたところで完全に抜栓して頂ければと思います。まずは、抜栓前にはガス圧を下げるためにもよく冷やしてお楽しみ下さい。  また幾分澱も多くあります。数日かけて沈めた澱も、抜栓時には泡と供に舞い上がります。このままお飲みいただいても問題ありませんが、数時間落ち着かせてお飲み頂く事をお薦めします。なかなか面倒をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。●大岡さんの作るロゼ・ワイン。2011年は「トロトロ事件(更新しようとして気がついたのですが、2011年のトロトロ事件の顛末が残っていない・・・メルマガ出してオタオタしていたらこちらのHPのコメントを更新する間に売れてしまったのか?何はともあれ「おそらく乳酸菌のいたずらで残糖分をに含まれていたショ糖がデキストリンに・・・」という新井順子さんのソーヴィニヨン・ブランのヌーボー2011でもあった事件でした)」で皆さん楽しんでいただきましたが、2012年は大岡さんも「完璧な出来映えです」と断言する仕上がりとなりました!! ●入荷は昨年でしたが12月のインポーターさんからの情報で「色合が透き通ったピンクになってきた頃が飲み頃と」言っていましたので冬を越させて寝かせてました・・(ま、言われてなくても、暫く寝かせてこの3月からが本領発揮と言う事は確か) ●合わせるとすると・・・何と無くほぼ同時発売の四恩のクレマチス・ロゼとかぶってしまうような………共に、巨峰とミュスカ・ダンブールという個性の強いぶどう品種。そのまま作ると恐らくお土産ワイン的な「色物」になってしまうという感じですが、そこに作り手の個性とスキルが活きてくるわけです。また、ぶどう品種が違っても目指すところに何か共通した感じがあるのは同じ日本人が作っているからなのかな?何と無く不思議な感じがしますね。(2013.03.15 いのまた) 2010年と2011年のコメント無くて、飛んで2009年物のコメントなど↓ ●早春と掛けて「プリムール」と解く、その心は・・・と言うことで、ル・カノン「ロゼ・プリムール」例年なら新春の縁起物、みたいな感じでの発売ですが・・・2009年物売り出します。王冠の色はクリーム色に。全体の色調も幾分オレンジ系・・・・四恩のブーケ橙に近いかな・・・・? ●大岡さんからの2009年物コメントです。    「「2009年は大変に乾燥していた年です。病気の心配は全くなく、凝縮した健全な葡萄が収穫できました。長い期間にわたってビオディナミの方法で栽培された畑は、(エコセール認証)今年も美味しいワインを提供してくれました。     例年に比べ果実味がぶ厚く、爽快さを感じるスパークリングでありながら、2009年という特別な年のキャラクターが明確に表現されています。普段どおり亜硫酸は無添加で今年はフィルター処理をしていないため、このワインが有する複雑で丸みのある味わい、を全て味わって頂けることと思います。皆さまに、楽しく美味しく飲んでいただけることを願っております。」   こちらは昨年2008年のコメントです。 ●大岡さんからのワイン情報です。    「今年もぶどうはミュスカダンブール100%です。ここ数年芽吹きが早まる傾向にあったのですが、今年は普通の時期の発芽となりました。生育期に雨が多く、べと病、うどん粉病などに悩まされる中、7月に雹が降り、収穫量は今までで一番少なくなりました。葡萄の量が少なくなったため、風通しもよく九月初旬の雨の影響も受けず、九月の中旬、晴天の中収穫を開始。収量が少ないため味わいが凝縮されました。葡萄を房ごと直接プレスをしジュースを一日低温でデブルバージュ。その後、ステンレスタンクで低温発酵を続け一ヵ月後に軽いフィルターを通して瓶詰め。葡萄本来の味を前面に出すため例年より残糖が少ない状態で瓶詰めしました。泡は例年より若干控えめで微炭酸ですが、その分葡萄本来のポテンシャルを味わっていただけます。」 ●ひょえ~っ、テイスティングのコメント書くつもりで栓(例によって王冠です)抜いて、グラスに入れてスタンバイしながら「確かに泡は弱そう。もっと泡の出るスティルワインありそうだな」とか、いつものミュスカ系のちょと怪しげな香りが良いじゃん」と思いつつ、少し他のお問い合わせの回答等かかたづけていたんですが・・・ボトルには4分の1ぐらいしか残っていません!この間一体何があったのか・・・スルスル、ゆるゆると飲んじゃったんですね・・・おそらく。かなり気持ち良くなっています・・・・。 ●なるほどいつもより甘くない分、するりと飲める、いやお見事なプリムール・ロゼ。ミュスカ特有の香りが幾分好き嫌い出るかもしれませんが、これだけ何も考えずにカラダにしみ込むワイン、良いですね。「こいつぁ春から、縁起が良いワイなぁ~」と言う感じでまとめたいと思います。(2009.01.03 いのまた)   2007年物のコメントです。 ●2006年々ものはこちらで販売する前にみんな近所のレストランさんに持って行かれてしまいまして・・・・2007年物がようやく入荷です。   「ワインは、完熟した葡萄を果房ごと3時間かけて破砕し、果汁に色がついた時点で破砕を終了。3週間にわたる発酵の途中で、果汁をそのまま瓶詰めしガスを瓶内に閉じ込めた微発泡タイプです。この製法は、“アンセストラル”や“メトード・リュラル”と呼ばれシャンパーニュの瓶内2次発酵による製法が確立される前から、ラングドック地方のリムーで行われていた発泡性ワインの造り方です。標高の高いリムーでは冬の間はアルコール発酵が止まることが通常です。その段階で瓶詰めされたものが、春の訪れとともに再び発酵が始まりガスが残るという、偶然に発見された醸造法です。このワインは辛口に仕上がっておりますので、これ以上発酵が進む心配はございません。 ●しまった~。コメント書かずに飲んじゃっているワイ!取り敢えず試飲と言うことで飲み始めながら、他のところを弄くっていて、そろそろカエルかなと思いつつ、ふと気がつくと、肝心のこのワインのコメント書くの忘れていた・・と言う感じのワインです。 ●もう言葉は要らない・・ジンワリとか、言う前にスルスルと飲んじゃっていますね~。アルコール度数11どの軽さと、優しい果実味。ですっきりとしたドライな味わい。そのくせ余韻でたっぷりと楽しませてくれますね~。昨日飲んだプリューレ・ロックのニュイ・サン=ジョルジュのプルミエ・クリュががなんとなく東京の銀座辺りのクラブの若いお姉さん的な、プロっぽい雰囲気を醸してる(行ったことないけど)かと思えば、このル・カノン、その対極の日頃お父さんのお使いで缶ビール買いに来るお店の近所のマンションに住んでいる小学3~4年生の女の子、っって感じですか~?日常のホッとする一時ですね。在る意味「記憶に残らない」ワインです、ね。 ●ワインの記憶は残らなくとも、その時の場の雰囲気はしっかり残る。楽しいワインってそんなものかなと思いつつ、そんなものだねと自問自答しながら・・・・・空けちゃいました。(2007.12.08 いのまた)  2005年物のコメントです。 ●まずはインポータさんの資料から・・。  「(alarでは初めての扱いとなりますが)例年好評を博している大岡さんの「ル・カノン ロゼ」が2005ヴィンテージから通常のロゼのみではなく、プリムール(新酒)としてペティヤン(微発泡)でリリースされました。色鮮やかなピンクのラベルにピンクの王冠、色は濁っていて(?)旨味たっぷりです。 ●こちらのワイン、赤い王冠で栓がしてあるだけで、コルクは打っていません。上のインポータさんの説明の通り、「ビン詰め時で残糖が6グラムぐらい、入荷時には2グラムぐらい」とのことですので瓶内でも発酵がそのまま進行し、ガス圧が高くなっている模様です。良く冷やしたところで、静かに栓を抜いてください。・・・・・と言う事実が昨日(2005年12月22日)に判明しました。もうすでにお買い物いただき、栓を開けてしまった方・・・alarのように吹きこぼしてとんでもないことにならなかった事を、お祈り申し上げます。 ●お味の方は、まずまずにフレッシュでうっすらとした味わい。ラベルの色の通りの感触ですね。ロゼと言っても非常に淡い印象。これがこのワインの「ウリ」かな?あまり複雑な味わいやしっかりとした旨味、というのは期待しない方が良いようです。名前の通りのル・カノン「一杯ひっかけるか~!」と言った勢いの良いときに、勢いよく飲んじゃってください。気分はもうヴィニュロン?(2005.12.22 いのまた)

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 格安,正規品 —— 2,300円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 激安大特価,最新作

●ロゼ・プリムール2015です。ブドウはミュスカ・ダンブール。このブドウ固有のマスカットの芳香、薔薇の大輪のような、桃のネクターのような華やかな薫りが特徴です。ごく僅かに甘さを残しながら酸やミネラル感がしっかりとしたドライな仕上がり。ホロリとした赤い皮のニュアンスも後味のバランスの良さを一層引き立てます。現在は少し残糖が残っていてうっすらと甘さを感じますが、これから徐々にドライな味わいになると供に旨味がのって来て、来年のサクラの季節まで楽しめます。 ●いつものお願いです・・・。  2015年物はブドウの生育状態も良く少しガス圧は高めです。シャンパーニュやクレマンほどの強さはありませんが、王冠を一度に開けると、思いの外ポォォンッ!!と言う感じでちょっとビックリする可能性とジュワジュワと中味が吹き出しテーブルなどを汚してしまう可能性があります。できれば、王冠を少しだけ上げた状態で幾分ガスが抜けたところで完全に抜栓して頂ければと思います。まずは、抜栓前にはガス圧を下げるためにもよく冷やしてお楽しみ下さい。  また幾分澱も多くあります。数日かけて沈めた澱も、抜栓時には泡と供に舞い上がります。このままお飲みいただいても問題ありませんが、数時間落ち着かせてお飲み頂く事をお薦めします。なかなか面倒をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。●大岡さんの作るロゼ・ワイン。2011年は「トロトロ事件(更新しようとして気がついたのですが、2011年のトロトロ事件の顛末が残っていない・・・メルマガ出してオタオタしていたらこちらのHPのコメントを更新する間に売れてしまったのか?何はともあれ「おそらく乳酸菌のいたずらで残糖分をに含まれていたショ糖がデキストリンに・・・」という新井順子さんのソーヴィニヨン・ブランのヌーボー2011でもあった事件でした)」で皆さん楽しんでいただきましたが、2012年は大岡さんも「完璧な出来映えです」と断言する仕上がりとなりました!! ●入荷は昨年でしたが12月のインポーターさんからの情報で「色合が透き通ったピンクになってきた頃が飲み頃と」言っていましたので冬を越させて寝かせてました・・(ま、言われてなくても、暫く寝かせてこの3月からが本領発揮と言う事は確か) ●合わせるとすると・・・何と無くほぼ同時発売の四恩のクレマチス・ロゼとかぶってしまうような………共に、巨峰とミュスカ・ダンブールという個性の強いぶどう品種。そのまま作ると恐らくお土産ワイン的な「色物」になってしまうという感じですが、そこに作り手の個性とスキルが活きてくるわけです。また、ぶどう品種が違っても目指すところに何か共通した感じがあるのは同じ日本人が作っているからなのかな?何と無く不思議な感じがしますね。(2013.03.15 いのまた) 2010年と2011年のコメント無くて、飛んで2009年物のコメントなど↓ ●早春と掛けて「プリムール」と解く、その心は・・・と言うことで、ル・カノン「ロゼ・プリムール」例年なら新春の縁起物、みたいな感じでの発売ですが・・・2009年物売り出します。王冠の色はクリーム色に。全体の色調も幾分オレンジ系・・・・四恩のブーケ橙に近いかな・・・・? ●大岡さんからの2009年物コメントです。    「「2009年は大変に乾燥していた年です。病気の心配は全くなく、凝縮した健全な葡萄が収穫できました。長い期間にわたってビオディナミの方法で栽培された畑は、(エコセール認証)今年も美味しいワインを提供してくれました。     例年に比べ果実味がぶ厚く、爽快さを感じるスパークリングでありながら、2009年という特別な年のキャラクターが明確に表現されています。普段どおり亜硫酸は無添加で今年はフィルター処理をしていないため、このワインが有する複雑で丸みのある味わい、を全て味わって頂けることと思います。皆さまに、楽しく美味しく飲んでいただけることを願っております。」   こちらは昨年2008年のコメントです。 ●大岡さんからのワイン情報です。    「今年もぶどうはミュスカダンブール100%です。ここ数年芽吹きが早まる傾向にあったのですが、今年は普通の時期の発芽となりました。生育期に雨が多く、べと病、うどん粉病などに悩まされる中、7月に雹が降り、収穫量は今までで一番少なくなりました。葡萄の量が少なくなったため、風通しもよく九月初旬の雨の影響も受けず、九月の中旬、晴天の中収穫を開始。収量が少ないため味わいが凝縮されました。葡萄を房ごと直接プレスをしジュースを一日低温でデブルバージュ。その後、ステンレスタンクで低温発酵を続け一ヵ月後に軽いフィルターを通して瓶詰め。葡萄本来の味を前面に出すため例年より残糖が少ない状態で瓶詰めしました。泡は例年より若干控えめで微炭酸ですが、その分葡萄本来のポテンシャルを味わっていただけます。」 ●ひょえ~っ、テイスティングのコメント書くつもりで栓(例によって王冠です)抜いて、グラスに入れてスタンバイしながら「確かに泡は弱そう。もっと泡の出るスティルワインありそうだな」とか、いつものミュスカ系のちょと怪しげな香りが良いじゃん」と思いつつ、少し他のお問い合わせの回答等かかたづけていたんですが・・・ボトルには4分の1ぐらいしか残っていません!この間一体何があったのか・・・スルスル、ゆるゆると飲んじゃったんですね・・・おそらく。かなり気持ち良くなっています・・・・。 ●なるほどいつもより甘くない分、するりと飲める、いやお見事なプリムール・ロゼ。ミュスカ特有の香りが幾分好き嫌い出るかもしれませんが、これだけ何も考えずにカラダにしみ込むワイン、良いですね。「こいつぁ春から、縁起が良いワイなぁ~」と言う感じでまとめたいと思います。(2009.01.03 いのまた)   2007年物のコメントです。 ●2006年々ものはこちらで販売する前にみんな近所のレストランさんに持って行かれてしまいまして・・・・2007年物がようやく入荷です。   「ワインは、完熟した葡萄を果房ごと3時間かけて破砕し、果汁に色がついた時点で破砕を終了。3週間にわたる発酵の途中で、果汁をそのまま瓶詰めしガスを瓶内に閉じ込めた微発泡タイプです。この製法は、“アンセストラル”や“メトード・リュラル”と呼ばれシャンパーニュの瓶内2次発酵による製法が確立される前から、ラングドック地方のリムーで行われていた発泡性ワインの造り方です。標高の高いリムーでは冬の間はアルコール発酵が止まることが通常です。その段階で瓶詰めされたものが、春の訪れとともに再び発酵が始まりガスが残るという、偶然に発見された醸造法です。このワインは辛口に仕上がっておりますので、これ以上発酵が進む心配はございません。 ●しまった~。コメント書かずに飲んじゃっているワイ!取り敢えず試飲と言うことで飲み始めながら、他のところを弄くっていて、そろそろカエルかなと思いつつ、ふと気がつくと、肝心のこのワインのコメント書くの忘れていた・・と言う感じのワインです。 ●もう言葉は要らない・・ジンワリとか、言う前にスルスルと飲んじゃっていますね~。アルコール度数11どの軽さと、優しい果実味。ですっきりとしたドライな味わい。そのくせ余韻でたっぷりと楽しませてくれますね~。昨日飲んだプリューレ・ロックのニュイ・サン=ジョルジュのプルミエ・クリュががなんとなく東京の銀座辺りのクラブの若いお姉さん的な、プロっぽい雰囲気を醸してる(行ったことないけど)かと思えば、このル・カノン、その対極の日頃お父さんのお使いで缶ビール買いに来るお店の近所のマンションに住んでいる小学3~4年生の女の子、っって感じですか~?日常のホッとする一時ですね。在る意味「記憶に残らない」ワインです、ね。 ●ワインの記憶は残らなくとも、その時の場の雰囲気はしっかり残る。楽しいワインってそんなものかなと思いつつ、そんなものだねと自問自答しながら・・・・・空けちゃいました。(2007.12.08 いのまた)  2005年物のコメントです。 ●まずはインポータさんの資料から・・。  「(alarでは初めての扱いとなりますが)例年好評を博している大岡さんの「ル・カノン ロゼ」が2005ヴィンテージから通常のロゼのみではなく、プリムール(新酒)としてペティヤン(微発泡)でリリースされました。色鮮やかなピンクのラベルにピンクの王冠、色は濁っていて(?)旨味たっぷりです。 ●こちらのワイン、赤い王冠で栓がしてあるだけで、コルクは打っていません。上のインポータさんの説明の通り、「ビン詰め時で残糖が6グラムぐらい、入荷時には2グラムぐらい」とのことですので瓶内でも発酵がそのまま進行し、ガス圧が高くなっている模様です。良く冷やしたところで、静かに栓を抜いてください。・・・・・と言う事実が昨日(2005年12月22日)に判明しました。もうすでにお買い物いただき、栓を開けてしまった方・・・alarのように吹きこぼしてとんでもないことにならなかった事を、お祈り申し上げます。 ●お味の方は、まずまずにフレッシュでうっすらとした味わい。ラベルの色の通りの感触ですね。ロゼと言っても非常に淡い印象。これがこのワインの「ウリ」かな?あまり複雑な味わいやしっかりとした旨味、というのは期待しない方が良いようです。名前の通りのル・カノン「一杯ひっかけるか~!」と言った勢いの良いときに、勢いよく飲んじゃってください。気分はもうヴィニュロン?(2005.12.22 いのまた)

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 激安大特価,最新作 —— 2,300円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 限定SALE,送料無料

●ロゼ・プリムール2015です。ブドウはミュスカ・ダンブール。このブドウ固有のマスカットの芳香、薔薇の大輪のような、桃のネクターのような華やかな薫りが特徴です。ごく僅かに甘さを残しながら酸やミネラル感がしっかりとしたドライな仕上がり。ホロリとした赤い皮のニュアンスも後味のバランスの良さを一層引き立てます。現在は少し残糖が残っていてうっすらと甘さを感じますが、これから徐々にドライな味わいになると供に旨味がのって来て、来年のサクラの季節まで楽しめます。 ●いつものお願いです・・・。  2015年物はブドウの生育状態も良く少しガス圧は高めです。シャンパーニュやクレマンほどの強さはありませんが、王冠を一度に開けると、思いの外ポォォンッ!!と言う感じでちょっとビックリする可能性とジュワジュワと中味が吹き出しテーブルなどを汚してしまう可能性があります。できれば、王冠を少しだけ上げた状態で幾分ガスが抜けたところで完全に抜栓して頂ければと思います。まずは、抜栓前にはガス圧を下げるためにもよく冷やしてお楽しみ下さい。  また幾分澱も多くあります。数日かけて沈めた澱も、抜栓時には泡と供に舞い上がります。このままお飲みいただいても問題ありませんが、数時間落ち着かせてお飲み頂く事をお薦めします。なかなか面倒をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。●大岡さんの作るロゼ・ワイン。2011年は「トロトロ事件(更新しようとして気がついたのですが、2011年のトロトロ事件の顛末が残っていない・・・メルマガ出してオタオタしていたらこちらのHPのコメントを更新する間に売れてしまったのか?何はともあれ「おそらく乳酸菌のいたずらで残糖分をに含まれていたショ糖がデキストリンに・・・」という新井順子さんのソーヴィニヨン・ブランのヌーボー2011でもあった事件でした)」で皆さん楽しんでいただきましたが、2012年は大岡さんも「完璧な出来映えです」と断言する仕上がりとなりました!! ●入荷は昨年でしたが12月のインポーターさんからの情報で「色合が透き通ったピンクになってきた頃が飲み頃と」言っていましたので冬を越させて寝かせてました・・(ま、言われてなくても、暫く寝かせてこの3月からが本領発揮と言う事は確か) ●合わせるとすると・・・何と無くほぼ同時発売の四恩のクレマチス・ロゼとかぶってしまうような………共に、巨峰とミュスカ・ダンブールという個性の強いぶどう品種。そのまま作ると恐らくお土産ワイン的な「色物」になってしまうという感じですが、そこに作り手の個性とスキルが活きてくるわけです。また、ぶどう品種が違っても目指すところに何か共通した感じがあるのは同じ日本人が作っているからなのかな?何と無く不思議な感じがしますね。(2013.03.15 いのまた) 2010年と2011年のコメント無くて、飛んで2009年物のコメントなど↓ ●早春と掛けて「プリムール」と解く、その心は・・・と言うことで、ル・カノン「ロゼ・プリムール」例年なら新春の縁起物、みたいな感じでの発売ですが・・・2009年物売り出します。王冠の色はクリーム色に。全体の色調も幾分オレンジ系・・・・四恩のブーケ橙に近いかな・・・・? ●大岡さんからの2009年物コメントです。    「「2009年は大変に乾燥していた年です。病気の心配は全くなく、凝縮した健全な葡萄が収穫できました。長い期間にわたってビオディナミの方法で栽培された畑は、(エコセール認証)今年も美味しいワインを提供してくれました。     例年に比べ果実味がぶ厚く、爽快さを感じるスパークリングでありながら、2009年という特別な年のキャラクターが明確に表現されています。普段どおり亜硫酸は無添加で今年はフィルター処理をしていないため、このワインが有する複雑で丸みのある味わい、を全て味わって頂けることと思います。皆さまに、楽しく美味しく飲んでいただけることを願っております。」   こちらは昨年2008年のコメントです。 ●大岡さんからのワイン情報です。    「今年もぶどうはミュスカダンブール100%です。ここ数年芽吹きが早まる傾向にあったのですが、今年は普通の時期の発芽となりました。生育期に雨が多く、べと病、うどん粉病などに悩まされる中、7月に雹が降り、収穫量は今までで一番少なくなりました。葡萄の量が少なくなったため、風通しもよく九月初旬の雨の影響も受けず、九月の中旬、晴天の中収穫を開始。収量が少ないため味わいが凝縮されました。葡萄を房ごと直接プレスをしジュースを一日低温でデブルバージュ。その後、ステンレスタンクで低温発酵を続け一ヵ月後に軽いフィルターを通して瓶詰め。葡萄本来の味を前面に出すため例年より残糖が少ない状態で瓶詰めしました。泡は例年より若干控えめで微炭酸ですが、その分葡萄本来のポテンシャルを味わっていただけます。」 ●ひょえ~っ、テイスティングのコメント書くつもりで栓(例によって王冠です)抜いて、グラスに入れてスタンバイしながら「確かに泡は弱そう。もっと泡の出るスティルワインありそうだな」とか、いつものミュスカ系のちょと怪しげな香りが良いじゃん」と思いつつ、少し他のお問い合わせの回答等かかたづけていたんですが・・・ボトルには4分の1ぐらいしか残っていません!この間一体何があったのか・・・スルスル、ゆるゆると飲んじゃったんですね・・・おそらく。かなり気持ち良くなっています・・・・。 ●なるほどいつもより甘くない分、するりと飲める、いやお見事なプリムール・ロゼ。ミュスカ特有の香りが幾分好き嫌い出るかもしれませんが、これだけ何も考えずにカラダにしみ込むワイン、良いですね。「こいつぁ春から、縁起が良いワイなぁ~」と言う感じでまとめたいと思います。(2009.01.03 いのまた)   2007年物のコメントです。 ●2006年々ものはこちらで販売する前にみんな近所のレストランさんに持って行かれてしまいまして・・・・2007年物がようやく入荷です。   「ワインは、完熟した葡萄を果房ごと3時間かけて破砕し、果汁に色がついた時点で破砕を終了。3週間にわたる発酵の途中で、果汁をそのまま瓶詰めしガスを瓶内に閉じ込めた微発泡タイプです。この製法は、“アンセストラル”や“メトード・リュラル”と呼ばれシャンパーニュの瓶内2次発酵による製法が確立される前から、ラングドック地方のリムーで行われていた発泡性ワインの造り方です。標高の高いリムーでは冬の間はアルコール発酵が止まることが通常です。その段階で瓶詰めされたものが、春の訪れとともに再び発酵が始まりガスが残るという、偶然に発見された醸造法です。このワインは辛口に仕上がっておりますので、これ以上発酵が進む心配はございません。 ●しまった~。コメント書かずに飲んじゃっているワイ!取り敢えず試飲と言うことで飲み始めながら、他のところを弄くっていて、そろそろカエルかなと思いつつ、ふと気がつくと、肝心のこのワインのコメント書くの忘れていた・・と言う感じのワインです。 ●もう言葉は要らない・・ジンワリとか、言う前にスルスルと飲んじゃっていますね~。アルコール度数11どの軽さと、優しい果実味。ですっきりとしたドライな味わい。そのくせ余韻でたっぷりと楽しませてくれますね~。昨日飲んだプリューレ・ロックのニュイ・サン=ジョルジュのプルミエ・クリュががなんとなく東京の銀座辺りのクラブの若いお姉さん的な、プロっぽい雰囲気を醸してる(行ったことないけど)かと思えば、このル・カノン、その対極の日頃お父さんのお使いで缶ビール買いに来るお店の近所のマンションに住んでいる小学3~4年生の女の子、っって感じですか~?日常のホッとする一時ですね。在る意味「記憶に残らない」ワインです、ね。 ●ワインの記憶は残らなくとも、その時の場の雰囲気はしっかり残る。楽しいワインってそんなものかなと思いつつ、そんなものだねと自問自答しながら・・・・・空けちゃいました。(2007.12.08 いのまた)  2005年物のコメントです。 ●まずはインポータさんの資料から・・。  「(alarでは初めての扱いとなりますが)例年好評を博している大岡さんの「ル・カノン ロゼ」が2005ヴィンテージから通常のロゼのみではなく、プリムール(新酒)としてペティヤン(微発泡)でリリースされました。色鮮やかなピンクのラベルにピンクの王冠、色は濁っていて(?)旨味たっぷりです。 ●こちらのワイン、赤い王冠で栓がしてあるだけで、コルクは打っていません。上のインポータさんの説明の通り、「ビン詰め時で残糖が6グラムぐらい、入荷時には2グラムぐらい」とのことですので瓶内でも発酵がそのまま進行し、ガス圧が高くなっている模様です。良く冷やしたところで、静かに栓を抜いてください。・・・・・と言う事実が昨日(2005年12月22日)に判明しました。もうすでにお買い物いただき、栓を開けてしまった方・・・alarのように吹きこぼしてとんでもないことにならなかった事を、お祈り申し上げます。 ●お味の方は、まずまずにフレッシュでうっすらとした味わい。ラベルの色の通りの感触ですね。ロゼと言っても非常に淡い印象。これがこのワインの「ウリ」かな?あまり複雑な味わいやしっかりとした旨味、というのは期待しない方が良いようです。名前の通りのル・カノン「一杯ひっかけるか~!」と言った勢いの良いときに、勢いよく飲んじゃってください。気分はもうヴィニュロン?(2005.12.22 いのまた)

グランドコリーヌルカノン ロゼ プリムール 2015 限定SALE,送料無料 —— 2,300円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

ジャン・ミッシェル・ステファンコート・ロティ 2002 人気SALE,格安

●数種類のサンプルが届いて、ぱぱっと飲んでみましたが、このワインとても印象に残りました。ラベルをみると・・なるほど納得「ジャン・ミッシェル・ステファン」のモノでした。詳しくは再度入荷分を試飲して、ですがしっかりとしたシラーの果実味と、滑らかな、それでいてたっぷりとしたタンニンはいかにも上質のコート・ロティ。静かに旨味も広がり・・・以前飲んだ2001年のヴィエイユ・ヴィーニュよりはずっと明るさのある味わい。テュイリー・アルマンにもにた心地よさです。

ジャン・ミッシェル・ステファンコート・ロティ 2002 人気SALE,格安 —— 3,800円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

ジャン・ミッシェル・ステファンコート・ロティ 2002 低価,豊富な

●数種類のサンプルが届いて、ぱぱっと飲んでみましたが、このワインとても印象に残りました。ラベルをみると・・なるほど納得「ジャン・ミッシェル・ステファン」のモノでした。詳しくは再度入荷分を試飲して、ですがしっかりとしたシラーの果実味と、滑らかな、それでいてたっぷりとしたタンニンはいかにも上質のコート・ロティ。静かに旨味も広がり・・・以前飲んだ2001年のヴィエイユ・ヴィーニュよりはずっと明るさのある味わい。テュイリー・アルマンにもにた心地よさです。

ジャン・ミッシェル・ステファンコート・ロティ 2002 低価,豊富な —— 3,800円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

ジャン・ミッシェル・ステファンコート・ロティ 2002 品質保証,高品質

●数種類のサンプルが届いて、ぱぱっと飲んでみましたが、このワインとても印象に残りました。ラベルをみると・・なるほど納得「ジャン・ミッシェル・ステファン」のモノでした。詳しくは再度入荷分を試飲して、ですがしっかりとしたシラーの果実味と、滑らかな、それでいてたっぷりとしたタンニンはいかにも上質のコート・ロティ。静かに旨味も広がり・・・以前飲んだ2001年のヴィエイユ・ヴィーニュよりはずっと明るさのある味わい。テュイリー・アルマンにもにた心地よさです。

ジャン・ミッシェル・ステファンコート・ロティ 2002 品質保証,高品質 —— 3,800円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

ジャン・ミッシェル・ステファンコート・ロティ 2002 激安大特価,品質保証

●数種類のサンプルが届いて、ぱぱっと飲んでみましたが、このワインとても印象に残りました。ラベルをみると・・なるほど納得「ジャン・ミッシェル・ステファン」のモノでした。詳しくは再度入荷分を試飲して、ですがしっかりとしたシラーの果実味と、滑らかな、それでいてたっぷりとしたタンニンはいかにも上質のコート・ロティ。静かに旨味も広がり・・・以前飲んだ2001年のヴィエイユ・ヴィーニュよりはずっと明るさのある味わい。テュイリー・アルマンにもにた心地よさです。

ジャン・ミッシェル・ステファンコート・ロティ 2002 激安大特価,品質保証 —— 3,800円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

ティエリー・アルマン et ニコラ・ルナールVdT ブラン サン・ペレイ Saint Perlay 2005 SALE,大得価

●なるほど、アペラシオンはサン・ペレ(Saint Peray)を名乗れないけれど、キュヴェのネーミングで「聖なる真珠の輝き」的な意味となりそうな『サン・ペレイ:Saint Perlay』ときましたか!・・・年末に試飲した際には実際にかなり濁っていた。でもその濁りの中に、そう真珠にもにた妖しい輝き・・・そこから立ち上がる桃やネクタリン、洋梨などの白い果実味、そして沈丁花のような白い花の香り。うっすらと痕跡を残す上質な甘さ。ワインと言うよりも果物のネクターにも近いような深い果実味・・・・口に含むと若干のガス感を伴いながら綺麗な酸が隅々まで広がっていく。ほろ苦さと共に堅い鉱物的な、クリスタルを連想させるミネラル感。幾分甘さにカヴァーされながらも、綺麗に後を引く余韻・・・・ ●・・・・これがどうなっているのかな?おそらくさらにドライな印象になっていると思いますが、軸となる果実味の豊かさ、酸の繊細な広がり、ミネラルの輝きは、変わっていないんじゃないだろうか?インポータさんの出荷予定は4月10日・・・実に待ち遠しい!・・・なんですが、「通関が切れた」と言うことで先にサンプルを送ってもらいました。↓その試飲レポートです。 ●『濁り酒』です。熟成途中と言うよりも発酵途中のフレッシュなワインを詰め込んだ!と言う感じです。香りも確かめずに飲んでしまいました・・。で改めて・・・洋梨や桃のコンポート。甘すぎず、酸も立ちすぎず、優しい香り。ミントやバジルのフレッシュなハーブの香りも感じられます。時間も経つと蜜の味、でもハチミツの重さはありません。リンゴの蜜かな?桃の蜜かな? ●味わいは実にさりげなく自然のまんま・・・。多少残ったガスの感触。やんわりとした甘味。小気味よい苦味と透明感のあるミネラル。酸は感じラルほどに豊かながら繊細で、一粒一粒がしっかりと煌めきを放っている。幾重にも幾重にも透明感が重なり、鈍びやかな光を放つ真珠のよう・・・。名前の通りのワインだな・・・。 ●そして、その鈍やかな乳白色の霧が晴れるとその先には、静かに、冷たい水を湛えた清流が・・・味わいは決してとどまるところはなく、その余韻のみが記憶に刻まれる、つって感じかな?こういうワインを『神の雫』とか呼びたいんだよね・・・。 ●・・・過去のニコラ・ルナールのワイン(と言っても知っている範囲で)と較べると、ヴァン・ブリやルメール・フルニエよりは酸が丸い。熟したシュナンの筋肉質とも言える厚みはない。勿論No.4、No.5そしてデミ・セック、モワルーの甘さはない。その一方で素材そのものの特徴、旨味を最大限に引き出している、と感じますね・・・・。ある意味、やりたい放題! ●リアルワインガイド14号の彼の記事には、その天才ぶり、芸術家肌が書かれていましたが、まさしく彼のキャラクターを端的に表現しうるワインなんじゃないかな・・・あえて言うなら「非の打ち所がない」・・・此処をもう少し、とかあそこをもう少しとか・・・芸術作品には注文は付けられないよな・・・。 ●で、このワインにテュイリー・アルマンがどう関わっているのか?と言うことなんですが、おそらく醸造にはあまりタッチしていないのかな?どうもティエリー・アルマン的な隙のない緻密さと言うよりも、ニコラ・ルナール的なダイナミックなほどのびのびとしたアプローチ、と言う物を感じてしまうのですが・・・(全然違っていたりして) ●南のワインなので北と較べるとどうも酸が乗ってこない。でその分フレッシュさをどこで補うかとすると、ガスを僅かに残した瓶詰めのタイミング。あるいは適度にマロラクティックを施してあえて優しく仕上げて旨味を残す・・・バックグラウンドがわからないだけに興味深い。で、このワインが上等なヴーヴレのように年を重ねるか?と言うと・・・よくわからない・・・今飲んでも美味しすぎちゃうな・・・(2007.04.06 いのまた) ●・・・一応、2日目のコメントです。酸化防止剤、おそらく使っていないんだろうな、と言う具合にほどよく酸化しています。果実味が音着くと共に、幾分ミネラル感、特に葡萄の皮的なほろ苦さが強まります。・・なのですが・・・これもまた結構クセになりそうな味わいだな・・・安定感をましてきた分、旨味の持続が実に長い。この辺りもニコラ節が効いています。・・・で、どのくらいこのワインが保つかと言うことですが、もう少し酸が乗ってくると4~5年は確実に、なのですがむしろこのフレッシュな瑞々しさを楽しむのなら1~2年のうちに飲んじゃった方が良いのかな?と。・・・・おそらく『次の無い』ワインなだけにかなり悩んでしまいます。(2007.04.07 いのまた) 昨年(2006年)末かな?ラシーヌさんの事務所で何本か試飲させていただいたあとに登場した白ワイン・・・ラベルもなにもなく・・・ 一口飲んで、非常にジューシー、でも全く緩さを感じさせないしっかりとしたバランス・・・ ロワールのシュナン・ブランを思い起こすが・・・いやいやこの丸い酸味はもっと南の品種、マルサンヌとかルーサンヌ。ローヌ物かラングドック系かな?・・・・。 でもこの味わい、どこかで飲んだことがある・・ティエリーが詰めたヴァン・ヴリシリーズ? わかった!これは噂のあのワイン! テュイリーはテュイリーでも、コルナスのテュイリー・アルマンのブドウを使って、 天才ニコラ・ルナールが仕込んだヤツだ~~~! 以来、首を長くして入荷を待っていました!そのサン・ペレついに日本上陸です。

ティエリー・アルマン et ニコラ・ルナールVdT ブラン サン・ペレイ Saint Perlay 2005 SALE,大得価 —— 3,700円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

ティエリー・アルマンコルナス サン・スーフル 2004 人気SALE,大人気

●2年ぶりに復活しました。インポーターさんの資料では「レイナール」となっておりますがラベルには特に表記は無し・・・。

ティエリー・アルマンコルナス サン・スーフル 2004 人気SALE,大人気 —— 10,800円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

ティエリー・アルマンコルナス サン・スーフル 2004 低価,お買い得

●2年ぶりに復活しました。インポーターさんの資料では「レイナール」となっておりますがラベルには特に表記は無し・・・。

ティエリー・アルマンコルナス サン・スーフル 2004 低価,お買い得 —— 10,800円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

ティエリー・アルマンコルナス サン・スーフル 2004 大得価,人気セール

●2年ぶりに復活しました。インポーターさんの資料では「レイナール」となっておりますがラベルには特に表記は無し・・・。

ティエリー・アルマンコルナス サン・スーフル 2004 大得価,人気セール —— 10,800円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

ティエリー・アルマンコルナス サン・スーフル 2004 数量限定,低価

●2年ぶりに復活しました。インポーターさんの資料では「レイナール」となっておりますがラベルには特に表記は無し・・・。

ティエリー・アルマンコルナス サン・スーフル 2004 数量限定,低価 —— 10,800円

コート・ロティ~ローヌ川左岸

ティエリー・アルマンコルナス サン・スーフル 2004 最新作,大人気

●2年ぶりに復活しました。インポーターさんの資料では「レイナール」となっておりますがラベルには特に表記は無し・・・。

ティエリー・アルマンコルナス サン・スーフル 2004 最新作,大人気 —— 10,800円